GoToトラベルで旅費が35%OFF!内容をまとめました

外貨買取はどこがお得でおすすめ?場所により1000円以上売却額が違う事も

のぶ

のぶ

旅行大好きな2児の父。
国内から海外まで、いろんな場所に訪れた経験をもとに、様々な観光情報と子供との生活をより楽しむための楽しくするための情報をお届けします。

海外旅行で余ってしまった外貨。持て余している方も多いのではないでしょうか。とはいえ、外貨の売却はなんとなく損しそうなイメージがあり、そのまま持ち続けている方も多いと思います。

そこで外貨の買取について、どこがお得なのかを調べてみました。最近はすべてインターネットでレートを調べることができるので、比較するのも簡単です。ここでは、日本国内の各種銀行や空港等の買取レートを比較して、どこが一番高く買い取ってくれるのかをまとめました。

当サイトの両替記事一覧

結論

まず結果を知りたい方向けに、結論からご案内します。

外貨両替ドルユーロの割引クーポンご案内中

ご案内している「外貨両替ドルユーロ」には、100円の割引クーポンがあります。購入時、「クーポンコード」の欄に、以下のコードを入力すると割引となります。

クーポンコード:opm012

GW/夏休み/年末年始といった長期休暇時期は、注文が多いために、1日の上限数に達して受付が途中で打ち切られる場合があるためご注意ください。(その場合は、翌平日の15時に受付再開される事が殆どです)お早目の注文がおすすめです。

  • 外貨買取は、外貨両替ドルユーロの買取レートが高いため、全通貨でおすすめ。
  • 日本の空港・銀行の買取レートは、ドル以外かなり悪いため、注意が必要。
  • 海外現地の空港と比較しても、外貨両替ドルユーロの買取レートは高い。

今回は以下の11店舗を調査対象としています。
・日本国内の銀行(みずほMUFG
・空港直営の両替店(成田関空中部
・質店(大黒屋
・外貨宅配店(外貨両替ドルユーロ
・海外現地の空港(マレーシア、シンガポール、ベトナム、台湾)

現時点で調べた所、外貨両替ドルユーロの買取レートは非常に高くおススメです。私自身も何度か使用していますが、特にトラブルなく利用ができています。ただし、外貨買取の場合、こちらから外貨を簡易書留で送るための送料392円と、口座振込手数料250円(10万円以上の買取の場合は無料)の計642円が別に必要になります。

通貨の種類により、642円以上高い金額で買い取ってくれる事も多いので、この金額を払う価値はあります。通貨別に具体的にいくら異なるのかは、後程まとめます。なお、実際に使ってみた際のレポートはこちらをご覧下さい。
外貨両替ドルユーロ【クーポン有】外貨両替ドルユーロは良レート&安全の国内両替でおすすめ

但し、買取は日本円で3万円以上相当の通貨のみとなるためご注意ください。(2019/6/1より変更)

では、ここから調査結果について記載します。

日本国内の両替レート比較

まずは日本国内各所の両替レートを比較します。今回調査対象としたのは下記の通りで、いずれもインターネット上で買取レートを確認することができます。どの程度の差が生じるか、2019/02/21時点の両替レートをもとにまとめました。
いずれもリンク先で最新レートを確認できますので、気になる方は参照されてください。

・日本国内の銀行(みずほMUFG
・空港直営の両替店(成田関空中部
・質店(大黒屋
・外貨宅配店(外貨両替ドルユーロ

通貨\両替所 外貨両替
ドルユーロ
大黒屋 成田直営 関空直営 セント
レア直営
みずほ BTMU
アメリカドル 109.40 108.72 108.02 108.20 107.65 107.70 107.70
ユーロ 123.79 121.50 121.50 121.85 121.44 119.52 121.49
イギリスポンド 139.96 134.38 133.38 133.38 132.32 133.34 132.37
中国元 15.99 14.49 14.69 14.79 14.59 14.79
韓国ウォン 0.09719 0.08350 0.08450 0.08650 0.08310 0.08340 0.08360
香港ドル 13.62 11.71 11.78 12.06 11.62 11.67 11.67
台湾ドル 3.547 3.106 3.096 3.200 3.000 3.090
カナダドル 82.5 74.47 75.47 75.57 75.4 75.45 75.45
スイスフラン 107.78 105.75 105.75 105.67 105.72 105.72
オーストラリアドル 78.02 70.15 70.15 70.65 69.89 70.14 69.94
ニュージーランドドル 74.65 67.44 67.44 67.26 65.96 67.31
タイバーツ 3.486 3.15 3.14 3.14 3.09 3.08 3.09
シンガポールドル 79.18 76.12 77.12 77.12 76.04 77.08 76.09
フィリピンペソ 2.088 1.83 1.83 1.58 1.77
インドネシアルピア 0.00779 0.00540 0.00560 0.38000 0.63000
ベトナムドン 0.00477 0.00400 0.00430 0.38000 0.40000
マレーシアリンギット 26.90 23.24 22.74 21.79 22.73
スウェーデンクローネ 9.58 9.68 9.43 8.48 9.48
デンマーククローネ 14.54 14.64 14.47 14.52 14.52
ノルウェークローネ 10.6 10.7 10.53 10.58 10.58
パシフィック フラン 0.89 0.89 0.88
トルコ リラ 10.81
UAE ディルハム 25.65 25.55 23.65
サウジアラビア リヤル 25.02 24.92
チェコ コルナ 4.15 4.15 4.05
ハンガリー フォリント 0.32 0.32 0.305
フィジー ドル 40.82 41.72
ブラジル レアル 21.72 21.62 16.22
ポーランド ズロチ 23.61 23.61 23.01
メキシコ ペソ 3.76 3.76 3.71
ロシア ルーブル 1.19 1.19 0.96
南アフリカ ランド 4.89 4.89 4.84

かなり大きい表になってしまいましたが・・・。
上記の通り、外貨両替ドルユーロが取り扱っている通貨に関して、外貨両替ドルユーロのほうが両替レートが良かったです。

ただし、外貨両替ドルユーロで扱っていない通貨もあります。
もっとも通貨取扱数が多いのは空港の両替所で、特に成田空港と関西国営空港の直営両替所は、かなりマイナーな通貨まで両替の取り扱いがあります。
中東・南米・アフリカ等の通貨を希望される方は、空港の直営両替で両替するしかないですね。

ただ上記のレートの数字だけだと、具体的にいくら違うかが分かりにくいです。ここではさらに、成田空港直営両替と外貨両替ドルユーロで、両替した場合にどれだけ金額が変わってくるかもまとめました。
表は、成田空港の直営両替所で10,000円相当分の外貨が、外貨両替ドルユーロではいくらで買い取ってもらえて、いくらプラスになるのかを表しています。
例えば下の例で、台湾ドル。成田空港直営店で10000円で台湾ドルを買い取ってもらったとします。全く同じ額の台湾ドルを外貨両替ドルユーロで両替すると、11458円になります。差額は1458円、外貨両替ドルユーロのほうがお得です。このような見方をしてください。
(実際の買取は30000円以上相当の通貨のみとなる点にはご注意ください。【2019/6/1より変更】)

通貨外貨両替
ドルユーロの
買取金額
成田空港
直営店
との差額
アメリカドル10128円+128円
ユーロ10188円+188円
イギリスポンド10493円+493円
中国元10885円+885円
韓国ウォン11502円+1502円
香港ドル11562円+1562円
台湾ドル11458円+1458円
カナダドル10931円+931円
スイスフラン10192円+192円
オーストラリアドル11122円+1122円
ニュージーランドドル11069円+1069円
タイバーツ11102円+1102円
シンガポールドル10267円+267円
フィリピンペソ11410円+1410円
インドネシアルピア14426円+4426円
ベトナムドン11925円+1925円
マレーシアリンギット11575円+1575円

見て頂ければわかる通り、ほとんどの通貨で1000円以上両替額が異なってきます。

先述した通り、 外貨を簡易書留で送るための送料392円と、口座振込手数料250円(10万円以上の買取の場合は無料)の計642円が別途必要にはなりますが、ほとんどの通貨で1000円以上得になるので、こちらで両替したほうが圧倒的にお得です。

アメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、スイスフラン、シンガポールドルに関しては差額が狭まるので、両替額が少ない場合は要注意ですね。ただ外貨両替所が近くにあればいいのですが、そこまで行く交通費と時間を考えると、642円であれば妥協の範囲かな、と思います。

現地のレートとの比較

とはいえ、さすがに現地のレートと比べるとレート悪いんじゃないの?という話もあると思います。
そこでここでは、台湾、ベトナム、マレーシア、シンガポールについて、現地の日本円換金レートと外貨両替ドルユーロの両替レートを差額を調査しました。

まとめ

外貨

詳細なレート比較はこれから後述しますが、おおむね傾向としては現地空港と同程度のレートです。現地空港より良い場合もあり、特にマレーシアなどは10000円当たり800円程度外貨両替ドルユーロのほうがレートが良かったです。この場合には日本で両替したほうが良いですね。
もし現地空港で両替できるのであれば、そのまま両替したほうが楽なのでおすすめです。ですが、もう日本国内に持ち帰ってきてしまっている場合には再度現地に行くわけにもいきませんね。この場合はやはり外貨両替ドルユーロの利用がおすすめです。

台湾

台湾銀行

台湾は桃園国際空港・台湾銀行のレートと比較してみます。比較日時は2019/2/21です。

両替所買取レート
外貨両替ドルユーロ3.547円
桃園国際空港
(台湾銀行)
3.549円

ほぼ差はないですが、若干台湾銀行のほうがレートがいいですね。ただ10000円あたり差額は10円以下なので、ほぼ同額と考えていいでしょう。

ベトナム

両替店/ノイバイ国際空港

では続いてベトナムの首都空港、ノイバイ国際空港ではどうでしょうか。こちらは2019/01/11のレートで比較を行いました。

両替所買取レート
外貨両替ドルユーロ0.00453円
ノイバイ国際空港
(ベトナム投資開発銀行)
0.00437円

こちらは外貨両替ドルユーロのほうが買取レートが良いですね。1万円あたり300円~400円程度、外貨両替ドルユーロで両替したほうが高く両替してもらえます。

マレーシア

Maybank/クアラルンプール国際空港

次にマレーシアの首都、クアラルンプール国際空港。KLIA2にあるMaybankのレートで確認しました。確認は2019/01/15のレートで行っています。

両替所買取レート
外貨両替ドルユーロ26.5円
クアラルンプール国際空港
(Maybank)
24.3円

こちらも外貨両替ドルユーロのほうが買取レートが良いですね。1万円あたり800円程度、外貨両替ドルユーロで両替したほうが高く両替してもらえます。

シンガポール

UOB/シンガポール・チャンギ空港

最後はシンガポール。チャンギ国際空港のUOBの両替レートを比較しました。確認は2019/1/18のレートで行っています。

両替所買取レート
外貨両替ドルユーロ77.99円
チャンギ国際空港
(UOB)
78.30円

こちらは現地のほうが買取レートが良いですね。差額は10000円当たり40円前後といったところでしょうか。

まとめ

外貨両替ドルユーロの割引クーポンご案内中

ご案内している「外貨両替ドルユーロ」には、100円の割引クーポンがあります。購入時、「クーポンコード」の欄に、以下のコードを入力すると割引となります。

クーポンコード:opm012

GW/夏休み/年末年始といった長期休暇時期は、注文が多いために、1日の上限数に達して受付が途中で打ち切られる場合があるためご注意ください。(その場合は、翌平日の15時に受付再開される事が殆どです)お早目の注文がおすすめです。

正直現金余ってるな、と思うのは帰りがけの事が多いです。なかなか市中でいいレートを探して再度両替するのも難しいもの。
そしてなにより出国後に免税店でお買い物をしたい!という方も多いと思と思います。その結果日本まで持ち帰られている方も多いのではないでしょうか。
そういった方に特に外貨両替ドルユーロはおすすめです。

ただもちろん日本の外貨宅配での両替も、完ぺきではないので以下の注意店があります。

  • こちらから送る送料(普通郵便:82円、簡易書留にする場合+310円)と振込手数料(210円、10万円以上の両替になる場合無料)がかかる。
  • 硬貨は両替できない
  • 日本円で3万円以上相当の外貨のみ買取(2019/6/1より変更)

こちらから送る場合は、現金書留では送れないため、簡易書留で送る必要がある点にご注意ください。(現金書留は、日本円以外の通貨は送ることができません)

さいごに

日本でも、外貨の売却がお得にできるようになったのはありがたいですね。
現金を残さないのが一番ではあるのですが、実際はなかなか余らしてしまう事もあります。そういった際に活用できると、少し安心できるのではないでしょうか。

海外でスマホを手軽に使うためには、海外用モバイルWi-Fiルータのレンタルがおすすめ。

特に複数人で訪れる場合は、1台をシェアすればかなり安い料金で利用する事ができます。

国によっては、現地の業者を利用するより安い場合もあります。料金比較は以下の記事でしていますので、併せてご参照下さい。