海外用レンタルWiFiはお得なの?費用別に海外でスマホを使う方法をまとめました

ハードロック ホテル シンガポール宿泊リポート セントーサ島内のアクセスが便利

ハードロックホテルシンガポール/セントーサ島

日本国内だとハードロックカフェは大都市近郊で時折見かける事はありますが、ハードロックホテル自体は無いため、あまりメジャーではないかもしれません。第一号店はアメリカ・ラスベガス、主にアメリカ国内の展開が多いですが、アジアでもインドネシア・バリ島やタイ・パタヤ、マレーシア・ペナン島等にも展開しているホテルです。

とはいえ日本人に一番有名なのはやはり、セントーサ島のこのハードロックホテルなのかもしれません。なんせ、とにかくセントーサ島内の立地も良いですし、プールもしっかりしている。各所で紹介されることも多いので、何となくハードロックホテルといえば、ここ、というイメージを持たれているかたも多いかもしれません。私もそんな感じです。

さてそんなハードロックホテルシンガポールですが、実際に行ってきたのでその際の様子をまとめました。時期にもよるのですが若干お値段もしますし、設備もかなりしっかりしているのでセントーサ島内で遊び倒す拠点にするには少しもったいない印象もあります。とはいえ、セントーサ島のメインスポットへのアクセスが非常に良いのでこの辺りは悩みどころですね…。

ではそんなハードロックホテルの様子について、まとめました。

のぶ

こんにちは!のぶ(Twitter)です。シンガポールが大好きで子連れでも行っていて、主要スポットは一通り回りました。観光や手配、移動手段や遊ぶ場所等々、聞きたい事があればお気軽にTwitter(DMでもリプでもOK)や匿名の質問箱で連絡下さい。答えられる範囲で何でもお答えします!

当サイトのシンガポール記事の一覧はこちらです。
シンガポール金融街シンガポール観光徹底ガイド おすすめスポットや旅行情報をまとめました

シンガポールのおすめホテル情報はこちらです。
マリーナベイ/シンガポールシンガポールのホテルの選び方ガイド エリア別におすすめホテルをまとめました

お得情報
シンガポールの旅行費用を抑えるためには、楽天グループのvoyaginの利用がおススメ。各種観光施設のチケットが、5~30%超安くなりお得です。利用できるのは、ユニバーサルスタジオ動物園水族館ガーデンズバイザベイマリーナベイサンズ展望台ウォーターパークキッザニアなどなど。更にこちらのvoyaginの割引クーポンが使用できる場合もあるため一層お得になります。施設によっては、発行されたQRコードがそのまま入場チケットになる場合もあり便利。シンガポールの対応施設一覧はこちらから。

立地

ハードロックホテルの場所はこちらです。観光的には、セントーサ島ど真ん中、といった立地。

地図だと分かりにくいのですが、場所的にはリゾートワールドセントーサ内のホテルです。そのため、ユニバーサルスタジオや水族館、アドベンチャーコーブウォーターパークといった主要施設は全部徒歩圏。ホテルでたらすぐモールが並んでいて、(予算はいったんおいておいた上で)セントーサ島を遊び倒す拠点としてはここが一番使い勝手がいいです。

お部屋・価格帯

ただ一番大事なのはお値段帯なんですよね。だいたいこんな感じです。

リゾート ワールド セントーサ ハードロック ホテル
シンガポール【地図を参照
★★★★★ 5つ星ホテル
agoda
7.9点
最低価格~ 平均価格 ~最高価格
20015円~ 31603円 ~63435円
日付値段(agoda)
12/14(土)40173円
12/15(日)25071円
12/16(月)27214円
12/17(火)29374円
12/18(水)21454円
12/19(木)20015円
12/20(金)32638円
12/21(土)53436円
12/22(日)43867円
12/23(月)43867円
12/28(土)47037円
01/01(水)48636円
01/02(木)56675円
01/03(金)56675円
01/04(土)40665円
01/05(日)21438円
01/06(月)21438円
01/07(火)22254円
01/08(水)59436円
01/09(木)39064円
01/12(日)27838円
01/13(月)27857円
01/14(火)31038円
01/15(水)24655円
01/16(木)50671円
01/17(金)30238円
01/18(土)63435円
01/19(日)62679円
01/20(月)24638円
01/21(火)62635円
日付値段(agoda)
01/22(水)40665円
01/23(木)42266円
01/24(金)42237円
01/25(土)43837円
01/27(月)42237円
01/30(木)40665円
02/01(土)37437円
02/02(日)26256円
02/03(月)23038円
02/04(火)28658円
02/05(水)53073円
02/06(木)28638円
02/07(金)28658円
02/08(土)32638円
02/09(日)24655円
02/10(月)28638円
02/11(火)23054円
02/12(水)23054円
02/13(木)21438円
02/14(金)23038円
02/15(土)27057円
02/16(日)21453円
02/17(月)21453円
02/18(火)30238円
02/19(水)30238円
02/20(木)30259円
02/21(金)34261円
02/22(土)38264円
02/23(日)27838円
02/24(月)27857円
日付値段(agoda)
02/25(火)31038円
02/26(水)31059円
02/27(木)24638円
02/28(金)24655円
02/29(土)28658円
03/01(日)21438円
03/02(月)21438円
03/03(火)21438円
03/04(水)21438円
03/05(木)21438円
03/06(金)21453円
03/07(土)26256円
03/08(日)23054円
03/09(月)23054円
03/10(火)23038円
03/11(水)21453円
03/12(木)21438円
03/13(金)21453円
03/14(土)29458円
03/15(日)21438円
03/16(月)21453円
03/17(火)26238円
03/18(水)21453円
03/19(木)26238円
03/20(金)21453円
03/21(土)32660円
03/22(日)21438円
上記価格は全てagodaから引用、大人1泊2名。他の予約サイトの価格は違うものの、だいたい似ています。宿泊時は、記載価格に現地税やサービス料等が加算されます。
予約はこちらから
お部屋タイプ広さ
(平方m)
参考価格
デラックスルーム40SGD 315.44
(約25,235円)~
デラックス
プールビュールーム
40SGD 338.98
(約27,118円)~
セントーサ
スイート
76SGD 639.11
(約51,128円)~

税・サービス料を含んでいないため、この金額から更に上乗せがあります。また、料金はすべて朝食を含まない料金です。朝食をつける場合には、大人2名で4000円程度の上乗せが目安ですが、場合によっては上乗せ額がもっと大きい場合があります。

選ぶポイント

おすすめポイント

セントーサ島内にあるメインスポットへのアクセスが良い

ユニバーサルスタジオシンガポール/セントーサ島
ユニバーサルスタジオシンガポール/セントーサ島

とにかく立地が良く、セントーサ島内にある、メインスポットへのアクセスがかなり良好です。

具体的には飲食店やおみやげ屋さんがあるエリアまでは徒歩0分(出口出たら目の前)、ユニバーサルスタジオやシーアクアリウム(水族館)、アドベンチャー コーブ ウォーターパーク(大型プール)までは軒並み5分程度歩けば付きます。そんな立地なので、セントーサエクスプレスの駅、Waterfront Stationまでも5分も歩けば付き、そこからセントーサマーライオンやVivo City(ショッピングモール)なりシロソビーチ、パラワンビーチまで簡単にアクセス可能です。

ただ若干出口が分かりにくいため、このあたりは後述します。

セントーサ島で遊び倒したいなら、ここを拠点にすればかなりきっちり遊び倒せます。

大型プール併設

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

更にさらに。こちらの魅力はそれだけではありません。立地面での魅力もさることながら、セントーサらしい大型プールまで併設されています。さすがにプライベートビーチ、とまではいきませんが、リゾート感あふれるビーチ風プールまで用意されている徹底っぷり。セントーサ島で遊び疲れたときにのんびり時間を過ごすのにも最適です。

いまいちポイント

立地とプール以外は普通

…とほめ倒しておいてあれですが、個人的には立地とプール以外は普通だな、という感想です。

あとアメニティーもボトルタイプ(使いきりじゃないタイプ)でした。あとはバスタブは無し。更にチェックアウト時間もシンガポールだと珍しい11時。

一個一個はそこまで気になる程じゃあないんですけど、お値段がする割には残念だなーという気持ちはあります。

全体的に宿泊費の殆どが立地とプールに割り振られているので、それ以上はあまり期待しないほうがいいな、というのは注意点です。とはいえ部屋も広かったですし、トータルでそこまで不満はありません。

お値段はややお高め

シンガポールドル
シンガポールドル

お値段はややお高めの印象ですね。時期によるので、安い時期ならこのくらいは仕方ない気も。セントーサ島ですからね。ただお高めの時期はちょっとどうなの、という気も…。個人的にはセントーサ島って遊び倒すときはかなり遊び倒すので、ホテルにほとんどいない印象があるので、ちょっともったいない感はありますね。

ホテルのプールも遊び倒さないともったいないので、利用プランは練っておいたほうが良いかな、と。

例えばですが、1泊利用ならチェックイン前は朝からユニバーサルスタジオ、終わってチェックインしてホテルのプール、次の日のんびりしながらチェックアウトしてから水族館といったプランかなーといった感じです。2泊は要らないかな…というのは率直な感想。

ホテルの出口について

あとこのホテル、出口がめっちゃくちゃわかりにくいので注意。一応出口とされる場所は3つほどあります。

  • 正面の車止め
  • フェスティブウォーク方面(フェスティブホテル経由)
  • ハードロックカフェ方面

で、この中で一番使う出口はハードロックカフェ方面の出口です。ここが一番各所への便利がいいので、ここだけ覚えておけばいいのですがここの出口が一番わかりにくい。フェスティブウォーク側にいってしまいがちなのですが、ここからだとかなり時間がかかって不便です。要注意。行き方を先にご案内します。ホテルの案内が最高に分かりにくいんですよね・・・。

逆にリゾートワールドセントーサのハードロックカフェ側からの入り方は、これを↓から逆に読んでいただければわかるかと。

朝食/ハードロック ホテル シンガポール
朝食/ハードロック ホテル シンガポール

ホテル内からの目印はこちら、朝食会場でもあるレストランSESSIONS。ホテルのフロント奥にあります。写真の感じですが、写真でいうとこのすぐ右側に扉があるので、ここを空けてまず外へ出てください。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

そうするとこんな感じで、プールとは柵で仕切られた通路にでます。ここをどんどんまっすぐ進んでいきます。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

どんどん進んでいくとプールがなくなって、ちょっとしたライブ会場風の場所にでます。これを目安にどんどんすすんでください。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

そうするとこんな感じで、目の前が階段の場所にでます。普通に歩きの方は、このまま階段を下って行ってください。ベビーカー利用の方は階段下れないので、次の写真参照です。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

階段の左手奥、小さい建物があると思いますがそこがエレベーターになっています。手前に喫煙所があってちょっと気になりますが諦めてください。このエレベーターから下がればすぐ出口ですが、一番よく使うのは1フロアだけさがったとこなので、迷ったらこちらがおすすめ。

セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ
セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ

エレベータの出口はこんな感じ。分かりにくい・・。

セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ
セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ

エレベーターだとこの写真右手、植木で隠されたエリアから出てきます。このまま写真左のほうの道をいけばハードロックカフェが。

セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ
セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ

この紫の看板が目印。階段降りてくるとここにでてきます。写真左手がハードロックカフェですね。写真右手の角まがったところがエレベーターです。

セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ
セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ

ハードロックカフェに到着。

セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ
セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ

なお、ハードロックカフェの更に反対側の隣には似たような入口があるのですが、こちらの扉は閉じられています。これも最高にわかりずらいのですが、私が見た感じでは、ここの入り口は常に閉じられているのでご注意を。開いているのは、ハードロックカフェに向かって右側の入り口だけです。2か所入口があって、1か所だけしか開いていないんですね。なんでこうなってるのかはよくわからず、とにかく分かりにくい事この上ないのですが…要注意です。

ホテルの様子

ではそんな注意事項をかいておいた上でホテルの様子から。

ロビー

ロビー/ハードロック ホテル シンガポール
ロビー/ハードロック ホテル シンガポール

ロビー。チェックイン開始直後にいって相当待たされました…。30分くらい?スタッフ1人しかいない中、なんか1組がやたらともめてたんですよね。この辺りは子連れが多いのでうまくさばいてほしい所ですが…まあ仕方ないですかね…。チェックイン開始直後は避けたほうがいいかもしれません。

ロビー/ハードロック ホテル シンガポール
ロビー/ハードロック ホテル シンガポール

ロビー自体は広々としていますが、チェックイン・アウトの時間前後は込み合っているので埋まっている事もしばしば。うーむ。コメントしずらい。セントーサ島では安いほう、という部類でこんなもんなんでしょうね。

ロビー/ハードロック ホテル シンガポール
ロビー/ハードロック ホテル シンガポール

とはいえ雰囲気はやっぱあります。このバーとか。ぽいですよね。

ロビー/ハードロック ホテル シンガポール
ロビー/ハードロック ホテル シンガポール

あとホテルショップとかもあるのでお好きな方は。こういうのは雰囲気あっていい感じなんですけどねー。

ロビー/ハードロック ホテル シンガポール
ロビー/ハードロック ホテル シンガポール

エレベータ。ハードロックな方々が並んでいます。

お部屋

今回宿泊したのは一番お安めの、プールビューじゃないデラックスルーム。どんなもんでしょうか。

廊下/ハードロック ホテル シンガポール
廊下/ハードロック ホテル シンガポール

まずお部屋に行く前に。エレベーターおりてすぐのところに、大分隠され気味でしたが氷がおいてあるお部屋。セルフで必要な方はここから補充するシステムでした。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

お部屋はこんな感じ。結構広めなので満足。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

反対側から。テレビはこんな感じ。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

窓側から。よくあるシースルータイプお風呂とおもいきや、ベッドの隣には洗面台なのであまり関係なし。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

入り口側のほうにバスルームがあります。ただ荷物広げる場所がなく、窓際のソファで広げるしかない。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

窓からの眺め。ロープウェービューですね。プールビューではなかったですけど、これはこれでセントーサっぽいので個人的にはありです。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

ベッドはこんな感じ。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

枕はこんな感じでギターのマークが。ところどころこんな感じでハードロックぽっさがあります。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

アメニティ。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

ペットボトルではなく補充式のお水。いやいいんだけどね。でも紅茶はTWGだったので、そこはがんばってますね。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

冷蔵庫は空っぽ。個人的にはこっちのほうがありがたい。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

クローゼット。反対側からも空く仕様です。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

つづいてトイレ。完全にシャワールームと区切られているのは有難い。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

シャワー。上から落ちてくるタイプのシャワーもあります。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

アメニティはボトル式。ちょっとがっかり。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

洗面台。必要なアメニティはついてますね。

お部屋/ハードロック ホテル シンガポール
お部屋/ハードロック ホテル シンガポール

こんな感じ。歯ブラシもあるので、このあたりは大丈夫。

プール

続いてプール。プールの構成としては大きく三つ、大人向けの深めのメインプール、だんだんと深くなる砂浜風プール、子供向けのキッズプールの三種類あります。それぞれご案内。プールはかなり気合入っているので、おすすめです。

ロビー/ハードロック ホテル シンガポール
ロビー/ハードロック ホテル シンガポール

プールへは1階、フロントの脇からアクセスする感じです。左手がプール。右手奥はフェスティブホテル経由でフェスティブウォークに出ます。

あとここ、プールへいくのにルームキーがないといけないので、ご注意を。場所柄部外者も入りやすいですからね・・・。セキュリティなんでしょう。タオルも写真左手の受付に人が常時いるので、ここで借用&返却する感じです。部屋番号とサインかかされました。部外者の利用に悩まされたんでしょうね・・・。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

まずは砂浜風プール。かなりがっつりビーチっぽい感じです。これはかなり頑張って作ったなーと。雰囲気はかなりあります。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

こんな感じでずっと続いていって、段々とふかくなっていきます。足元はずっと砂なので、ほんとうに海にはいっているみたいに錯覚します。ただ水は海水ではもちろんないので、むしろこっちのほうが快適かもしれない。天候の影響もうけませんし。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

反対側から。知らない人がみたら普通に海ですよね・・・。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

こんな感じで途中でくぎられて終わっちゃいはするんですが、かなり雰囲気があるのでこれのおかげでリゾート感は大分アップです。お子様向けにも手前はかなり浅いので、お砂場セットもちながらのんびりちゃぷちゃぷする分には最適。かなりおすすめ。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

大人向けプールとはこんな感じでがっつり区切られています。右側が大人向け普通のプールですね。こっちは普通のプールです。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

では大人向けプールもご案内。左手奥が大人向けプール。右の階段を上ると砂浜プールにでます。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

端っこのほうから大人向けプールを。いや広いですね。プールこんだけ広いとおもってませんでした。すごい。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

ハードロック名物、プールにバー。これもすごいですよねえ・・・。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

ちょっと引き気味で。かなり雰囲気あります。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

プール側にでると結構奥行きもあるので。広いなーという印象。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

奥に段差があって、これは直線のプールですね。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

結構長く感じましたが、どのくらいなんだろう?このプールが一番落ち着いていましたね。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

あとは真ん中にどーんと、キッズ向けプール。浅めのプールと、それについている小さいスライダーと、あと水が噴き出る装置。シンガポールだとこの水が噴き出るやつは良く見る気がします。スライダーはあんまりすべりがよくないのか、うちの子はまだ小さかったので全然すべれていませんでした・・・。お子さんはやはりここに多めですね。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

あとプールの前にはキッズルームもあったんですけど、オペレーションアワーが午後1時から4時って・・・短すぎでは・・・。

プール/ハードロック ホテル シンガポール
プール/ハードロック ホテル シンガポール

なので結局使えず。こんな感じでスペースはあるんですけど、あんまり当てにしないほうがよさそうですね。プールも十分なのがあるし、あまり使う機会はないとは思いますが。

周辺施設

チケット/ハードロック ホテル シンガポール
チケット/ハードロック ホテル シンガポール

1個だけ要注意。チェックインの時にもらえるこの紫のカード。これは地味に重要なので気を付けてください。

これがなんなのかというと、セントーサエクスプレスのチケットですね。乗り放題チケットです。これがないと、セントーサエクスプレスに乗るときに料金が取られてしまうので要注意。

で、さらにさらに、このセントーサエクスプレスのチケット、セントーサ島内を動き回る分には一切使わないんですよ。セントーサ島内はノーチェックで乗りたい放題です。使うのはシンガポール本島側(Vivo Cityがある場所)からセントーサ島に入るときだけなんですね。なのですごい忘れられがちなのですが、忘れると一人4シンガポールドルとられて地味に痛いので要注意。

つまりVivo City行かない人にはあんまり関係ないんですけどね。

セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ
セントラルゾーン/リゾートワールドセントーサ

周辺施設ですが、これはもうリゾートワールドセントーサがあるっていうだけで十分でしょう。正直私は節約のために、朝食はつけないでこちらのお店で朝ごはん食べたのですが、普通に満足度高かったのでそれがおすすめです。だってホテルでたらすぐこれがあるんですから。十分でしょう。お値段は全体的に高めではありますが、朝食代より高くなることもそうそうないのではないかな・・・と思います。

フェスティブホテルとの選び方

フェスティブホテル/シンガポール
フェスティブホテル/シンガポール

後迷われる方が多いと思うのが、似たようなフェスティブホテルとの差ですね。基本的におススメはハードロックホテルですが、以下の点が気になる人はフェスティブのほうがいいかもしれません。

  • お値段的差がある場合
    • 両ホテルは時期によって、似たようなお値段の時期の時と、お値段に差がある時期の時があります。大体フェスティブのほうが安い事が多いです。値段差がかなりあるときは予算に応じてフェスティブのほうがいいかもしれません。
  • 宿泊人数が多い
    • フェスティブはメインベッドの他に二段ベッドまであるお部屋があり、お子さんが大きい、等の理由がある場合にはフェスティブのほうが快適に過ごせるかもしれません。

両方宿泊したことがありますが、基本的にはハードロックホテルのほうが楽しめますね。プールの大きさは圧倒的にハードロックホテルが大きいので楽しめますし、セントーサ島のメインエリアにも、ハードロックホテルのほうが便利にアクセスできます。フェスティブも近くはありますが、ハードロックホテルの近さにはかないません。

フェスティブを選ぶ理由は、ハードロックホテルがえらく高くなっていてフェスティブホテルのほうが選びやすい時期があるのと、部屋に二段ベッドがあるので大人数だとこっちのほうが快適な場合がある、ぐらいでしょうか。それ以外でフェスティブホテルにとまる理由はあまりないですね。基本的にはハードロックホテルのほうがおススメです。

総評

リゾート ワールド セントーサ ハードロック ホテル
シンガポール【地図を参照
★★★★★ 5つ星ホテル
agoda
7.9点
最低価格~ 平均価格 ~最高価格
20015円~ 31603円 ~63435円
日付値段(agoda)
12/14(土)40173円
12/15(日)25071円
12/16(月)27214円
12/17(火)29374円
12/18(水)21454円
12/19(木)20015円
12/20(金)32638円
12/21(土)53436円
12/22(日)43867円
12/23(月)43867円
12/28(土)47037円
01/01(水)48636円
01/02(木)56675円
01/03(金)56675円
01/04(土)40665円
01/05(日)21438円
01/06(月)21438円
01/07(火)22254円
01/08(水)59436円
01/09(木)39064円
01/12(日)27838円
01/13(月)27857円
01/14(火)31038円
01/15(水)24655円
01/16(木)50671円
01/17(金)30238円
01/18(土)63435円
01/19(日)62679円
01/20(月)24638円
01/21(火)62635円
日付値段(agoda)
01/22(水)40665円
01/23(木)42266円
01/24(金)42237円
01/25(土)43837円
01/27(月)42237円
01/30(木)40665円
02/01(土)37437円
02/02(日)26256円
02/03(月)23038円
02/04(火)28658円
02/05(水)53073円
02/06(木)28638円
02/07(金)28658円
02/08(土)32638円
02/09(日)24655円
02/10(月)28638円
02/11(火)23054円
02/12(水)23054円
02/13(木)21438円
02/14(金)23038円
02/15(土)27057円
02/16(日)21453円
02/17(月)21453円
02/18(火)30238円
02/19(水)30238円
02/20(木)30259円
02/21(金)34261円
02/22(土)38264円
02/23(日)27838円
02/24(月)27857円
日付値段(agoda)
02/25(火)31038円
02/26(水)31059円
02/27(木)24638円
02/28(金)24655円
02/29(土)28658円
03/01(日)21438円
03/02(月)21438円
03/03(火)21438円
03/04(水)21438円
03/05(木)21438円
03/06(金)21453円
03/07(土)26256円
03/08(日)23054円
03/09(月)23054円
03/10(火)23038円
03/11(水)21453円
03/12(木)21438円
03/13(金)21453円
03/14(土)29458円
03/15(日)21438円
03/16(月)21453円
03/17(火)26238円
03/18(水)21453円
03/19(木)26238円
03/20(金)21453円
03/21(土)32660円
03/22(日)21438円
上記価格は全てagodaから引用、大人1泊2名。他の予約サイトの価格は違うものの、だいたい似ています。宿泊時は、記載価格に現地税やサービス料等が加算されます。
予約はこちらから
ハードロック ホテル シンガポール
ハードロック ホテル シンガポール

いろいろとがーっと書いてきましたが、あんまりハードル高めでこのホテルにいくとちょっとがっかりする点が何点かあるかもしれません。

繰り返しますが、ここのホテルの売りは圧倒的にセントーサ島のメインエリアへのアクセスがいいこと。あと、プール設備が充実している事。この2つです。この2つ以外はシンガポールの普通ランクのホテルと同じ対応されると思ってください。(ただこの2つが重要なんですけどね・・・。)

細かい事を言えばペットボトルの水はないですし、アメニティはボトル式ですし、ホテル内の案内はちょっとわかりにくいですし、チェックアウト11時だし、チェックイン待たされましたし…と細かい気になるところがちょい多めだったのは正直な所です。このお値段払うと、他のホテルだと結構良い待遇してくれますからね。

ただここはセントーサ島。そこらへんを割り切るホテルです。プールが素晴らしくてセントーサ島のメインエリアのアクセスが良ければいいじゃないかと。実際大事なのはそこですしね。そしてなによりかなり良い雰囲気もあります。これ以上の待遇を求めると、ただでさえ高いホテルのお値段が更にあがってしまうので、存分にセントーサ島を楽しむホテルとしてある程度割り切りながら利用されるのをおススメします。