ザ・ブセナテラスの子連れが気になるポイントまとめ

プール/ザ・ブセナテラス

「ザ・ブセナテラス」の子連れ設備、どの程度整っているのでしょうか?

沖縄のビーチリゾートは、子連れに優しいホテルも非常に多くあります。ただ各ホテルに具体的にどの程度子連れの設備があるのかがまとまっていないなと感じていました。そこで実際に、私自身が実際にとまった沖縄のホテル20軒以上について、子連れ情報をまとめてみていますので、参考になれば幸いです。

子連れ沖縄のホテル情報は別のページでまとめています。

また、子連れが関係ない、ザ・ブセナテラスの様子については以下の記事でまとめています。

沖縄の観光情報については、以下の記事でもまとめていますので合わせてご参照ください。

  • 旅行好きに本当におすすめのクレジットカード
  • マリオットゴールド会員の特典付与(空室状況等により対応可能な場合は、ルームアップグレードや午後2時までのレイトチェックアウトの特典あり)
  • マリオットポイントは3%、航空会社マイルは最大1.25%と高還元率
  • 年会費49500円。年間150万円以上の利用で、50000ポイントまでのホテルで利用できる無料宿泊券が発行。
当サイトからの紹介により入会すると、ポイント還元額が増額され、合計45000ポイントの還元になります。
紹介は、こちらの記事からご連絡を頂くか、以下のLINEの登録をお願いします。

\こちらからLINEでURLを自動発行します/

友だち追加

自動応答メッセージで登録URLをお送りします。LINEシステムの制約で、ここから友だち追加をしただけでは、私から個別のチャットができないようになっていますのでご安心ください。

ただし、チャットで質問等のメッセージを頂いた場合は、私と個別にメッセージのやりとりが可能になりますので、その場合は質問対応のみチャットで行います。上記のマリオットアメックスに限らず、その他何か旅行に関する質問などがもしございましたら、対応しますのでお気軽にご連絡ください

もくじ

添い寝可能な年齢・子供の朝食料金

原則として、添い寝は5歳以下のみ。6歳以上は大人料金です。

小学生まで添い寝無料プランが出ているときもあります。この辺りは要チェックですね。

ウェルカムベビーの宿認定

「ザ・ブセナテラス」はウェルカムベビーのお宿の認定は受けていません。

お部屋

設備面

写真は「デラックスナチュラル」です。36㎡のお部屋ですね。

こちらのお部屋タイプは一応海は見えるのですが、メインプールの反対側なので正直景色はうーん…。といった感じです。メインプール側の景色は最後の写真のような感じになっているので、まあこちらのほうがリゾート感あってよいですよね。

ただご予算もあがってくるので、この辺りは要確認ですね。

靴を脱ぐ部屋

特に靴を脱ぐタイプのお部屋は無いようです。

大人数部屋

4名対応しているのは、「ガゼボスイート」タイプのお部屋のみなのでがつっとお値段上がります。基本的には3名までですね。

さらに5名以上希望するとなると、コネクティングルームのみの対応となります。

お風呂・トイレ別の部屋

説明がしにくいレイアウトですね…。海外のよいホテルみたいなレイアウトですね。

バスタブとシャワーは別になっています。なので使い勝手はよいですね。ただ日本人的にはいわゆる普通の洗い場があったほうが使いやすいですが、ただ普通のお風呂トイレ同じタイプよりは使い勝手はよいと思います。

スイート以外のお部屋はこのタイプになりますね。

洗面台の広さ

洗面台はこんな感じになっています。

朝食レストランのキッズコーナー

子供料金は小学生2200円です。

沖縄ではトップクラスのお値段帯ですね。さすがブセナテラス。料理のラインナップ的にもさすがブセナといった感じで、高級感がかなりあります。

ただ子連れ向きにはどうなんだろうな…。という感じではあります。大人は雰囲気も良いですし、とても良い朝食なのですが、子供は喜ばないだろうな…。という感じです。全体的にそういう感じなので、仕方ないと思います。こればっかは。

キッズスペース

キッズクラブ/ザ・ブセナテラス
キッズクラブ/ザ・ブセナテラス

通常のホテルにあるような、無料のキッズスペースはこちらのホテルにはありません。

ただ、こちらは完全な託児所があります。沖縄で託児所完備なのは、こことハレクラニぐらいしか聞かないですね。海外だとよく見ますが、国内だと本当に珍しいと思います。

お値段は1名あたり、120分で3~6歳が6050円、6か月~2歳が7150円。まあお高いですが、そのくらいはしますよね。

子供用アメニティ

子供用歯ブラシはお願いすれば用意していただけるみたいです。それ以外のものは見当たりませんでした。

子供用パジャマ

お部屋/ザ・ブセナテラス
お部屋/ザ・ブセナテラス

子供用パジャマはこんな感じで用意されています。130センチのみのようです。

コンビニ

売店もしっかりあります。

ただお値段もしっかり高いです。ペットボトル240円とか。普通のカップラーメン270円とか。まあこれは仕方ないですね。こういう場所ですから。

どうしても許せない場合には、かりゆしビーチにあるローソンが最寄りコンビニとなります。ぎりぎり歩けなくもない距離ではあります。ただまあ、そういうホテルではないんですよね、こちらは。

プール

プールはとてつもなく雰囲気のよいプールですね。屋外・屋内にプールがあります。

屋外プールは4~11月の営業です。結構な大型プールです。夜はライトアップされていて非常に雰囲気のよいプールですね。普通のプールと、ウォータースライダーや滝があるプールに分かれています。どちらかというと後者のほうが子連れは楽しめると思います。

屋内プールは通年営業です。子供向けプールもあります。

ビーチ

ビーチとんでもなくでかいです。沖縄本島では一番大型のプライベートビーチだと思われます。ANAインターコンチネンタル万座もかなり広いのですが、おそらくここが一番広いです。

国内でも一番広いのではないでしょうか…?何とも言えませんが、沖縄本島でトップなので、それより広いところもあまり考えずらいですね。

写真見ていただければわかると思いますが、透明度もとにかくものすごいです。きれいで美しい海ですね。

大浴場

スパ・サウナがプールに隣接して用意されています。

コインランドリー

コインランドリーはありません。

電子レンジ

電子レンジは見当たりませんでした。

フリードリンク

フリードリンクはありません。

なお、ウェルカムドリンクがあります。こういうところはさすがですね。シークワーサージュースなので子供も飲めると思います。うちの子は喜んで飲んでました。

その他子供が喜ぶ施設

特別子供向き、というわけではなく大人も楽しめる施設があります。

まずは海中展望塔。日本全国に7か所しかない施設で、特に透明度の高い沖縄の海でこれが見れる、というのは特徴的だと思います。透明度の高さは写真を見ていただければわかるかと。

海の中に塔が伸びていて、そこの中から海が見れる、という仕組みです。シンプルですがよいですね。

あとはグラスボートもあったりします。セットで割引もあります。

ホテル外の施設

エリア的には恩納村に分類されていることが多いのですが、こちら厳密には名護市です。もうちょっと進んだら恩納村のエリアです。

周辺にはハレクラニ、リッツカールトンといった超高級ラインのホテルが多いエリアですね、それにかぎらず、かりゆしリゾートやオリエンタルホテル、かねひで喜瀬ビーチパレスなど、ホテルの多いエリアです。そのため飲食店は比較的多いエリアですね。

ただ観光はそこまで便利なエリアではないですね。リゾートエリアでは、比較的美ら海にはいきやすいほうではありますが、そこまで近いわけでもありません。とはいえこちらのホテルとまったのであれば、ホテルでゆっくりする方が多いでしょうから、あまり関係ないといえばその通りだと思います。

さいごに

以上、ブセナテラスについてご案内しました。

全体的にどちらかといえば、大人が楽しむためのホテルかな…。という印象はあります。沖縄でもトップクラスのお値段、子連れが楽しむというよりは大人がリゾートの時間を過ごすためのホテルではあります。

ただ、子連れでも楽しんでもいいじゃないか、ということで。これだけ施設がしっかりしたリゾートホテルは、国内だと本当に限られるので貴重なホテルです。

たまには大人の時間をゆったりと過ごすのもよいのではないでしょうか。子供がそれを許してくれるか、というのはありますが。

もくじ