twitterで東南アジアや子連れ旅の一言情報を発信中です

ジ アンダマン ランカウイ宿泊レポート 自然溢れるリゾートで落ち着いた時間を

ロビー/ジ アンダマン ランカウイ

私個人的にはランカウイは、ネイチャーリゾートが売りなんだと思っています。緑あふれる中でのリゾート、素敵じゃないですか。

基本的にランカウイのリゾートホテルは全部当たりだと思っているので、どのホテルも素晴らしいんですが、一番自然が多い、へたしたらジャングルの一歩寸前のビーチリゾートといえば、やはりダタイベイのホテルだと思うんですよね。

つまるところ、ダタイかアンダマンですね。

ランカウイの中で一番自然にあふれたリゾートホテルは、やっぱりこの二つかなあと思っています。(溢れすぎてヤモリとかが当たり前にでてくるレベルですが)ダタイとアンダマン、どっちも宿泊経験があるのですが、どちらも非常に素晴らしく甲乙はつけがたいです。

つけがたいですが、ひとまずどれだけ素晴らしい所だったかをレポートしていきたいと思っています。

当サイトのマレーシア記事の一覧はこちらです。
マレーシアってどんな国?観光・旅行に知っておきたい情報をまとめました

立地

アンダマンの立地はこちら。ランカウイ島の北東部、最も開発が抑制されているエリアの立地になります。

お部屋・価格帯

基本的にお部屋の広さは同じで眺望の違いでお値段が変わってきます。
1階でプールや庭がついていたりするか、2階とかで海が見えないか、ある程度上になって海が見えてくるか、といったところでお値段が違ってきます。

ザ アンダマン ア ラグジュアリー コレクション リゾート ランカウイ
マレーシア ランカウイ島【地図を参照
★★★★★ 5つ星ホテル
agoda
8.3点
最低価格~ 平均価格 ~最高価格
16228円~ 18421円 ~38142円
日付値段(agoda)
08/25(日)20805円
08/26(月)20805円
08/27(火)20862円
08/28(水)22885円
08/29(木)23012円
08/30(金)19703円
08/31(土)20630円
09/01(日)19239円
09/02(月)18262円
09/03(火)19187円
09/04(水)18031円
09/05(木)18955円
09/06(金)17476円
09/07(土)17524円
09/08(日)18100円
09/09(月)18150円
09/10(火)17372円
09/11(水)17107円
09/12(木)18308円
09/13(金)18100円
09/14(土)17684円
09/15(日)18516円
09/16(月)17892円
09/17(火)17164円
09/18(水)17315円
09/19(木)17476円
09/20(金)16644円
09/21(土)16852円
09/22(日)17476円
09/23(月)17524円
日付値段(agoda)
09/24(火)17476円
09/25(水)16481円
09/26(木)17476円
09/27(金)17268円
09/28(土)16689円
09/29(日)17476円
09/30(月)18933円
10/01(火)19973円
10/02(水)20444円
10/03(木)21429円
10/04(金)21637円
10/05(土)16852円
10/06(日)18516円
10/07(月)17164円
10/08(火)16898円
10/09(水)16644円
10/10(木)17684円
10/11(金)18984円
10/12(土)16898円
10/13(日)17684円
10/14(月)17684円
10/15(火)18516円
10/16(水)17476円
10/17(木)18308円
10/18(金)19973円
10/19(土)17892円
10/20(日)17684円
10/21(月)16644円
10/22(火)16644円
10/23(水)18308円
日付値段(agoda)
10/24(木)20805円
10/25(金)19973円
10/26(土)18100円
10/27(日)18308円
10/28(月)16644円
10/29(火)16644円
10/30(水)16644円
10/31(木)17684円
11/01(金)17268円
11/02(土)18100円
11/03(日)18724円
11/04(月)18308円
11/05(火)18100円
11/06(水)18516円
11/07(木)16852円
11/08(金)16644円
11/09(土)17060円
11/10(日)16852円
11/11(月)17268円
11/12(火)17268円
11/13(水)16644円
11/14(木)19973円
11/15(金)19141円
11/16(土)18100円
11/17(日)19557円
11/18(月)18516円
11/19(火)16956円
11/20(水)16644円
11/21(木)17684円
11/22(金)16436円
上記価格は全てagodaから引用、大人1泊2名。他の予約サイトの価格は違うものの、だいたい似ています。宿泊時は、記載価格に現地税やサービス料等が加算されます。
予約はこちらから
お部屋タイプ 広さ
(平方m)
参考価格
Deluxe Rainforest43RM686
(約20,580円)~
Deluxe Treetop43RM807
(約24,210円)~
Luxury Garden Terrace43RM969
(約29,070円)~
Luxury Pool Access43RM1,130
(約33,900円)~
Luxury Seaview43RM1,170
(約35,100円)~
Jacuzzi Studio43RM1,211
(約36,330円)~
Executive86RM1,493
(約44,790円)~
Executive Seaview86RM1,897
(約56,910円)~
Executive Pool, Suite86RM2,301
(約69,030円)~
Presidential Suite171RM3,108
(約93,240円)~

選ぶポイント

このホテルを選ぶポイントをまとめてみました。

ダタイとの選び方

ダタイ/ランカウイ

特に気になるのは、お隣ダタイとの差ですね。

まあぶっちゃけ値段ですね。ダタイは日程によっては最低ランクでも三倍以上するときがあります。ここが一番比重が高いです。

じゃあその値段の差ってなんなの?となりますが、基本的にはダタイのほうがよりラグジュアリーになってきて、受けられるサービスのレベルも高いです。例えばビーチサイドのビーチチェアですが、行くとスタッフがやってきてタオルまで引いてくれますし、定期的にチョコレートアイスなり果物なり割と頻繁にもってきますし、ビーチまでの送迎をバギーでやってくれますし、広いガーデンもありますし、滞在中とにかくいろんな人がいろいろ気にかけてくれます。素晴らしい。

かといってアンダマンのサービスの質が悪いかっていうと、まったく全然そんなことは無いです。滞在中はやはり気にかけて頂けましたし、とても快適に過ごせました。

なんといっていいのか難しいですが、アンダマンは快適な滞在に必要となる十分なサービスを受けられます。ダタイはここまでしてもらって大丈夫なの?ってくらいいろいろしてくれます。ダタイは大人が贅沢な時間を過ごすためのラグジュアリーリゾートで、アンダマンはダタイと比べた場合にはもう少しカジュアルに楽しむためのリゾート、といった所でしょうか。

このため子連れの場合はアンダマンがおすすめですね。ダタイはもちろん子連れもOKなんですが、メインプールだと子供NGとかがあります。アンダマンだとキッズルームもありますし、特に小さいお子さん連れなら断然アンダマンです。

おすすめポイント

溢れる自然

ジ アンダマン ランカウイ

ランカウイで何を楽しみたいかによるのですが、自然溢れるリゾートがいい、というのであればまずここです。反対に自然はそこまで重視してないのであれば、フォーシーズンズなりウェスティンなどのほうが合うでしょう。

自然というか、ランカウイの奥地のジャングルの中ですからね。猿とかが当たり前のように外を歩いていますし。他のも小動物の影がちらほらと。周りに本当に何もないので、自然だけをがっつり楽しめるようにされています。

反面後述しますが周りに本当に何もないので、基本的にはホテルでのおこもりライフが中心になります。それでいい!それがいい!っていう方には問題ないと思いますが、普通にプライベートビーチでゆっくりできるくらいでいいし、緑とかは普通にあればいいし、街中に観光も行きたいし、っていう方ももちろんいると思います。ここは本当に自然を楽しむことだけに特化しているので、ほかのホテルのほうが良いかもしれません。

美しいビーチ

ビーチ/ジ アンダマン ランカウイ

ランカウイのビーチ、微妙説はよく聞きます。ただ、ここはナショナルジオグラフィックの世界Top10ビーチにも選ばれる程素晴らしいビーチでもあるのです。のんびりゆっくりした時間を過ごすことに関しては、本当に世界的に素晴らしいビーチだと思います。

なので、微妙だったといっている人は、ビーチに何を求めるかによるんだと思うんですよね。たとえばスキューバかなにかをしたくて、海の透明度を徹底的に求める、とかだと確かにランカウイはちょっと違う気がします。また、派手なビーチアクティビティ(バナナボートとかパラセイリングとか)で遊び倒したい!っていう人もまたちょっと違いますね。

ランカウイのビーチは全面的に客引き禁止で、ビーチアクティビティもなくはないんですが、特にダタイベイだとあんまりやってる人は見ないですね。このホテルだと基本的にビーチでチェアに寝そべってゆっくり落ち着いてのんびり過ごす程度で、海は波打ち際でぱちゃぱちゃできればいい、くらいのトーンですね。ゆっくり落ち着いてのんびり過ごす分には、本当に最高です。

素晴らしいホスピタリティ

今回子連れで訪れたのですが、とにかく皆さん優しい優しい。うちの子供たちも大満足することができました。

なんせよく見かけるスタッフの方は、うちの子供たちの事を覚えていますからね。いやすごいですよ、本当。チェックインのときとか、ちょっと子供たちが退屈そうにしてたら、ロビーにある魚とかを見せに行ってくれました。もちろん英語ですが、子供たちも結構物怖じしないので、積極的についていってました。教育的にもこいうのはいいかなあと思うんですよね。

予約の時に間違えてツインで入れてしまっていて、キングベッドへの変更をお願いした時もスムーズに変えてくれましたし(うちの子供たちが寝相がかなり悪いので、小さいベッドだと落ちるんですよね)、自分の拙い英語をなんとか理解しようとしてくれましたし、本当に有難い限りです。

全面的にスタッフの方は非常にレベルが高かった。おかげで滞在中は本当に楽しく過ごすことができました。

いまいちポイント

爬虫類や虫に注意

自然があふれるっていうのは、そういう事です。爬虫類や虫とかがまあまあいる事には十分留意してください。特にヤモリは結構当たり前にホテルをうろついています。食事をアウトサイドで食べれば、小虫は普通によってきます。

この辺りはどこまで苦手かですね。自分もそんなにヤモリとかが得意なわけではないですが、部屋まで入ってくることはなかったのでそこまで気にはならなかったですね。たまにみかけてびっくりするくらいです。

ただものすごい苦手な人はいると思うので、そういう人はちょっといるよ、って事は留意しておいたほうがいいですね。それだけ自然にあふれている、ということなので。

ランカウイ島の主要観光地までのアクセスが悪い

イーグルスクエア/ランカウイ島

単純な立地条件だけで言えば、このあたりはおそらくランカウイで一番悪いです。ランカウイの最奥部にあるホテルのため、空港へは25km40分、パンタイチェナンやクアタウンへは45キロ60分はかかります。ケーブルカーだけはなんとか近いので、15キロ25分といった所ですね。

なので、観光にはとにかく向きません。移動に時間がかかりすぎます。移動だけでかなり時間を使います。この点は十分注意してください。

これは裏を返して、それだけ自然豊かなランカウイの最奥部にある、という事を意味しています。とにかく自然が素晴らしいホテルです。自然を重視したおこもりホテルライフをするなら、間違いなくここを選んでよいでしょう。必要なものはある程度、空港や来る途中で買っておくとよりベストです。

周りには本当に何もない

最奥部なので、周辺には本当の意味で何もないです。森しかないです。あとゴルフコースはありますかね。何かしようとしても、まず車で20キロ程度はいかないとお店一つないです。あとGrabも近くにはほぼいない。(タクシーはいるので問題ないとは思いますが)

なので本当にホテルにこもることになります。個人的にはそのためにきてるので問題ないんですけど、ちょっとなんかでかけたい、とかもできないので、このあたりは十分留意してください。

ホテルの様子

では続いてホテル内部の様子を、写真を中心にご案内します。

ロビー

ロビー/ジ アンダマン ランカウイ

入るときから結構圧倒されますよね。

ロビー/ジ アンダマン ランカウイ

結構な重厚感があるんですよ、アンダマン。入ったときでこれですよ。

ロビー/ジ アンダマン ランカウイ

正面にはランカウイ島の全体図を砂で示したものがあります。すごいもの作りますね。

ロビー/ジ アンダマン ランカウイ

フロント。天井がね、高いんですよ。

ロビー/ジ アンダマン ランカウイ

もちろんチェックインはこういった所で、ウェルカムドリンクを頂きながらですよ。最高ですよ。それがやりたいんですよ、リゾートホテル。

ロビー/ジ アンダマン ランカウイ

個人的にこのロビーのつくりはすごいなあと思うんですよね。この写真が撮りたくて夜中にわざわざきましたからね。ゆっくり眺めて圧倒されました。いやすごい。

ロビー/ジ アンダマン ランカウイ

ロビーにはこういった形でちょっとしたカフェもあり、軽食が注文できるようになっています。

ロビー/ジ アンダマン ランカウイ

まず圧倒されましょう。

お部屋

続いてお部屋。今回宿泊はLuxury Seaviewにしました。

ソファーとテレビ。ソファーは大人2子供2だったので、エクストラベッド風にしていただいています。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

カーテン閉めてますが、こちらがテラスになっています。開ければすぐシービューですね。広くてうまいこととれませんでした・・・・すいません。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

ベッドはこんな感じ。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

反対側はこんな感じでソファーになってます。子連れで1ベットにした(でかくないと子供たちの寝相が悪くて落ちる)ので、気を使ってエクストラベッド風にしていただいてました。ブラインドを開ければもちろん海が見えます。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

テラスはこんな感じ。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

景色的にはこんな感じ。シービューのお部屋、がっつりシービューですね。最高です。お部屋でふとぼーっとこの景色を眺めるのも好きでした。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

そしてこのベランダは、割と結構こうなります奥にいるもの、わかりますでしょうか。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

猿ですね。ベランダに食べ物だしっぱとか絶対NGです。猿は結構そういうの狙ってます。猿はもう当たり前にいますね、ここ。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

ベッドサイド。写真の通り日本のコンセントもささるタイプなので安心してください。ただしマレーシアと日本では電圧が異なりますので、きちんと対応したものだけをさすようにしましょう。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

お水はペットボトルのみ無料。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

冷蔵庫はこんな感じ。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

ミニバーはこんな感じ。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

あとはこのドリップコーヒーはちょっとうれしいですよね。結構いっぱいのんじゃいました。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

夜にはドリンクサービスもありました。ココナッツドリンク。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

続いてバスルーム。広いです。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

トイレは普通。そんな水圧は強くないですね・・・。かなり人里から離れているので仕方ないですが。

で、反対側にシャワー。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

アメニティはREMEDE。ラグジュアリーコレクションやセントレジスなどの定番です。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

その他のアメニティ。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

もちろんお水もあります。

お部屋/ジ アンダマン ランカウイ

クローゼットはかなり広めなので安心。ただ南の島なんでそこまでかけるものもないですが。

プール

プール/ジ アンダマン ランカウイ

プールはロビーやメインレストランのすぐ真正面にあります。プールからも良く見えますね。

プール/ジ アンダマン ランカウイ

プールは大きいのが一つあります。そのまわりをプールチェアが囲んでいる感じ。プライベートビーチもあるので、プールは子連れで遊んでいるファミリーが多い印象でした。全体的にすいてましたし。アンダマンは特に子供禁止エリアはないので、ファミリーも安心です。

プール/ジ アンダマン ランカウイ

なおプールは朝方こんなかんじできちんと清掃が入ってるので安心です。
ここが一番手前側、子供用の一番水深の浅いエリアですね。0.1メートルとかなんで、小さい子供の水遊びに最適です。私たちは基本ここで子供と遊んでいました。

プール/ジ アンダマン ランカウイ

ここからだんだんと奥にいくにつれて、ちょっとずつ水深がふかくなっていきます。この幌があるビーチチェアは人気でした。

プール/ジ アンダマン ランカウイ

水はちょっとずつ深くなっていって。

プール/ジ アンダマン ランカウイ

途中スライダーなんかもあったりします。これは子供が喜ぶタイプのやつですね。ただここの水深はまあまああるので、小さいお子さんだと気を付けたほうがいいですね。

プール/ジ アンダマン ランカウイ

チェアはこんな感じでたくさんありますが、人気なのはビーチなのでプールはそんなにいませんね。

プール/ジ アンダマン ランカウイ

レストラン側から。

プール/ジ アンダマン ランカウイ

あと時折食べ物はサービスがあったりします。この時はフルーツ。こういうのうれしいですよね。

プール/ジ アンダマン ランカウイ

あと離れたところに謎のプールもありました。こっちはよくわからない・・・。誰もいませんでした。

ビーチ

自分が思い描いている最高のビーチリゾートは、やっぱここなんですよね。ハネムーンで行って思い入れが深いっていうのはあると思うんですけど、すごい落ち着いていてゆっくりできる空間が、本当に素晴らしいんです。

ハネムーナーがきても、ビーチでのんびりできますし。小さいお子さん連れできても、子供はビーチを大きなお砂場替わりに遊びだしてるのを、ビーチチェアでのんびりながめれば良しです。最高です。

確かにもっと水がきれいなビーチはありますし、もっといろいろアクティビティが楽しめるビーチは他にあります。ここはどちらかというと、水辺でのんびり、落ち着いた時間を過ごすためのビーチですね。そのためにはここは最高のビーチだと思っています。

ビーチ/ジ アンダマン ランカウイ

ビーチはもう、最高です。

ビーチ/ジ アンダマン ランカウイ

奥には小さくダタイの様子が見えますね。こちらも素晴らしいホテルです。

ビーチ/ジ アンダマン ランカウイ

日が落ちてくる様子もまた、素晴らしい。

ビーチ/ジ アンダマン ランカウイ

ビーチチェアはとにかくたくさんありますので、足りなくなることはないですね。大体皆さんやはりビーチ沿いのビーチチェアでのんびりしている方がおおい印象でした。実際は反対側に、ビーチチェアがずらっと並んでいます。奥に行けばすいてたので、特に奥のほうでのんびりしていました。

夜景

あと、ビーチがホテルから目の前なので、夜は星空を目の前でみることができます。

夜景/ジ アンダマン ランカウイ

海沿いの夜景はとにかくめちゃくちゃきれいに見えます。ここ、本当に奥地なのでホテル側以外に明かりがないんですよ。なのですごいきれいに星が見えます。

夜景/ジ アンダマン ランカウイ

この星空には本当に圧巻ですね。海目の前なんで空がすごい広いんですよ。

夜景/ジ アンダマン ランカウイ

雲がかかったりすると見れなかったりするときもあるのでタイミングは大事なんですが、ぜひ夜も海へ行ってみてほしいです。

子供向け施設

子供向け施設/ジ アンダマン ランカウイ

基本的にプールがまず子供向け施設ですが、プレイグラウンドも用意されています。ほどほどの広さはあり、子供が遊ぶ分には十分な数のおもちゃなり滑り台があるので、急なスコールとかでも安心ですね。

子供向け施設/ジ アンダマン ランカウイ

普通にいろいろあったので、子供は楽しめると思います。

子供向け施設/ジ アンダマン ランカウイ

広さも結構あります。

子供向け施設/ジ アンダマン ランカウイ

おもちゃもこんな感じでいっぱい。

朝食

朝食はメインのレストランがあるのでこちらになります。雰囲気はこんな感じ。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

アウトサイドも選べます。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

パンはパン専用の部屋があり、そこで大量のパンが用意されています。種類が本当に豊富。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

すごい数のパンです。甘いものからプレーンなものまで本当にたくさん。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

シフォンケーキとかもあります。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

ドーナッツも。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

奥はライブキッチンになっていて、パンケーキとワッフルを焼いてくれます。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

作りたてっていうのが最高ですよね。本当に。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

ジャムもこんだけありますからね。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

多くは無いのですが、ちょっとしたキッズ向けお菓子エリアもあります。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

フレークの種類も多いですね。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

こちらはヨーグルトにフルーツ。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

もちろんフレッシュジュースも。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

サラダもあります。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

ハム系も。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

フルーツもたっぷり。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

カットフルーツ。ドラゴンフルーツがあるのが南国っぽいですよね。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

ベーコンなどなど、定番の朝食もあります。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

種類はかなりあります。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

こういうお鍋系のもありました。ごはんものなどですね。

朝食/ジ アンダマン ランカウイ

ミックスジュースもありました。なんというか、体によさそうな味ではあります。見た目完全に青汁ですからね。

写真撮りそこねましたが、ほかにもラクサのライブキッチンや卵系のライブキッチンなど、しっかりそろっていました。やはり圧倒的に朝食の種類が豊富なのは、本当に良いですね。

レストラン

レストランはメインのレストランのほかに、日本食レストラン、シーフードレストラン、ビーチサイドのレストランの計4つのレストランがあります。

宿泊中はメインレストランと日本食レストランを頂いたので、こちらの内容をご案内します。

メインレストラン

朝食会場と同じなんですが、アウトサイドで頂くと結構虫がまあまあ来ます。外人さんあんまり気にしないですよね、こういうの・・・。気にされる方はインサイドのほうがいいかもしれません。

お値段的には大体以下の通りです。マレーシアトップクラスのホテルのレストランなので、それを考えればこのお値段ならお手頃だと思います。

  • 食べ物
    • サラダ:35リンギット(1050円程度)前後
    • ピザ・スープ:45リンギット(1350円程度)前後
    • ハンバーガー・サンドイッチ:55リンギット(1050円程度)前後
    • ステーキ:110リンギット(3300円程度)
    • ナシゴレン:50リンギット(1500円程度)
    • ニョニャカレーラクサウドン:88リンギット(2640円程度)
    • 各種デザート:30リンギット(900円程度)前後
  • 飲み物
    • ワイン(グラス):32~65リンギット(960~1950円程度)
    • カクテル:41リンギット(1230円程度)
    • モクテル:26リンギット(780円程度)
    • ソフトドリンク:18リンギット(540円程度)
  • キッズメニュー(専用のキッズメニューがあります)
    • ハンバーガー:40リンギット前後(1200円程度)
    • ピザ・パスタ:30リンギット前後(900円程度)
    • チキンヌードルスープ:30リンギット(900円程度)
    • フレンチフライ:17リンギット (510円程度)
    • アイスクリーム:15リンギット (450円程度)
メインレストラン/ジ アンダマン ランカウイ

ただあんまりインサイドで召し上がる方はいらっしゃらず。まっせっかくですからね。ライトアップされたプールは結構良いですね。

メインレストラン/ジ アンダマン ランカウイ

まずアペタイザー代わりのチップスを頂きつつ。

メインレストラン/ジ アンダマン ランカウイ

パスタ 42リンギット(1260円程度)

メインレストラン/ジ アンダマン ランカウイ

ジュニアビーフバーガー42リンギット(1260円程度)

メインレストラン/ジ アンダマン ランカウイ

マルゲリータピザ43リンギット (1290円程度)

などなどを頂きました。全体的においしかったです。せっかくだからナシゴレンとかもたべておけばよかったですね。滞在も後半だったので、食べなれたものが食べたくなってしまいました。

日本食レストラン

そろそろ日本食が非常に恋しくなってきたこともあり、せっかくなので高級ホテルの日本食レストランとはどんなものだろうと、好奇心半分でチョイス。

結果として、日本人からするとがっつりの日本食を期待していったら、ちょっと期待を裏切られる感じはあります・・・。ありますが!とはいえ日本食風の現地の料理として考えると、結構面白いですし、普通に楽しめます。

なんというか、味付けはやっぱり日本人好みの味付けじゃなくて現地風なんですよね。このあたりが受け入れられるかどうかでしょうか。現地のものとして食べれば普通においしいですよ。日本食はこういう風に受け入れられていくんだな、という勉強がてら楽しむ分にはアリだと思います。体験としてはいい体験をしました。

お値段帯はこんな感じ。飲み物はメインレストランと同じでしたが、Sake Cocktailなどは追加であったりしました。ちょっと高級な和食レストランくらいのお値段ですかね。

  • 食べ物
    • SASHIMI:30リンギット(900円程度)前後
    • Ebi Tempura:36リンギット(1080円程度)前後
    • UDON SOUPS , RAMEN: 60リンギット(1800円程度)前後
    • SUSHI:30リンギット(900円程度)前後
    • メイン料理(Niku Teriyaki, Yaki Tory ,Saba Shioyaki…etc):100リンギット前後(3000円程度)
    • 各種デザート:30リンギット(900円程度)前後
  • 飲み物(メインレストランと同じでした)
    • ワイン(グラス):32~65リンギット(960~1950円程度)
    • カクテル:41リンギット(1230円程度)
    • モクテル:26リンギット(780円程度)
    • ソフトドリンク:18リンギット(540円程度)
  • キッズメニュー(1ページ、BENTO SETがあります)
    • TEMPURA BENTO SET:60リンギット(1800円程度)
    • JAPANESE NOODLE BENTO SET:48リンギット(1440円程度)
日本食レストラン/ジ アンダマン ランカウイ

雰囲気はこんな感じ。なんかところどころ中国が混じっている感じはあります。箸とかは中国箸だったりしますからね。

日本食レストラン/ジ アンダマン ランカウイ

座敷もあったりします。結構本格的なので、普通にすごいですよね。

日本食レストラン/ジ アンダマン ランカウイ

Niku Teriyaki。115リンギット(3450円)。肉はオーストラリアのアンガス牛。甘辛ダレに柔らかい肉が絡んでて普通においしかったです。

日本食レストラン/ジ アンダマン ランカウイ

Niniku Yaki Meshi。メインコースでセットで付いてきます。普通にご飯なのでおいしかった。

日本食レストラン/ジ アンダマン ランカウイ

Awase Free Range Chicken Ramen。58リンギット(1740円)。薄味。現地風としてはあり。

日本食レストラン/ジ アンダマン ランカウイ

JAPANESE NOODLE BENTO SET。48リンギット(1440円程度)。

総評

個人の感想としては、非常に満足の行く滞在でした。また行きたいかといわれれば、もちろんまた行きたいです。本当に素晴らしかったです。

これは子供たちも同じだったようで、うちには3歳の女の子がいるのですが、ここでもらったぬいぐるみを、マレーシア滞在中はずっと抱きしめて離しませんでした。帰国後も、ずっと寝るときに抱っこして寝ています。それくらい楽しい思い出になれたんだなあ、とおもうと、親としてやっぱり行ってよかったなあ、と思うんですよね。

特に小さい子連れはおススメですね。あまり観光とかに行けませんから、どうせならこういったおこもり系のビーチリゾートで、海なり、ビーチなり、プールなりで子供に一日つきっきりで遊んで、すごい贅沢な時間が過ごせます。最高です。

もちろん子連れじゃなくても、ここは非常に贅沢な時間を過ごせます。ホテルのアクティビティとしてネイチャーツアーも整備されていますし、ケーブルカーであればそこそこの時間で観光に出る事も可能です。評判高いスパもありますしね。2~3泊程度の滞在であれば、結構あっというまに過ぎるのではないでしょうか。

ただいろいろアクティブに動き回りたい人にはあまり向かないので、この点だけは注意してください。のんびり滞在したい人には、本当にこのホテルはおすすめできます。最高でした。

ザ アンダマン ア ラグジュアリー コレクション リゾート ランカウイ
マレーシア ランカウイ島【地図を参照
★★★★★ 5つ星ホテル
agoda
8.3点
最低価格~ 平均価格 ~最高価格
16228円~ 18421円 ~38142円
日付値段(agoda)
08/25(日)20805円
08/26(月)20805円
08/27(火)20862円
08/28(水)22885円
08/29(木)23012円
08/30(金)19703円
08/31(土)20630円
09/01(日)19239円
09/02(月)18262円
09/03(火)19187円
09/04(水)18031円
09/05(木)18955円
09/06(金)17476円
09/07(土)17524円
09/08(日)18100円
09/09(月)18150円
09/10(火)17372円
09/11(水)17107円
09/12(木)18308円
09/13(金)18100円
09/14(土)17684円
09/15(日)18516円
09/16(月)17892円
09/17(火)17164円
09/18(水)17315円
09/19(木)17476円
09/20(金)16644円
09/21(土)16852円
09/22(日)17476円
09/23(月)17524円
日付値段(agoda)
09/24(火)17476円
09/25(水)16481円
09/26(木)17476円
09/27(金)17268円
09/28(土)16689円
09/29(日)17476円
09/30(月)18933円
10/01(火)19973円
10/02(水)20444円
10/03(木)21429円
10/04(金)21637円
10/05(土)16852円
10/06(日)18516円
10/07(月)17164円
10/08(火)16898円
10/09(水)16644円
10/10(木)17684円
10/11(金)18984円
10/12(土)16898円
10/13(日)17684円
10/14(月)17684円
10/15(火)18516円
10/16(水)17476円
10/17(木)18308円
10/18(金)19973円
10/19(土)17892円
10/20(日)17684円
10/21(月)16644円
10/22(火)16644円
10/23(水)18308円
日付値段(agoda)
10/24(木)20805円
10/25(金)19973円
10/26(土)18100円
10/27(日)18308円
10/28(月)16644円
10/29(火)16644円
10/30(水)16644円
10/31(木)17684円
11/01(金)17268円
11/02(土)18100円
11/03(日)18724円
11/04(月)18308円
11/05(火)18100円
11/06(水)18516円
11/07(木)16852円
11/08(金)16644円
11/09(土)17060円
11/10(日)16852円
11/11(月)17268円
11/12(火)17268円
11/13(水)16644円
11/14(木)19973円
11/15(金)19141円
11/16(土)18100円
11/17(日)19557円
11/18(月)18516円
11/19(火)16956円
11/20(水)16644円
11/21(木)17684円
11/22(金)16436円
上記価格は全てagodaから引用、大人1泊2名。他の予約サイトの価格は違うものの、だいたい似ています。宿泊時は、記載価格に現地税やサービス料等が加算されます。
予約はこちらから