ランカウイのホテル選び方ガイド 目的別におすすめを整理してみました

ランカウイで何を差し置いても重要なのは、やはりホテルです。
基本的にこの島はリゾートホテルを楽しむための島ですので、どこに泊まるのか、というのは非常に重要な要素の一つです。
とはいえ高級ホテルをずらずらと並べられても、なかなか選びにくいのも正直なところ。

基本的にこの島に止まるのであれば、ホテルの立地を踏まえて宿泊することをお勧めします。
ホテルによって立地は様々で、人里離れた森の深くに作られたホテルや、やはり人里離れた海岸沿いに作られたホテル。
街中に近い、落ち着いた場所に作られたホテル等、周辺の立地が異なります。

例えば一番奥深い場所に作られたダタイであれば、町中の中心部からはタクシーで40分以上かかる、人里離れた森の奥深くに作られています。
このため市街地にはそうそう出れませんが、プライベートビーチは完全に宿泊者専用のため、非常に落ち着いたのんびりした時間を過ごせます。
また奥深い森の中では、野生の猿やイノシシなどを見ることもできます。
こういった自然豊かな場所を求めている方もいるでしょうし、そうではない方もいると思います。基本的には奥深いほどより自然が豊かになるので、どういった雰囲気のホテルに泊まりたいかが選ぶ基準になるかと思います。

ホテル自体は基本的にどこも素晴らしいホテルです。
ですので、あとは周辺の立地が自分の過ごしたいリゾートのイメージとあっているかを踏まえる必要があります。

Expediaでホテルを予約する場合、8%OFFのクーポンが利用できる事があります。クーポンはこちらを参照して発行してください。
私がダタイへ宿泊した際には、このクーポンを使用することができました。

ホテルを選ぶポイント

ランカウイ全体図

ランカウイはリゾートホテルの宝庫。多種多様なリゾートホテルが多数あります。ランカウイのホテルを大きく分類した場合、以下の二種類のタイプ分けることができます。

人里離れた自然の中で落ち着いて過ごすタイプ

北部(ダタイベイ、タンジュンルー)に集中しています
ランカウイの繁華街はクア、パンタイですが、そこから20キロ~50キロ(タクシーで30分~1時間)以上離れた場所にあり、森や海の大自然に溢れた人の少ない場所で、ゆったりした時間を過ごすことができる地域です。猿などの動植物が当たり前にいるエリアで、落ち着いたビーチでぼーっと過ごしたり、夜の静寂に体を預けたりすることができます。まさしく、「何もしない」をする場所です。
半面、繁華街から離れているため、ランカウイ島内の各種アクティビティを積極的に楽しみたい場合は不向きです。
ホテルの中で、落ち着いた南国の緩やかな時間を楽しむ場所と考えてください。

繁華街(田舎町なので落ち着いていますが)で町の空気を感じながら過ごすタイプ

南西部(パンタイ)に集中しています。
ランカウイで最も栄えているエリアがパンタイチェナン。人が多く、バックパッカー向けのホテルも点在しており、もっともにぎやかなエリアです。
ここを起点に、南側に進むとパンタイテンガー。パンタイチェナンに近い場所ですが、落ち着いた雰囲気の場所になります。北側にあるのがパンタイコック。ここはパンタイチェナンより若干はなれていることもあり、さらにぐっと落ち着いたエリアになります。
このエリアのホテルは繁華街に近く、ランカウイ島を楽しむならこのエリアのホテルがお勧めです。ただし、繁華街に近ければ近いほど人が多くなるため、落ち着いた時間や自然を楽しみたい人には向かないエリアです。

上記のエリアごとに、著名ホテルを次でご案内します。
より秘境度が高いエリアから順に、後ろになればなるほど繁華街が近くなっていきます。

ランカウイホテルガイド

ダタイベイ(秘境度★★★)

このエリアはもはやジャングルです。海もジャングルも最大限楽しむことができますが、クアまでは一時間かかるため繁華街で遊びたい方には最も向かないホテルとなります。このエリアには以下の2ホテル以外建物が存在しないため、人が少なく、最も落ち着いた時間を過ごせるエリアになります。

ザ・ダタイ

私は最終的にこちらに宿泊しました。
ダタイのおすすめポイントは「ダタイ ランカウイ~東南アジア至高のネイチャーリゾート」を参照。
南の島のジャングルで、のんびり落ち着いた時間を過ごす。これを求めるならダタイ以上に最高な場所はないでしょう。
ザ・ダタイ ランカウイの詳細&宿泊予約はこちら:Expedia

ザ・アンダマン

誤解を恐れずに言えば「廉価版ダタイ」。(宿泊料金が半額程度になります。)
基本的な考え方はダタイと同じで、バギーでダタイの施設まで連れて行ってもらうことも可能です。プライベートビーチも共有。
若干サービスは劣りますが、こちらも対応が良いので、予算に合わせお手軽に楽しむのであればおすすめです。
ジ アンダマンの詳細&宿泊予約はこちら:Expedia

タンジュンルー(秘境度★★☆)

こちらはダタイベイと比べるとジャングル度が落ちて、森くらいになります。
このあたりは海の評判が高いことや、マングローブがあるエリアにも近いため、これらを中心に楽しみたいのであればおすすめです。

タンジュンルーリゾート

タンジュンルーの最も奥に存在するホテル。
落ち着いたビーチで過ごしたい場合におすすめ。
タンジュン ルー リゾートの詳細&宿泊予約はこちら:Expedia

フォーシーズンズリゾート

日本にも有名ホテルフォーシーズンズ。
カナダ系の高級ホテルのため、西洋リゾートホテルを望む場合にはお勧め。
(その他はアジア風ホテルが多いため、とはいえある程度フォーシーズンズもアジアテイストではありますが)
フォー シーズンズ リゾート ランカウイの詳細&宿泊予約はこちら:Expedia

パンタイコック(秘境度★☆☆)

最近開発が進む、自然も多く、繁華街へも近い中間エリア。
どちらも楽しみたい場合にはこのエリアのホテルがお勧め。
新しいホテルが比較的多く、施設も綺麗。
とはいえパンタイチェナンまでは15キロ程度あるため注意。

ザ・ダナ

公式ホームページはこちら
日本語でこれだけ案内のあるランカウイのホテルは珍しい気がします。
新しいホテルであり、ランカウイ周辺のホテルの良いところを取り入れたバランスの良いホテル。
空港からも近く、町中にも出やすいですが、若干奥まったところにあるため落ち着いているのがメリット。
ザ ダナ ランカウイの詳細&宿泊予約はこちら:Expedia

パンタイチェナン(秘境度☆☆☆)

ランカウイ随一の繁華街。ランカウイの町の空気を感じたい場合はこのエリアへ向かうことになります。
おみやげ屋さんも多いエリア。町中を楽しむために、こちらで宿泊した後にほかのエリアに行くのもおすすめです。
ただしこちらでもクアタウンまでは20キロ程度離れているので注意して下さい。

カーサデルマール

小規模で落ち着いた雰囲気。全室シービューで、すぐ外が海のため解放感が高い。
繁華街の中にあるため、いつでも町中に出ることができる。
ホテル自体の評価も高い。
カーサ デル マール ランカウイの詳細&宿泊予約はこちら:Expedia

まとめ

ご案内したホテルはどれもリゾートホテルとして名高い、超有名ホテルばかりです。
基本的にはいずれに宿泊しても満足ができるかなと思います。

各ホテルともに、立地やコンセプト等で差別化を図っています。
基本的には雰囲気や自然がどの程度あるか、ビーチがどうなっているかで選ぶ形になると思います。
皆様のお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

のぶ

首都圏在住、アラサーも後半に入った2児の父。旅行が趣味で海外はマレーシアを中心に東南アジア、国内は甲信を中心にどこへでも行くのが好き。良く行った海外情報を中心に、最近は子連れなので首都圏近郊のお散歩情報をお届けします。