府中運転免許試験場で免許更新する際の注意事項 日曜の混雑情報等まとめ

府中運転免許試験場。
東京都西部にお住まいの方は、日曜に免許更新しに、いやいや府中まで行かされる事が多いですね。

ですがそんな府中ですが、実は東京都内で一番混雑している運転免許試験場がここなのです。
東京都内、免許試験場は江東、鮫洲、府中と3箇所にあり、なんとなく23区内にある江東と鮫洲のほうが混んでそうなイメージがあります。
とこが、実際混んでいるのは江東と府中で、鮫洲が比較的空いているのです。そのうち府中は一番混雑している試験場です。
(詳しくは後述します)
しかも江東はまだ駅に近い分ましですが、府中は周辺の駅からはなれており、バスじゃないと行く気になりません。
そんなあんまりいいところがないのが府中運転免許試験場なのです。

そこでこの記事では、極力鮫洲にいくために、住んでいる場所から鮫洲にいくべきボーダーラインと。
どうしても府中に行かないといけない場合には、どう対処すればいいのかをまとめました。

同じ東京都内の、江東&鮫洲運転免許試験場はこちらでまとめています。
江東運転免許試験場で日曜に免許更新する際の注意事項 東陽町在住者によるまとめ 鮫洲運転免許試験場で免許更新する際の注意事項 日曜の混雑情報等まとめ

東京都の免許更新制度はこちらでまとめています。
東京都の免許更新制度まとめ 日曜日の更新に混雑していない場所を調べました

府中運転免許試験場が一番混雑している理由

府中が一番混雑していることは、警視庁が発表している

まず府中が一番混んでますよ、と私が行ったところで、疑わしいと思うのが普通だと思います。
一番信じれるのは、運営している警視庁自身の発表ですね。

実は警視庁、結構親切で、免許センターごとの混雑予測を出しているのです。しらもランク分けして発表しています。
(まるでディズニーランドみたいですが・・・)
ということで、それを見るのがまずは一番です。
警視庁が更新時講習開始予定時間をまとめていて、そこに混雑予報がのっていますのでご参照下さい。
免許センター別に混雑予想がのっています。

こちらでは混んでいる日を、混んでいる準に赤、オレンジ、黄色で色付けしてくれています。
鮫洲はせいぜい日曜日が黄色になる程度で、赤になることは滅多にありません。平日はもう混んでないので真っ白です。
江東は日曜日は基本的に赤です。ただ平日は混んでないため真っ白ですね。
一方府中ですが、日曜日は基本的に真っ赤で、更に月曜日と金曜日も黄色です。谷間の火水木がやっと白いだけ。
つまり、府中の月・金と鮫洲の日曜が同じぐらいの混み具合になっているのです。
極力府中に行かないほうが良い理由が分かっていただけるでしょうか。

なぜ混雑しているのか

こちらは推測になってしまいますが、23区内は免許更新できる場所が多いのに、都下には免許更新できる場所が少ないためかなと思っています。以下に23区内と都下の免許更新できる場所をまとめます。

  • 23区内
    • 運転免許試験場(平日と日曜、全区分)
      • 江東、鮫洲
    • 免許更新センター(平日のみ、優良と一般の区分のみ)
      • 新宿、神田
    • 指定警察署(平日のみ、優良の区分のみ)
      • 田園調布警察署(大田区)、世田谷警察署(世田谷区)、成城警察署(世田谷区)、板橋警察署(板橋区)、石神井警察署(練馬区)、下谷警察署 (台東区)、竹の塚警察署(足立区)、本所警察署(墨田区)
  • 都下
    • 運転免許試験場(平日と日曜、全区分)
      • 府中
    • 免許更新センター(平日のみ、優良と一般の区分のみ)
      • なし
    • 指定警察署(平日のみ、優良の区分のみ)
      • 立川警察署(立川市)、青梅警察署(青梅市)、高尾警察署(八王子市)、町田警察署(町田市)

更新できる場所が少ないのだから、そりゃ混みますよね・・・。
ちなみに2015年の東京都人口に基づくと、23区人口は927万人、都下は415万人。
人口比みても、都下に免許更新センターの一つでもあってもよくないか?と思いますね。

ということで、基本的には免許を更新できる場所が都下には少ないので、さほど便利ではない府中に人が殺到します。
平日でも油断できません。

府中運転免許試験場に行かなくて済むなら行かないことを推奨

と、いうことで、府中に行かなくていい場合にはいかないほうが良いです。
当てはまる人は、概ね以下に在住の方でしょうか。

別の場所で更新が可能な場合は避ける

平日に行けるのであれば運転免許試験場以外で更新できる場合があります。
下に曜日と更新区分別に、どこで更新できるかをまとめました。
それぞれの更新場所がどこにあるかは警視庁がまとめています。

曜日平日日曜日
更新区分優良運転者一般運転者違反運転者
初回更新者
優良運転者一般運転者違反運転者
初回更新者
運転免許試験場
免許更新センター××××
指定警察署×××××

平日いける場合であれば、まず新宿、神田の運転免許更新センターですね。
こちらは優良運転者と一般運転者が対象です。
次に指定警察署。(23区内は田園調布、世田谷、成城、板橋、石神井、下谷、竹の塚、本所。都下は立川、青梅、高尾、町田)
こちらは優良運転者のみです。
こちらに行けるのであればこちらに行くほうが基本的には空いていて楽です。

23区民は基本的に鮫洲のほうが良い

23区民は迷う必要がありません。鮫洲に行ってください。
江東は混んでますのでおすすめしません。
江東区民、江戸川区民は仕方ないでしょうが、他は一律鮫洲でいいんじゃないでしょうか。
むしろ江東区民、江戸川区民でも、お出かけがてら鮫洲にいったほうがいいんじゃないか、という所です。

都下は移動時間的に難しい

反対に都下在住の場合は移動時間的に難しいです。
鮫洲だと京急とか、歩くの覚悟してもりんかい線ですからね・・・。

町田市の人には結構おすすめです。場所にもよりますが、結構鮫洲のほうが近いか同じくらいの方は多いはずです。
(町田の場合、二俣川が一番近いですが・・・ただあっちは神奈川県民全員が来て混むので、むしろ行かなくて済んで幸せです)
あとは狛江、西東京、東久留米あたりだと同じくらいの人のほうが多いでしょう。
三鷹、調布、清瀬あたりは微妙になってきますね。

あとの市町村はあきらめて府中にいくしかありません。
かなり時間差が出てくると、意味がなくなってしまうので・・・。
ただいっそのこと、帰りにそのままあっちのほうで遊んでくることを目的に、鮫洲にいくのはアリだと思います。

府中運転免許試験場に行く場合の対策

以下は全体の傾向なので、もちろん例外はあります。
ただ特に府中に特別というわけではなく、少なくとも都内3箇所では概ね共通の事項だと思われます。

前提として、一番混む時間帯は午前中です。
特に10時とか11時につくとかなり最悪です。
場合によっては30分の優良講習へ行くだけのために、トータルで3時間かかることもあるとか。
(さすがにそこまで混むことは少ないようですが)
ではどの時間に行くと空いているのでしょうか。

午後は比較的空いている

基本的には午後いけると、午前中よりは空いていることが多いです。
特に最後のほうによせれば寄せるほど空いているとのこと。
これは14時15分に、最後の違反者講習&初回講習が始まってしまうためのようです。
この前後ぐらいからは優良&一般講習の人しかこなくなるため、人がぐっと減ります。
ただあまりぎりぎりにいくと間に合わなくなるので、ここらへんのバランスは難しい所ですが。
午後であれば、講習の1時間前くらいについておけば安心ですね。

午前中行くのであれば朝一狙い

ただ午後にいくことになると、免許更新だけで一日が終わってしまいます。
せっかくの日曜日、免許更新だけで一日を終わらせるのは嫌すぎます。

という事で、午前中に行きたくなるのが人情なのですが。
繰り返しますが、オープンしてからしばらくしてからが一番混みます。
受付は8:30~11:30と明記されているので、そうすると9時~11時に行く人、すごい多いです。
もちろん日によるのですが、この時間に行くとかなり長蛇の列になっている事を覚悟してください。
違反者講習とかだと最悪並ぶの2時間+講習2時間とかがあります。(本当に最悪の場合ですが)

ただ実際、この時間帯に本当にどのくらい混むかはその日になってみないとわからないです。
時期的なもの(年末年始が休みなので、その前後が混みやすい等)や、天候によっても変わってきます。
行ってみたら実は運よく空いていた、ももちろんあります。

実際何時に行けばいいのか

予定がある場合や、午後を有効に使いたい場合には、朝一で行くしかありません。

朝一で行く場合ですが、はがきに書いてある8:30以前に実は受付は始まります。
都内3免許試験場、8:30と書いてありますが、全部日曜日は8時頃にはオープンします。
特に府中は一番混むので、違反者講習と初回講習は8:30から第一回目の講習は始まるのです。
(警視庁の区分ごとの予定開始時刻に明記されています)
8:30に受け付け始めて、8:30に講習を始められる人がいるわけありません。
という事で、もはや府中は8時頃にオープンする前提で日程が組まれています。

ちなみに車で行く人が府中の場合は多く、駐車場の満車を嫌ってこの時間に行く人は結構います。
というか、8時に到着したのに既に満車、という事も結構あるようです。

違反者講習&初回講習を初回に受ける場合

前述した通り、違反者講習と初回講習は8:30には既に始まります。
これを織り込んで、早めに行く人はそこそこいて、この2つを初回に受ける場合には相当早めに行く必要があります。

違反者講習と初回講習で、かつ初回に行かないと困る、という場合。
8:00到着だと、間に合わない事が多々あると思います。
目安としては7:30で、このくらいであれば概ね間に合うはずです。
ただこれも状況によるので、絶対間に合わないとだめ、という場合には更に早く言ったほうが良いです。

優良講習&一般講習を初回に受ける場合

違反者&初回講習と異なり、こちらは優良講習が8:50から、一般講習が9:00からになります。
時間短いですからね。
ただそれでも既に並んでいる人が多数なので、油断ができません。

こちらの場合は目安は7:30~8:00あたりでしょうか。
7:30に行ければさすがに間に合うはずです。
ただこのくらいからやはり来場者が増えるので、8:00頃がかなりぎりぎりのラインになってくるはずです。
開始時間が遅い分、8:00頃でも間に合う事は多いとは思いますが、確実性を求めるのであれば7:30でしょう。

府中運転免許試験場への行き方

では最後に、府中運転免許試験場への行き方をまとめます。
こちら、公共交通機関を使えと言っている割には、どの駅からもなかなかに遠いとんでもない試験場です。
駅からバスでのアクセスが必要になるので、この点は留意してください。
(車で行く人も多いようですが、朝は相当早くいかないと駐車場はすぐ満車になりますので、注意してください。)

なお、名前は府中運転免許試験場ですが、府中市のかなり端っこにあります。
場所的には小金井市との市境(というか教習コースは半分小金井市で、建物がぎりぎり府中市にある)に所在しています。
このため府中本町駅や府中駅からのアクセスは、むしろ悪いため注意してください。
アクセスが比較的よく、バス便の時間も短い駅は次の3駅でしょうか。

JR中央線 武蔵小金井駅

武蔵小金井駅からはバスで10分ちょっと。中央線沿線に出やすい方はこちらを使う方が多いでしょうか。

京王線多磨霊園駅

多磨霊園駅からもバスで10分ちょっと。
各駅と快速しか止まらないので、この点は注意してください。

京王線調布駅

京王線沿線の方だと調布駅からもアクセスはできます。
バスに乗る時間は長いですが、人によっては乗り換えなどを考えるとこちらから行く方が近い方も多いはずです。

まとめ

以上、府中運転免許試験場についてまとめました。
警視庁には立川か西国分寺当たりに免許更新センターを増設していただきたい事を切に願いつつ。
新宿いけ、と思われてそうではありますが・・・。

日曜日にあまり無駄な時間は使いたくないものです。
こちらがお役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。