トレーダースホテル宿泊のポイント クアラルンプール観光の拠点におすすめ

クアラルンプールに訪れるにあたって、拠点となるホテルをどこにするべきか。
私自身も訪れる際にはかなり迷いました。
リッツカールトン、マンダリンオリエンタル、シャングリラ、ハイアットと、数多い高級ホテルがあるクアラルンプール。
更にエクスペディアの記事によれば、クアラルンプールは東南アジアで高級ホテルの値段が最も安い都市にも選ばれています。
東南アジアに都市は数多くありますが、クアラルンプールほど高級ホテルが揃っていて、かつ値段が安い都市はなかなかありません。
その中で、私はトレーダースホテルをお勧めしたいと思います。

当サイトのマレーシア記事の一覧はこちらです。
マレーシアってどんな国?観光・旅行に知っておきたい情報をまとめました

トレーダースホテルを選ぶポイント

トレーダースホテルへ宿泊する場合、ポイントは以下の四点。

・トレーダースホテルはとにかく眺望が最高
ブキビンタンへのアクセスが良好
・ホテルの雰囲気はスタイリッシュだが、悪く言うと豪華さには欠ける
・部屋や設備重視の場合はきちんと考えたほうが良い

競合ホテルは、眺望はやや劣るが豪華なハイアットやマンダリンあたりでしょうか。
このホテル、公式サイトで「四つ星」とされている点が要注意です。
質的に劣るわけではないですが、豪華さはそこまでありません。
部屋の広さも一番広いところでも48平方メールなので、そこまで広いわけではないです。
但し、値段はこれにともなって一段落ちています。
それぞれを以下で解説します。

眺望が良い

トレーダースホテルを選ぶべき第一の理由は眺望です。
どんな眺望か。
この眺望です。

P1010353

もちろん当記事の先頭に出ている写真も、この部屋から見られる風景そのままの写真です。
この景色はもう窓から見える景色そのまま。
部屋の窓からはマレーシアの象徴、ツインタワーをこれでもかと望むことができます。
真正面から綺麗にツインタワーが見えるホテルは実はトレーダースホテルしかありません。
ハイアットやマンダリンもツインタワーは見やすいですが、これだけキレイにツインタワーを見れるのはトレーダースだけ。
この眺望をいつでも独り占めできることは、マレーシアへきた!ということを強く感じさせてくれます。
P1010927
そのため、このように朝起きた時にもツインタワーが見えます。
P1010883
スコールの時でもツインタワーが見えます。
個人的にはこういうわかりやすい所が旅行した際には印象にのこるのかなあと思っています。

ブキビンタンへのアクセス良好

P1010632
更にトレーダースホテルは立地も最高です。
クアラルンプールの中心、KLCCパークのすぐ隣に立地しています。
このKLCCパーク、大変広く朝はランニングをしている人も数多く見かけます。
都市のど真ん中にありながら、この落ち着いた空気感を味わえることがまず貴重。
KLCCパークでは、ショッピングモールのスリアKLCCもあり、この二つが間近にあるため大変便利にシティライフを送ることができます。
人通りも大変多く町も綺麗で、治安上なにか不安を感じることはありませんでした。

更に、トレーダースホテルからブキビンタンのパビリオンまでは、屋根付きの遊歩道が整備されており一本道!
スコールも怖くない!
パビリオンはブキビンタンの中心地ですので、ここからいろんなところへ行くことができます。
ブキビンタンを遊びつくすにはとてもうってつけの立地です。
ただまあ少し歩くのは事実なので、ブキビンタンまで出るのが多少は気になるかもしれません。
そのあたりはどの程度までブキビンタン観光を重視しているかだと思います。
個人的には周りの環境が良好なKLCC周辺がお勧めです。

部屋はスタイリッシュ

まずはお部屋から、こんな感じです。
このお部屋がツインタワービュースイートで、一番良いお部屋です。

P1010300
二部屋あるタイプのお部屋で、こちらがデスクやソファのあるくつろぎスペース。

P1010288
こちらはベッドルーム。

P1010290
こちらは洗面。アメニティはロクシタンでした。

ホテルの雰囲気はだいぶスタイリッシュな感じ。
どちらかといえばビジネスより。
ラグジュアリーさには欠けます。
ただ部屋が分かれているタイプは珍しいですね。
きっちり分かれているので同行者が先に寝ててもあまり気にならないのは、人によってはメリットかも。
逆に同じで広いほうがいいっていう人もいるでしょうから、そこらへんは感じ方ですが。

ただその分お値段は他のホテルに比べてリーズナブルです。
なので、こんなものかととるか、こんなに良いのかと取るのかで感じ方は変わるところ。
ただまあこの無敵の眺望なので個人的にはここがベストでした。
ごはんやクラブフロアなどは、可もなく不可もなく。
お値段相応に素晴らしいです。

デメリット

渋滞

この近辺、通勤・退勤ラッシュ時にはとにかく渋滞に巻き込まれます。
ひどいときはこの近辺だけの移動に30分~60分かかることもあります。
とにかく渋滞が激しすぎるエリアです。
この渋滞時間を外すか、どうしてもってときは近くから歩くことも考慮したほういいかもしれません。

雰囲気

公式サイトでも表記されているとおり「四つ星」ホテルです。
(五つ星は同じグループだとシャングリラになります)
五つ星とそん色はないかと思いますが、
一番広い部屋でもそこまで広くはないですし、
ホテルの受付や部屋までの通路等、豪華さには欠けます。
(効率的で導線が短いので個人的には不満はありませんが、豪華さを求める場合には再考が必要です)
豪華さを重視し、部屋も50平方メートル以上のところに泊まりたく、眺望を重視するならマンダリンかハイアットのほうが良いでしょう。
ただしハイアットはやや斜めで、手前に大きいビルがあるので多少隠れる分眺望が劣ります。
マンダリンは真横になりほぼ一本しか見えません。
いずれも十分な高級ホテルではありますので、
あとは眺望をとるか、豪華さをとるかで決めてが変わるでしょう。
(ただし値段はトレーダースのほうが安いです、豪華さを取りに行く場合には相応の費用がかかります)

さいごに

とにかくマレーシアといえばツインタワーという人は、ぜひこの眺望を見に宿泊してみてください。
逆にツインタワーは一度見ればいいです、という人はここは向きません。
その場合はマンダリンやハイアットも渋滞がひどいのでおススメできないので、
ブギビンタン方面のシャングリラやリッツカールトンがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。