おすすめのシンガポール料理&レストラン5選!実際に行った感想まとめ

TOAST BOX/リゾート ワールド セントーサ
URLをコピーする
URLをコピーしました!

シンガポールへせっかく来たのだから、おいしい現地のシンガポール料理を食べたい!と思う方は多いのではないでしょうか。

とはいえ、現地の料理はなかなか日本人になじまないものも多いです。どの国にいってもそうですが、合うもの・合わないものってあるんですよね。シンガポール料理も、おいしいものもあれば、これは日本人には厳しいかも、というのもあります。

そこでここでは、私自身が実際にシンガポールで食べたシンガポール料理と、実際に訪れたお店をまとめてみました。観光客が訪れやすい!という目線でまとめています。皆様の参考になれば幸いです。なお、価格が分かるものについてはすべて価格を記載しており、このページでの$はシンガポールドルを指します。

ちなみに、私はラクサは合いませんでした。なので、ラクサはあんまり・・・っていう人とは味覚が似ているはずです。好きな人ももちろんいると思いますし、そういう方には本当申し訳ないのですが、私はダメでした。

もくじ

シンガポール料理とは

おススメの料理に入る前に、シンガポール料理って具体的にどういうものを指すのでしょうか。
「シンガポール発祥」「シンガポール現地の人に親しまれている」料理を指す事が一般的だと思います。

ただここで注意していただきたい点が1点。
シンガポールは元々、お隣マレーシア連邦中の1つの州でした。しかし、マレーシアは全般的にマレー系の比率が高く、シンガポールは中華系の比率が高かったため、民族的な軋轢が生じます。この結果、1965年にマレーシア連邦から分離独立して建国されたのが、シンガポールになります。

この歴史的経緯がどう影響するかですが、つまるところ、マレーシアの料理とシンガポールの料理は同じなのです。だって同じ国だったのだから。
このため、シンガポールの料理はマレーシアにもありますし、マレーシアの料理はシンガポールにもあります。

強いて言えば、シンガポールは中華系民族の比率が高いため、中華系の料理はシンガポール料理。マレーシアはマレー系民族の比率が高いため、マレー系の料理がマレーシア料理と理解されることが日本では多いでしょうか。

とはいえ、元は同じです。「これってマレーシアじゃないの?」と思われた方。マレーシア料理でありシンガポール料理なんです。もともと同じ国なんです。

という事で、ここでは「マレー半島(シンガポール及びマレーシアを含む)」の「中華系民族」の間で親しまれている料理を中心にご紹介します。

チキンライス

チャイナタウンフードストリート/シンガポール

シンガポール料理の筆頭格といえばまずチキンライス。
シンガポール料理といえばこちらを思い浮かべる方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

蒸した鶏肉がごはんに乗っているだけなのですが、見た目からすでに日本人が好きそうな感じが出ていますね。ご飯も鶏ガラで炊いていて、さらに鶏がらスープもついてきてと鶏が全面的に出てくるこの料理。苦手な方を探すほうが難しいのではないでしょうか。
またお値段も3~4ドルからと非常に安いのも魅力の一つですね。

ここでは、ミシュラン選ばれた、一つ星の1店舗とビブグルマンの2店舗をご案内します。ちなみにこちら、うち2店舗は上の写真のチャイナタウンフードストリートにあります。チャイナタウンフードストリートの名前は伊達じゃないですね。もう1店舗もチャイナタウンフードストリートの近くですし、別のミシュラン店もありますし、この界隈は評判のお店が非常に多いです。

香港油鶏飯面

香港油鶏飯面/チャイナタウン

チャイナタウンにあるミシュラン一つ星認定店。
チャイナタウン中心部のChinatown complexのホーカーにあるほうが本店で、ミシュラン認定後に、路面店も新規オープンしました。ホーカーは場所もわかりにくく混んでいますが、こちらがミシュラン一つ星認定で、かつお値段も安い。(チキンライス$ 2)。路面店は広くて清潔で空いていますが、ミシュランはビブグルマン認定でお値段は高い(チキンライス$ 3.8)
個人的には観光できてるので、清潔で空いている環境で食べれる場所代と思って、路面店でいいかな、と思います。地図と写真は路面店のほうです。

ちなみにこちら、チキンライスは割と普通という評価が多く、人気があるのはチキンヌードルのほうです。(路面店で$ 4.8)

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる