マレーシアリンギット両替おすすめはどこ?国内&現地各所のレートを比較しました

外貨両替の規制自由化と、インターネットの普及を受けて、お得に外貨両替をする方法も随分と変わってきました。
今日本で両替をするのであれば、外貨宅配を利用すると国内で一番安く両替することができます。
このレートは、マレーシア現地の空港とほとんど同程度のレートです。

具体的には、マレーシア現地の空港は、日本の空港より10,000円当たり1,000円以上安く両替ができます。
外貨両替をつかうと日本でも、この現地空港と同等のレートで両替することができるのです。
(さすがに首都クアラルンプールで、一番安いお店と比べると負けてはしまうのですが、差はそこまで大きくありません)

初めて行く国の場合、現地通貨を持たずにその国に入るのも不安が大きいものです。
レートの安い現地の空港で両替しようとしても、両替店の場所がわからなかったり、お店がしまっていたらどうしたらいいのか・・・
海外旅行には不安がつきもの。
日本で事前に両替を済ませておけると安心ですし、しかも現地とほとんど同じ安いレートなのであれば損もしません。

とは言え、両替レートは刻一刻と変わります。本当にそんなレートで両替ができるのか。
近年はインターネットでも両替レートが確認できる、とても便利な時代になりました。
ここでは外貨宅配のレートを、日本の空港・現地の空港・現地市街地のレートとインターネットで比較する方法をご案内します。
レートを実際に比較した上で、具体的な外貨宅配の利用方法もご案内します。

皆様のお役に立てば幸いです。

当サイトのマレーシア記事の一覧はこちらです。
マレーシアってどんな国?観光・旅行に知っておきたい情報をまとめました

マレーシアの主要観光地の選び方はこちらの記事でまとめています。
マレーシア観光案内 おすすめ都市&有名スポットの選び方・ポイントまとめ

マレーシアの通貨リンギットについて

マレーシアの通貨はリンギット。補助貨幣単位はセンで、100セン=1リンギットになります。
取扱い上の注意事項や、流通している通貨の種別、過去のレート等の情報はこちらにまとめていますのでご参照下さい。
マレーシア通貨リンギットについて レートや利用時の注意事項まとめ

マレーシアの物価は、以下の記事にてまとめています。物価は概ね、日本の1/3くらいとなります。
マレーシア物価事情 クアラルンプールはアジアで最もコスパが高い都市に認定

またマレーシアはクレジットカードのスキミング被害が数多く報告されています。
これは東南アジアのクレジットカード専門の犯罪集団が、マレーシアを拠点としているためです。詳細は別記事にまとめています。
マレーシアでのクレジットカード利用は要注意 スキミング被害が多発中

リンギットの両替レート傾向について

日本・マレーシアの具体的な両替レートについて

参考情報として、2018年2月22日時点での両替レートに基づき、10000円をリンギットに両替した場合の両替額を以下表に示します。
(MYR=マレーシアリンギットです)
「最安値のお店との両替差額」が、最も安いレートで両替した場合との差、つまり損している金額を表します。
なお、両替レートは日々変わりますが、どこで損するかの傾向は基本的に変わりません。

所在国 店舗名最安値の
お店との
両替差額
(10000円
当たり)
レート
(MYR基準)
レート
(円基準)
10000円で
両替できる
MYR
(最安値との
差額)

日本
GPA外貨両替専門店
成田空港が経営する両替店
銀行等もレートは概ね同様
 約-1284円1MYR/
31.46円
約317MYR
(約-47MYR)

日本
外貨両替ドルユーロ(国内ならここ)
日本の大手外貨宅配
リンギット両替も対応
MEMO
外貨両替ドルユーロでの購入時、
以下のクーポンコードの入力で
100円割引になります。

クーポンコード:opm012

 約-273円
1MYR/
28.22円
約354MYR
(約-10MYR)

マレー
シア
May Bank
マレーシア最大手の銀行
現地の各空港に両替店を出店
 約-219円3.56MYR/
100円
1MYR/
28.09円
約356MYR
(約-8MYR)

マレー
シア
KL Remit Exchange
クアラルンプールの両替店その1。
ブキッビンタン、
KLセントラル等に出店
 約-27円36.35MYR/
1000円
1MYR/
27.51円
約363MYR
(約-1MYR)

マレー
シア
Jalinan Duta(現地ならここ)
クアラルンプールの両替店2
ブキッビンタン等、
多数の店舗出店あり
 約0円36.45MYR/
1000円
1MYR/
27.43円
約364MYR
(最安値)

最新レートはご自身で再確認願います。マレーシアのページはリンギット基準のレート表記となっている事に注意してください。
May Bankの店頭レートは「Currency notes」として示されています。

上記の結果から、上記時点では以下の事が言えます。

  • 成田空港で両替した場合、10000円の両替当たり1284円の両替損が発生するため注意。
  • 日本で両替する場合には、外貨宅配店が安い。現地の市街地両替店と比べると差はあるが、現地の空港とはそれほど変わらない
  • マレーシアで両替する場合は、ブギッビンタン近辺の店舗が安い。

国内の両替は、一部注意が必要です。
記載は成田空港ですが、ここに限らず、日本の空港や銀行で両替すると大体これくらいの両替損は発生します。
現在は円高傾向にあるためこのくらいですが、円安進行や相場の急変により、場合によっては最大2000円以上の両替損となることもあります。
日本で両替する場合は、外貨宅配のレートが非常に良いため、こちらがおすすめです。

あとはこの金額を踏まえて、どこで両替するかです。
個人的には、マレーシアや海外に慣れていない方は、この程度の差なら日本の外貨宅配である程度は両替したほうがいいと思います。
現地空港とレートがそれほど変わらないですし、慣れない国はばたばたしがち。(自分はこれで失敗もしました。詳しくは後述します。)
両替一つでも不安がありますから、事前に準備できることはしておいたほうが、ついてから余計なことを考えずに済んで安心です。

逆に慣れている方は、現地での両替にそもそも不安がない方も多いと思います。この場合はもちろん、現地での両替で問題ないでしょう。
場所別のお勧め両替方法を後述します。
もしくは、この差額に納得ができて、現地での両替の手間を省きたい場合には、外貨宅配をおすすめします。

私自身も、外貨宅配を実際に使用しています。使用した際のレポートは、以下の記事をご参照下さい。
【クーポン情報あり】外貨両替ドルユーロ通貨別レート徹底比較&利用レポート

日本で両替する場合のオススメ方法

日本で両替する場合、先述した通り市中の銀行やその他両替店は、レートが著しく悪いのでお勧めできません。

日本での両替は、基本的に「外貨宅配」の専門業者一択です。
「外貨宅配」というサービス自体、あまり聞きなれない方も多いと思います。
ここ数年で新しく登場した、インターネットの申し込みで自宅まで外貨を郵送してくれるサービスです。
ドルやユーロ等の基軸通貨のレートは他と大差ない(少し安いくらい)のですが、マイナー通貨のレートが非常によい事が特徴となっています。
特にリンギットの場合、マレーシア現地の空港並みのレートで交換できます。

MEMO
以下でご案内している「外貨両替ドルユーロ」を利用する場合は、割引クーポンがあります。
購入時に「クーポンコード」の欄へ、以下のコードを入力すると100円割引となります。

クーポンコード:opm012

外貨宅配のおすすめは「外貨両替ドルユーロ」です。
そもそもあまり聞きなれないサービスで、現金を扱うため私自身も利用には不安がありました。
こちらはサイトにどのくらいお得なのか会社の安心性について口コミ等、不安に思っていたところのについての説明が掲載されていたので安心できました。
また利用上も、マイナー通貨の取扱いが多いこと、概ね現地空港に近いレートで両替できること、両替金額に上限&下限の設定がない事が嬉しい所です。

外貨宅配については、こちらの記事でまとめています。
日本国内で行うマイナー外貨の両替がかなりお得に!外貨宅配について調べました

利用上の注意事項は一点。
クアラルンプールの最安値と比較した場合には、2%前後両替レートが悪くなります。

それを踏まえても、マレーシアや海外旅行に慣れていない方の場合には外貨宅配をお勧めしています。
どちらにせよ、現地の空港で一度両替はしないといけないのですが、外貨宅配は現地の空港と概ね同レートです。
そして現地で、最安値の両替店まで行くことも、なかなか慣れていない場所では大変です。
慣れていない場合は、現地での両替一つをとっても不安なもの。行く前に両替しておけるなら、そちらのほうがより安心できます。
節約できる時間と手間を考えると、正直そこまでこだわる程の差額ではないかな、と思います。

逆にマレーシアかもしくは海外に慣れている方は、両替に不安を持たれない方のほうが多いと思います。
こういった方向けには、マレーシア現地で両替する場合のオススメ方法を後述します。
ただそれでも現地での両替には時間と手間がかかりますので、これを省きたい場合で、差額に納得ができるなら日本での外貨両替がおすすめです。

日本での両替金額について

両替金額については、すこしパターンが分かれるかなと思います。

現地で使う通貨を、全て事前に両替しておきたい場合

マレーシア現地の治安に不安がある方や、海外にあまり慣れていない場合にはこちらがお勧めです。
2%程度の両替損で、現金トラブルが避けられるのは気分的に結構楽になるかなと思います。

また、リゾート地(ランカウイやボルネオ島のリゾートエリア)に滞在する場合も、こちらをお勧めします。
特にランカウイは、リゾートホテル滞在の場合両替タイミングがあまりありません。
足りなくなった場合の追加両替を、ホテルでしたり、町中でしようと移動時間とタクシー代をかけると、結果として損する事になります。
リゾート地の場合には、リゾートで使う予定分の両替は全額、外貨宅配で準備しておくことをお勧めします。

全て両替する場合の両替額は、私自身は、1人1日あたり200~300リンギットぐらいを目安にしています。
ただツアー等、現地で払うものが多い場合にはもう少し見ておいたほうが良いでしょう。
上記の外貨宅配はリンギットの買取も空港並みレートですので、リンギットを余らせてすごい困る、ということにはならないかなと思います。

必要な分のみを事前に両替し、現地である程度両替を行う場合

クアラルンプールやコタキナバル中心部、ペナン等に滞在される方等で、ある程度海外に慣れている方はこちらがお勧めです。
いずれにせよ、街中へでるためには両替が必要です。(タクシーなり電車なりにのるため)
クアラルンプールの場合深夜・早朝便も多く、遅延などにより空港の両替店がクローズすると面倒な事になるので、レートが変わらないのであれば準備しておいたほうが安心でしょう。

個人的には金額として、1人1万円を最低ラインに、余裕をみて1人2万~は両替しておく事をお勧めします。
単純に町中に入るだけれあれば、クアラルンプールでのランカウイでもコタキナバルでも100リンギットあれば町中には出れます。
ただタクシーが場所間違えたりとか、その他トラブルがおきて現金がないと面倒です。
1万円変えておけば基本的には大丈夫ですが、余裕を見て2万変えておくとより余裕ができて安心できるかな、といった所です。

ギリギリを責めるならばクアラルンプール国際空港からクアラルンプールまで、バスで10RMとかもできます。
ですが、これ以上少ない両替となると、外貨宅配の送料(400円)分不利になってきます。
ギリギリを責める場合には現地空港で両替したほうが良いでしょう。

残りは日本円をある程度持ち込み、必要な分だけ都度両替することとなります。
マレーシアでの両替方法は後述します。

マレーシアで両替する場合のオススメ方法

ブキッビンタン/クアラルンプール

マレーシアでの両替は、圧倒的に市中の両替商での両替がお勧めです。
空港や銀行での両替は、せっかくマレーシアで両替するのにレートが悪くおすすめできません。
それをするくらいなら先述した、日本での外貨宅配での両替がお勧めです。

ただ、マレーシアの市中で両替の最安値を探すのはお勧めしません。
最安値を一生懸命探しても、両替額は1万円当たりせいぜい1~2リンギット(約30~60円)変わる程度。

現在はスマホでも、手軽に事前のレートが確認できて便利です。
KL Remit ExchangeJalinan Dutaを見て両替レートの相場を覚えておいて、そんなにかい離がなければ変えてしまいましょう。
現地の表記だと、多くの場所で1000円がXXリンギット、と表記されます。
この表記でレート0.1リンギットの差があると、1000円あたり0.1リンギット(約3円)の両替額の差がでます。
正直市中は差があって0.1~0.3程度の事が多いです。これくらいなら歩き回るのも面倒なので別にいいかなあ、といったところですね。

ただまれにぼったくる業者もいるようです。(特に街中奥深い業者)
なのでぼったくられないよう、事前にレートを確認すること自体は必須です。

なお、一番安いのはブギッビンタンをはじめとしたクアラルンプール市中です。
コタキナバルやランカウイは若干レートは悪いですが、大差はないので妥協して良いと思います。
むしろランカウイ等リゾートの場合は、市中にでるタイミング自体が少ないので、そちらに要注意です。
ホテルでも両替はできますが、ホテルのレートは悪いことに注意しましょう。

マレーシアでの両替の注意事項

クアラルンプール、コタキナバル、ランカウイの両替所の場所について

クアラルンプール、コタキナバル、ランカウイの具体的な両替所の場所は、こちらの記事でまとめています。
基本的には概ねのショッピングモールに両替所がありますので、こちらをお勧めしています。
最安値ではないかもしれませんが、正直目くじら立てるほどのレートの差はないです。
クアラルンプール・コタキナバル・ランカウイ両替所案内 レートはWeb確認可能

マレーシア市街地には両替所が豊富にある

日本国内では、基本的に町中で両替店を見ることは少なく、あったとしても取り扱っている通貨が限られる場合もあります。
このためそもそも、マレーシアの市街地に出れたとしても両替所ってそんないっぱいあるの?って思う方がいるとおもいます。

ですがこの心配は基本的には不要です。大体の都市の市内には、両替所が豊富にあります。
困ったら、ショッピングモールにいけば大丈夫です。
基本的に各ショッピングモールには1箇所、大型であればそれ以上に両替所があります。
(小型のは無いところもあるかとは思いますが、大型の所であればだいたいあります)
もちろん日本円も両替できます。
場所によりレートは異なりますが、基本的には市街地であればレートはそこまで悪くありません。
特にわかりにくい場所にあるということもなく、普通にフロアマップみれば分かるかと思います。

ランカウイ島やコタキナバルで、リゾートホテルにこもるのであれば行くのが手間なので別です。
その場合には事前に不足しないように外貨宅配でまとまった金額を両替しておくのをお勧めします。
市街地滞在の場合には、使うぎりぎりのラインを外貨宅配で両替しておいて、不足したら都度両替する、で十分でしょう。

はじめてのマレーシアでの失敗談

海外やマレーシアに慣れていない方へ。
私自身の経験から、海外やマレーシアに慣れていない方は、国内で事前に準備しておくことをお勧めしています。
ここからは私の失敗談を。こういう事もあるので注意してください。

到着遅延により乗継で非常に焦ったトラブル

これは私が初めてマレーシアに行ったときの事です。
この時、海外は何回かいった程度で、全然慣れていませんでした。
この時は成田⇒クアラルンプール⇒ランカウイと移動したのですが、悪天候によりクアラルンプールへの到着が遅延。
乗換まで1時間40分しかないのに、30分近く遅延してしまったので、入国早々非常にバタバタしました。

なんせ、初めてついた空港で、両替と、手荷物受取と、入国審査と、国内線への移動と、チェックインと、乗降場の移動まで。
1時間でできるのか・・・?
そしてこういう時に限って、両替するところもなんか混んでいる。
でも、手荷物がもし早めにきちゃって逃したら、乗継間に合わないかもしれない。
乗継先のランカウイで両替しようにも、21時以降につくから向こうの両替所が開いているのかよくわからない。

結果として、このときは両替も手荷物も受け取るために、夫婦で別行動しました。
携帯もつながるかよくわからない環境で、別行動は正直かなり怖かったです。
結果、無事合流できたのでよかったのですが、こういったことは避けられるなら避けたいですね。

なお、最終的に乗継先の便も悪天候で遅延していたので、この時はランカウイの到着が遅れた程度ですみました。
ただ乗継先の便が遅れていなかったら、間に合っていない時間です。私の見込みが甘かった・・・。

現地の治安が不安で対策したかった

ちなみにこの時、空港で両替したのは10万円。
7泊9日っていうこともあり、ランカウイでは両替タイミングが少ないですし、そのあとにはクアラルンプールも控えていたのでこの額です。
結果、個人的にはこのタイミングでまとまって両替しておいてよかったなと思っています。

やっぱり現地だと治安が不安なことは多いです。
マレーシアは治安が良いほうだとは言え、それでもやはり日本よりは悪いです。
しかも両替所で両替しているような外人なんて、狙われやすそうなんですよね・・・。
私自身は両替した後、服の下に巻くタイプのポーチを夫婦で持参していました。こんなのです。

空港到着時はばたばたしましたが、落ち着いてからお金は二人で半分に分けて、それぞれのお腹の下のポーチへ。
手持ちの財布にはあまり大きい金額は入れない。ポーチから出すときは都度トイレでだす。
街中の両替所はあまりいかず(ある程度両替しておいたので、2回行くだけ、それも少額で済みました)、行ったら即トイレにいってしまう。

お腹のポーチはあんまり出し入れしたくなかったんですよね。町中で。
まとまって両替済みで動ければ、ポーチ対策も全部ホテルの中でできます。
ホテルの金庫にも分散できますし、町中ではほとんどお腹のポーチ触らずに済むので、最初に両替しておくのはお勧めです。

現金管理は結構徹底していたかなと。
ここまでしてればさすがに何もなかったです。ただ逆にここまでしてたから何もなかったのかな、と思います。
何かあった時に後悔しても遅いですからね・・・。

慣れない場所でやることは少しでも減らしておくと安心

と、自分は遅延でのトラブルでしたが、海外ではどんなトラブルにあうかわかりません。
そんな中でも現地通貨は無いと何もできないので、なにが起ころうとも現地通貨はもってないといけません。
個人的には慣れていない場合は、不安材料を減らすために、国内で事前に両替して準備しておくことをお勧めしています。
治安対策も事前に日本でしておいた上で入国できると、かなり安心できます。

私自身がかなり慎重に物事を運びたいタイプであるというのもあります。
ただ何かあった時には、やっぱり余計な手間は少しでも少ないほうが助かるんですよね。

私の時は外貨宅配がリンギットに対応しておらずできませんでしたが・・・。
今は対応していて、レートも現地空港とほぼ同じ程度、1%以下の差なのでまあ妥協範囲かなと思います。
結局空港では両替はしないといけないので。

マレーシアでの両替の安全性について

チャイナタウン/クアラルンプール

基本的にほかの東南アジア諸国(シンガポールは治安が日本より良いので除く)と比べた場合、マレーシアの治安は良好です。
ただやはり日本と比べた場合、マレーシアの治安はそこまで良くはありません。
そもそもどの国でも悪い人はいるものです。(逆にもちろん、みんながみんな詐欺師というわけでもありません)
両替した際に、偽札や両替誤りといったものは、故意にしろ、故意でなかったにしろ発生し得ます。
ぼったくりもあるでしょう。
また大金を両替している人を狙ったひったくり、スリもあるでしょう。
そういったトラブルにあった際に日本であれば訴えやすいでしょうが、異国の地ではなかなか大変です。
特に日本人観光客は狙われやすいとの話もあるため、大金の両替には注意が必要です。

マレーシアでの両替トラブル

とは言え、私自身はマレーシア現地の両替でトラブルにあったことはありません。
(もちろん警戒はしていましたが)
両替トラブルはそこまで多くは聞くわけではないです。
ただ、日本よりはもちろん治安は悪いですので、この点を踏まえ両替損がどこまでゆるせるかだと思います。

なれない海外での両替に恐怖を感じるのであれば、日本の外貨宅配のほうが安心です。
逆に安い東南アジアにいくのだから、一番レート良く両替したいのであれば現地で両替するしかないですね。

セキュリティを意識した現金管理が必要

私自身はクレジットカードのスキミングを警戒して、基本的に現金で支払いをしていました。
そのため現金管理はかなり重要です。
ホテルのセキュリティーボックスが基本的な保管場所になりますが、こちらからも盗難もあるとの事で、油断はできない・・・。
とはいえ、100%安全な手段なんてものもありません。
最後は自分でどうするかを決めることになります。

私自身は現金は以下の通り管理していました。

・現金を持ち歩く場合には、お腹に巻くタイプの貴重品入れを使用して携行。
・普段はホテルのセキュリティーボックスに収納。お金は茶封筒に入れ、ガムテープで封印する。
・日本円も保有し、必要に応じて現地で両替する。

最終的には自己責任なので、これで100%安全といえるわけではないですが、自分はこれで切り抜けていました。
なお茶封筒で封印していたのは、まず中身をわからなくするため。封筒はダミーもおいていました。
そしてそのまま現金を置いていた場合、一枚二枚こっそり抜かれる事が多いというのを聞いたためです。
丸ごと持っていって、ばれるのを避けるのだと思われます。

持ち歩く場合には、上述した通り自分は服の下に隠すタイプのポーチを使っていました。
お金はポーチと、ホテルのセキュリティボックスに分けて保管。
手持ちの財布には少額しかいれないようにし、ポーチからお金を出すのはトイレでやっていました。

マレーシア・リンギットの使い切り方

外貨宅配業者が買取もしているので、近年はレートがある程度マシにはなりました。
それでも買い取り申請自体は面倒なので、マレーシアで使い切れるのであれば使い切ってしまいたいですね。

最後の使い切りは免税店になるでしょうか。
日本に直行便のある、クアラルンプール国際空港及びコタキナバル国際空港ともに、出国後免税店がありますので最後のお買い物はこちらでできます。
この際、貨幣を含むマレーシアリンギットを使い切った上で、残額のみクレジットカードで決済することもしてもらえます。
(自分は交渉したらやってもらえました。お店にもよると思うのですが。)
ややこしいことしますが、適当な英語でもなんとかなります。
自分も英語はかなりひどいのですが、150リンギットくらい最後に免税店でつかった時は、100リンギット程度の現金をばらばらとだして
「100 ringit cash!」
「50ringit cregit card!」
「plese!ok!?」
とかやってました。思い直してもひどいにもほどがある。
ただ私の時は結構店員さんもなれたもので、ささっとレジうっていました。そういう使い方する人は多いのでしょうか?
適当な英語でも結構なんとかなるので、あとは根性で乗り切りましょう。伝わればいいんです。

まとめ

少し余談も入りましたが、最後におすすめのリンギット両替方法についてまとめます。

MEMO
以下でご案内している外貨両替ドルユーロを利用する場合は、割引クーポンがあります。
購入時に「クーポンコード」の欄へ、以下のコードを入力すると100円割引となります。

クーポンコード:opm012

  • 海外やマレーシアに慣れていない場合
    • 慣れていない場合は少しでも不安要素を減らすために、国内で両替を済ませておいたほうが安心
    • 外貨両替ドルユーロで、国内で事前に両替することをお勧め
    • 現地空港とほぼ同じレートの両替を、日本国内でも行えるえるため推奨
  • 海外やマレーシアに慣れている場合
    • 一般的な東南アジアと同じように、現地のレートは空港が悪く、市街地(特にクアラルンプール)が良好
    • 空港での両替は最小限として、市街地でまとめて両替するのがお勧め
    • 現地での両替の手間を減らしたい場合は、上述した外貨両替ドルユーロは国内でも現地空港並みのレートのためおすすめ。
SHARE