クアラルンプール・コタキナバル・ランカウイ両替所案内 レートはWeb確認可能

東南アジアの両替は、現地の町中が一番安い。
マレーシアでもそれは例外ではありません。

ただ具体的にどこに両替所があるかは、なかなかぱっとは観光客には出てこないものです。
ここでは、観光客が多く訪れる、クアラルンプール、コタキナバル、ランカウイに関して、それぞれの街の両替所の場所をまとめています。
全部の場所は網羅できないので、特に訪れる人が多い所を重点的にまとめています。
あわせてぞれぞれの街で両替を行うための注意点をまとめていますので、ご参照ください。

なお、リンギットの両替は、事前に日本の外貨宅配で行う事をお勧めしています。
(レートがマレーシアの空港とそれほど変わらないことと、マレーシアの治安面を考慮しているためです)
慣れている方は町中両替で問題ないでしょうが、慣れていない方はそこまで損するわけではないので外貨宅配がお勧めです。
それぞれの両替方法による具体的なレートの差や、両替の注意事項については別記事でまとめています。
マレーシアリンギットの両替をお得にする方法 1万円毎に2千円損する事も

マレーシアリンギットそのものについての情報は、こちらの記事でまとめています。
マレーシア通貨リンギットについて レートや利用時の注意事項まとめ

当サイトのマレーシア記事の一覧はこちらです。
マレーシアってどんな国?観光・旅行に知っておきたい情報をまとめました

マレーシアの主要観光地の選び方はこちらの記事でまとめています。
マレーシア観光案内 おすすめ都市&有名スポットの選び方・ポイントまとめ

マレーシアの両替所のポイント

  • 基本的には各町とも、ショッピングモールには両替所がある事がほとんど。困ったらショッピングモールへ。
  • 最安値を狙ってもそこまで大きくは金額は変わらない。安いお店を探して時間を無駄にするくらいなら、Webでクアラルンプールの両替額を見て大きなかい離がなければ両替してしまう事をお勧め。

基本的には町中の両替所であればそんなに両替額は変わりません。
観光客は手近な所で両替してしまえましょう。最安値を探しても、そんなに得しない割に時間がもったいないかなと思います。

では、各町の代表的な両替所をご案内します。

クアラルンプールの両替

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港

両替場所はKLIA1であれば以下が分かりやすいかと思います。
・到着後少しあるいて、モノレールに乗る手前の免税店エリアの中
・モノレールにのって少し歩いた、荷物受け取りするエリアの周辺
・荷物受け取り後ゲートを出て、到着ホールに入ってすぐのエリア

KLIA2の場合にも、荷物受けとり所の周辺にあるようです。また、もちろんフロア内に入ってからも数件あります。

基本的には空港内にあるマップを見れば、わかる場所にあります。
もちろん複数件ありますので、多少見過ごしても大丈夫です。
ですが、不安な場合には飛行機内でCAさんとかに聞いておいても良いかもしれません。

空港内は場所によりレートもそこまで大きく変わることはないので、見つけ次第両替してしまって良いでしょう。
KLIA1でも、KLIA2でも、荷物受け取り近辺にありますので、荷物待ちがてら両替するのがいいかなと思います。

クアラルンプール市内

以下では主要な場所であげていますが、ここであげていないような場所でも、ショッピングモールであればだいたい両替店はあります。
困った場合用にいろいろ両替店はあげていますが、正直そこまで大きくレートは変わりません。
パビリオン~Lot10にかけての道に路面店が何件かあるので、適当に2~3件見て安いところで変えれば十分です。
なんなら見つけ次第かえても正直そこまで損はしないです。念のためWebでレートを確認しておくくらいで十分でしょう。

オンラインでレートを確認できるのは次の二店舗です。

  • Jalinan Duta(クアラルンプール ブギビンタン・KLセントラル駅の両替店)
  • KL Remit Exchange(クアラルンプール パビリオン、ロット10、ミッドバレー等多数)

このあたりで事前に確認しながら、大きくかい離がなければもうそこで両替してしまってよいかと思います。

スリアKLCC

KLCCで両替するのであればスリアKLCC内での両替が一番わかりやすいです。
スリアKLCC内には両替所は3箇所、それぞれ以下の通りとなります。
スリアKLCCの公式ページにも案内が掲載されているのでこちらもご参照ください)

  • Alinoor Exchange:Level Concourse(地下1階) C66
  • CIMB Forex:Level Ground(外へつながっている階、日本でいう1階) G35A
  • Western Union:Level Concourse(地下1階) C41B


スリアKLCC、入ったらすぐこういった感じの吹き抜けがあります。
構造としては非常に横にながーくなっている感じです。
写真の階、一番下の階が地下1階です。
この地下1階の横にながーくなっているところの両端にあるのがAlinoor ExchangeとWestern Unionになります。
端からだいたい5番目前後くらいの場所にあります。

いっぽう写真の一個上の階、ここは日本でいう地上1階で、KLCCパークからつながっている階になります。
(マレーシアではこれをグラウンドフロアとして、日本でいう2階からをレベルファーストとして数えるのが一般的です、イギリス流ですね)
正面入り口からまっすぐいったど真ん中のあたりにあるのがCIMB Forexです。
写真にも出ているGUCCIの脇のみち入ったすぐのところにあります。

スリアKLCCの地図は公式ページも参照してください。
現地では案内パンフレットもあるのでそんなに迷うことはないはずです。

ブキッビンタン

パビリオンにはKL Remit Exchangeがあります。パビリオンの地図も参照してください。
ちなみにこちら、公式ページがあり、レートをオンラインで確認することができます。
事前にこちらで確認の上、町中をぷらぷらすればより良いレートで両替ができるでしょう。

ブキッビンタンは外にも両替商は多くあります。
外であれば一番わかりやすいのは、ファーレンハイト88とLOT10の間に2件あります。
WESTERN UNIONとMERCHANTRADEですね。
大通り沿いに普通にあります。この2つを移動する際には必ず目にするので、分からないといったことはないかと。
通り側にはスターバックスがあるので、これを目印にするのが良いかと思われます。

その他、Lot10には、地上階(日本でいう1階)にKL Remit Exchangeがあります。

ファーレンハイト88には、1階(日本でいう2階)にMarhaba Money Changerがあります。
こちらはファーレンハイト88の公式ページの地図も参照してください。Lot No. 1-53にあります。

KLセントラル

Jalinan DutaがKLセントラルにも、その目の前のNUセントラルにも入っています。
こちらはレートもオンラインで確認できます。
詳しい場所は公式ページで確認してみてください。
その他もたくさんありますので、レートを確認してかい離がなければ両替してしまいましょう。

コタキナバル(ボルネオ島)の両替

コタキナバル国際空港

コタキナバル国際空港の両替所は、到着ロビー(1F)にあります。到着ゲート出て右側の場所です。
あまり広くない空港ですので、それほど迷う事も無いと思います。

なお、現在はLCCでもターミナル1を使用するので、利用ターミナルはすべて1で共通です。
ターミナル2は貨物専用に変更となっていますのでご注意ください。

この後何処に訪れるかですが、コタキナバル市街地に行けるのであれば、タクシー代金35RMあればコタキナバル市街地にでれます。
市街地でどうしても両替したい方はこの前後の額を目安の両替になるでしょうか。

コタキナバル市街地

基本的にはショッピングモールに行けば両替所があります。
こちらを目指していただければいいですが、代表的なショッピングモールの両替所をご案内します。

まずは市街地東側でアクセスしやすいのはSulia Saba。
BASEMENT(日本でいう地下1階)に、Definite Rich Money Changer(12B)と、UAE Exchange(38)の2箇所の両替所があります。

つづいて市街地西側、センターポイントサバ。
こちらも BASEMENT(日本でいう地下1階)に、Maybank Kawanku(B-L10)があります。

基本的に市街地で訪れやすいのはこのあたりだと思います。
他のショッピングモールモールでも、大型のものは基本的に入っています。
レートも大きく変わらないことがほとんどですので、行きやすい場所で両替で十分かと思います。

ランカウイ島

ランカウイ国際空港でも、到着ゲート出てすぐの場所に両替所があります。
迷いようがなくわかりやすいです、小規模なので。

ランカウイ島に関しては、市街地にすぐ出れる環境に泊まる人のほうが少ないと思います。
ですので、基本的には外貨宅配でランカウイ島滞在に必要な全額を両替することをお勧めします。
基本的にはホテルチャージですので、必要な現金はチップ、現地のツアー代金、タクシー代、おみやげ代くらいです。
外貨宅配では足りなくならないよう少し多めに変えておきましょう。
足りなくなった場合は、レートは悪くになりますが最悪ホテルでも両替はきく事が多いです。この点は頭にいれておきましょう。

市街地で変える場合は、やはりショッピングモールが分かりやすいでしょうか。
クアタウンであればランカウイパレード内に両替所があります。

パンタイチェナンであれば、チェナンモールの中が分かりやすいでしょうか。

どちらもそれほど大きなモールではないため、見つけやすいと思います。
もしくは市街地で町中に探せばいくつかはありますね。

ただランカウイの場合、タクシー代かけていかないといけないので、それほどかといわれると悩みどころですね。
不足しないかはなるべく把握しておきましょう。
行く場合にはこのあたりのショッピングモールか、ホテルによってはランカウイ空港のほうが近いかもしれません。
少額ならホテル両替を使う事も頭にいれておきましょう。

もしくはタクシーの運転手に近い場所を任せてしまっても良いですね。

まとめ

マレーシアの両替所の場所についてまとめました。
クアラルンプールやコタキナバルであれば、ショッピングモールいけばいいのでそれほど困らないと思います。
ランカウイだけは悩みどころですが、ただホテル内では現金はほとんど使わないので。
現金使うのは基本的に町中にでるときだけです。
不足があればその際にかえるように注意すれば問題ないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。