台湾の物価を品目別に徹底調査 おおむね日本の半分程度が目安

東南アジア、訪れるにあたって気になるのは物価ですね。
台湾も最近成長が著しいですが、現在の物価は果たしてどの程度なのでしょうか。

結論から言うと、台湾の物価は日本の約半値程度が目安です。
もちろんものによって異なりますので、全部が全部半値程度というわけではありませんが。
ただ感覚的には半分よりは少し高い程度かな、と思っておけば問題ないでしょうか。

ここでは台湾の物価について、具体的にどの程度なのかをまとめてみました。

台湾の物価はどれくらいか

果物コーナー/全聯福利中心

東南アジアではマレーシアより少し高いくらいの物価

実際問題、台湾の物価はどのくらいなのか。
東南アジア各国と比べると、安いグループの中で一番高い、というところでしょうか。

具体的に比較してみましょう。
東南アジア各国の「観光コスパ」について、エクスペディアが調査した記事があります。
これに基づくと、物価が一番高いのは東京とシンガポール。
次いで香港とソウル。
なんとなくこの辺までは皆様感覚としてあっているかな、と思います。
台北はこの次のグループ。だいたいクアラルンプールより少し高い程度ですね。
一番安いのバンコク、セブ島、バリ島、ハノイといった面々になります。

なんとなく感覚としてはあってるかな、と思いますね。
この調査によると大体東京の半値程度が台湾になります。
ただ沖縄と比べると七割程度なので、日本でも地域によってだいぶ差はあるかなと思います。

物価を比べる上ではレートも重要に

物価を考える上では為替レートも非常に重要になってきます。

台湾ドルのレートは、ここ数年間では概ね1台湾ドル3~4円程度で推移しています。
一番安い場合と高い場合で、3割近く値段が異なります。
正直現地の物価そのものよりも、旅行者としてはこちらのほうが影響が大きいですね。

直近では2015年中ごろに4円をオーバーしたり、2016年中ごろには3.2円を切っていたりします。
思っている以上に、レートの変動差は激しいですね。

台湾の物価比較

具体的に台湾の物価を、品目別にみてみましょう。
値段は台湾ドルの値段が安い(1台湾ドル3円換算)場合と高い(1台湾ドル4円換算)場合で比較してみました。
なお、ニュー台湾ドルの単位は、現地の表記にならい「元」表記としています。
特に明記していない場合には、輸入物ではないおそらく現地生産と思われるもので表記しています。
日本からの輸入等のものについては、明記しています。

スーパー

全聯福利中心/台湾

全聯福利中心という台北中心部のスーパーで比較しました。
繁華街ど真ん中にあり比較的有名なお店のようです。
ばらまき用のおみやげ買うには、アクセスも便利ですしいいかもしれません。

飲料(水、お茶)

台湾のお茶

  • 水(500ml) : 10元 (35円 ~ 40円)
  • 水(2ℓ) : 25元 (87.5円 ~ 100円)
  • Volvic(輸入) : 43元 (150.5円 ~ 172円)
  • お茶(500ml) : 16元 (56円 ~ 64円)
  • 十六茶(500ml) : 20元 (70円 ~ 80円)

物価が一番図りやすいのはこのあたりでしょうか。
特にお水の値段をみればだいたい物価はわかりますね。

Volvicが結構するのは意外でしたが、やはり輸入物だったからなのでしょうか。
なお十六茶は輸入ではなく、現地のものです。
総じて日本メーカーの現地生産ものだと、現地ブランドのものより気持ち高かったですね。
1~2割り増しといったところでしょうか。

飲料(ソフトドリンクなど)

  • カルピス(500ml、ペットボトル) : 20元 (70円 ~ 80円)
  • カルピス(500ml、原液) : 118元 (413円 ~ 472円)
  • ポカリスエット(500ml) : 20元 (70円 ~ 80円)
  • UCC無糖(750ml、日本製) : 69元 (241.5円 ~ 276円)
  • リポビタンD : 26.5元 (92.75円 ~ 106円)
  • コーンクリームスープ(粉、3つ) : 46元 (161円 ~ 184円)
  • ネスカフェゴールドブレンド : 259元 (906.5円 ~ 1036円)

ペットボトルの値段は基本的に15~20元です。
ただこちらはスーパーの値段になっている点は注意が必要でしょうか。
日本でも500mlペットボトルであれば、スーパーでこれくらいの値段で売っているときもありますね。
そう考えると物価に差はあまりないのかもしれません。
(ただ他の東南アジアでも、ペットボトル飲料だとこれくらいしますね)

お酒

お酒/全聯福利中心

  • スミノフアイス : 49元 (171.5円 ~ 196円)
  • ジャックダニエル : 69元 (241.5円 ~ 276円)
  • ビール(350ml) : 33元 (115.5円 ~ 132円)
  • スーパードライ(350ml、6缶) : 215元 (752.5円 ~ 860円)
  • ワイン(750ml) : 284元 (994円 ~ 1136円)

アルコールは総じて安く感じましたね。
スミノフとかもがっつり日本でもよく見るタイプの輸入物だとおもうのですが。
気持ち安いくらいのお値段で売っていますね。
ビールなんかはこのくらいの値段で売ってると好きな人にはたまらないでしょうね。
スーパードライは現地生産ものですが、比較的安価です。

おかし

おかし/全聯福利中心

  • ポッキー(日本製) : 49元 (171.5円 ~ 196円)
  • ポッキー : 29元 (101.5円 ~ 116円)
  • カラムーチョ : 19元 (66.5円 ~ 76円)
  • TOBLERONE : 62元 (217円 ~ 248円)
  • 湖池屋 ポテトチップスのりしお : 19元 (66.5円 ~ 76円)
  • OREO : 72元 (252円 ~ 288円)
  • RITZ : 57元 (199.5円 ~ 228円)
  • 箱アイス : 72元 (252円 ~ 288円)

おかしは特に日本からの輸入ものを多く見かけました。
カルビー、グリコ、湖池屋等々。
そして輸入物に加えてさらに、現地の日本メーカーが製造したらしき、表示が中国語表記のものもうってたりします。

ポッキーあたりは、スーパーの棚に、輸入物のポッキーと現地生産もののポッキーが並んでいて。
そして輸入物は関税分高いと。

正直、ポッキーなんて一緒だと思うんですが・・・。
わざわざ売っているという事は何か違うんでしょうか。
日本人観光客が、わざわざ値段の高い輸入物ポッキー(日本人からみたら日本でかえる)を向こうで買うとは思えないですからね。

全体的に値段は日本より少し安い程度ですね。
加工品はそこまで安くない感じはあります。

スイーツ

  • ロールケーキ : 85元 (297.5円 ~ 340円)
  • すいか(1/8カット) : 59元 (206.5円 ~ 236円)
  • ぶどう : 79元 (276.5円 ~ 316円)
  • 桃(和歌山県産、2個) : 529元 (1851.5円 ~ 2116円)
  • なし : 49元 (171.5円 ~ 196円)
  • バナナ(1房) : 38元 (133円 ~ 152円)
  • たまねぎ1個 : 15元 (52.5円 ~ 60円)
  • りんご : 17元 (59.5円 ~ 68円)
  • キウイフルーツ : 12元 (42円 ~ 48円)

特に値段が安いな、とかんじたのはこのあたりでしょうか。
キウイやりんごなど、このあたりは日本だと100円はしますからね。
輸入物だと思うのですが、農産物にかかる関税が日本と違うのでしょうか。

一部は日本からの輸入製品もうってたりして、和歌山県産のものが1個1000円前後と結構なお値段で売られています。
これは高級品に見えますね・・・。
確認した時期が7月上旬なので、日本国内でももものオンシーズンだと思うのですが。
これは関税がらみなんでしょうか。

食品

  • お米(4K) : 158元 (553円 ~ 632円)
  • お米(3K、ジャポニカ米) : 159元 (556.5円 ~ 636円)
  • 砂糖(1kg) : 36元 (126円 ~ 144円)
  • ほんだし(40g) : 34元 (119円 ~ 136円)
  • 牛乳 : 79元 (276.5円 ~ 316円)
  • 豆腐 : 31元 (108.5円 ~ 124円)
  • ツナ缶 : 35元 (122.5円 ~ 140円)
  • 卵(1パック10個) : 34元 (119円 ~ 136円)
  • 食パン6枚 : 32元 (112円 ~ 128円)

お米は現地生産のお米でしょうけれど、圧倒的に安いですね。半値程度。
それ以外のものは結構日本と変わらないな、という感覚。
タイ米とジャポニカ米と、種類が売られているのはすごいなあと思いました。
割と現地でもニーズあるんですね。ジャポニカ米。丼ものにはあいそうですしね。

麺類

  • ラーメン(乾麺5パック) : 59元 (206.5円 ~ 236円)
  • 出前一丁(乾麺5パック) : 105元 (367.5円 ~ 420円)
  • カップラーメン : 28元 (98円 ~ 112円)
  • パスタ(500g) : 48元 (168円 ~ 192円)
  • うどん(4玉) : 31元 (108.5円 ~ 124円)

麺類は日本製のものになるととたんに値段があります。
出前一丁とかは漢字表記だったので現地生産ものだと思うのですがこのお値段。
カップラーメンとかも、現地ものでしたが日本とほとんど変わらないので。
このあたりは他のと比べると高いなと感じますね。

日用品

  • 洗顔フォーム : 100元 (350円 ~ 400円)
  • ハンドソープ(ビオレ) : 139元 (486.5円 ~ 556円)
  • アタックネオ : 159元 (556.5円 ~ 636円)
  • 歯ブラシ6本 : 82元 (287円 ~ 328円)
  • クリニカ(日本製) : 109元 (381.5円 ~ 436円)
  • ダヴ : 185元 (647.5円 ~ 740円)

日用品もおかしと同様、日本メーカーの現地生産ものを多く見ました。
ただこちらのほうが日本であまり見慣れないメーカーのものも多かったです。
おそらく台湾メーカーのものか、他の近隣アジアのメーカーのものと思われます。
このあたりも輸入物じゃなくても日本と値段そんな変わらないよなあ、といったところ。

紙おむつ

紙おむつ/全聯福利中心

  • おむつ(メリーズM66枚) : 400元 (1400円 ~ 1600円)
  • おむつ(パンパースM62枚) : 399元 (1396.5円 ~ 1596円)
  • おむつ(L50枚) : 223元 (780.5円 ~ 892円)

おむつはムーニーやマミーポコがあり、グローバルブランドですがパンパースもあります。
なので棚がここは日本なんじゃないか、というくらい見慣れた棚でしたね。
値段もこのあたりのものは、日本とほとんど同じ値段します。高いですね。
パッケージに日本製、ってかいてあるのもあるので、パッケージだけ差し替えたんでしょうか。

現地メーカーのものもちろんあります。
こちらは半値程度なので、やはりやすい。
買ってみて使ったのですが、おしっこライン(色変わるところ)がなかったりしました。
そのあたりの差もあると思います。

外食

スターバックス

スターバックス/台北

  • カフェラテ(トール) : 120元 (360円 ~ 480円)
  • アイスコーヒー : 120元 (420円 ~ 480円)

スタバは本当、世界中で値段が同じですよね・・・。
マレーシアぐらいまで行くと気持ち安いんですが、それでも円換算300円前後します。
北京でもスタバはこのお値段しましたし。
強気ですよね・・・。
いやまあ空いているんで行くんですけど。

老蔡水煎包/台北

  • 豚まん : 16元 (56円 ~ 64円)
  • ミルクティー : 20元 (70円 ~ 80円)
  • タピオカミルクティー : 55元 (192.5円 ~ 220円)

こちらは完全にテイクアウト専門店。
基本的にはもちかえりで食べるの前提です。
こういった出店系のほうがお値段は安く感じますね。
豚まんも普通の豚まんでこのお値段なので、食べ歩きには本当もってこいです。

夜市のとあるお店

夜市/台北

  • パイコー麺 : 70元 (245円 ~ 280円)
  • ルーローハン : 60元 (210円 ~ 240円)

いかにも東南アジア!といった感じの夜市。
とあるお店のお値段はこちらでした。
やはりこういったところはお値段が安いですね。
他のお店も概ねこのくらいの価格帯。
中華は日本人に向いていますし、やはり食べ歩きが楽しめます。

葡吉小廚

小籠包/葡吉小廚

  • チャーシュー : 200元 (700円 ~ 800円)
  • 肉ワンタンスープ : 90元 (315円 ~ 360円)
  • 揚げハマグリ : 60元 (210円 ~ 240円)
  • きゅうりのさっぱりあえ : 60元 (210円 ~ 240円)
  • スパイシーユバ : 80元 (280円 ~ 320円)
  • 小籠包 : 180元 (630円 ~ 720円)

こちらは台北で人気のお店。
なんとなく台湾といえば小籠包なイメージはありますが、ここも小籠包押しでした。
ここは台湾では少し高級店だからか、値段もそこそこします。
とはいえ日本の普通の中華料理店、といったところのお値段でしょうか。
鼎泰豊とかと価格帯はあまり変わらないですね。

ホテル

東南アジアは高級ホテルでも結構安いイメージですが、台北はどうでしょうか。
こちらもエクスペディアで主要都市の五つ星ホテル価格の比較結果がでています。

残念ながら台北の高級ホテルは結構なお値段がしてしまいます・・・。
東南アジアでホテルが安いのは、マレーシア(クアラルンプール)、タイ(バンコク)、ベトナム(ホーチミン)あたりですね。
特にクアラルンプールあたりはとんでもない安さになぜかなっています。

台北は香港、ドバイ、ミラノ等と同程度。
ソウルやウィーンあたりと比較するとむしろ高いようです。
結構お値段は高めの部類にはいってしまいますね。

台北

では台北の代表的なホテルのお値段を。

  • マンダリンオリエンタル台北 : 9500元 (33250円 ~ 38000円)
  • シャングリ・ラ ファーイースタンプラザホテル 台北 : 7900元 (27650円 ~ 31600円)
  • W台北 : 9000元 (31500円 ~ 36000円)
  • リージェント台北 : 8500元 (29750円 ~ 34000円)
  • オークラプレステージ台北 : 6522元 (22827円 ~ 26088円)

参考までに、東京の日本橋にあるマンダリンは46000円~ですね。
東京の丸の内にあるシャングリラは44,000円~。

ここに挙げたホテルは全部五つ星ホテルなので、まあまあのお値段はやはりしますね。
さすがに半額とまではいかないですが、比べてみると6~7割程度のお値段といったところでしょうか。
そう考えるとやはりお値段的には安くはあるのですが。

ちなみに先ほどのエクスペディアの記事で、一番安いとされているのはクアラルンプール。
マンダリンが18000円前後、シャングリラが12000円程度と超激安です。
日本の半分どころか、3~4割程度だったりします。

とはいえ東南アジア最安のクアラルンプールでも3~4割程度なので、台北が6~7割程度と考えると、感覚的にはあいますね。
このお値段は比較的定価に近いお値段で比較しているので、各種割引を駆使すればもう少し安くなります。
せっかくの海外旅行、良いホテルに泊まるのも楽しめるのではないでしょうか。

さいごに

夜市/台北

以上、台北の物価について比較してみました。
なんだかんだいって台北、やはり物価は安いです。
特に食べ歩きのお店やホテルは、日本と値段が結構違います。
逆にスーパーとかのほうが値段は同じくらいだなあ、と感じますね。
旅行者が行くようなところのほうが、値段の差を感じやすいです。

せっかくの海外。とくに台湾は食べ歩きがお得。
本場の中華や小籠包を、食べたおすのも楽しめるのではないでしょうか。

SHARE