MENU
円→外貨の両替

北アメリカ・ヨーロッパ

オセアニア

東・東南アジア

外貨→日本円の両替
日本国内の両替
海外現地の両替

台湾

韓国

シンガポール

マレーシア

ベトナム

人民元(中国元)の両替をお得にする方法 上海・北京の観光をお安くするために

URLをコピーする
URLをコピーしました!

中国人民元。近年では中国人民元の価値は著しく向上し、特にアジア圏では基軸通貨として、重要な通貨の一つを占めるようになってきた通貨です。ただし同じ中国国内でも、香港は香港ドル、マカオはマカオパタカが通貨となっており、中国は同じ国内でも一国で3通貨の種類があります。中国人民元を使うのは、主に上海・北京といった、大陸側の都市を訪れる方ですね。

自分が訪れる都市に十分注意した上で、ではこの中国人民元、どこで両替するのがお得になるのでしょうか。具体的な両替レートを交えながら、ご説明します。

なお、この記事は「日本円から中国人民元」の両替について記載しています。反対に中国人民元から日本円に戻す場合の両替については、次の記事を参照してください。

関連記事

当ブログでは、全20通貨それぞれの両替情報まとめや、国内・海外各所の両替情報を、各所の具体的なレート・両替場所と一緒にまとめています。
両替情報の詳細はこちらの記事一覧からご参照下さい。

もくじ

中国現地と日本国内の人民元(中国元)のレートについて

中国人民元
中国人民元

では早速、日本と中国の両替レートを比較しましょう。ここでは、日本国内として三菱UFJ銀行、空港(成田、関空)の両替直営店、外貨両替ドルユーロで比較しています。中国現地では、中国4大銀行のうち中国銀行および中国工商銀行のレートを比較しました。

以下調査は2019/5/29に実施しました。なお、各所のレートはオンラインで確認可能ですので、こちらも後述します。

ここでは、中国人民元を3000元分両替する場合のレートについて、中国銀行を基準として、それ以外の各行のレートがどれだけ違うかをまとめています。

外貨両替ドルユーロの割引クーポン

当ブログの利用者向けに、「外貨両替ドルユーロ」の割引クーポンをご案内しています。

クーポンコード(100円割引):opm012

\ このボタンを押してコピー /

クーポンをコピーする
クーポンをコピーしました!
  • 外貨両替ドルユーロ」の100円割引クーポンです。
  • 申込する際、「クーポンコード」の欄にコードを入力してください。
  • 外貨購入/外貨売却の、どちらでも利用が可能です。
銀行名レート3000元
両替時の金額
中国銀行
1912年創業の歴史ある銀行
16.4449,320円
(基準値)
中国工商銀行
世界最大規模の商業銀行
16.3248,960円
(-360円安い)
GPA外貨両替専門店
成田空港直営両替店
17.4052,200円
(+2,880円高い)
関空直営両替
関空直営両替店
17.4252,260円
(+2,940円高い)
三菱UFJ銀行
日本の大手都銀
17.4852,440円
(+3,120円高い)
外貨両替ドルユーロ
日本の外貨宅配専門店
16.2548,750円
(-570円安い)

おすすめの両替方法

結果としては上記の通りとなったため、日本の外貨両替ドルユーロが最も安く両替を行えるためおススメです。ただし、こちらは事前にインターネットで申し込んで配送を受けるサービスになりますので、出発まで時間が無い場合には間に合いません。そういった場合には、現地で両替するのがおススメですね。

日本で両替する場合

外貨両替ドルユーロ
外貨両替ドルユーロ
外貨両替ドルユーロの割引クーポン

当ブログの利用者向けに、「外貨両替ドルユーロ」の割引クーポンをご案内しています。

クーポンコード(100円割引):opm012

\ このボタンを押してコピー /

クーポンをコピーする
クーポンをコピーしました!
  • 外貨両替ドルユーロ」の100円割引クーポンです。
  • 申込する際、「クーポンコード」の欄にコードを入力してください。
  • 外貨購入/外貨売却の、どちらでも利用が可能です。

日本で両替する場合には、外貨両替ドルユーロのレートが圧倒的に良いためおススメです。こちらはインターネットを利用した外貨の宅配サービスで、通貨によってお得度は違います。中国元の場合は、空港と比べた場合3000元で3000円程度両替額が違ってくるため、結構ばかにできない金額が変わってきます。利用のポイントは以下の通りです。

  • 設立から5年以上と運営歴が長く、年間取引高80億円以上と取扱い実績が豊富。利用者の口コミも多い。
  • 最低利用額は30,000円以上であり、小額から両替対応が可能。(2019年6月1日以降)
  • レートは国内最安値クラス。
  • 銀行振込の場合、両替額が10万円以上で送料無料、10万円未満で送料400円。
  • 郵便書留での受け取りになるため、自宅か郵便局窓口で受け取りが必要。

実際こちらは私も何度も使っていますが、毎回トラブルなくスピィディーに対応を頂けるのでおススメです。実際に利用した際のレポートはこちらにまとめています。

なお、日本国内の場合、空港両替店や銀行はとにかくレートが悪いので注意してください。両替はあまりおすすめできません。宅配が間に合わない等で外貨両替ドルユーロを使えない場合には、現地での両替をおススメします。詳細は後述します。

中国で両替する場合

北京首都国際空港
北京首都国際空港

まず、中国国内で両替する場合にはパスポートが必要になる事が多いです。そのためパスポートの準備を忘れないようにしましょう。

銀行での両替が無難でおススメ

中国国内で両替する場合には、基本的には銀行で両替するのが無難でおススメです。中国の銀行は一部土日も営業する店舗もあるため、観光客でも比較的便利につかえます。(もちろんオープンしているのは日中帯のみですが)ただ空いているかどうかは観光客には分かりにくいため、基本的にはホテルスタッフに確認するのが無難でしょう。街中にも両替店はあるのですが、あまりレートが良くない場合が多いです。銀行が無難ですね。

ただし中国国内は英語が通じないことも多いため・・・。とはいえ、パスポートと日本円と「Money exchange」ぐらいの英語は通じると思います。だめなら、「货币兑换」の文字を見せましょう。あとはやってくれると思います。特に観光客が多いエリアは、さすがに簡単な英語は通じるかと思います。

また、空港では一部の両替店で手数料が必要になる場合があり、しかもその手数料が高い(場合によるがだいたい60元、約1000円前後)場合もあります。とくに民営の両替所にはその傾向があります。空港内の銀行でも、手数料がかからないかはよく表示を見たほうがいいでしょう。

ホテルの両替も聞いてみる価値アリ

確実性は低いのですが、実は高級ホテルならそこそこのレートで両替してくれる場合も結構あります。こればっかりはホテルによるので何とも言えないのですが、中国銀行のレートはインターネットで確認できますし、あんまり乖離がないならホテルで換えるのが一番楽です。聞くだけ聞いてみるのは結構おススメです。銀行の両替は面倒ですからね。

なお、ホテル両替は宿泊者限定となるためご注意を。レートに納得できない場合は、そのまま近場の銀行の場所を聞きましょう。

中国国内の両替所

天安門/北京
天安門/北京

北京市中の場合は銀行での両替となり、宿泊場所も人によって異なる事が多いでしょうからとくにこのお店がおススメというのはありません。ホテルの両替レートを聞いてみて、納得できない場合は無難に近場の銀行へ訪れるのがいいでしょう。

銀行は結構そこらじゅうにあるのでご安心を。ただし、土日の場合には営業しているお店が限られるため、このあたりもホテルの人に聞くのが無難です。大手銀行の場所は次の通りです。

中国銀行

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる