台湾ドル両替おすすめはどこ?国内&現地各所のレートを比較しました

外貨両替の規制自由化と、インターネットの普及を受けて、お得に外貨両替をする方法も随分と変わってきました。
今日本で両替をするのであれば、外貨宅配を利用すると国内で一番安く両替することができます。
このレートは、台湾現地の空港と同程度のレートです。

具体的には、台湾現地の空港は、日本の空港より10,000円当たり800円以上安く両替ができます。
外貨両替をつかうと日本でも、この現地空港と同等のレートで両替することができるのです。

初めて行く国の場合、現地通貨を持たずにその国に入るのも不安が大きいものです。
レートの安い現地の空港で両替しようとしても、両替店の場所がわからなかったり、お店がしまっていたらどうしたらいいのか・・・
海外旅行には不安がつきもの。
日本で事前に両替を済ませておけると安心ですし、しかも現地とほとんど同じ安いレートなのであれば損もしません。

とは言え、両替レートは刻一刻と変わります。本当にそんなレートで両替ができるのか。
近年はインターネットでも両替レートが確認できる、とても便利な時代になりました。
ここでは外貨宅配のレートを、日本の空港・現地の空港・現地市街地のレートとインターネットで比較する方法をご案内します。
レートを実際に比較した上で、具体的な外貨宅配の利用方法もご案内します。

皆様のお役に立てば幸いです。

海外旅行の際の外貨両替は、この記事以外にも以下の記事があります。こちらも併せてご参照ください。

日本と台湾の両替レートの差について

ニュー台湾ドル

まずは最初に具体的な両替レートの差について確認します。
両替場所によりどの程度両替金額が変わるのかをまとめました。

日本では例として、成田空港の両替店と外貨宅配を。
台湾は現地空港に出店している銀行と、市中銀行でまとめています。
台湾の現地空港のレートは、Webで掲載しているものと同一である事を現地で確認しています。
レートは2018/7/18時点のものです。

台湾銀行

所在国店舗名最安値の
お店との
両替差額
(10000円
当たり)
レート
(台湾
ドル建)
レート
(円建)
10000円
両替で
受取る
台湾ドル

日本
GPA外貨両替専門店
成田空港が経営する両替店
市中の両替店は概ね同レート
-1086円4.190円$2387
(-$298)

日本
外貨両替ドルユーロ
日本の大手外貨宅配
特にマイナー通貨の両替に強み
MEMO
外貨両替ドルユーロでの購入時、
以下のクーポンコードの入力で
100円割引になります

クーポンコード:opm012

-259円3.827円$2613
(-$71)
台湾台湾銀行
台北松山、桃園国際空港に出店
過去には紙幣も発行していた伝統ある銀行
-266円$0.26123.828円$2612
(-$73)
台湾京城銀行
比較的レートの良い銀行
台湾各都市に出店
0円$0.26853.724円$2685
最安値

上記の通りとなりました。
なお、台湾は他の東南アジアと異なり、台湾は外国為替に関する規制が厳しいようです。
このため、基本的に両替は銀行か、許可を受けた両替所で行いますが、両替所の数は少ないので注意してください。
基本的に両替は銀行になるため、上の表も銀行のレートを記載しています。

オススメの両替方法

レートの差は最安値で、2~300円レベルといった所なのが上の表で分かると思います。
ただ、台湾の場合は両替事情が他の国と異なり、少し特殊です。
結論から言うと、台湾に慣れていない場合には外貨両替が現地空港での両替をオススメしています。

というのも、安いので京城銀行を書いていますが、ここ、本当に普通の銀行です。こんな感じ。

中も普通の銀行です。日本の銀行を思い浮かべていただければ分かるかと思います。
普通に番号札とかとって、申込書書いて、窓口で対応する普通の銀行。
これを、台湾でできるのか、という話ですね。
私は自信がありません。
もちろん、銀行には営業時間やお休みも存在するので、この点も考慮が必要です。
更に銀行によっては両替手数料として、100台湾ドル前後取られる銀行もあります。

というので、結構移動の手間もありますし、窓口でも時間かかりますし、なにより日本語は使えません。
といった中で10000円当たり2~300円だったらいいかなあ、というのが私の感覚ですね。
とくにせっかく観光にいって、これくらいの差で時間をロスしたくないです。

というので、基本的には日本の外貨宅配が現地の空港と同じくらいなのでこちらをオススメしています。
ただ外貨宅配の場合郵送なので、もう今からいくから間に合わない!といった場合には現地の空港ですね。
日本の空港はかなりレートが悪いので使わないほうが良い事だけは覚えておいてください。
基本的にどちらかで、旅行中に必要な全額を両替したほうが良いですね。
町中に両替点が少ないので、この点も結構ネックになりがちな事に気を付けてください。

ということで、場所別のおすすめの両替方法をご案内します。

日本で両替する場合

日本で両替する場合には、空港や銀行での両替をするのはお勧めできません。
上述しましたが、最安値より1000円以上レートが悪いのはさすがに困ります。

日本の場合は外貨宅配店がお勧めです。
現地空港とほぼ同程度、場合によっては安い事もあるレートなのがポイントですね。
送料がかかってしまうのはネックですが、現地空港も両替手数料がかかる場合もありますし、そこまで気にする点でもないでしょう。
現地の市街地の両替が不便な点を考慮すると、全額日本で両替するのをオススメしています。

おすすめの外貨宅配店はこちらです。

MEMO
外貨両替ドルユーロの割引クーポンを配布中です。
購入時、「クーポンコード」の欄に以下のコードを入力すると100円割引となります。
併せてご利用下さい。

クーポンコード:opm012

外貨宅配のおすすめは「外貨両替ドルユーロ」です。理由は以下の3点からです。

  • 設立から5年以上と運営歴が長く、年間取引高80億円以上と取扱い実績が豊富。利用者の口コミも多い。
  • ニュー台湾ドルの取扱いがあり、最低両替額の設定がないためいくらからでも両替が可能。
  • レートは国内最安値クラスで、現地空港並みのレート。

注意点としては書留での郵送になるため、事前に受け取らないといけない点でしょうか。
とはいえ事前に外貨の準備を終わらせておけるのはメリットにもなると思います。
また台北の両替にはパスポート提示が必要となる場合が多いです。
パスポートを不用意に荷物から出し入れしてなくすとかなり手間なので、事前に現金を両替できていると安心ですね。

私自身も、外貨宅配を実際に使用しています。実際に台湾ドルに両替したときのレポートはこちらです。
【クーポン有】外貨両替ドルユーロは良レート&安全の国内両替でおすすめ

台湾で両替する場合

おすすめは空港で全額の両替

基本的には上述の外貨宅配がお勧めですが、もう明日行く、とかで利用できない場合もあると思います。
そういった場合にはおすすめは空港での両替ですね。

理由はただ一つ、最安値を探すのが手間で大変で面倒だからです。
頑張って最安値を探そうとしても、1万円当たりせいぜい200円程度安くするのが関の山です。
そのために慣れない台北でうろうろして、せっかくの観光時間が短くなってしまうと本末店頭です。
このため、市街地ではなく空港でまとめて両替するのをお勧めします。

台湾桃園空港の銀行の場所案内はこちら台北松山空港の銀行の場所案内はこちらです。
こちら公式ページですが全部日本語で案内があります。ありがたいですね。
どちらも営業時間まできっちり書いてあります。
台湾桃園空港の場合には24時間の両替所もあるので、現地空港で両替する事で問題ないかなと思います。

ただし、台湾の両替は両替手数料があるのが一般的なので注意してください。
(ないお店ももちろんありますが)
ぼったくりではないです、そういうシステムです。
なので両替回数が増えると、手数料分だけ損も増えます。

これを考えると、基本的には全額空港で両替しておくのがよいかなと思います。

市中での両替は割り切りが必要

台湾、町中にあまり両替店が多くありません。
大概の東南アジアでは市中に両替店があふれているのですが、それと同じと思っていると痛い目を見ます。
ただもちろん探せばあるレベルではあるので、多少不便な程度ではありますが。

個人的には割り切ってしまって、足りなくなりそうなら見つけた両替店で両替するのが良いかと思います。
例えば、観光客が多くいく台北101では両替できたりします。
公式ページに案内があるので確認してください。
逆に言うとこのレベルでないと、お店の中には入っていないんですよね。

お土産屋さんの「金龍藝品」の両替はレートが良い事で有名

あとは「金龍藝品」というお土産屋さんの両替はかなり有名です。
日本人のツアー旅行だとたいていこちらが組み込まれています。
そんな商業精神あふれるお店ですが、両替のレートが良いためついでに訪れるのは良いでしょう。

銀行両替はレートは安いが手間取るため注意

銀行の両替はレートは確かに安い事は多いです。
ちなみに台湾では、銀行ごとの両替レートが比較されている有名なサイトがあります。
どうしても最安値にこだわる場合は、こちらを参照して安い場所で両替するといいでしょう。

但し、手数料欄には注意してください。
「免手續費」というところは手数料がかかりませんが、「每筆NT$100」は1回あたり100台湾ドルかかります。
「台幣總額之1%」は、台湾ドルの総額の1%の手数料がとられます。
これが銀行によって異なるためややこしいです。

また、一番のデメリットはとにかく使いにくい事。
もちろん銀行によって異なるのですが、概ね日本の銀行をイメージしていただければいいです。
番号札とったり、いろんな書類書いたり、パスポートもだして、混んでたら並んで。
しかもこれを台湾でやるハードルの高さです。
時間にかなり余裕があるのであればいいのですが、旅行者にはあまりおすすめできない方法であることは注意してください。

最悪ホテル両替、ただし手数料はかなり悪い

かなり最悪の場合ですが、ホテルで両替するという手段もあります。
ただしこの場合、大型ホテルでないと対応していないのと、レートは相当悪くなります。
覚悟した上で利用してください。

まとめ

以上、台湾の両替事情についてまとめました。

台湾は基本的に市中の両替が使いにくいです。

おすすめは、日本で外貨宅配を利用して両替しておくか、現地の空港到着後まとめて両替してしまうかです。
ある程度余らせる覚悟でいくのも、町中で足りなくなるよりはマシかなと思います。
基本的には帰りの台湾の空港か、もしくは帰国後外貨宅配に買取を依頼するか。
それくらいの覚悟である程度の金額を両替しておいたほうが旅の途中では安心ですね。

ただ現地ではある程度クレジットカードは使えます。
もちろんスキミング等の犯罪には注意する必要はあります。
このため多額の決済はクレジットカードにし、細かい決済を現金にするなどある程度使い分けながらプランを見ていきましょう。

MEMO
ご案内した外貨両替ドルユーロを利用する場合は、割引クーポンがあります。
購入時に「クーポンコード」の欄へ、以下のコードを入力すると100円割引となります。

クーポンコード:opm012

SHARE