セントレア(中部空港)で一番安い両替店はどこ?最新レートはWeb確認可能

愛知県で開催された愛・地球博に合わせ、セントレアが開港したのが2005年。
今では中部地方の玄関口として、国内便・国際便ともにすっかりおなじみとなりました。

現在では、東南アジアを中心に、フランクフルトやヘルシンキ、グアム、デトロイト、バンクーバーといった欧米各都市へも就航便があります。
そんな各都市へ訪れる際に、必ずしなくてはならないのが両替です。
クレジットカードが世界中で使える世の中ではありますが、とはいえ現地通貨なしに過ごすことはさすがに難しいですね。

最近はインターネットでも両替レートが確認できます。
ここではセントレアの各両替所について、どこがレートが良いのかをまとめてみました。
皆様のお役に立てば幸いです。

結論

セントレア直営外貨両替/セントレア(中部国際空港)

では早速、結論から入ります。

  • セントレアでの両替は、セントレア直営外貨両替が最も安いことが多い。
  • 但し通貨によっては、三菱UFJ銀行のほうがレートが良い場合もあるので、要注意。
  • そもそもセントレアの両替レートは他の空港と比べてもあまりよくない。出発までに時間がある場合、「外貨宅配」全通貨でレートが良いためおすすめ。ただし、17通貨に取り扱いが限られるため注意。

基本的にはセントレア直営外貨両替が一番安いです。
セントレア直営外貨両替は異常に三菱UFJ銀行を意識していて、基本的に三菱UFJ銀行より0.01円、レートが安く設定しています。だしときたま、三菱UFJがこっそり値下げしていて、三菱UFJのほうが安くなっていることもあるので注意しましょう。

ただし、セントレア直営外貨両替はこのせいか、お店が異常に並んでいることが非常に多いです。両替まで20~30分はかかるんじゃないか、ってほど並んでいることも結構あります。そのため、0.01円くらいの差なら三菱UFJで両替してしまってもいいかもしれません。Travelexのほうがレートがいい事は基本的にはありませんが、今回はデンマーククローネのみレートが勝っていました。ので心配な方は見ておいたほうがいいでしょう。

そもそもですが、セントレアは両替店が少ないせいか、関空や成田と比べて両替レートはあまりよくありません。そのため、インターネットで申し込める外貨両替ドルユーロは、レートが安く両替できるためおすすめです。このあたりのレート比較ものちほどまとめます。ただし、取り扱いは17通貨に限られるため注意してください。

セントレア(中部国際空港)の両替レート比較

MEMO
以下でご案内している「外貨両替ドルユーロ」を利用する場合は、割引クーポンがあります。
購入時に「クーポンコード」の欄へ、以下のコードを入力すると100円割引となります。

クーポンコード:opm012

では、ここから具体的に関空の全店舗(6店+1機)・全通貨(32通貨)のレート比較結果をまとめます。調査は2019/3/18に実施しました。
もちろん日によってレートは異なりますので、両替レートの価格設定の傾向を判断する上での、参考情報程度にお使いください。関空のレートを確認するうえでの、注意事項は以下の3点になります。

以下にセントレアにある両替店の両替レートを比較してみました。
2019/3/18のレート情報を元に比較しています。記載はすべて円⇒外貨のものです。
一部両替レートの桁数(ゼロの数)が違う場合があるので、揃えて記載しています。

北南米・欧州

通貨外貨両替
ドルユーロ
セントレア
直営
外貨両替
三菱UFJ
銀行
Trave
lex
アメリカドル113.68114.73114.5115.1
カナダドル86.9192.5792.5893.5
ブラジルレアル41.9442.38
メキシコペソ7.88.11
ユーロ129.25130.49130.5131.21
イギリスポンド155.59160.23160.24161.02
スイスフラン114.56116.36116.37118.2
デンマーククローネ19.2419.2519.2
ノルウェークローネ15.3415.3515.6
スウェーデンクローネ14.4314.4414.44
チェココルナ5.735.82
ハンガリーフォリント0.490.49
ポーランドズロチ35.2235.36
ロシアルーブル2.42.43

アジア

通貨外貨両替
ドルユーロ
セントレア
直営
外貨両替
三菱UFJ
銀行
Trave
lex
韓国ウォン0.100990.11370.11380.114
中国元16.918.3518.3518.64
台湾ドル3.7354.14.124.14
香港ドル14.4816.6816.6916.72
タイバーツ3.6583.9844.04
シンガポールドル85.2788.488.4189.33
インドネシアルピア0.008580.01180.012
フィリピンペソ2.2032.582.63
マレーシアリンギット28.5832.2733.06
ベトナムドン0.005480.00560.0057

オセアニア・中東・アフリカ

通貨外貨両替
ドルユーロ

セントレア
直営
外貨両替

三菱UFJ
銀行
Trave
lex
オーストラリアドル82.1688.9388.9489.29
ニュージーランドドル79.0285.2685.2788.66
UAEディルハム36.2836.31
南アフリカランド10.7110.84
サウジアラビアリヤル34.55
パシフィックフラン1.2694
フィジードル64.45

セントレアの両替は直営両替所か三菱UFJがオススメ

三菱UFJ/セントレア(中部国際空港)

以上からわかるように、セントレアの両替は直営両替所が一番安いです。

というより、レート設定見ていただければわかると思います。
セントレア直営両替所は、三菱UFJをかなり意識した値段設定になっています。
差額が基本的に0.01円でほぼ全通貨そろっているので、もはや三菱UFJを見て設定しているとしか思えないレートになっています。

三菱UFJは店舗がここだけではなく、他の空港や国内各所にも両替所を出店しています。
そして全店でレートは共通のため、ここだけ安くするっていうのができないんですよね、銀行ですし。
それをいいことに、直営両替所は三菱UFJよりほんとうにちょびっとだけ安くします。
ただ正直、ほんとうにちょびっとだけなので、1万円両替しても1円しか変わらない事が多々
大体の場合で差額は10円以下です。
ぶっちゃけどっちでもいい金額かなと・・・。
なので、直営両替所か三菱UFJで、空いていたり、近いほうで両替すれば十分かなと思います。

ただそもそも、セントレアの両替レートはあまり良くないです。
例えば関空当たりは両替店の数も非常に多く、各社割引クーポンを乱発していたりしてものすごい競争になっています。特にドルとユーロは関空は異常に安かったりします。関空のレートがきになるかたは関空直営両替のページを見れば、かなり安いのが分かっていただけるかと思います。

とはいえ実際関空に両替のために行くわけにもいかないので、おすすめなのが外貨両替ドルユーロです。

出国まで時間がある場合の両替は、外貨宅配が安い

外貨両替ドルユーロ
MEMO
以下でご案内している「外貨両替ドルユーロ」を利用する場合は、割引クーポンがあります。
購入時に「クーポンコード」の欄へ、以下のコードを入力すると100円割引となります。

クーポンコード:opm012

上記でご説明したのは、あくまでセントレアで両替する場合の話。
国内で両替するのであれば、上記でクーポンをご案内している、外貨両替がかなりオススメです。

表の一番左に、外貨宅配の欄があるのでご確認ください。
外貨専門でインターネットによる両替を実施している、「外貨両替ドルユーロ」のレートです。
見ていただければわかる通り、基本的に全通貨ぶっちぎりで安いです。
国内の店舗は比較的たかくなりますが、こちらは結構安くなります。通貨によってはかなり金額が違う事も。

特に差が出ているのは以下の通貨でしょうか。

  • イギリスポンド
  • 中国元
  • 韓国ウォン
  • 香港ドル
  • 台湾ドル
  • カナダドル
  • オーストラリアドル
  • ニュージーランドドル
  • タイバーツ
  • シンガポールドル
  • フィリピンペソ
  • インドネシアルピア
  • ベトナムドン
  • マレーシアリンギット

差額は通貨によりますが、1万円当たり大体500円~800円程度違います。
まとめて両替すると結構な差になりますね。その分多く現地通貨をもらいたいところ。

このため、もうこのあとセントレア行く!という場合はさすがに無理ですが。
まだ数日余裕がある場合には、外貨宅配をオススメしています。
注意事項としては、以下の3点でしょうか。

  • 銀行振込の場合は、両替額が10万円以上だと送料無料。10万円未満の場合には、400円の送料が必要。
  • 書留での受け取りとなるため、銀行もしくは郵便局窓口での受け取りとなる。
  • 通貨によって異なるが、現地の両替店のほうが安い場合がある。(後述します)

もちろん国によって両替事情は異なります。
ではオススメできる国とオススメできない国はどこなのでしょうか。

オススメできない国

現地の空港の時点で、両替レートが安い国はオススメできません。
空港着いたら両替すればいいだけですからね。
現地通貨をもってなくても空港までなら何とかなります。

現地の空港の両替レートが安い国は、具体的にはタイ(スワンナプーム国際空港)、ベトナム(ダナン国際空港を除く)、フィリピン、インドネシア。
あたりでしょうか。

ただこのうち、フィリピン、インドネシアは治安が悪いです。
特にインドネシアだと、現地の日本大使館から両替は注意しろという勧告が出るレベルです。
現地の首都の空港にある両替店で、両替額をごまかして渡すことが多発しているということ。
ごまかすといっても、大きいお札をさくっと抜いてごまかすため結構いたいです。
いずれにせよ出国先はもちろん外国となりますので、治安面は十分注意して対策を行う必要がありますね。

お勧めできる国

上記以外の国は、基本的に外貨両替はオススメできます。

注意事項としては、特に東南アジアへ行くと、現地の町中の安い両替所を探せば、そちらのほうが安い場合はあります。
ただ町中に出るためには現金が必要です。
となると、現地の国での両替は、まず空港でしないといけないんですよね、当たり前ですが。

外貨宅配の場合のレートの目安は、現地の空港と同じ程度。
町中と比べると多少損をすることはあるのですが、町中に出れない以上、仕方ないかなあと思います。
マレーシア、シンガポールあたりですね。

それ以外の国だと、外貨宅配のレートはかなり良いです。
イギリスや香港ドルといった物価の高いエリアや、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドといった先進国は特にオススメ。
このあたりは、町中の最安値店と争うレベルです。
台湾や韓国あたりも、結構町中と戦えるレベルです。

もちろん、ドルやユーロも現地や日本の空港と比べるとレートは良いです。

セントレアの両替ガイド

展望台/セントレア(中部国際空港)

正確な情報はセントレアのサイトをご確認ください。以下に抜粋した情報をご案内します。

遅い時間になるとTravelexしか営業しなくなるので注意してください。また、セントレア直営両替の特に出発ロビーは、両替の列がとにかく長いです。(20人くらい並んでいたりすることもあります)三菱UFJでもそれほどレートがかわらないことはほとんどで、こちらのほうが空いている事も多いので、状況により三菱UFJでの両替をお勧めします。

出国手続き前

・セントレア直営外貨両替(3階出発ロビー)
 7:00~20:00
・三菱UFJ銀行(3階出発ロビー)
 7:30~20:00
(2階到着ロビーにも三菱UFJがありますが、こちらは外貨→円のみなので注意)
・トラベレックス(アクセスプラザ、名鉄改札口脇)
 6:30~22:30

出国手続き後

・セントレア直営外貨両替(制限エリア)
 7:30~20:00
・トラベレックス(制限エリア)
 7:00~21:30

さいごに

駐機場/セントレア(中部国際空港)

以上、セントレアの両替店についてまとめてみました。

両替レート、意外とお店によって違う事もあります。
クレジットカードが世界中で使えるようにはなってきましたが、まだまだ現金は必要なもの。
海外旅行にいくとなると、結構な金額が必要になります。
変な所で両替してしまうと結構差額は大きいので、注意して両替したいですね。