美ら海水族館に子連れで行ってきた 楽しむためのポイントまとめ

URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事をかいているのは…

のぶ

旅行大好きな2児の父。

国内から海外まで、いろんな場所に訪れた経験をもとに、様々な観光情報と子供との生活をより楽しむための楽しくするための情報をお届けします。

沖縄の鉄板観光スポットと言えば、美ら海水族館です。

実際子連れで行きましたが、やっぱり喜びますねー。美ら海。目玉の大型水槽は大型のものが多く、やはり迫力があります。

ただ美ら海水族館はいろんな意味で結構大変なスポット。そこで、子連れで行くときの注意点をまとめてみました。皆様の旅のお役に立てば幸いです。

私自身が国内・海外のいろんな場所で子連れでいってみて、おすすめだなとおもった都市の情報をまとめています。

子連れ沖縄でおススメの観光情報は、以下の記事でまとめています。

  • 始めてすぐに、積立額+2%が”旅貯金”に!
  • 「家族旅コンシェルジュ」にチャットで無料相談
  • 家族旅行に最適な宿泊施設を厳選してご案内
子供と一緒にいる旅行の手配は結構大変…。特に子供料金の記載が分かりにくい事が多く、結局いくらなのかわからなくなりがち。
そんな家族旅におすすめなのが「思い出旅行と旅貯金」。「家族旅コンシェルジュ」に無料相談しつつ、+2%の特典でお得に家族旅を楽しむことができます。
もくじ

美ら海水族館のポイント

おすすめポイント

なんだかんだいって、やっぱり美ら海水族館は子連れには楽しいスポットです。理由は以下の2つですね。

大型水槽が素晴らしい

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

この大型水槽はね、すごいですね。子供だけじゃなくて大人もやっぱ何度見てもすごいなって思いますもん。というか、このために行っていると言っても過言ではないくらい。

実際この大型水槽、単体としては日本で一番大きい水槽になります。世界でも6位の大きさなんだとか。大阪海遊館の大型水槽の約1.5倍、葛西臨海水族館の大型水槽の約3.5倍になります。やっぱ迫力ありますね。

大きい魚どんって入ってますし、それがうようよ泳いでいる迫力っていうのはすごいなあと…。かなり近くで見れますし、うちの子もすごい喜んでいました。やっぱこれは素直にすごいですよね。

周りの公園が楽しい

海洋博公園/沖縄
海洋博公園/沖縄

美ら海水族館の周りは海洋博公園という大型公園になってます。これが大型遊具もそろっていますし、子供が楽しめるスポットになっているんですよね。

しかも水族館の外のエリアにイルカショーのエリアがあって、これは無料で見れたりするんですよ。すごいですよね…。

個人的には子連れで行くんだとすると、水族館だけだともったいないと思います。結構水族館はさくっとみれてしまうので、せっかくであれば一緒に周りの公園も回ったりするとたのしめるんじゃないかなあと思いますね。

いまいちポイント

とにかく遠い

一番ネックになるのはとにかくこの信じられない遠さですね…。

那覇空港からだと、2時間ちょっと。多くの方が宿泊されると思われる、恩納村のリゾートホテルからでも1時間程度はかかります。結構な距離です。

そもそも那覇空港から美ら海水族館まで、92キロあるんですよ。結構な距離です。これ、東京から成田空港より遠くて、箱根とか大月とか秩父とか、そんな所にいくくらいの距離です。大阪からだと関空より遠くて、和歌山とか姫路とかそんくらいの距離です。つまり、とにかく遠いんですよ。

後述しますが混雑を避けるためにも、1泊しちゃっていいぐらいの遠さかな…と思います。宿泊しても楽しめると個人的には思うんですけどね。

規模はそこまで大規模ではない

あとなんとなく、日本の水族館代表と言えば美ら海水族館というイメージがあり、そんなイメージだとすごい大きい水族館なのでは、と思われる方も結構いるのですが、そうでもないです。実際知名度の割には、規模はそこまで大きくないです。

いや、十分広いんですけどね。規模的には日本7位だそうです。日本で一番大きい名古屋港水族館の半分ぐらいの広さ、大阪海遊館の三分の二ぐらいの広さです。福岡のマリンワールドと同じぐらい、あと葛西臨海公園の1.3倍くらいの広さですね。

これだけあればもちろん十分なのですが、売りは広さじゃないという事で。あの大型水槽が売りですね。

美ら海水族館の基本情報

場所

美ら海水族館の場所は以下ですね。

前述した通り、遠いです。沖縄のかなり北の方ですからね…。北海道とは反対に、沖縄なら小さいから大丈夫でしょ、とか油断したらいけません。細長いので、那覇市街地から90キロ、2時間はかかる距離です。

行き方

アクセスは公式サイトが一番まとまっています。特にバスで行かれる方は、高速バス便の一覧が時間とセットでまとまっているので要確認です。

料金

大人1880円、高校生1250円、小中学生620円です。6歳未満は無料。なお、チケットは現地以外で買うと割引が効く事がほとんどなので、現地以外で買うのがおススメです。ローソンチケットや観光案内所で少し割引の聞いたチケットが売っています。

また、16時以降の入館で良いのであれば割引チケットが出ていて、大人1310円、高校生870円、小中学生430円、6歳未満無料です。

正直、16時から入っても特に問題なく見切れると思います。後述しますがすいているので、こちらは結構おススメです。

営業時間

10月~2月は8:30~18:30(入館締切:17:30)、3月~9月は8:30~20:00(入館締切:19:00)となっています。

マップ

フロアごとの紹介は公式サイトのこちら。あと現地で配っているリーフレットと関内の順路マップはこちらからダウンロードできます。こちらも見ておくといいでしょう。

美ら海水族館の混雑を避けるために

まず、時期がコントロールできるなら時期をコントロールするのが一番良いです。公式サイトのこちらに時期別の混雑情報が載っています。参考にしてください。基本、土日祝は混んでます。平日は曜日によって空いている事もありますが、平日でも混んでいることはもちろんあります。

その上で。あとはスマホアプリでリアルタイムの混雑情報が見れたりするので、訪問時期が近くなったらチェックしてみましょう。iphoneはこちらandroidはこちらです。

基本的に空いているのはOP直後と閉館間際。このタイミングを狙っていくのが良いでしょう。混雑具合がどのくらい違うかというと、このくらい違います。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

混雑度60%のときの水槽。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

閉園15分前、混雑度15%の時の水槽。

可能であれば真ん中くらいの平日の、閉まるギリギリかオープン直後は本当におススメですね。

美ら海水族館の様子

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

では早速美ら海水族館の展示がどんな感じか、写真でおっていきましょう。

「サンゴ礁への旅」

まずはサンゴ礁をテーマにした展示から。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

ひとでがいる水槽に。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

サンゴの海の水槽。これも結構大きいんですけどね。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

これをぐるっとみていきます。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

見応えある水槽が多いですよね。メリハリ聞いてる。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

大きい魚が多いのがすごいですよね。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

熱帯魚の魚の水槽が続きます。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

暗めの水槽等も通過しながら。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

展示はこんな感じですね。歩くところはこういう感じになっています。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

サンゴ礁の仕組みの展示。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

マングローブ。なんとなくマングローブと聞くと東南アジアとかの常夏の国に多そうですが、沖縄も暖かいので結構な広さのマングローブ林があります。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

個別の水槽。いろんなお魚がいます。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

これとか綺麗でよかったです。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

こちらは小さいタイプの水槽。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

いろんなのがいます。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

あとはチンアナゴとかもいますね。

黒潮への旅

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

途中、サメ博士の部屋とかを通過しながら。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

そしてこれがメイン。巨大水槽。迫力ありますねー。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

やっぱこれはすごいですよ、本当。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

でっかい魚がこんな感じでうようよしてるので。お子さんにもよると思いますが、うちの子は大興奮でした。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

この水槽の脇には、天井まで水槽になっているエリアとかもあります。ここもかなり見ごたえあります。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

すごい数の魚が泳いでいます。これは本当すごい。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

天井では魚のお腹をみれたりとかもします。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

いや大きいですね。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

さてとなりにあるジンベエ・マンタコーナーをみたら。

深海への旅

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

もう終盤ですね。深海への旅。ダイオウイカの大きさに驚きながら。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

深海の魚を見ていきます。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

なんとも言い難い魚もいます。ちょっとなんか…。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

さすが深海っていう感じですね。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

というので、展示はざっとこんな感じです。

黒潮探検

あと一緒にみておきたいのがこちらの黒潮探検。大水槽を、上から眺められるエリアです。大水槽って思った以上に大水槽なんだな…というのが実感できるコース。結構おススメです。

ただ、営業時間は限られます。「8:30~11:00(入場締切10:45)」か、「17:30~閉館まで(入場締切は閉館15分前まで)」のどちらか。要は、空いている時間だけの特別サービスという事ですね。

大水槽の隣、ジンベエ・マンタコーナーに専用のエレベータがあって、時間だけ使えるようになってるのでそちらから見る事ができます。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

という事でエレベータの上。水族館の裏側なんてなかなかいけませんからね。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

これが大水槽の上。これが思ってた以上に広かったんですよね。え、こんな大きいの?という感じで。これは本当見てみてほしいです。あの奥行きはこれだけ広くないと出ないんですね。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

一部、床がシースルーになっているところもあります。ここから魚の様子を見ることもできます。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

いやこれは管理大変ですよね、本当…。とにかく大きいですし。手間かかってるんだなあ、というのが良くわかります。是非見てみて下さい。

美ら海プラザ

出てからも少し展示があります。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

骨標本の展示とかも結構大きくて、見ごたえがあります。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

是非こちらも見て行ってください。

オキちゃんショップ

そして最後、おみやげ。ここは必見ですね。

気を付けていきたいのは、全部が全部美ら海限定のものではありません。普通の水族館グッズとかもけっこう混じって売っているので、要注意。美ら海限定のものはそのように記載があるので、限定品が欲しいときはきちんとチェックしながら選んだほうが良いでしょう。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

おみやげでよくある名前のヤツとか。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

ぬいぐるみはもちろん。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

くつしたとか。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

車とか。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

飛行機とかも売っています。

水族館外施設

水族館の外にも、マナティー館、ウミガメ館、イルカラグーン、オキちゃん劇場があります。これ全部無料です。太っ腹…。すごいですね。

えさやりとかは有料なのでご注意ですが、見る分には無料です。イルカショーすら無料なのはすごいですね。イルカショーとかはもちろん時間がきまっているので、そこは注意して下さい。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

イルカショー。なかなか見応えありますよ。是非見てください。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

夕焼けでジャンプするイルカは綺麗でした。めっちゃ逆光で超見にくかったですが。座る位置は注意してください。

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

ただたまにこういう奇跡みたいな写真がとれるのでやめられません。

さいごに

ということで美ら海水族館についてまとめてみました。率直な感想。

・大型水槽は思っていた以上に迫力があった。
・広さはもう少し広いかとおもってたけどそうでもなかった。でもまあ十分な広さ。

と言うのが私の素直な感想ですね。

ただお子さん連れだとずっと館内で見てると飽きてしまうというのもありますし、規模的にはちょうどいいかな、と言う感じがあります。外の展示とかもあるので、そういうの含めて全体では非常に満足行くスポットでした。

皆様の旅のお役に立てれば幸いです。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる