ペナン島おすすめ観光案内 世界遺産もリゾートもある南国の島に行ってみた

URLをコピーする
URLをコピーしました!

マレーシアのリゾート地と言えば、ボルネオ島や近年はランカウイ島も有名ですが、やはりペナン島もかかせません。 マレーシアの多民族・多種族が入り混じった文化を象徴する都市で、1786年のイギリス植民地化以来、マラッカ海峡の重要な港湾都市として、マラッカ・シンガポールとともに発展を遂げてきました。 その発展から「東洋の真珠」の異名を持つペナン島は、現在でもクアラルンプール・ジョホールバルに次ぐマレーシア第3の都市です。 その注目度の高さは、隣国シンガポールはもちろん、ベトナム、タイ、インドネシア、香港、上海、台湾といった東南アジア各地からも直行便が就航している事からわかります。

マレーシア初の世界遺産認定を受けた都市、ジョージタウンや、高級リゾートホテルの集うバトゥ・フェリンギなど、質の高い観光スポットがそろい踏み。ただそんなペナン島、特に初めて訪れる方には、何がどう楽しめる島なのか、わかりにくいのではないでしょうか。

ここでは、私自身のマレーシア入国回数7回、マレーシアの主要観光都市(クアラルンプール・ランカウイ島・ペナン島・ジョホールバル・マラッカ・ボルネオ島)に一通り観光している経験を踏まえて、マレーシアの他の観光地との比較や、ペナン島の基礎知識、 ペナン島の観光スポットなど、ペナンを訪れるにあたって知っておきたい情報をまとめました。皆様の観光のお役に立てば幸いです。

もくじ

ペナン島ってどんな場所?

世界文化遺産とリゾートがセットで楽しめる島

セント・ジョージ教会/ペナン島

ペナン島の中心部ジョージタウンは、2008年にマラッカとともに世界文化遺産の認定を受けた、マレーシア観光のメインスポットです。街中にはイギリス植民地時代の建造物が数多く残っており、その美しい建造物が立ち並ぶ姿に目を奪われることでしょう。

スリマハマリアマン寺院/ペナン島

また多民族国家であるマレーシアを象徴するように、ハーモニーストリー沿いの中心部には、著名なキリスト教会・仏教寺院・ヒンドゥー寺院・イスラムモスクが400メートルの間に続々と集中しています。この文化のごった煮感が楽しめるのもペナンの魅力です。最近ではストリートアートの町としても有名で、街中の独特な雰囲気と合わせ、ただ街歩きをしているだけでも楽しめるエリアになっています。

デラックスファミリールーム/シャングリラ ラササヤンリゾート

そして、ペナン島はリゾートとしても有名です。お隣シンガポールで、オバマ氏やトランプ氏が大統領在職中に宿泊し、その他各界のセレブ達もシンガポール滞在に利用する事で有名なシャングリラホテル。このシャングリラホテルの創業者はマレーシア人で、母国マレーシアで最初に作ったリゾートホテルがペナンにあるシャングリラ・ラサリアリゾートです。私自身も宿泊しましたが、非常にゆったりした時間の過ごせる最高の南国リゾートホテルでした。ほかにも、パークロイヤルペナンリゾートや、ハードロックホテルペナン等、各種リゾートホテルがそろい踏みで、しかもお値段もかなり利用しやすいお値段(時期によりますが、2人1部屋1万5千円前後~)なのがポイントです。

予算がありビーチ重視ならランカウイ島・ボルネオ島がおススメ

世界遺産もリゾートも楽しめるお得な島、ペナン島ですが、ちょっとだけ欠点があります。それは、ビーチがちょっとだけ弱い。具体的にいうと、プライベートビーチがないです。

ビーチ/シャングリラ ラササヤンリゾート

シャングリラホテル自体は非常に素敵です!プールも良かったですね。これはもう断言できます。料理もおいしかったですし、かなり広いですし。ただ、プライベートビーチじゃない。基本的にペナンのホテルは、様々な権利関係によりプライベートビーチじゃないホテルがほとんど。ビーチ沿いにホテルがある事がおおく、そういったホテルはもちろんビーチにはすぐでれるんですが、ビーチがホテル管理じゃないパブリックビーチなので、あんまり整備されてない普通の海なんですよね。(上の写真のように、もちろんある程度整備されていますが、ラグジュアリーさはないですね)

非常に素敵なホテルたちなんですが、プライベートビーチじゃないのでちょっとリゾート感はダウンします。このあたり、どの程度ビーチを重視するかで変わってくるかなあ、という印象ですね。ホテル自体はすごい素敵なので、別にプライベートビーチじゃなくていいならOKです。

選ぶポイントですが、セットで世界文化遺産を楽しみたいのであれば、断然ペナンです。街中の世界遺産があり、経済も発展しているペナンには各種ショッピングスポットも多くあります。街中の観光を楽しみたいのであれば、ペナン島のほうが様々なものがあるためおすすめです。

キナバル山

ボルネオ島は世界自然遺産なので、文化遺産的なものはあまりありません。ただ、街はそこそこ栄えているのでショッピングモールは結構あります。そしてボルネオ島には鉄板リゾートホテル、シャングリラ・ラサリアリゾートがあるため、リゾートとしてもおすすめできます。もちろんこちらはプライベートビーチです。

ビーチ/ウェスティン ランカウイ リゾート

またランカウイ島はリゾート重視の島で、観光スポットは限られ(自然系の定番スポットがあり、もちろん楽しめますが、種類は多くない)、ショッピングモールも規模が小さいです。このあたりはご注意ですね。ただランカウイ島には、世界的に著名なフォーシーズンリゾートからマレーシア随一のリゾート・ダタイ、最近オープンしたリッツカールトンやセントレジス等の様々なリゾートホテルがそろい踏みです。これらは基本的にプライベートビーチなので、よりリゾート感の高い滞在ができます。

注意点としては、ボルネオ島もランカウイ島も、リゾートホテルのお値段も上がりますので要確認です。(時期にもよりますが、高級リゾートで2人1室2万5千円前後~。超高級リゾートは2名1室5万円前後~)。どちらも街歩きよりは、リゾートホテルの滞在が中心になり、ランカウイ島のほうがよりリゾートホテル中心の滞在になります。

ペナン島で楽しめる観光

ではそんなペナン島で楽しめる観光はなんでしょうか。ざっくりまとめてみました。具体的な観光地は後述します。

世界遺産に認定された都市・ジョージタウン

ペナン市議会/ペナン島

まずは必見、世界遺産に認定された都市、ジョージタウンです。海沿いのコタ・ラマ公園周辺には、ペナン市役所、ペナン市議会、ペナン州議会、ペナン高等裁判所などの行政施設があるのですが、このいずれもがイギリス植民地時代から使われている建造物。そのコロニアルな建造物は、見てあるいているだけでも楽しいですね。

観音寺/ペナン島

ペナン高等裁判所の隣の道からは、マスジット・カピタン・クリン通りが始まります。通称・ハーモニーストリートとも呼ばれるこの道は、 イギリス教会のセントジョージ教会、少し歩けば中国式寺院の観音寺、更に少し歩けばマレーシア・シンガポールでおなじみヒンドゥー寺院のスリマハマリアマン寺院、更に歩くと地元マレー系が集うイスラムモスクのカピタンクリンモスク。イギリスの植民地支配時代から建立されたこれらの宗教施設と、一本道を入ればチャイナタウンやリトルインディアにもすぐ訪れる事ができるこの場所は、文化のごった煮感がすさまじいです。そのさまざまな文化が入り混じった建築風景は、歩いているだけで楽しめます。このハーモニー通りが、ジョージタウン観光のメインストリートになります。

ショッピングモールでショッピング

ガーニープラザ/ペナン島

もちろんペナンではショッピングも楽しめます。ペナンで今一番人気のあるショッピングモールといえば、2001年にオープンしたガーニー・プラザと、2013年にオープンしたガーニー・パラゴン。隣り合ったショッピングモールで、個人的にはガーニープラザのほうがにぎわっているように感じました。1点注意していただきたいのは、どちらも都市部によくあるショッピングモールであり、マレーシアローカルっぽいものは少ないのでこの点はご注意を。

コールドストレージ/ペナン

とはいえ、地下にあるスーパーの品ぞろえはかなり豊富で比較的安く、紅茶やコーヒー、チョコレートといったばらまき用のおみやげを買うのにかなり便利です。また、マレーシアンカフェのオールドタウンホワイトコーヒーや、マレーシアのティーショップのTEALIVEといったお店も出店しています。おみやげ購入&休憩にはぴったり。また、こちらは両替店のレートがペナン1といっていいくらい良いためおススメです。近くにいるなら迷わずこちらで両替を。

安くておいしい食事に舌鼓

ガーニードライブ/ペナン島

先述したガーニープラザのすぐ近くにはガーニードライブという超有名屋台街があり、特に夜賑わいます。マレーシアのローカルなフードを安く楽しみたいのであれば、こちらはおススメです。

小籠包/鼎泰豊

ローカルフード以外で個人的におすすめなのは、ガーニープラザにある本家・台湾ですが中華料理の鼎泰豊。私が旅行してきた限り、世界で一番安い鼎泰豊はここマレーシア。本国台湾と変わらぬ絶品小籠包を、日本の三分の一近い値段で楽しめるのはマレーシアならでは。お値段を気にせず小籠包をたべまくってみてください。こちらは、少し現地の料理におなかが疲れてきた時にも、吉野家がありおなじみの日本食を味わう事もできます。

シーフードビュッフェ/スパイスマーケットカフェ

また少し予算に余裕があるのであれば、高級ホテルのディナービュッフェ等はいかがでしょうか。おすすめはシャングリラリゾートのスパイスマーケットカフェ。日~木までがインターナショナルビュッフェ(1人168リンギット(5040円程度))、金土はシーフードビュッフェ(1人196リンギット(5880円程度))と、確かにお値段がするのは事実。ですが、とても日本ではこのお値段では味わえない超豪華なラインナップで、味も絶品。シーフードビュッフェだと、写真の通り、えびかにかきが食べ放題なんていうとんでもない事をしていたりします。事実自分が訪れたときもほとんど満席に近く、大人気でした。こういったビュッフェがお安く楽しめるのも、マレーシアならではですね。

リゾートホテルでのんびり

プール/シャングリラ ラササヤンリゾート

街歩きに疲れてきたら、あとはリゾートホテルでのんびり、というのもおススメです。先述しましたが、おすすめはシャングリラリゾート。ベランダから眺める海とプールの姿は、まさに南国のリゾート。評価の高いスパ等も味わいながら、贅沢にのんびりリゾートを楽しむことができるのも、ペナンの素晴らしい点です。

ペナン島基礎知識

ここではペナン島を訪れるにあたって知っておきたい、基本的な知識をまとめました。

ペナン島の場所

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる