フィリピンペソ(セブ島・マニラ)両替おすすめはどこ?国内&現地各所のレートを比較しました

外貨両替の規制自由化と、インターネットの普及を受けて、お得に外貨両替をする方法も随分と変わってきました。
今日本で両替をするのであれば、外貨宅配を利用すると国内で一番安く両替することができます。
このレートは、フィリピン現地の空港と同程度か、少し安いくらいのレートです。

具体的には、フィリピン現地の空港は、日本の空港より10,000円当たり1,000円以上安く両替ができます。
外貨両替をつかうと日本でも、この現地空港と同等のレートで両替することができるのです。
(さすがに首都マニラで、一番安いお店と比べると負けてはしまうのですが、差はそこまで大きくありません)

初めて行く国の場合、現地通貨を持たずにその国に入るのも不安が大きいものです。
レートの安い現地の空港で両替しようとしても、両替店の場所がわからなかったり、お店がしまっていたらどうしたらいいのか・・・
しかもフィリピンの場合、治安情勢もあまり良くないため、両替店での両替にも注意が必要です。
海外旅行には不安がつきもの。
日本で事前に両替を済ませておけると安心ですし、しかも現地とほとんど同じ安いレートなのであれば損もしません。

とは言え、両替レートは刻一刻と変わります。本当にそんなレートで両替ができるのか。
近年はインターネットでも両替レートが確認できる、とても便利な時代になりました。
ここでは外貨宅配のレートを、日本の空港・現地の空港・現地市街地のレートとインターネットで比較する方法をご案内します。
レートを実際に比較した上で、具体的な外貨宅配の利用方法もご案内します。

皆様のお役に立てば幸いです。

海外旅行の際の外貨両替は、この記事以外にも以下の記事があります。こちらも併せてご参照ください。

具体的な両替レートの差について

具体的な両替方法の案内に入る前に、まずは両替レートの差を確認します。

最近はインターネット上でいろいろレートを確認できる、便利な世の中になりました。
フィリピンペソに関しても、全てではないですがインターネット上でレートが確認できます。
代表的な両替所のレートが分かると、両替レートの良しあしが判断しやすいのでまとめました。

2018/2/27時点での、代表的な各所での両替レートは以下の通りです。

所在国店舗名最安値の
お店との
両替差額
(10000円
当たり)
レート
(フィリピン
ペソ建)
レート
(円建)
10000円
両替で
受取る
フィリピン
ペソ

日本
GPA外貨両替専門店
成田空港経営の外貨両替店
国内銀行等も概ね同レート
-1290円2.370004219㌷
(-620㌷)

日本
外貨両替ドルユーロ
日本の大手外貨宅配
非基軸通貨の両替レートが良い
MEMO
外貨両替ドルユーロでの購入時、
以下のクーポンコードの入力で
100円割引になります

クーポンコード:opm012

-231円2.115004728㌷
(-111㌷)
比国Metrobank
フィリピン第二位の大手銀行
フィリピン国内空港に出店
-410円0.46432.153784643㌷
(-197㌷)
比国BPI
フィリピンで最初にできた銀行
同じくフィリピン空港に出店
-266円0.47122.122244712㌷
(-128㌷)
比国NAILAS MONEY CHANGER
首都マニラの両替専門店
現地では有名な両替店
0円
(最安値)
0.48402.066124840㌷
(最安値)

上記の通りとなりました。
Metrobank等は空港にも出店しており、フィリピンは比較的空港と町中でそれほどレートが変わらないので、参考になるかと思います。

以上から、以下の事が言えるかと思います。

  • 日本の空港や銀行などでの両替は、10000円あたり1290円損します。かなりの差がありおすすめできません。
  • 日本でフィリピンドルを両替する場合には、外貨宅配のレートが非常に良いです。現地の空港とやや安いか同じ程度のレートになります。現地の最安値クラスと比べても、差額は10000円当たり231円程度です。
  • 最安値を狙うなら現地の市街地です。ただし、現地の治安状況は大使館から注意勧告が出ています。両替店で両替する観光客を狙った犯罪も起きており、十分警戒してください。大使館からの注意勧告について後述します。

こんなところでしょうか。
オススメの両替方法は後述しますが、その前にフィリピンの治安状況に関して補足します。

フィリピンは治安に注意

最安値は市中の両替商となります。
ただし、フィリピンの場合は治安が良くありません。現地での旅行者を狙った強盗や、もしくは両替店そのもので詐欺、両替ごまかしの被害が多々あります。

ネット上ではいろいろ情報が出ていますが、一番信頼がおける情報源は在フィリピン日本大使館でしょうか。
少し古い情報もありますが、在フィリピン日本大使館の情報を以下の通り引用します。

(2)邦人被害事案
(オ)8月中旬,セブ国際空港内において邦人旅行者が空港内で両替のため,列に並んでいたところ何者かにショルダーバッグを開けられ中に入っていた旅券等が盗まれた。

(3)邦人以外の被害
(カ)9月上旬,マンダウエイ市のモールにおいて比人男性より3,000ペソの両替を頼まれ右に応じたところ,買い物を終え支払いをした際店員より偽札と指摘され,検視したところ全て偽札と判明した。(容疑者、被害者とも比人男性)

在フィリピン大使館 海外安全対策情報(2015年7月~9月)より

 

最近,マニラ国際空港利用時のトラブルが,次のとおり相次いで報告されています。ご家族を含めて利用する機会の多い空港であり,これまでも累次のトラブルが発生していますが,改めて注意するようお願いいたします。
1 入国(到着)時
<身の回り品に注意>
• 本邦から昼過ぎに到着した邦人が,手荷物カートから荷物を車輌に積み替えていた時,見知らぬ2人がカートを囲み,その隙に他の1名が多額の現金が入った鞄を持ち去った(3人全員とも逮捕)。
• 大使館では,これまでも,特に夜間便で到着する際には,予め手配した車輌を使用し,流しのタクシーに乗らない,また,空港内での両替はしない等注意を呼びかけてきています。

平成23年5月6日付 大使館からのお知らせより

空港で入国した時点から各種被害報告は出ています。
数年前の情報ではありますが、大使館から発表が行われるレベルですので、この点は留意したほうがいいでしょう。

慣れていない場合は日本での両替をオススメ

上記両替レートの差額と、治安情報を含めた上で両替場所を判断下さい。

ある程度フィリピンに慣れている方は、現地の空気感も分かるため問題ないと思います。
ただ、あまり慣れていない方は、ある程度の金額を日本で両替しておいたほうが安心です。日本でもフィリピン現地の空港並みのレートで両替ができるようになってきました。
個人的には治安面を考慮し、特にフィリピンに慣れていない方は、日本で両替しておくほうが無難かと思われます。

日本で両替する場合

日本で両替する場合、実店舗での両替は基本的に行わない事をお勧めします。
理由は上述した通り、かなりレートが悪いためです。

近年はインターネットでのサービスがかなり便利になってきており、外貨両替も様子が変わっています。
インターネット専門の外貨宅配サービスが最近出てきており、こちらのレートが非常に良いです。
特徴として、マイナー通貨のレートに非常に強いというのがあります。
日本ではこれまでドルとユーロの流通量が非常に多かったため、ドルとユーロばかりレートが優遇されてきました。
これをインターネットを活用し、マイナー通貨でもレートの優遇をしているのが外貨宅配です。
おすすめの外貨宅配はこちらです。

MEMO
以下でご案内している「外貨両替ドルユーロ」を利用する場合は、割引クーポンがあります。
購入時に「クーポンコード」の欄へ、以下のコードを入力すると100円割引となります。

クーポンコード:opm012

オススメの外貨宅配は「外貨両替ドルユーロ」です。
現金をあつかうサービスであり、私自身も利用には不安があったのが正直なところです。
こちらはサイトにどのくらいお得なのか会社の安心性について口コミ等、きちんとサイトに案内がのっていたので比較的安心して利用することができました。

実際に使ってみた時の様子は、こちらの記事でまとめています。
外貨両替ドルユーロ クーポン情報と実際の利用レポートまとめ

注意事項としては、現地の最安値レートからはさすがに2%ほどレートが悪くなることでしょうか。
ただフィリピン現地は、大使館から両替時注意するよう発表があるレベルの治安です。
現地の事情に明るければ別でしょうが、慣れていない場合には2%程度であり現地銀行と同レベルなのであれば妥協ラインかと考えます。

フィリピンでの両替

フィリピンで両替を行う場合には、以下の両替店が人気があります。
但し、安全面での配慮は常に必要です。お店そのものはもちろん、その後の行動についてもご自身で十分に注意いただいた上で現地の対応を行うようにお願いします。
両替店で両替している観光客は、いいターゲットになりやすいです。

セブ島

大型ショッピングモール内の両替所が比較的無難かと思われます。
観光客に人気のショッピングモールは、アラヤ・センター・セブ。
こちらには複数の両替所が入っていますので、安全そうな場所で両替することをお勧めします。
レートも各所で違いますが、そこまで大差はないでしょう。
公式サイトへリンクしたいのですが、油断するとワンクリック詐欺のような怪しいサイトへすぐ飛んでしまうのでやめます。

マニラ

マニラではEdzenというお店が比較的レートも良く人気のようです。

上述した両替店のNAILAS MONEY CHANGERもすぐ近くにあります。
このあたりは両替店が多いですね。

ただ最安値店を探して街に繰り出すのも時間のロスがあり、せっかくの観光が勿体ないです。
ネットでレートを確認できるご時世なので、ある程度相場を把握だけしておいて。
そんなに乖離がなければ両替することをオススメします。

まとめ

フィリピンペソの両替方法は以上です。
海外旅行もインターネットを使えば、最新情報が取得できて非常に便利になりました。
現地の町中のほうが安いのはもちろんなのですが、フィリピンの場合は治安上の不安も多いです。
最新レートが確認できますので、確認した上でお値段と治安を天秤にかけて、判断していただければよいかなと思います。

SHARE