クアラルンプールってどんなとこ?コスパ世界一に認定された常夏の街を徹底ガイド

マレーシアには2016年に、世界で2675万人が訪れました。
これは世界第12位の規模になり、香港やギリシャ等と同じくらいの人数です。
人数ベースでいえば、日本よりも多い規模になります。

そんな様々な人が世界中から訪れるマレーシアの首都、クアラルンプール。
マレーシアに来る人の殆どがクアラルンプール国際空港を経由します。
時間がよほど制限される方でなければ、大体の人がクアラルンプールへは訪れるのではないでしょうか。
クアラルンプールでは近年、東南アジアの中でも発達が非常に著しいエリアとなっています。

そんなクアラルンプールについて、観光を楽しむために抑えておきたい13個のポイントをまとめてみました。それぞれ個別の記事にしていますので、皆様がクアラルンプールへ訪れる上での参考になれば幸いです。

当サイトのマレーシア記事の一覧はこちらです。
マレーシアってどんな国?観光・旅行に知っておきたい情報をまとめました

マレーシアの主要観光地の選び方はこちらの記事でまとめています。
マレーシア観光案内 おすすめ都市&有名スポットの選び方・ポイントまとめ

クアラルンプールの観光ガイドはこちらの記事でまとめています。
クアラルンプール観光地ガイド 旅行で訪れたいスポットをまとめました

クアラルンプールのホテル案内はこちらの記事でまとめています。
クアラルンプールのホテル選び方ガイド 目的別におすすめを整理してみました

クアラルンプールの場所

マレーシアのマレー半島側、概ね中心からマラッカ海峡沿いに酔った場所にあります。
東京からは南西方向に、およそ5300キロ程離れています。

主要地点の地図

クアラルンプールの観光で重要なスポットを、以下の図に示します。

クアラルンプール中心部地図

観光地・繁華街

  • KLCCエリア・・・ツインタワーがある、マレーシアで最も整備された都市型観光地。
  • ブギッビンタンエリア・・・高級店からローカル向けモールまで、様々なお店がある最大の繁華街。屋台で有名なアロー通りもここ。
  • クアラルンプール駅エリア・・・国立モスクやセントラルマーケット、チャイナタウン等、観光スポットはここに集中。

クアラルンプール周辺の観光地は、こちらでまとめています。

クアラルンプール観光地ガイド 旅行で訪れたいスポットをまとめました

また、主要スポットであるクアラルンプール駅エリア、ブキッビンタンエリア、KLCCエリアについてはそれぞれ具体的な内容を次の記事にまとめています。

クアラルンプール・ブキッビンタン観光ガイド マレーシアの熱気を感じるスポット クアラルンプール・KLCC観光ガイド 現代マレーシアの象徴ツインタワーに圧倒 クアラルンプール駅エリア観光ガイド マレーシア文化と歴史を感じるスポット

ペトロナスツインタワー

ペトロナスツインタワー(クアラルンプール)観光案内

クアラルンプールを訪れる上では、やはりペトロナスツインタワーは欠かせません。ペトロナスツインタワーへ訪れる上での観光ポイントをまとめてみました。

マラッカ

マレーシア世界遺産マラッカに行ってきました クアラルンプールから日帰りも可能

クアラルンプールではありませんが、マラッカはクアラルンプールからタクシーで二時間程度の場所にあるため、日帰りで訪れることができます。
世界遺産にも認定されているため、マレーシアの文化を知る上では是非訪れてほしいスポットです。
マレーシアの歴史の中で、マラッカは交易の拠点として重要なポジションを占めてきました。クアラルンプールはここ100年程の首都で、歴史的にはマラッカ王国の中心部はマラッカであったため、歴史的な建造物はマラッカに集中しています。日本でいえばクアラルンプールが東京、マラッカが京都みたいなものでしょうか。
そんな日帰りのマラッカ観光のポイントについて、この記事ではまとめています。

クアラルンプールへの行き方・アクセス

行き方について簡単にまとめます。
詳細なアクセス方法は、別記事にまとめています。
マレーシア・クアラルンプールへの航空便について 国内空港別行き方まとめ

直行便は国内4空港から就航

直行便が就航しているのは、羽田、成田、関西、新千歳の4空港です。
比較的多いのではないでしょうか。
特にマレーシアを本拠地とするエアアジアは羽田、関西、新千歳と3空港に路線があります。
反対にJAL、ANAは羽田と成田しか就航便がありません。(コードシェア便は関西にありますが)
もっと頑張ってほしい所ですね・・・。

もし直行便を使用しない場合は、シンガポール経由はクアラルンプール便が多くお勧めです。
直行便がなくてシンガポール便があるのは、中部と福岡ですね。

フライト時間

飛行時間は便によって異なりますが、概算で次の通りです。
気流の影響により、行と帰りは1時間程時間が異なります。

  • 新千歳からクアラルンプール:行き8時間30分、帰り7時間35分
  • 成田/羽田からクアラルンプール:行き7時間45分、帰り6時間45分
  • 関西からクアラルンプール:行き7時間10分、帰り6時間10分

空港について

クアラルンプールの最寄り空港は、クアラルンプール国際空港です。
昔は旧クアラルンプール国際空港(現スルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港、通称スバン空港)が利用されていました。
現在はこちらの空港は国内便専用となっており、本数も限られるため、観光客は意識する必要は無いでしょう。

クアラルンプール国際空港についてはこちらもまとめていますのでご参照ください。
クアラルンプール国際空港ガイド KL市内へのアクセスや利用上の注意点等

クアラルンプールの概要

天気

クアラルンプールに限らず、マレーシアは熱帯の国。
あまり日本人にはなじみがない気候ですが、なんとなく一年中夏で、スコールが降るぐらいの知識は皆さんお持ちかと思います。
この記事ではそこから先、常夏とはいうけどどのくらい暑いの?服装はどうしたらいいの?スコールって実際どのくらいふるの?といった、実際に訪れるにあたって気になるクアラルンプールの天気事情をまとめています。
マレーシアお天気事情 ベストシーズンや天候、雨季・スコール対策まとめ

物価

マレーシアの物価は大体日本の三分の一程度、というのが相場です。この記事ではそんなクアラルンプールの物価事情についてまとめています。
実はクアラルンプール、世界で最も安く豪遊できる都市なのです。五つ星ホテルの値段も、世界的に有名な料理店の値段も、全部三分の一になっています。

例えるなら、日本だとアパホテルに泊まり日高屋で食べる中華の値段で、リッツカールトンに泊まりリッツカールトンのランチを頂けるくらい安く豪遊ができます。
具体的にはリッツカールトンの中にある中華料理リーエン。
ランチタイムでリーズナブルにおいしい中華がいただけます。1RM=30円換算で、チャーハン 960円、えび餃子 360円、シューマイ 390円、マンゴープリン 390円等。かなり日高屋な値段で、リッツカールトンの大変高級な料理を楽しむことができます。味はもちろん超絶品。
そんなマレーシアの物価のポイントについてまとめてみました。
マレーシア物価事情 クアラルンプールはアジアで最もコスパが高い都市に認定

治安

マレーシアは全体的に治安は良好です。基本的にはそれほど心配する必要はないのですが、クアラルンプールは首都であり、大都市であるため、マレーシアの中では比較的犯罪には巻き込まれやすい都市になっています。
本記事では外務省や大使館の発表を元にした犯罪情報のガイドと、マレーシア独特の疾病事情にもついてまとめています。
マレーシアの治安について 要注意の大使館発表情報や主要都市の状況まとめ

クアラルンプール観光のポイント

両替

旅先で迷うのが両替。できるだけレート良く両替したいのが本音です。
ここではクアラルンプール市内の両替所の情報と、また一部はオンラインでレートが確認できますので、相場を抑えて効率よく両替するためのポイントをまとめています。
マレーシアリンギットの両替をお得にする方法 1万円毎に2千円損する事も

料理

マレーシアはマレー系・中華系・インド系からなる多民族国家。そのためこの国では、各民族の本格的な料理を様々な所で頂くことができます。
この記事ではマレーシア独自料理を中心に、実際にクアラルンプールで人気のお店を中心にまとめてみました。
マレーシア料理ガイド クアラルンプールで食べれるおすすめ店と一緒にまとめました

ショッピング

クアラルンプールはショッピングタウンとしても有名です。ブキッビンタンには世界的な高級ブランドから東南アジアローカルのお店まで様々なお店が揃っていますし、郊外には東南アジア最大級の大きさを誇るミッドバレーメガモールなど、お買い物が楽しめるポイントが盛りだくさんあります。
しかし、観光で訪れる場合には全部回っていてはとても時間が足りません。ここでは効率よくクアラルンプールでお買い物を楽しむための、ショッピングの仕方についてまとめています。
クアラルンプールショッピングガイド 2回訪れてみておすすめの回り方はこれ

お土産

国内の旅行と異なり、頭を悩ませるのが海外でのお土産。
このページではばらまき用のおみやげのお勧めや実際に買うお店、またきちんとしたお土産についてもおすすめのおみせをまとめています。
マレーシアお土産案内 定番・ばらまき用から都市別オススメ店舗までまとめ

MRT

クアラルンプールには2017年7月にMRTが開業しています。最新情報がまとまっていないため、観光者が利用するポイントを中心にどう使っていくべきかをまとめました。
クアラルンプールにMRT(地下鉄)が2017年開通 駅や他の鉄道との比較まとめ

ホテル

クアラルンプールには数多くのホテルがあります。
エリア別に、どういったホテルにとまるべきかおすすめポイントをまとめてみました。
クアラルンプールのホテル選び方ガイド 目的別におすすめを整理してみました

旅行記

参考までに、自分がクアラルンプールを訪れた時の旅行記もまとめています。

計18泊21日マレーシア旅行記2 クアラルンプール・トレーダース宿泊編 計18泊21日マレーシア旅行記4 クアラルンプール・体調不良編

まとめ

以上、クアラルンプール観光のポイントについてまとめてみました。
クアラルンプールはマレー文化もあり、安く高級ホテルが豪遊でき、自然も豊かで、様々な観光ポイントがある都市です。
皆様がクアラルンプールへ訪れる際の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。