twitterでも旅情報や小ネタを発信中

外貨両替のおすすめは?安くお得で安全な方法を通貨別・国別に徹底比較

海外旅行に行く際、必ず必要になるのは外貨両替。最近はクレジットカードが普及して大分便利になってきましたが、さすがに現金の両替をしないで海外旅行をすることはできないですね。

とはいえ、いざ外貨両替をしようとしてみても、どこでしたらお得なのか、どのくらい金額に差があるのか、わかりにくいのが困りものです。よくわからないので、とりあえず日本の空港で両替している方も多いと思います。

ただ、何も考えずに日本の空港で両替するのはおススメできません。通貨によっては、10000円分の両替をしただけで、2000円も損してしまうこともあるのです。なので、両替はきちんとふさわしい場所で行う事をおススメします。

ここでは、そんな分かりにくい外貨両替の以下についてまとめました。

この記事でわかること
  • 外貨両替の方法について
  • 国別のおすすめ両替方法

たかが両替、されど両替。せっかくの海外旅行、お得な両替をすればその分現地の予算も増えます。皆様のお役に立てれば幸いです。

海外旅行の際の外貨両替は、この記事以外にも以下の記事があります。こちらも併せてご参照ください。

外貨両替の方法について

一般的な外貨両替の方法は、以下の4種類です。

  • 海外現地の、市街地での両替
  • 海外現地の、空港での両替
  • 日本の、空港での両替
  • 日本の、インターネットでの両替

それぞれ、主にレートの安さや利便性といった観点から、国別に、それぞれの両替場所がお得かお得でないかとご案内していきます。なお、この記事で対象とする国は、日本人が観光に訪れやすい以下の17通貨です。

  • アメリカドル
  • 欧州ユーロ
  • カナダドル
  • イギリスポンド
  • スイスフラン
  • オーストラリアドル
  • ニュージーランドドル
  • ニュー台湾ドル
  • 中国元
  • 香港ドル
  • 韓国ウォン
  • マレーシアリンギット
  • シンガポールドル
  • タイバーツ
  • フィリピンペソ
  • インドネシアルピア
  • ベトナムドン

え、これ以外の国に行くんだけど!?という場合。もちろんあると思います。

その場合には、ある程度共通の、両替の際のポイントがあります。こちらは最後にまとめていますので、最後を確認いただければいいかと思います。

海外現地の、市街地での両替

ARCADE MONEY CHANGERS/THE ARCADE
ARCADE MONEY CHANGERS/THE ARCADE
おすすめ

香港
韓国
マレーシア
シンガポール
タイ
フィリピン
インドネシア
ベトナム

要注意

アメリカ
ユーロ
カナダ
イギリス
スイス
オーストラリア
ニュージーランド
台湾
中国

海外現地でも、(多い少ないはありますが)もちろん街中に両替所があります。ですが、市街地の両替所が安い安くないかは、国によって異なります。

おすすめで上げた国々は、主に東南アジアが中心。街中に両替所が多くて利便性が高く、しかもレートが良い国々たちです。もちろん全部の両替所のレートが良いわけではないため、きちんとレートが良い両替所に行く必要がありますが、そういったお店が中心部にきちんとあります。なので市街地で安心して両替できる国たちですね。

反対に、要注意の国々はアメリカやヨーロッパ等、先進諸国。基本的に市街地のお店の両替レートが悪いです。但し、きちんと探せば両替レートが良いお店がある事がほとんど。その場合でも、営業時間が短かったり立地が限られたりと不便な事が多いため、訪れる際には事前にきちんと確認しておいたほうがいいでしょう。

とはいえアメリカやヨーロッパは都市や国によって高いお店しかなかったりすることも多く・・・。その場合は諦めるしかないですね。これらの国は、市街地に入る前にまとめて必要な分を両替しておくことをおススメします。

海外現地の、空港での両替

台湾銀行/桃園国際空港
台湾銀行/桃園国際空港
おすすめ

台湾
中国
香港
韓国
シンガポール
タイ
フィリピン
インドネシア
ベトナム

いまいち

アメリカ
ユーロ
カナダ
イギリス
スイス
オーストラリア
ニュージーランド
マレーシア

どの国でも、もちろん空港での両替ができます。

やはり概ね東南アジアでは両替レートが良い事が多いです。ただこの中でも香港や韓国は空港より市街地のほうがレートが良いです。なので、市街地で両替するほうがおススメ。反対にそれ以外の国は空港でも結構レートが良いので、空港である程度両替してもOKです。

反対に、アメリカやヨーロッパ等、 先進諸国は現地の空港でのレートが一番悪いです。基本的に先進国の現地空港レートはとにかく悪いので、避ける事をおススメします。

日本の、空港での両替

GPA外貨両替専門店レート/成田空港
GPA外貨両替専門店レート/成田空港
おすすめ

アメリカ
ユーロ

いまいち

カナダ
イギリス
スイス
オーストラリア
ニュージーランド
台湾
中国
香港
韓国
マレーシア
シンガポール
タイ
フィリピン
インドネシア
ベトナム

続いて日本の空港。ここが一番日本人にはなじみがあるかもしれません。ドルやユーロでの両替は、現地よりも良い事が多いため、日本の空港での両替がおススメです。

反対にそれ以外の通貨のレートは極めて悪いです。基本的にはおススメできません。特に東南アジア、フィリピン、インドネシア、ベトナム当たりなんかはとにかくレートが極悪です。可能な限り避けるのをおススメします。

日本国内で両替するのであれば、基本的にはインターネットでの両替のほうがレートが良い事が多いのでこちらがおススメです。具体的なレートの比較はこの次で比較していますので、ご参照下さい。

日本の、インターネットでの両替

外貨両替ドルユーロ
外貨両替ドルユーロ
おすすめ

アメリカ
ユーロ
カナダ
イギリス
スイス
オーストラリア
ニュージーランド
台湾
中国
香港
韓国
マレーシア
シンガポール

いまいち

タイ
フィリピン
インドネシア
ベトナム

外貨両替ドルユーロの割引クーポンご案内中

ご案内している「外貨両替ドルユーロ」には、100円の割引クーポンがあります。購入時、「クーポンコード」の欄に、以下のコードを入力すると割引となります。

クーポンコード:opm012

GW/夏休み/年末年始といった長期休暇時期は、注文が多いために、1日の上限数に達して受付が途中で打ち切られる場合があるためご注意ください。(その場合は、平日の15時に受付再開される事が殆どです)お早目の注文がおすすめです。

最近はインターネットでの外貨宅配サービスもメジャーになってきました。大手系ではゆうちょの外貨宅配トラベレックスの外貨宅配が有名でしょうか。最近はLine Pay 外貨両替というサービスもLineが始めていたりしますね。

私がその中でも一番おススメするのは、外貨両替ドルユーロ。理由はレートが良く在庫が比較的安定しているから。先ほどの各社のレートと、外貨両替ドルユーロと、そして各空港の両替レートはインターネットでも比較できます。以下は空港でのレートを2019年6月17日現在のレートで比較しました。最新情報はリンクを付けていますので、参照頂ければと思います。

通貨外貨両替
ドルユーロ
GPA
(成田空港
直営)
関西空港
直営
アメリカ
ドル
111.00111.16111.15
ユーロ125.18125.56125.36
イギリス
ポンド
143.64146.77146.07
中国元16.1617.2917.31
韓国
ウォン
0.094750.10420.1034
香港ドル14.2216.2115.70
台湾ドル3.5833.89933.840
カナダドル84.2388.6089.00
スイスフラン112.44113.27112.97
オーストラリア
ドル
77.7382.2382.93
ニュージーランド
ドル
73.4279.1879.18
タイバーツ3.6173.893.85
シンガポール
ドル
82.0384.0983.44
フィリピン
ペソ
2.1682.392.37
インドネシア
ルピア
0.008330.01010.0096
ベトナム
ドン
0.005360.00550.0053
マレーシア
リンギット
27.3130.0629.96

在庫も基本的には安定(欠品しても回復が早め)しています。私自身何度も使用していますが、特にトラブルなく利用できています。自宅で事前に両替が済ませておけるのも、私はメリットが大きいと感じています。

但し、タイ(スワンナプーム国際空港)や、ベトナム(ハノイ・ノイバイ国際空港、ホーチミン・タンソンニャット空港)の場合には、現地の空港でかなり安く両替できるのでこちらがおすすめです。また、フィリピンやインドネシアも空港レートが安いので(ただこの2か国は治安が悪く、両替額もごまかされることがあるので要注意)空港での両替がおススメ。

後述しますが、基本的には日本国内での両替はインターネットでの両替のほうがレートが安い傾向にあります。但し、郵送になるため日数が必要になる点には注意して下さい。2019年6月17日現在のレートで、成田空港直営、関西空港直営の両替店と、インターネット外貨両替の外貨両替ドルユーロのレートを比較した結果は以下の通りです。リンクもつけていますので、レートを比較してみて下さい。

国別のおすすめ外貨両替方法について

アメリカ、EU諸国(除くイギリス)の外貨両替

ユーロ紙幣
ユーロ紙幣

アメリカやEU諸国では、基本的に現地でのレートが激悪。日本国内でまとめての両替が基本です。そのため、以下での両替がおススメです。

  • 外貨両替ドルユーロ
  • 日本の空港

レート的には外貨両替ドルユーロのほうが良いですね。個人的には大金になりますし、スーツケースや財布などに分散させて持ち歩きたいので、事前に両替できる外貨両替ドルユーロを使う事が多いです。

但し、日本の空港のほうが高いものの差がそこまで大きいわけでもないので、直前のほうが良い方や間に合わない方なのでは日本の空港で両替しても、それほど損にはなりません。

ただし、繰り返しますが現地での両替だけは避けてください。フランスのパリ(MERSON)等のごく一部の都市に安い両替店があったりしますが、それ以外の都市だと基本的には日本で両替したほうがレートが良いことが大多数です。

アメリカドル紙幣米ドル両替はどこでするのがおすすめ?アメリカ国内と日本のレートを比較しました
ユーロ紙幣ユーロ両替はどこが安くておすすめ?レートはWebサイトで比較可能です

イギリス、スイス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの外貨両替

オーストラリアドル
オーストラリアドル

この辺りの通貨は、現地での両替レートも悪いわ、日本の空港での両替レートも悪いわで、どうにもならない通貨たちです。選択肢としては以下になります。

  • 外貨両替ドルユーロ
  • 現地の市街地(限られた一部の店舗のみ)

基本的にはこれらの国であれば、現地のある程度安い両替店と同程度のレートで外貨両替ドルユーロで両替してくれますので、こちらの利用がおススメです。ただ時間がないか、どうしても最安値を狙う場合という事であれば、国によってタクシーなり電車代金なりはクレジットカードで支払えます。そのため、現地空港から現地市街地の両替レートが安いお店まで直行する、というのもアリでしょう。ただお店の営業時間等もありますので、きちんと把握した上で行く必要があります。

別途記事で現地の両替店についてはまとめていますので、きちんと旅行プラン中に両替タイミングを組み込んでおくのがおススメです。もしそれが難しいようであれば、事前に外貨両替ドルユーロでまとまった金額を両替しておくほうが良いでしょう。

イギリスポンドの両替をお得にする方法 最新レートはウェブで確認可能
スイスフランの両替をお得にする方法 最新レートはウェブで確認
オーストラリアドル両替おすすめはどこ?国内&現地各所のレートを比較しました
カナダドル両替のおすすめはどこ?国内と現地のお店を比較しました
ニュージーランドドル両替おすすめはどこ?国内&現地各所のレートを比較しました

中国、台湾、シンガポールの外貨両替

中国人民元
中国人民元

こちらの通貨は現地空港の両替レートが比較的良好で、市街地のレートも比較的良好な国々です。そのため、おススメは以下になります。

  • 外貨両替ドルユーロ
  • 現地の空港
  • 現地の市街地(レートは良いが、不便なため要注意)

ただし、これらの国で気を付けてほしいのは、市街地の両替。レート自体はきちんとお店を選べば良いお店があります。ただ、特に中国・台湾に関してはレートが良いお店が、土日がお休みだったり夜が早くしまったり、といった事がありがち。少し不便なのがネックですね。シンガポールもレートが良いお店の場所が限られているので、このあたりが不便なのが要注意ですね。

このあたりの国々では、基本的に外貨両替ドルユーロで全額を両替するか、もしくは現地の空港で全額を両替しておくかするのがおススメです。市街地でもできるのですが、状況がかなり不便になる事もあるので。

人民元(中国元)の両替をお得にする方法 上海・北京の観光をお安くするために
台湾ドル台湾ドル両替おすすめはどこ?国内&現地各所のレートを比較しました
シンガポールドルシンガポールドル両替おすすめはどこ?レート比較&格安両替場所まとめ

香港、韓国、マレーシアの外貨両替

香港ドル
香港ドル

これらの国々は、日本の空港でも現地の空港でもあまり両替レートが良くない国々です。

  • 外貨両替ドルユーロ
  • 現地の市街地

とはいえ、さすがに現地の空港を出るまでに一度は両替が必要になるので、外貨両替ドルユーロで事前にある程度の金額を両替しておくことをおススメします。もし慣れずに不安であれば、差額がそこまで大きい

香港ドルの両替をお得にする方法 ウェブで現在のレートを確認可能
韓国ウォン両替おすすめはどこ?国内&現地各所のレートを比較しました
マレーシアリンギット両替おすすめは?KL・ランカウイ等各地のレートを徹底調査

タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナムの外貨両替

フィリピンペソ
フィリピンペソ

これらの国々は、とにかく現地レートが良い国々になります。なので、基本的には

  • 現地の空港
  • 現地の市街地

但し、タイの場合には、バンコク・スワンナプーム空港の場合のみレートが良いです。場所も限られるのでご注意を。(出国後、エアポートレールに乗る当たりの両替所が安い)バンコク・ドンムアン空港はあまり安くないのでご注意を。またベトナムも、ハノイ・ノイバイ空港とホーチミン・タンソンニャット空港は安いのですが、ダナン空港はお高めです。

お高めの場所を利用する場合には外貨両替ドルユーロである程度事前に両替しておいても良いでしょう。

また、フィリピンやインドネシアの場合にはレートは安いのですが、そもそも空港の両替で両替額ごまかしてくるから注意してね、と、現地の日本大使館から注意喚起が出るレベルの治安です。

タイバーツ(バンコク、プーケット)の両替をお得にする方法 レートはウェブ確認可能
フィリピンペソ(セブ島・マニラ)両替おすすめはどこ?国内&現地各所のレートを比較しました
インドネシアルピア(バリ島)の両替をお得にする方法 レートはウェブ確認可能
ベトナムドンベトナムドンの両替をお得にする方法 17箇所のレートを徹底調査

上記以外の国の外貨両替

アメリカドル紙幣
アメリカドル紙幣

上記以外の国の場合は、そもそも現地で日本円の両替自体の取り扱いが少ない事があります。このあたりは国によって事情が異なるため、確認したほうが良いでしょう。

これらの国にはいったんアメリカドルを持ち込んで、その上で更に現地通貨へ両替したほうが無難です。事前に日本円での両替が可能かどうか、確認した上で可能であれば日本円を持ち込んでも良いでしょうが、判断ができない場合はアメリカドルに両替して持ち込んだほうが無難です。

  • 外貨両替ドルユーロ(アメリカドルに両替)
  • 日本の空港 (アメリカドルに両替)
  • ⇒現地(現地通貨に両替)

また多くはありませんが、カンボジアのように、自国通貨(カンボジアの場合はリエル)ではなくアメリカドルが流通している場合もあったりします。カンボジアであればアメリカドルを使用したほうが観光者としては楽ですので、このあたりも含めて確認をしておいたほうが良いでしょう。(このパターンはさすがに少ないですが)

おまけ:クレジットカードの両替は?

各所で勧められる事が多いクレジットカードの両替ですが、こちらはどうなのでしょうか?結論としては、利用しているクレジットカードでお得さが異なります。以下の3条件を満たしているクレジットカードであれば、平均的にお得に両替する事が可能です。

  • 海外キャッシングに対応していて
  • 海外ATM手数料がかからず
  • スマホ等で即時キャッシング返済が可能なもの(基本的には返済するまでは利息が取られる)

で、問題は、上記の条件を満たしているクレジットカードは数少ない事。海外旅行へ何度も行かれる方であれば作る価値はあると思いますが、あまり多くないのであればわざわざカードを作るのも・・・といった所でしょうか。また、現地でのATMトラブルもありますし、その場合手持ちの現金がないと詰んでしまうので、慣れていないのであれば個人的にはおススメしません。

基本的には現金で持ち込んでおいて、どうしても現地で更に追加で必要になったんだけれど手持ち現金がない場合の、非常手段として頭に入れておくといいと思います。もしくは海外に多数渡航される場合は、作っておくと便利に使えるでしょう。

さいごに

関空直営外貨両替ショップ/関西国際空港
関空直営外貨両替ショップ/関西国際空港

以上、お得な外貨両替の方法についてまとめました。国によって事情は異なりますし、人によって取れない手段もあると思います。

ただ、きちんと両替事情を理解して両替しておくと、かなりお得に両替ができます。最近はインターネットでレートもきちんと比較できる場合が多いので、これらが皆様の参考になれば幸いです。