マレーシアお勧めモデルコース 4泊6日あると余裕ある旅行が楽しめます

クアラルンプール国際空港/セランゴール州

実際マレーシアに訪れるとなった場合には、どういったモデルコースが考えられるでしょうか。
都市する都市の選び方については、こちらで触れています。

あわせて読みたい
マレーシア観光案内 おすすめ都市&有名スポットの選び方・ポイントまとめ マレーシアへ行きたい!と思った方も、いざ観光プランを考えるとなると、どこへ行っていいのかよくわからないですね。もちろん、可能であれば全部の場所を見て回りたい...

上記の記事でもとめていますが、マレーシア観光の基本形はシティ+リゾート。
シティはクアラルンプールとして、リゾートはランカウイ、ボルネオ島、ペナンを選ぶのがお勧めです。

日程的にどちらか片方となる場合には、お好みで選んでいただければいいかと。
シティだけの場合にはクアラルンプール。
シティもリゾートも両方楽しみたくて、自然の観光を楽しみたい場合にはボルネオ島。
シティもリゾートも両方楽しみたくて、街の観光を楽しみたい場合はペナン。
リゾートを楽しみたい場合にはランカウイ。

といったところでしょうか。

ここでは成田空港からのJAL便利用をイメージして、クアラルンプール+ボルネオ島のプランを考えてみました。
プランは4泊6日。すこしキツメですがこれくらいあると余裕ある旅ができます。
1日削れなくはないですが、ちょっと寂しくなりますね。やはり。

観光プランを立てる際の参考になれば幸いです。
ランカウイ島のモデルコースは別の記事にまとめています。
場合によってはボルネオ島とランカウイ島を入れ替えるなどして、組み合わせを考えてみてください。

あわせて読みたい
ランカウイ島モデルコース 4泊6日でのんびりリゾートを楽しむプランがお勧め ランカウイ島をベストで楽しむための日数はどのくらいでしょうか。 個人的な推奨日数は、4泊6日。 初日は深夜につくため、繁華街のホテルに1泊し、翌日午前中を観光にあ...

もしよろしければ、以下のマレーシア関連の記事も併せてご覧ください。

  • 旅行好きに本当におすすめのクレジットカード
  • マリオットゴールド会員の特典付与(空室状況等により対応可能な場合は、ルームアップグレードや午後2時までのレイトチェックアウトの特典あり)
  • マリオットポイントは3%、航空会社マイルは1.25%と高還元率
  • 年会費49500円。年間150万円以上の利用で、50000ポイントまでのホテルで利用できる無料宿泊券が発行。
ただいまキャンペーンが実施されており、当サイトからの紹介により入会すると、ポイント還元額が増額され、合計88500ポイントの還元になります。
当サイトからの紹介は以下にて受け付けます

メールによるご連絡


    上記フォーム当てにご連絡頂いたメールアドレスに、紹介URLを発行します。メールが送信されていない場合は、迷惑メールに振り分けられていないか確認をお願いします。

    LINEによるご連絡

    以下のLINE公式アカウントを「友だち追加」して頂ければ、即時紹介URLを発行します。(申し込み後、削除して頂いて問題ありません)

    友だち追加

    もくじ

    クアラルンプール・マラッカ観光

    マレーシアのシティ観光といえば首都・クアラルンプール。
    クアラルンプール訪問の場合には、世界遺産である旧都・マラッカもセットで訪れることをお勧めします。
    なお、クアラルンプールからマラッカへ往復してしまうと4時間程かかり、時間のロスになります。
    時間のロスを最小限にするため、到着後すぐマラッカへいき、観光した上でクアラルンプールへ訪れるのがお勧めです。

    1日目 成田発・マレーシア着 マラッカ宿泊

    1. 09:00 成田空港着 チェックイン
      • 2時間前目安だとだいたいこの時間に。この便だと初日はどうしても移動でつぶれてしまいます。
    2. 11:05 JL723便 成田空港出発
      • (これよりマレーシア時間)
    3. 18:10 JL723便 クアラルンプール国際空港到着
      • クアラルンプール上空は混雑している事も多く、またスコール等にあたると着陸が遅れることも発生します。あまり時間に余裕のないプランはお勧めしません。
    4. 19:00 クアラルンプール国際空港発
      • ここでクアラルンプールへ移動するのではなく、一路マラッカへ。この便だと時間帯的にビジネスアワーに当たりかねず、タクシー利用があまりお勧めできないこともあります。まずマラッカ観光が効率が良いです。
    5. 20:00 マラッカ ザ マジェスティック着 チェックイン
      • 初日移動で疲れているでしょうからあまり欲張らず、ディナー程度にしておくのがお勧め。評判が良いのは次の二店舗ですね。どうしても歩きたいならもう1店舗。定休日に注意です。
        • Manis J Nyonya(TripAdvisor)…ニョニャ料理で人気の近場。21時までなので要注意。
        • Bulldog(TripAdvisor)…ニョニャ料理でこちらも人気の近場。こちらも週末以外21時までなので注意。
        • Pak Putra Tandoori & Naan Restaurant(TripAdvisor)…遠めですが人気のタンドリーチキン。遠くにいくなら。月曜休みですが遅めまで空いています。
      • 次の日朝早く起きて散策。するために初日はゆっくり寝ておきましょう。

    2日目 マラッカ・クアラルンプール観光(観光&ショッピング)

    実質、まともに動けるのは2日目から。ここではまずマラッカの世界遺産群を観光します。
    朝一から動けば、午後にはクアラルンプールに行ける程度かと。
    クアラルンプールのビジネスアワー前後の渋滞だけは避けたいので、これさえ避けれれば問題ないです。
    クアラルンプール到着後はショッピングモールでお買い物。

    1. 8:00 マラッカ観光開始
      • ホテルから観光地の中心部までは1キロ程。全然歩ける距離です。観光地は比較的密集しています。全然歩いて行ける距離なので、以下の順番に訪れていけば問題ないかと。
      • 前半は建物メインで中入るとか関係ないのでいいですが、一部はオープンが10時~となっているものもあるため、中に入りたいものは時間帯を調整してください。詳細はウェブ等で要確認。
        • フランシスコ・ザビエル教会
        • キリスト教会
        • スタダイス
        • セントポール教会
        • サンチャゴ砦
        • 独立宣言記念館(原則9時~一部例外あり、詳細はこちら)【公式ウェブサイト
          • こちらは基本的に資料展示のみで英語オンリー。マラッカの歴史の展示物があるので興味がある人はよいですが、派手ではないので飛ばしても。
        • マラッカタワー(10時~23時の営業)【公式ウェブサイト
        • ババ ニョニャ ヘリテージミュージアム(10時~13時、14~17時の営業)【公式ウェブサイト
          • こちらも展示系。当時の中華系豪商の邸宅。展示に興味ある人はいいですが、やはり派手さはないので飛ばしても。
        • チェンフンテン寺院
    2. 12:00 マラッカ ランチ
      • 中心部で人気のお店は次の通り。定休日があるので気を付けてください。
        • Straits Affair(Tripadviser)…ニョニャ料理。せっかくだから本場の人気店で。
        • Bikini Toppings(Tripadviser)…ココナッツシェイク。スイーツしたいときに。
        • Calanthe Art Cafe(Tripadviser)…ゆっくりカフェ。簡単な食事もあります。
    3. 13:00 マラッカ出発
      • 預けていた荷物を受け取りがてら、ホテルからのタクシー利用をお勧め。安くあげるなら中心部からバス便も。
    4. 15:00 クアラルンプール トレーダースホテル着 チェックイン
      • ビジネスアワーが明ける前に中心部に入るよう注意しましょう。渋滞していなければ2時間弱程度でクアラルンプールには着きます。
    5. 16:00 クアラルンプール ブキッビンタンでショッピング
      • 基本的にはクアラルンプールではショッピング。正直パビリオンとスリアKLCC回っていたらこの日は終わります。どちらも似たようなお店が多いので、思い切って1個に絞ってもありです。
      • ローカルなショッピングの空気を味わいたいならスンガイワンプラザがお勧め。
      • あとはやはりペトロナスツインタワーですね。ホテルから見える景色で十分楽しめます。
        • パビリオン
        • スンガイワンプラザ
        • ペトロナスツインタワー
        • KLCC公園
        • スリアKLCC
          • トレーダースホテルに近いのはスリアKLCC。こちらで限界までねばってホテルにかえるのもおすすめ。
    6. 19:00 クアラルンプール ディナー
      • 屋台食べ歩き or お店。どちらでもお好みなほうで。
        • アロー通りで屋台食べ歩き…屋台を楽しみたいならこちら。軽食程度にして下のごはん屋さんとセットでも。
        • 鼎泰豊(パビリオン)…日本にも支店がありますが、マレーシア店はお値段1/3なので値段きにせずいっぱい食べれます
        • Little Penang Cafe(スリアKLCC)…人気のマレーシア料理チェーン
        • Madam Kwan’s(スリアKLCC)…こちらも人気のマレーシア料理チェーン

    3日目 クアラルンプール観光(モスクやセントラルマーケット等)

    どうしても日程が不足する場合にはこちらの日程を削ってもいいですが、やはりクアラルンプール中心部も見ておきたいもの。
    この日程ではクアラルンプール中心部の、観光メインの場所を巡るツアーになります。

    1. 8:00 クアラルンプール観光開始
      • 中心部までの移動は、タクシー移動の場合には、ビジネスアワー前後は避けたほうがいいですが、朝早く動こうとするとどうしても当たってしまうので・・・。時間帯によりますが、ビジネスアワー前後の場合には各種電車(LRT、MRT)を利用するのがお勧めです。以下回っていたらあっという間にお昼になってしまうかと。
        • マスジット・ネガラ(国立モスク)
        • チャイナタウン
        • ムルデカ広場
        • セントラルマーケット
    2. 12:00 クアラルンプール ランチ
      • クアラルンプールでランチを。個人的にはリッツカールトンかなり一押しなのでこちら。
        • リッツカールトン リーエン(Tripadviser)…中華料理。日本人に大人気。高級中華がお手軽なお値段で。
    3. 13:15 クアラルンプール トレーダースホテル 発
      • 食べたらホテルに戻り荷物を受け取って、クアラルンプール国際空港へ移動します。
    4. 14:15 クアラルンプール国際空港 チェックイン
    5. 15:45 MH2640 クアラルンプール国際空港発
    6. 18:20 MH2640 コタキナバル国際空港到着
    7. 19:00 コタキナバル国際空港発
    8. 20:00 コタキナバル シャングリラ ラサリア着 チェックイン
      • ラサリア少し遅めになるのでもったいなくはありますが・・・。ラサリア優先するなら、この日の飛行機便を繰り上げるかですね。

    ボルネオ島観光

    4日目 ボルネオ島観光(キナバル山)

    ここからはコタキナバル観光。といっても町中を楽しむならクアラルンプールで楽しんでおいたほうが。
    基本的にはコタキナバル市街地はスルーして、ラサリアのリゾート事態や、キナバル山を楽しむ形になります。

    1. 8:00 キナバル山ツアー出発
      • キナバル山はツアー手配をお勧めします。ラサリアからは近いのはメリットですね。
        • ナバル
        • キナバル山国立公園
        • ボーリン温泉
        • キャノピーウォーク
    2. 15:00 キナバル山ツアー帰着
      • これ以降はラサリアでまったり。夕暮れ等を楽しみながら、落ち着いたビーチリゾートタイムを過ごしましょう。

    5日目 ボルネオ島(ラサリアを楽しむ)

    最終日は特に予定ナシで、ラサリアリゾートでまったりしましょう。
    日本に帰るとどうせばたばたしてしまいますし、最後のゆっくりを。
    場合によってはレイトチェックアウト申し込んでおいてもいいでしょう。
    ただビーチくらいならチェックアウト終わっても使えると思います。
    こちらのモデルコースでは成田への直行便を使っています。
    使えない場合にはクアラルンプールに行く必要があるため、少し早めにもどらないといけません。

    1. 日中はラサリアリゾートをのんびり。スパやアクティビティ申し込んでもいいと思います。
    2. 19:00 コタキナバル シャングリララサリアリゾート チェックアウト
    3. 20:00 コタキナバル ウォーターフロントコタキナバル
      • 特に理由はないですが、一番あたらしいショッピングモールなので。イマゴやスリアサバでも可ですが、夜の港を眺めるのもいいのではないでしょうか。
      • こちらが全日程最後になります。時間は好みに応じて調整してください。場合によってはずっとラサリアでもいいでしょう。
    4. 22:50 コタキナバル国際空港着 チェックイン

    6日目 コタキナバル発、成田空港着

    最終日は飛行機のみです。ボルネオ便だと行きと比べてかなり早めに帰れます。
    時間的には仕事直行できなくもない時間ですが、1日休んでからでたいところではあります。

    1. 0:50 MH080/JL7978 コタキナバル国際空港発
      • (ここから日本時間表記)
    2. 7:20 MH080/JL7978 成田空港着

    まとめ

    個人的には2都市行くのであれば、その都市のメインどころだけいっておけばいいかなと思っています。
    なのでボルネオ島では市街地はばっさり削っています。クアラルンプールで十分楽しめていると思うので。

    削るとしたら3日目か5日目の旅程をいじって削るでしょうか。
    ただこのくらいの余裕をもったプランで行きたいですね。ラサリアでゆっくりもおすすめです。
    逆にもっと伸ばして、例えばクアラルンプールであれば郊外エリアの観光いれたり、ボルネオであればリバークルーズいれたりしてもいいと思います。
    ボルネオ島とランカウイを入れ替えても楽しめると思います。

    皆様の旅行の参考になれば幸いです。

    のぶ
    海外・子連れ旅行ブロガー
    旅行大好きな2児の父。

    国内から海外まで、いろんな場所に訪れた経験をもとに、様々な観光情報と子供との生活をより楽しむための楽しくするための情報をお届けします。
    もくじ