美ら海水族館に子連れで行ってきた 楽しむためのポイントまとめ

URLをコピーする
URLをコピーしました!
のぶ
海外・子連れ旅行ブロガー
旅行大好きな2児の父。

国内から海外まで、いろんな場所に訪れた経験をもとに、様々な観光情報と子供との生活をより楽しむための楽しくするための情報をお届けします。

沖縄の鉄板観光スポットと言えば、美ら海水族館です。

実際子連れで行きましたが、やっぱり喜びますねー。美ら海。目玉の大型水槽は大型のものが多く、やはり迫力があります。

ただ美ら海水族館はいろんな意味で結構大変なスポット。そこで、子連れで行くときの注意点をまとめてみました。皆様の旅のお役に立てば幸いです。

私自身が国内・海外のいろんな場所で子連れでいってみて、おすすめだなとおもった都市の情報をまとめています。

子連れ沖縄でおススメの観光情報は、以下の記事でまとめています。

あわせて読みたい
沖縄へ2人の子連れで家族旅行に!20泊超しておすすめ観光情報をまとめました 子連れで国内旅行に行きたい、となった場合。真っ先に思い浮かぶ場所と言えば沖縄ではないでしょうか。 夏にはビーチ・プール等のウォーターアクティビティーが満載、冬...
  • 超小型サイズ&高機能のトラベルベビーカー
  • 畳めば電車の荷物棚や、自転車のカゴにも収納可
  • ~22Kg(4歳頃)まで利用可能
小さいお子様連れで悩むのがベビーカー。特にある程度育ってくると、施設等で邪魔になる事も多い…。
そこでお勧めなのが超小型のトラベルベビーカー。たたむと自転車のカゴでも入るサイズに!折り畳みも楽々で、子連れ旅行の強い味方になってくれます。
もくじ

美ら海水族館のポイント

おすすめポイント

なんだかんだいって、やっぱり美ら海水族館は子連れには楽しいスポットです。理由は以下の2つですね。

大型水槽が素晴らしい

美ら海水族館/沖縄
美ら海水族館/沖縄

この大型水槽はね、すごいですね。子供だけじゃなくて大人もやっぱ何度見てもすごいなって思いますもん。というか、このために行っていると言っても過言ではないくらい。

実際この大型水槽、単体としては日本で一番大きい水槽になります。世界でも6位の大きさなんだとか。大阪海遊館の大型水槽の約1.5倍、葛西臨海水族館の大型水槽の約3.5倍になります。やっぱ迫力ありますね。

大きい魚どんって入ってますし、それがうようよ泳いでいる迫力っていうのはすごいなあと…。かなり近くで見れますし、うちの子もすごい喜んでいました。やっぱこれは素直にすごいですよね。

周りの公園が楽しい

海洋博公園/沖縄
海洋博公園/沖縄

美ら海水族館の周りは海洋博公園という大型公園になってます。これが大型遊具もそろっていますし、子供が楽しめるスポットになっているんですよね。

しかも水族館の外のエリアにイルカショーのエリアがあって、これは無料で見れたりするんですよ。すごいですよね…。

個人的には子連れで行くんだとすると、水族館だけだともったいないと思います。結構水族館はさくっとみれてしまうので、せっかくであれば一緒に周りの公園も回ったりするとたのしめるんじゃないかなあと思いますね。

いまいちポイント

とにかく遠い

一番ネックになるのはとにかくこの信じられない遠さですね…。

那覇空港からだと、2時間ちょっと。多くの方が宿泊されると思われる、恩納村のリゾートホテルからでも1時間程度はかかります。結構な距離です。

そもそも那覇空港から美ら海水族館まで、92キロあるんですよ。結構な距離です。これ、東京から成田空港より遠くて、箱根とか大月とか秩父とか、そんな所にいくくらいの距離です。大阪からだと関空より遠くて、和歌山とか姫路とかそんくらいの距離です。つまり、とにかく遠いんですよ。

後述しますが混雑を避けるためにも、1泊しちゃっていいぐらいの遠さかな…と思います。宿泊しても楽しめると個人的には思うんですけどね。

規模はそこまで大規模ではない

あとなんとなく、日本の水族館代表と言えば美ら海水族館というイメージがあり、そんなイメージだとすごい大きい水族館なのでは、と思われる方も結構いるのですが、そうでもないです。実際知名度の割には、規模はそこまで大きくないです。

いや、十分広いんですけどね。規模的には日本7位だそうです。日本で一番大きい名古屋港水族館の半分ぐらいの広さ、大阪海遊館の三分の二ぐらいの広さです。福岡のマリンワールドと同じぐらい、あと葛西臨海公園の1.3倍くらいの広さですね。

これだけあればもちろん十分なのですが、売りは広さじゃないという事で。あの大型水槽が売りですね。

美ら海水族館の基本情報

場所

美ら海水族館の場所は以下ですね。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる