海外用レンタルWiFiはお得なの?費用別に海外でスマホを使う方法をまとめました

ユーロ両替はどこが安くておすすめ?レートはWebサイトで比較可能です

ユーロ紙幣

ユーロの両替はどこですると安いのでしょう?

一般的にはドルやユーロは、日本で両替するほうが安いとされる事が多いです。ですが、実際の所、どの程度両替レートが違うのかは訪問する上で気になるところですね。

両替レートがどの程度違うかは、その時々の為替レートや、両替店の状況によって異なるものです。ここでは直接比較ができるよう、日本と海外現地の外貨両替店について、どの程度レートが違っているのかをまとめました。

海外旅行の際の外貨両替は、この記事以外にも以下の記事があります。こちらも併せてご参照ください。

結論

  • ユーロの両替は、基本的には日本が圧倒的に安い。
  • 時間があるのであれば、外貨宅配の外貨両替ドルユーロがレートが良いためおススメ。
  • 時間がない場合や小額の場合には、日本の空港のレートが良いためおススメ。

傾向としては上記の通りなのですが、では実際に具体的なレートの比較をしていきましょう。

ユーロの具体的な両替レートの差について

ユーロ紙幣

以下に代表的な各所のレートをまとめました。比較は2019/3/27時点で実施しています。合わせて、三菱UFJ銀行のレート(1ユーロ=128.48円)を基準として、各所でどのくらいレートに差があるのかもまとめています。

日本では外貨宅配、空港直営両替店、都銀のレートを、ユーロは、日本人訪問者の多いフランス・ドイツから、評判の良いお店のレートをピックアップして記載しました。

具体的なレートはすべてインターネットで参照できますので、必要に応じてリンク先で最新のレートを確認してください。

外貨両替ドルユーロの割引クーポンご案内中

ご案内している「外貨両替ドルユーロ」には、100円の割引クーポンがあります。購入時、「クーポンコード」の欄に、以下のコードを入力すると割引となります。

クーポンコード:opm012

GW/夏休み/年末年始といった長期休暇時期は、注文が多いために、1日の上限数に達して受付が途中で打ち切られる場合があるためご注意ください。(その場合は、翌平日の15時に受付再開される事が殆どです)お早目の注文がおすすめです。

両替場所1ユーロ=1000ユーロ
両替時の
差額
(BTMU基準)
日本の宅配:外貨両替ドルユーロ127.45円+2060円
日本の宅配:ゆうちょの外貨宅配128.50円-40円
日本の空港:成田空港直営128.18円+600円
日本の空港:関西空港直営127.88円+1200円
日本の空港:セントレア直営128.47円+20円
日本の銀行:みずほ銀行130.48円-4000円
日本の銀行:三菱UFJ銀行128.48円0円
ドイツの銀行:コメルツ銀行130.73円-4500円
ドイツの店舗:Euro Change129.80円-2640円
ドイツの店舗:EXCHANGE AG129.50円-2040円
フランスの店舗:Multi Change130.70円-4440円
フランスの店舗:CEN-CHANGE128.20円+560円
フランスの店舗:MERSON126.10円+4760円

上記の傾向から、ユーロの両替は以下の通りの傾向となります。

現地でも両替レートがお得なお店はあるが、数が少ない

ユーロ圏の各国でも、両替レートがお得なお店はもちろんあります。例えば、図中のフランスのMERSON。こちらは両替レートが非常に良い事で有名で、この比較の中ではもっともレートが安かったです。

場所的にはパリの2区になりますので、ぜひこちらで両替してみてください!・・・で済む方ばかりではないですね。パリを訪れる方はこれでいいでしょうかが、それ以外の都市に訪れるかたは訪れられません。

上記で上げたお店は基本的に評判が良く、Googleでものけなみ高評価です。都市によっては探しぬけば安いお店がある場合もあります。(パリはいい例ですね)ただユーロ圏全般、なかなか日本円の両替レートは良くないのが現実です。

国内でのおすすめは外貨両替ドルユーロ

外貨両替ドルユーロの割引クーポンご案内中

ご案内している「外貨両替ドルユーロ」には、100円の割引クーポンがあります。購入時、「クーポンコード」の欄に、以下のコードを入力すると割引となります。

クーポンコード:opm012

GW/夏休み/年末年始といった長期休暇時期は、注文が多いために、1日の上限数に達して受付が途中で打ち切られる場合があるためご注意ください。(その場合は、翌平日の15時に受付再開される事が殆どです)お早目の注文がおすすめです。

ユーロの両替は外貨両替ドルユーロがおススメです。インターネットを利用して宅配で送ってもらえる両替店です。銀行振込もしくは代金引換で、以下のような形で書留で送付されます。封筒の中に外貨が入っています。

封筒/外貨両替ドルユーロ
配送物/外貨両替ドルユーロ

こちらの利用のポイントは次の通りとなります。

  • 設立から5年以上と運営歴が長く、年間取引高80億円以上と取扱い実績が豊富。利用者の口コミも多い。
  • 最低利用額は30,000円以上であり、小額から両替対応が可能。(2019年6月1日以降)
  • レートは国内最安値クラス。
  • 銀行振込の場合、両替額が10万円以上で送料無料、10万円未満で送料400円。
  • 郵便書留での受け取りになるため、自宅か郵便局窓口で受け取りが必要。

実際こちらは私も何度も使っていますが、毎回トラブルなくスピィディーに対応を頂けるのでおススメです。実際に利用した際のレポートはこちらにまとめています。
外貨両替ドルユーロ【クーポン有】外貨両替ドルユーロは良レート&安全の国内両替でおすすめ

小額の両替であれば空港両替もおすすめ

関空直営外貨両替ショップ/関西国際空港

とはいえ、送料を考慮すると、小額の両替しかしない場合や、出発まで時間がない場合には空港の両替がおすすめです。

特に関空はユーロのレートが良く、3万円以下の両替であればそもそも空港を使った場合のほうがお得となる事が多いです。手数料を踏まえると、成田空港の場合は3万円以上、関空の場合は5万円以上がお得なラインになりますね。

とはいえ(上記の安い両替所が近いパリに行く場合は別ですが)基本的にユーロの両替は日本国内のほうが安い場合が殆ど。両替は基本的に日本でしておき、現地での両替は不足分のみに抑える事をお勧めします。

また、現地の空港での両替は避けてください。現地の空港のレートは基本的に一番悪いためです。欧州ではTravelexの両替が多いですが、Travelexのレートはあまり良くない事がほとんどです。Googleあたりのレビューを見ればわかるりますが、たいていボロカスに書かれてますね・・・。

シンガポールあたりだと空港Travelexのレートが良かったりするのですが、こちらは例外なので、空港の両替は避けるようにしておきましょう。

現地でおススメのお店

上述のドイツとフランスのおすすめのお店について、ご案内します。ただ実際、現地で両替するとここへ訪れなければなりません。観光上都合よく近くにいればよいのですが、なかなかタイミングも難しいかと思いますので、極力日本で両替するのをおすすめします。

ドイツ

ドイツはExchange AGが比較的レートがましな事がおおいです。こちらに店舗一覧が乗っていますので参考にしてください。店舗数は多く、ベルリン、 デュッセルドルフ 、ハンブルグ、ケルン等等に約20店舗ほどお店があるので、使い勝手は良いですね。

ベルリン

ハンブルグ

フランス

フランスは上述したMERSONが評判が圧倒的に高いためおススメです。お店はパリの2区のみに限られますが、比較的中心部のため訪れやすいのではないでしょうか。

さいごに

ユーロ圏では基本的に物価が高い事が多く、両替店もこの影響からレートが悪く設定される事が多いです。評判の良いお店が近くにあればいいのですが、なかなか観光途中に訪れるのも手間と時間がかかりますので、日本でまとまった額を両替しておくことをお勧めします。