ランカウイ国際空港(LGK)ガイド 小規模空港なため設備が少ない事に注意

ランカウイ島の玄関口、ランカウイ国際空港。
ランカウイ島自体が観光客数を制限していることもあり、田舎の空港の風情が残る、非常に小規模な空港です。

そんなランカウイ国際空港、国際空港という名前はついていますが、国際便もかなり本数は限られている、小規模な空港です。
クアラルンプール国際空港の5264万人、コタキナバル国際空港の726万人とくらべ、ランカウイ国際空港は265万人の利用者数になります。
これは日本だと仙台空港、広島空港の利用者数とだいたい同じくらいになります。

小規模空港なので基本的にはなるようになれでいけば何とかなるのですが、海外の空港に訪れるのはなんとなく不安なもの。
簡単に概要をまとめていますので、参考になれば幸いです。

 

当サイトのマレーシア記事の一覧はこちらです。
マレーシアってどんな国?観光・旅行に知っておきたい情報をまとめました

ランカウイ島全体の案内はこちらの記事でまとめています。
ランカウイ島ってどんなとこ?注目の南国リゾートに行ったので情報まとめ

ランカウイ島の観光ガイドはこちらの記事でまとめています。
ランカウイ島おすすめ観光スポット案内 のんびりリゾートを求める人は必見

ランカウイ島のホテル案内はこちらの記事でまとめています。
ランカウイ島のホテル選び方ガイド 目的別におすすめを整理してみました

航空便案内

ランカウイ国際空港

ランカウイ国際空港への就航便は、到着/出発それぞれ1日30便程度。
うち9割近くをマレーシア航空とエアアジアのクアラルンプール便が占めています。
実際にはほとんどクアラルンプール便しか利用できません。

残りはペナン便が4本ほど、クチン、ジョホールバル便は日によって1便ほど運行しています。
国際線はシンガポール便が1~3本程度。広州便は無い日もありますが1便。
クアラルンプール便以外はかなり限られます。
ある程度使い勝手がいいのはシンガポール、ペナン便でしょうか。
このあたりであれば旅行プランに合わせて、比較的使い勝手良く組み合わせができると思います。

両替案内

ランカウイ国際空港でも、途中のクアラルンプール国際空港でもどちらも両替が可能

両替に関してはそこまで心配することもなく、ランカウイ国際空港にも両替所があります。
(到着ゲートを出てすぐ脇にMay Bankがあります。迷いようのないくらいわかりやすいです。)
なので基本的には両替はここですれば問題はありません。

クアラルンプール国際空港

無いのですが、マレーシアへは基本的にクアラルンプール国際空港で入国することとなります。
ランカウイ国際空港到着まで、現金を使う機会は無いのですが、なんとなく不安になります。
JAL/ANA便利用の場合、クアラルンプール国際空港で到着して、移動用のモノレール(写真のエアロトレインの乗り場)に乗る前のお店があるエリアに両替所があります。
ここで両替しておければ気持ち的に安心かと思われます。
AirAsia利用の場合、どちらにせよいったん空港内へ出なくてはいけないため、KLIA2内にある両替所はどこでも使えます。
これもここで両替しておけば気持ち的に安心です。

可能性は低いですが、例えば大雨による就航便の遅れでランカウイ島到着がずれこみ、両替所がしまってた、なんてこともあるかもしれません。
ランカウイ島だと規模が小さく、どうにもならなくて困る事態も考えられますので、クアラルンプールで両替しておいたほうが何か起こっても安心かと思われます。

ちなみにレートはクアラルンプールでもランカウイ島でも、空港であればそれほど変わらないとおもいます。
ランカウイ島でもクアあたりの市中のほうが両替レートは確かに良いです。
ですがそこまでの移動して両替する手間を考えると、そこまで大きくレートが変わるわけでもないので、空港で両替してしまったほうが楽です。

 

 

お店は少ない

基本的に空港で買い物をしようとしないでください。お店はほとんどありません。

ランカウイ国際空港

ランカウイ国際空港

ランカウイ国際空港

ランカウイ国際空港

一応こんな感じで売ってはいますが・・・市中で買ったほうが良いでしょう。
ランカウイ島は島自体が免税のため、免税店という概念がありません。しいていえばどのお店も免税店です。
なので空港の免税店を楽しむメリットもありません。

ランカウイ国際空港

ランカウイ国際空港

到着時にコンビニはありますので、ダタイなど奥まったホテルに行く場合には、ここで多少の買い物はしておいたほうが良いでしょう。
奥まったホテルだと、そこからコンビニへ移動することが結構大変だったりします。

タクシーはチケット制なので安心

ランカウイ国際空港

移動は完全にタクシー限定です。
それ以外の移動手段はありません。

出口にタクシーチケット売り場があり、どこに行きたいかを伝えればチケットを販売してくれます。
一番遠いダタイでも60RM程度です。どのホテルもこれ以下の金額になるはずです。

まとめ

行く前はよくわからないで不安になりますが、とにかく規模の小さい小空港です。
ボーディングブリッジすらないため、フルサービスキャリアでも歩いての空港内を移動することになります。
それほど広くないのですぐつきますが、LCC使ったことない人は驚くかもしれませんね。

なのであまり構えず、基本的にいけばなんとかなるの気持ちで訪れれば問題ないかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。