マレーシア旅行が安い時期はいつ?航空券・ホテルの費用を抑えるポイントまとめ

せっかくの海外旅行、いくならば豪華な旅をしたいものです。ですがもちろんそれには、お金がかかるもの。特に東南アジア方面はリーズナブルな所も多いですが、超高級ホテルに泊まろうとすると、それなりに金額がかかってしまいます。

しかし、2015年と少し前の調査ではありますが、マレーシアはエクスペディアが調査した、アジアの観光コスパランキングにおいて、クアラルンプールが堂々の一位になるほどコスパが良い国です。高級ホテルも(日本と比べたら)お値段半分から場合によっては三分の一程度で泊まる事ができます。ただ、それでも複数泊すると結構かかってしまいます…。

せっかくのマレーシア旅行、より素敵なホテルへより安く泊まるために。本記事ではどういう風にすればお値段が抑えられるのかをまとめました。皆さんのお役に立てば幸いです。

マレーシア旅行の相場

ではそもそも、マレーシア旅行の相場はいくらぐらいなのでしょうか。首都・クアラルンプールを例に、以下の通りまとめてみました。なお以下は、お盆休みやGWなどの人気時期ではない、標準的な時期の標準的なお値段でまとめています。

項目相場価格
航空券往復代金・フルサービスキャリア1名
(JAL・ANA・マレーシア航空)
70,000円
航空券往復代金・LCC1名
(エアアジアX)
30,000円
航空券往復代金・ベトナム経由便1名
(ベトナム航空)
30,000円
ホテル代金・標準ホテル1室
(キャピトル ホテル)
4,500円
ホテル代金・高級ホテル1室
(リッツカールトン)
20,000円

直接航空会社からチケットを購入して、エクスペディアやagoda等でホテルを個別に予約した場合は、大体このくらいの料金ですね。

ただ実際の旅行金額はトータルで見ないといけません。大人2名・3泊5日(初日が深夜便で機中泊想定)で考えた場合の旅行代金はいくらになるでしょう。航空券やホテルを個別に予約した場合と、旅行会社で予約した場合でお値段を比較してまとめてみました。

  • LCC(エアアジアX)往復、標準クラスホテル(キャピトルホテル)
    • 直接予約:73,500円
    • HIS:89,600円
    • JTB:(取り扱い無し)
  • ANA往復、高級ホテル(リッツカールトン)
    • 直接予約:200,000円
    • HIS:151,260円
    • JTB:140,760円

多くの方が直接予約のほうが安いと考えていると思いますが、実はそうじゃない場合も結構あります。自分がどういう旅行をしたいかを考えた上で、きちんと予約方法を選ばないと損をする事があるのです。

では具体的にどういう風にすればよいのでしょうか。

JAL/ANA便が良く、短期の1都市観光で良い場合

この場合はHISやJTB等の旅行代理店のほうがお値段が安い場合があります。

JAL/ANA便は、直接予約すると結構お値段が高くなることが多いです。直接予約する値段の最低ラインが決まっていて、どれだけ閑散期でもそれ以下のお値段で取れることは基本的にはありません。このため、JAL/ANA便は直接予約するメリットがあまり高くないのです。

旅行代理店はチケットをJAL/ANAから大量に安く仕入れている事があります。そのため、特にお盆やGW以外の通常時期のチケットは、旅行代理店を通して購入したほうが安い場合があるのです。

ただ、HISやJTBならではの制約もあります。HISやJTBの利用に向いているのは、以下の場合です。

  • JTBやANA等、国内のフルサービスキャリアを使いたい
  • 日程は4日間もしくは5日間等、決められた日数で良い
  • 観光は1都市のみで良い
  • ホテルは限られたホテルから選べれば良い
  • 全日程でホテルは同じで良い

この条件に当てはまる場合には、HISやJTBのほうが安い場合があるので、一度お値段をチェックしてみてください。

また、LCCを使う場合でも、直接予約は結構面倒です。航空券やホテルを購入する都度、宿泊者の情報を入力して、日程が間違ってないか確認して、となかなか面倒な事をやる必要があります。一方HISやJTBの場合は、1度は入力する必要はありますが、あとはその日程に沿って航空券やホテルを予約してくれるため、例えば深夜便だったり、早朝便だったりといった間違えやすい項目を気にする必要がありません。このあたりはメリットですね。

なので、少し高いくらいはいいから楽したい場合でも、HISやJTBはおススメです。

とにかく安く行きたい場合や、旅程にこだわりたい場合

とにかく安く行きたい場合は、LCCのチケットを直接取って、現地のホテルも直接取ったほうが安く行ける場合が多いです。場合によってはベトナム経由便が安く出ている場合もあるので、このあたりもチェックしてみてください。

また、旅行が7日以上の長期になる場合や、同時に2か国以上訪れる場合。複雑な旅程を組みたい場合にはHISやJTBはお値段を安くしてくれません。このため、自分で直接予約をしてプランを作る必要があります。

直接予約する場合にはどのような点に気を付ければいいでしょうか。次にまとめました。

飛行機代について

まずは飛行機費用。
普通に取ると片道3~4万ですが、LCCのキャンペーンだと運が良いと片道1.5万円というのも。
安くするなら基本線はこちらですが、飛行時間長いですので、飛行機はJAL・ANAがいい、という好みは皆様あると思います。
そのあたりもお値段によると思いますので、比較しながら決めていけばいいかなと思います。

飛行機費用を抑えるためのポイント

LCCの利用

飛行機代は限界まで安くしようとした場合は、LCCのキャンペーン中に予約する、の一択です。
AirAsiaは最近、羽田、関空、新千歳と、結構いろんな所からクアラルンプール便を出しています。
そして定期的にキャンペーンもやっており、早めにとる必要はありますが片道15,000~20,000くらいまで頑張ってくれることもあります。
これが問題ないのであれば基本的にはこちらがお勧めです。

現地フルサービス航空会社の利用

マレーシアの場合、マレーシア航空が該当します。
マレーシア航空便で良いようであれば、直接マレーシア航空からとると若干お安くなる場合もあります。
大体料金はJALと比べ8~9割程度、といったところでしょうか。

予約は早期に行い、閑散期を狙う

人がたくさんのる時期は高くなります。当たり前ですがGWや年末年始等ですね。
基本は

  • より早く予約する(但しエアアジア等だと早すぎてもキャンペーン運賃が適用されない場合があり、期間をよく確認しましょう)
  • 繁忙期はさける(現地繁忙期や、旧正月等にも気を付けて下さい)

ことによりより料金を安くすることができます。

ホテルとのセット予約

航空券とホテルをセットで予約した場合に安くなるケースがあります。こちらについては後述します。

具体的な金額例

実施しているキャンペーン等により適用される運賃は異なります。
以下はとある時点で金額を出してみた参考例です。
なお、半年先の場合、逆に高くなっているケースがあることに留意してください。

航空会社名超直前30日前半年前
JAL207,08060,08060,080
ANA221,15053,15057,150
マレーシア航空173,65057,67157,650
エアアジアX104,63840,67835,538

基本的な考え方としては、LCCで値段を抑えるなら、キャンペーン時期を狙って早めにとる事が必要になります。
キャンペーンは運ですが、タイミングとしては2ヵ月より先の予約ならキャンペーン待ち。
それより短いならあきらめて取ってしまったほうがいいかもしれません。

ただエアアジア、値段安く見えますが、座席指定とか荷物とかいろいろいれていくと結構高くなります。
特に荷物は1個まで。
これは帰りにお土産とかで荷物が増えた場合に困ったりすることもあります。
安くいくための制約があるのでこのあたりは要注意です。

上記制約があることを考えて、この値段差をどう考えるかですね。
一か月前だと曜日を限定しだすとJALとかと変わらないお値段になることもあります。
よく比較して選ぶ必要がありますね。

ホテル代について

ホテル代についても、取り方で結構安くとることはできます。
基本的な考え方は次の通りです。

円高時に訪れる

これは完全にタイミングになってしまうため、可能であればです。
円高時に旅行したほが、もちろん円換算で値段が安くなります。
マレーシアであれば1RM=30円を下回っていれば円高ゾーンなので参考にしてみてください。

早期、閑散期予約

ホテルの場合この割引は見えにくいですが、上記の各種割引が早期かつ閑散期のほうがかかりやすい傾向がある気がします。
私自身の感覚になってしまいますが・・・。
また、こちらも早すぎる予約は各種割引が適用されない場合があります。(半年以上先等)
もうすこし近い期間の予約も確認するなどして、お値段を見たうえで予約することをお勧めします。

ホテル予約をするサイトを選ぶ

ホテル予約のサイトは、きちんと選べばかなりお安くとれます。
取得のおすすめは、エクスペディアかHISです。

エクスペディアは、各種セールがいろいろやっていて、タイミングが良いと非常に安い場合があります。
ただセールが被らないとそこまで安くない場合もあります。
HISは安定しており、特に航空券とセットでとった時に安い場合があります。

このあたりはタイミングと運ですが、個人的にはとりあえずこの2サイトさえ見ておけばある程度安くは取れるかなと思います。

HIS

私自身はエクスペディアで手配してトラブルにあったことはないのですが。
ただ海外で何かあった時に困りたくないので、HISが良い、という方も多いでしょう。
日系の旅行会社としては、航空券がAirAsiaも手配できて、さらに現地でとれるホテルの数も非常に多い印象です。
ボタンぽちぽち押せばお値段が分かるので、一度見ておいて損は無いと思います。

非常に安い、というよりかは、概ね安い、といったところ。
エクスペディアはキャンペーンやってない限り、すごい安くはならないので、安定して取るならHISでしょうか。
日系会社で安心、というのもあります。

どうしても狙ったホテルに泊まりたいが、エクスペディアだとあまり安くなってなかった場合はこちらでしょうか。

エクスペディア

エクスペディアの場合は、キャンペーンが豊富です。
エクスペディア限定セールを高級ホテルでも実施していることがあり、連泊などの条件でケースによって40%以上OFFになることがあります。ただし、自分の泊まりたいホテルでこれが実施されるかは完全にその時の状況によります。
定期的に確認し、状況によってはあきらめることも必要です。
各種キャンペーンがほぼ常時実施されているため、活用することによってかなり安く取得することが可能になります。

とにかく安いタイミングを狙いたいならこちらですね。

エクスペディアはクーポンでかなり安くなる

マスターカード、JCB、アメックスのクレジットカードとのキャンペーンを常時実施しています。
こちらを利用することでホテル代金が、8%OFFになります。
さらに、上記の普通のエクスペディア実施のキャンペーンと組み合わせて使用することも可能です。
JCBカード会員用 8%OFFクーポン
マスターカード会員用 8%OFFクーポン
アメックス会員用 8%OFFクーポン
Visaカードのみクーポンがないため、Visaカードのみ保有されている場合には、同行者の方等に協力していただいて予約したほうが安く使用できるでしょう。
ただし、ヒルトン、フォーシーズン、マンダリン、マリオット、リッツカールトン、シャングリラ、スターウッド系(メリディアン、シェラトン等)等といったホテルでは使用できないため、現地のみの有名ホテルで使用することに注意しましょう。
クーポンの割引対象外ホテル一覧

実際のお値段

上記を組み合わせた場合のダタイの宿泊料金を示します。

  • 一番高くとってしまうコース(スーペリオルヴィラの例)
    • 2,200RM × 1RM=35円 × 3泊 × 10%のサービスチャージ = 254100円(1泊あたり84700円)
  • ある程度安くとれるコース(スーペリオルヴィラの例)
    • 1537.5RM(4泊で1泊無料) × 1RM=25円 × 4泊 × 10%のサービスチャージ × 8%OFFクーポン = 155,595円(1泊当たり38,898円)

エクスペディアの場合、ホテルを選ばなければ安くとれる場合は多いです。
ただいつどのホテルが安くなるかはわかりません。運次第なのが問題ですね。

まとめ

以上、私自身がマレーシア旅行に行くにあたって、安くいくために気にしていたことをまとめてみました。
実際問題、結構運もあるとおもいます。
実際にはどこか、ある程度のラインで妥協していくしかありません。
皆様の旅が良いものとなりますように。