ランカウイ島のなまこ石鹸について お土産に人気、おすすめのお店はここ

世界中のいろんなところにお土産はたくさんあります。
一般的なのはチョコレートやお酒等でしょうが、その土地土地の特産品であることもあります。
マレーシアであれば、例えば紅茶や、ピューター、ボルネオ島だと胡椒が有名だったりしますね。

では、ランカウイ島の特産品としてのおみやげはなんでしょうか。
答えは、なまこ。とくになまこ石鹸が人気です。

・・・最初に聞いたときは意味が分かりませんでした。
正直、今でもあまり意味はわかっていません。
ですがとにかく大人気の品で、お店では常に大量のなまこ石鹸が売られています。
そして大量に買っていく人も、かなりいます。
1個あたりのお値段もまあまあする、なまこ石鹸。
そんななまこ石鹸についてまとめてみました。

当サイトのマレーシア記事の一覧はこちらです。
マレーシアってどんな国?観光・旅行に知っておきたい情報をまとめました

ランカウイ島全体の案内はこちらの記事でまとめています。
ランカウイ島ってどんなとこ?注目の南国リゾートに行ったので情報まとめ

ランカウイ島の観光ガイドはこちらの記事でまとめています。
ランカウイ島おすすめ観光スポット案内 のんびりリゾートを求める人は必見

ランカウイ島のホテル案内はこちらの記事でまとめています。
ランカウイ島のホテル選び方ガイド 目的別におすすめを整理してみました

なぜなまこ石鹸なのか

なまこ石鹸だからといってまるまるなまこなわけではありません。
なまこの成分がもちろん入っているだけなのですが、それにしてもなぜなまこなのでしょうか。

マレー語で「gamat」。なまこの事を指します。
なまこは古来から漢方薬として、滋養強壮や皮膚病の薬として使われてきました。
その強い作用は、「海の朝鮮人参」と呼ばれるほど強い薬効があるのだとか。
中国では特に中華料理の食材として「海のダイヤ」と呼ばれ高値で取引され、密漁まで横行するほどだそうです。
またなまこ自身も強い自己再生能力を持っています。
多少切れたぐらいだとあっさり元に戻り、場合によっては半分に切れた時に2個に増殖できるくらいの自己再生能力があるのだとか。

こういった強い再生能力や、古来からの滋養強壮の効果を狙って。
たくさんのなまこが生息していたランカウイ島では、これを特産として取り扱ったのが始まりのようです。
ですがあまりに特産として扱いすぎてランカウイ島のなまこが急速に減少。
現在では近隣のタイともなまこで協力しながら、ランカウイ島のなまこの安定化を図っているのだとか。

おすすめ販売店

と、言われてもなまこでしょ?となると思います。
確かになまこです。
ですが実際、石鹸としての見た目は普通のナチュラル手作り石鹸といったところ。
種類によってはフレーバーも選べるようになっており、正直言われないとなまこ原料が入っているとはわかりません。
包装もマレーシアのかわいらしい包みにはいっており、なまこ石鹸という名前はインパクトが強いですが。
実際の見た目は手作り風のおみやげといったところ。

ランカウイ島の各所でなまこ石鹸は売っています。
ですが、日本人向けに整えられたお土産としては、以下の2店舗が人気です。
いずれも日本人の方が現地ランカウイ島で経営されているお店。
多種多様なフレーバーや種類があり、かつラッピングもかわいらしいのが特徴です。
是非どちらも訪れてみてください。
実際見て使ってみるのが一番早いと思います。
だいたい1個あたり8~15RMと思っていただければいいかと。
ランカウイ島外で買うと高くなりがちです。また複数個買うと割引がある場合もあります。

なお、こちらのお土産屋さん、近年移転しているため本やネット情報によっては場所が古い場合があります。
最新の情報は公式サイトで確認の上訪れることをお勧めします。
特にタクシーの人によっては把握していなくて迷った、なんていうのも移転直後にはあったようなので・・・。

ガヤミナミ ハンドクラフト


(地図はFuuka Villaとなっていますが、同じ方が経営されていて敷地内にあります)

名称:ガヤ ミナミ
公式ホームページ:http://gayaminami.blog95.fc2.com/
住所:Fuuka Villa Lot 13,Seksyen 4, Kg Tasik Anak, Jalan Telik Baru, Mk Kedawang, 07000, Langkawi, Kedah, Malaysia

ピサン ランカウイ

 

名称:ピサン ランカウイ
公式ホームページ:http://www.pisanglangkawi.com/
住所:NO47,JALAN PANDAK MAYAR 5,KUAH,Lankawi

ランカウイ島以外の販売場所

ランカウイ島以外でも、ランカウイ島のなまこ石鹸は取り扱っています。
ピサンのものはクアラルンプールやペナン等で取扱があるようです。
分かりやすいのはクアラルンプールのセントラルマーケットやKLIAでしょうか。
取り扱いのあるお店は、ピサンのショップ一覧に記載があります。
ランカウイ島訪れることができない方でも、是非こちらで試してみてください。

効果

これまで説明してきましたが、やはりこういったのに興味があるのはオーガニックコスメに興味がある方でしょうか。
もちろん、売っているお店によって内容は違うと思います。
ですが、なまこ自体が保存性のある成分が含まれているため、やはり原材料や素材を丁寧に選んで作っているお店が多い様子。

特に人によって、化学系の素材に反応してしまう方、いらっしゃると思います。
なまこの天然成分自体に力があるため、オーガニックなものを求めている方には結構おすすめできるのかなと思います。
人によると思うのですが。
気になる方はランカウイ島滞在最初のほうに訪れて、滞在中お試しで使ってみるのもいいのではないでしょうか。
なかなか再度買いに訪れるのも難しいですし、滞在中に試しておくのはお勧めです。

また気になる保存期間ですが、お店にもよるのでしょうが大体1年程度くらいは大丈夫ということでした。
・・・が、気に入ったためものすごい買い込んでしまい(30個以上)。
さすがにこれだけの数だと使い切るのに3年近くかかりました。
ですが特に不具合等もなく、カビたりもせず、普通に使い続けられました。
自分自身ではあまり違和感はなかったのですが、さすがに3年たつと人や保存条件によって微妙だと思うので、おすすめはしませんが。
(冷暗場所に保管はしていました)

オーガニックでもこれだけもつのは、もともと保存効果が高いなまこならではかもしれませんね。

まとめ

と、いう事でなまこ石鹸についてまとめてみました。
なお、ランカウイ島では他にもなまこクッキーとかもうっています。
味は意外と普通でしたが、こちらはさすがにそこまでお勧めはしません。
話のタネにせいぜい1個かっておけばいいでしょうか。

このなまこ石鹸自体は、オーガニックを求める人で、結構はまる方はおおいようです。
値段もそこまで高価というわけではないですので、まとめ買いされる方は多いのだとか。
ただもちろん合うあわないあると思います。
先述したとおり、ランカウイ島ではリゾートに長期滞在されるかたも多いはず。
気になる方は滞在中試されてみてからまとめ買いされるのをお勧めします。
なかなか次来ようとしてもこれませんからね。

SHARE