シンガポール動物園に行ってみた 非常に広く独特の展示がされている動物園

シンガポール動物園
URLをコピーする
URLをコピーしました!

シンガポールの目玉観光スポットの一つ、シンガポール動物園。

大体どの雑誌でも、マリーナベイ周辺と、セントーサ島と合わせて、マストなスポットとされているのはこのシンガポール動物園です。動物園、ナイトサファリに加えて、2013年にはリバーサファリもオープン。さらに2022年の完成に向けて、2パークの追加も予定されている、シンガポールの超大型動物園です。

ただ実際どんな感じなの?ただの動物園じゃないの?というのは最初に疑問に思う事かと思うのですが、私自身はこちら、かなり楽しめました。展示がやはり独特で、かなりの広さを誇りますし、せっかくシンガポールに訪れたならマストで訪れたいスポットだよなあと思っています。

ここではそんなシンガポール動物園について、実際に訪れた経験をもとに、どういった内容になっているのかをまとめました。皆様のお役に立てば幸いです。

もくじ

シンガポール動物園のポイント

おすすめポイント

シンガポール動物園
シンガポール動物園

個人的にはシンガポール動物園は、シンガポール行ったらかなり必見のスポットだと思っています。理由は以下の二つです。

とにかく大規模

とにかく大規模。圧倒的に広いです。

広さだけで言えば、日本でも名古屋の東山動物園や、横浜のズーラシアといった、大型動物園があります。ただ、東山動物園やズーラシアは、公園エリアも広く取られているので、展示エリアの面積はそこまで大きく取られていなかったりするのが実情かな、という感覚です。

その点、シンガポール動物園は公園エリアが少なく、全てが展示エリアとして取られています。なので、1個1個の動物の展示スペースが非常に広いのが特徴です。なのにもかかわらず、シンガポール動物園の展示数は300種類以上。(上野動物園にちかい展示種類数です)かなりの数の展示がされています。

なので訪れて思うのは、広い、動物がたくさん、みんな動いている、という感覚。これだけの規模感の動物園って日本だとなかなか思いつかないですね。

私の感覚だと、横浜ズーラシアが一番展示のイメージとしては近いと思います。ただあそこの展示は70種。シンガポール動物園は、横浜ズーラシアの4倍以上の種類を、ズーラシアと同等もしくはより更に広い展示スペースできっちり展示しているな、というイメージです。(ズーラシア行ったことない人には分かりにくい説明ですいません…)

工夫された展示

シンガポール動物園
シンガポール動物園

あとは展示方法は、かなり工夫されています。具体的にはとにかく広い。

具体的にはやはり1個1個の展示スペースが非常に広い。なので動物たちがすごい生き生きと動いています。例えばオランウータンの展示スペースは、ロープがはりめぐらされたりしていて、そのロープをオランウータンが運が良ければ実際に登ったりします。

展示スペースが非常に広いので、動物たちもかなり快適に過ごしている印象を受けました。そのため動きが活発な動物たちも多く、見ていて非常に面白いのが特徴ですね。

いまいちポイント

広大過ぎて、全ては1日では見切れない

ここがデメリットになるかは人によるとは思いますが…。

はっきり言って、広すぎます。とくにメインの、シンガポール動物園はゆっくり見てると丸々一日かかるんじゃないか、というくらいの広さがあります。実際私は途中で疲れてしまって最後のほうはちょっと雑な見方になるぐらい、かなり広いです。

で、なのにまだリバーサファリとナイトサファリがあるんですよ。3種類がっつり回ろうとすると相当大変です。へとへとになります。1個みたらお腹いっぱいになるので、1個でいいな、というのが感想です。

さらっとみるならリバーサファリとかがおすすめですね。シンガポール動物園はなめてかかると本当見るの大変なので、要注意です。

移動は不便

最寄にMRT駅はありません。

なので移動はタクシーかバスですね。タクシーだとマリーナベイ等のシンガポール中心部からであれば、時間帯にもよりますが30シンガポールドル(2400円)前後の範囲で収まるはず。

個人的にはかなり距離もあるので、タクシーが一番楽でいいかなと思います。特に帰りは歩きまくった後なので、相当疲れてると思いますし。

熱中症に注意

シンガポールは南の島なので、年中夏です。

シンガポール動物園はかなり自然が多いので、街中のがっつり日が当たる場所と比べると体感温度は涼しく感じるかな、とは思います。ただもちろんその日の天候にもよりますし、基本的に屋外が中心。かなり歩き倒す事になるので体調は崩しやすいかもしれません。

なので特に熱中症には注意です。飲み物はしっかり持参していきましょう。

シンガポール動物園の場所

シンガポール動物園の場所は以下になります。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる