ランカウイ島への行き方について 国内主要空港別・飛行機の就航時間まとめ

ランカウイ島に興味を持って、実際に行こうと考えた時にわからないのが、行き方。
正直ぱっと思いつくような場所ではないです。
そのためどのくらいかかって、どんな感じで行かないといけないかが分かりにくいもの。

日本からランカウイ島へ観光に行く場合には、クアラルンプール経由もしくはシンガポール経由で入国することになります。
クアラルンプール便のほうが本数が多いので、こちらをメインに記載しておりますが、条件によりシンガポール便のほうが早いケースもあります。
クアラルンプール便は日本では羽田・成田・関空・新千歳より便が出ているため、これらの便を経由してランカウイ島へ向かうことになります。
各空港の航空便は以下の通りになります。
当日乗り換えができない時間の便もいくつかあるため、(ANA便等)運行時間に注意してください。
行き方に結構パターンがあるようで、なかなかそれぞれメリットデメリットがあるので、行動プランを考えて決めましょう。

こちらではランカウイ島への実際の行き方について、概要と日本国内の出発地別に具体的な便までご紹介しています。
皆様のランカウイ島旅行の参考になれば幸いです。

当サイトのマレーシア記事の一覧はこちらです。
マレーシアってどんな国?観光・旅行に知っておきたい情報をまとめました

ランカウイ島全体の案内はこちらの記事でまとめています。
ランカウイ島ってどんなとこ?注目の南国リゾートに行ったので情報まとめ

ランカウイ島の観光ガイドはこちらの記事でまとめています。
ランカウイ島おすすめ観光スポット案内 のんびりリゾートを求める人は必見

ランカウイ島のホテル案内はこちらの記事でまとめています。
ランカウイ島のホテル選び方ガイド 目的別におすすめを整理してみました

飛行機でのランカウイ島への行き方について

ランカウイ島への直行便は無い

日本からランカウイ島への直行便はありません。
そのため、近隣都市から乗り継いでのアクセスとなります。

ランカウイ島への乗継便について

乗継便は基本的にはクアラルンプール経由

最も便数が豊富なのはクアラルンプールのため、基本的にはこちら経由でのアクセスになります。
クアラルンプール直行便が就航しているのは、以下の空港となります。

  • 成田空港(JAL、ANA、マレーシア航空)
  • 羽田空港(ANA、エアアジアX)
  • 関西国際空港(マレーシア航空、エアアジアX)
  • 新千歳空港(エアアジアX)

本数は少ないがシンガポール経由も利用可能

また本数は少ない(ランカウイ島~シンガポール間が1日1~3便)ですが、シンガポール経由便もあります。
出発場所や時間によっては、こちらのほうが早い場合もありますので、合わせて検討してください。
(主に中部か福岡空港の利用者の方になると思います。)
ただし都合がいい便が設定されている場合は少ないです。
シンガポールへもセットで滞在したい方が中心になるかと思います。

  • 成田空港(JAL、ANA、シンガポール航空、デルタ航空)
  • 羽田空港(JAL、ANA、シンガポール航空)
  • 関西国際空港(シンガポール航空)
  • 中部国際空港(シンガポール航空)
  • 福岡空港(シンガポール航空)

同じマレーシアでもランカウイ島~コタキナバルや、タイ~ランカウイ島への航空便は無い

ランカウイ島は、マレーシア国内で航空便がある場所は非常に少ないです。
就航しているのはペナン、ジョホールバル、クチンのみ。それも1日1便~ペナンが多くても4便程度です。
基本的にはクアラルンプールからしかアクセスできないと思ったほうが良いでしょう。
また隣国でもシンガポールとは反対側、タイからは航空便ありません。
この点についても留意が必要です。

日本の都市別 ランカウイ島への具体的な航空便プラン

以上から、乗り換え1回でランカウイ島へアクセスが可能なのは成田、羽田、関西、中部、福岡、新千歳の6空港です。
これらの空港でアクセスする場合の具体的な飛行時間について、航空会社別にまとめました。

表が長くなっていますので、スマホで見ている方は画面スクロールしてご確認ください。
また、時間は2018/01/18時点で最新の情報を確認していますが、航空便のスケジュールは変更になる場合があります。
数十分程度の変動はちょこちょこありますし、また深夜便早朝便の変更も少ないですが発生します。
最新の情報は改めてご自身にて確認ください。

なお、空港名は3レターコードで記載していますのでご注意ください。
以下に一覧を示します。

空港名3レターコード
成田空港NRT
羽田空港HND
関西国際空港KIX
新千歳空港CTS
中部空港NGO
福岡空港FUK
クアラルンプール国際空港KUL
ランカウイ国際空港LGK
シンガポール・チャンギ国際空港SIN

東京(成田空港、羽田空港)

東京は乗り入れ便が最も豊富です。
昔はもっと少なかったのですが、最近は成田羽田に各種便がたくさん入っています。
日系航空会社からマレーシア系まで、一通りそろっているのが東京の特徴。
便も早朝便か深夜便か、はたまたシンガポール経由かまで選ぶことができます。
旅程を組み立てやすいのがメリットですね。

JAL利用(クアラルンプールではマレーシア航空利用)

JALのクアラルンプール便は成田利用。
基本的には成田経由でのアクセスになります。

ですが水・金のみ出ているMI362便を使うと、行きはシンガポール経由のほうが時間的に速くなります。
羽田発の深夜便になるなど違いもありますし、経由地も異なります。
このあたりは旅程に合わせて選ぶ必要があります。

なお、帰りのシンガポール経由便はないわけではないです。
ですが、すごい遅くなるか相当限られる便を使えば少し時間かかるくらいではかえってこれなくはないです。
ただあまり使うメリットがないため記載していません。

所要時間From便名ViaTo便名
12:1511:0518:10NRTJL723
MH9117
KUL21:1022:20LGKMH1456
JL7959
11:100:056:45HNDJL035SIN8:4010:15LGKMI362
(水金のみ)
9:5519:4020:45LGKMH1459
JL7958
KUL22:506:35NRTJL724
MH9118

 

ANA利用(クアラルンプールではマリンド・エア利用)

ANAのクアラルンプール便は羽田利用。
このため羽田経由でのアクセスとなります。
成田便もあるのですが、ランカウイ島の乗り継ぎを考えた場合、時間が掛かりすぎますのでお勧めしません。
JALとは発着時間が行きと帰りで逆になりますので、このあたりはお好みで、といったところでしょうか。

所要時間From便名ViaTo便名
10:150:056:45HNDNH885KUL8:159:20LGKOD2204
11:0510:0011:05LGKOD2203KUL14:1522:05HNDNH886

マレーシア航空利用

実はトータルの移動時間が一番短いのは、マレーシア航空利用です。
(行きが乗継便のタイミングとあっていて、やたらと早い)
JALとのコードシェア便もありますので、やりとりが不安な方はJAL経由でとってもいいかもしれません。
(日本就航便の場合、CAさんは1人程度日本語を話せる方がいる場合が多いので大丈夫だとは思います)

時間帯はJALとかぶります。あとはお値段はマレーシア航空のほうが安い場合が多いのがメリットでしょうか。

所要時間From便名ViaTo便名
9:5010:2017:05NRTMH89
JL7091
KUL18:1519:10LGKMH1450
10:3519:4020:45LGKMH1459
JL7958
KUL23:357:15NRTMH88
JL7090

エアアジアX利用

エアアジア、意外と羽田利用です。
しかも早くとると、圧倒的にお値段が安い場合があります。
比較的使いやすい時間の便であるのもメリットですね。

なおこちらの場合、クアラルンプール国際空港はKLIA2利用になる点に注意ください。
ランカウイ国際空港では特に差はありません。

所要時間From便名ViaTo便名
12:2023:456:35HNDD7523KUL10:0011:05LGKAK6306
10:0011:3012:40LGKAK6307KUL14:4023:30HNDD7522

大阪(関西国際空港)

大阪はマレーシア航空(JALとコードシェア)とエアアジアXが就航しています。
特にエアアジアXは、曜日が限定されるものの1日2便就航しているのがメリットでしょうか。
安くいくには非常に旅程が組み立てやすく、便利になっています。

マレーシア航空(JALとのコードシェア便)利用

日本国内で一番短い時間でランカウイ島に行けるのがこのルートです。
乗継便のタイミングが非常にいいため、この時間で行けます。
とはいえ、エアアジアXも時間はかなり頑張っていて、値段は結構違います。
LCCにするかはお値段とのご相談ですね。

所要時間From便名ViaTo便名
10:159:5516:10KIXMH53
JL7095
KUL18:1519:10LGKMH1450
9:0019:4020:45LGKMH52KUL22:405:40KIXMH1459
JL7094

エアアジアX利用

曜日限定ではあるものの、1日2便選べるのがエアアジアXのメリットです。
行きは火木土、帰りは月水金は一日2便選べます。
行きの日、帰りの土は便は選べませんがそこそこの時間でいけるのでお勧めです。

ただし、これ以外の日付の場合、行きは16:35かかり、帰りは19:05かかります。
これはランカウイ島との接続が異様に悪いためですね。

間に曜日を狙っていくか、間にクアラルンプール観光等をはさむかする場合には問題にならないと思います。
うまいことプランを立てて移動しましょう。

所要時間From便名ViaTo便名
11:0011:0017:10KIXD7533
(火木土のみ)
KUL19:5021:00LGKAK6316
11:154:004:00KIXD72
(火木土日のみ)
KUL7:108:05LGKAK6308
9:1011:3012:40LGKAK6307
(月水金土のみ)
KUL14:1521:40KIXD71
13:0019:2020:30LGKAK6323
(月水金のみ)
KUL2:009:20KIXD7532

北海道(新千歳空港)

エアアジアX利用

曜日限定ではありますが、実はそんなにアクセスが悪くないのが新千歳。
中部や福岡がだいぶ限られるのに比べ、新千歳は割と本数は豊富です。
エアアジアXしか利用はできませんが、週4便就航しているのは比較的行きやすいのではないでしょうか。

所要時間From便名ViaTo便名
12:409:2016:50CTSD7551
(日月水金のみ)
KUL19:5021:00LGKD7551
11:4519:2020:30LGKAK6323
(火木土日のみ)
KUL23:308:05CTSD7550

名古屋(中部国際空港・セントレア)

シンガポール航空利用

中部からはクアラルンプール便がないため、シンガポール経由のみでのアクセスとなります。
中部~シンガポール便自体は毎日でているのですが、シンガポール~ランカウイ島の使いやすい便が日曜日にしか設定されていません。
そのため、短時間でアクセスが可能なのは行きも帰りも日曜日だけとなります。
これ以外の曜日では、ランカウイ島に行くために次の日の便を待つ必要があります。

行きと帰り、どちらかは日曜日でいって、どちらかはシンガポール滞在を間に挟んで、等工夫する必要があります。
もしくはお住まいの場所に応じて、関西国際空港もしくは羽田空港経由でのアクセスも視野に入れる必要があります。

所要時間From便名ViaTo便名
10:0010:3016:50NGOSQ671SIN18:0019:30LGKSQ5086
(日のみ)
11:2520:1521:50LGKSQ5085
(日のみ)
SIN1:208:40NGOSQ672

福岡(福岡空港)

シンガポール航空利用

福岡も設定されている時間帯が中部とにてより、中部と同じような状態になっています。
福岡はクアラルンプール直行便がないため、シンガポール経由でアクセスする必要があります。
ただ福岡~シンガポール便は毎日就航していますが、シンガポール~ランカウイ島で時間が合う便は日曜日にしかありません。
このため、日曜日であれば1日でアクセスできますが、これ以外の曜日の場合には次の日のランカウイ島便を待たなければいけません。

行きと帰りで、どちらかは日曜日に行き、日曜日でないほうにシンガポールでの滞在を挟むなどが工夫ポイントでしょうか。
これが無理な場合は、福岡の場合、関西国際空港の利用が現実的な人と現実的でない人がいると思います。
現実的な人は関西国際空港利用でいいですが、無理な場合はシンガポールで次の日を待つか。
なんとか割り込めるクアラルンプール便を見繕うかする必要があります。

所要時間From便名ViaTo便名
10:409:5015:35FUKSQ655SIN18:0019:30LGKSQ5086
(日のみ)
11:0520:1521:50LGKSQ5085
(日のみ)
SIN1:208:20FUKSQ656

まとめ

以上、ランカウイ島の行き方についてまとめてみました。
中部、福岡は設定が限られますが、羽田、成田、関西、新千歳と結構日本全国からそこそこの時間でアクセスできます。
近年エアアジア便が増えたため、かなり利用はしやすくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。