東京で少人数の家族婚をした時に考えたこと(椿山荘で和装での結婚式にしました)

URLをコピーする
URLをコピーしました!
のぶ
海外・子連れ旅行ブロガー
旅行大好きな2児の父。

国内から海外まで、いろんな場所に訪れた経験をもとに、様々な観光情報と子供との生活をより楽しむための楽しくするための情報をお届けします。

東京で少人数の家族婚をしたい。

今のご時世だと、割といらっしゃるのではないかなとおもいます。私もそうでした。割とメジャーなのかな、と勝手に思ってたのですが、実際は少人数って結構大変です。情報が少なくて、苦労した記憶があります。

私自身は最終的に椿山荘で結婚式をあげたのですが、結構いろいろ比較検討しました。割と調べるのに大変だった印象ですね。ただ、周りに同じスタイルで式を挙げたい方は結構いたみたいで、結婚式後に親戚やら知人やらにいろいろ話を聞かれる事多数結果的に、知人を椿山荘へ紹介したりもしましたし、親戚には和装向きの神社の紹介をしたりもしました。

いろいろ教えてく中で結構興味がある方も多いのかなーと思ったので、各種相談に乗っていたときに、気にしていたポイントを中心にまとめなおしました。皆様の結婚式を挙げる際の参考になれば嬉しいです。

この記事の対象としてる人
  • 結婚式を「あげる」人
  • 場所は東京23区を中心に首都圏エリア
  • 人数は自身を入れて10名~20名前後の家族婚
  • 予算は抑えたい(が、ただし親戚の手前上、ある程度のものにはしたい)

なお、私自身は和装にしたので、その注意点も併せて書いています。(洋装希望の方は関係ない情報なので、和装情報は読み飛ばして下さい)

もくじ

少人数の家族婚を挙げる上で必ず知っておきたい事

まず最初に知っておいていただきたいのは、10~20名、特に10名前後の家族婚は、だいたいの式場からは喜ばれません。

理由は単純で、そんな小さいキャパの部屋が、多くの挙式場で存在しないから。

私自身、最初とりあえず有名どころのホテルにいろいろ行きましたが、ほとんどの式場では最少人数は30名に設定されている所が多いですね。例えば、下の写真のような会場です。

披露宴会場
披露宴会場

これは30人よりは大きいですが、一般的に呼ばれて行く披露宴ってまあこんくらいだよね、という感じですね。大体の式場で、まず想定している規模はこれくらいです。

まあそれはそうなんですよ。結婚式場も商売でやってるので、小規模人数なんてそもそも儲かりません。なので、そもそも相手にされない、というのはあります。残念ながら。

で、その結果どうなるかというと、当たり前ですがその30名キャパぐらいの部屋で見積もりを出されます。結果、お値段が上がります。

式場によっては、閑散期に挙式する場合にはお値引きは相談に乗ってもらえるところもあるかもしれません。このあたりは運とタイミング次第です。ただ、繁忙期だと値引きが入ることはほぼ無いといって良いでしょう。より人数の多い挙式を優先して入れたい、というのが本音です。

ではどうすればいいのか。

解決策は結構簡単で、10名前後のキャパのお部屋を用意してくれている式場であげれば良いです。例えば、私は椿山荘であげたのですが、実際のお部屋の写真はこちらになります。

料亭/椿山荘
料亭/椿山荘

結婚披露宴、というよりかは、家族の顔合わせ食事会、と言ったほうが近いかもしれません。人数すくないとこれくらいの卓で全員で囲むか、まあ分けても2卓といった感じになります。

この写真見れば、何故少人数対応が少ないかは分かっていただけるかと思います。お食事会になるからですね。ただ、少人数だとこれくらいでいいよなあ、と個人的には思います。お部屋がこのくらいの規模になる事以外は普通の結婚式と同じですね。

で、このくらいの規模で対応していただけるところは、数がほんっとーに少ないんですよね…。

式場にこだわりたい、という方もいると思うので、その場合の解決策はもう予算を積む事(と繁忙期を避ける事)しかないです。

このあたりは選び方に応じて、といった形でしょうか。

式場予約サイトのキャンペーン情報

見積もりを取るのをおすすめする式場

では具体的にどこの式場を見学すればいいでしょうか。

結婚式場はとりあえず複数個所見たほうが良いです。結構式場で全然違うので。

一番最初の式場見学って、よくわかんないまま終わりがちです。理由は、自分の中に相場観が無いから。結婚式なんてあげたことないから、案内されてもそのまま受け止めるしかなくて「他と比べてどうなんだろう…?」っていうのが良く分からないんですよね。

なので本命を見る前に、相場観をつかむための参考として、ご案内する3ホテルを先に見る事をおすすめしています。

以下の3会場を選んだ理由は「知名度が高い1流ホテルで」「少人数対応できる会場がある」こと。結構この条件、限られます。特に小規模会場の対応は、なかなか少ないんですよ。

そして一番重要なのが「参考になる見積もりが出てくる」こと。この中でも特に、椿山荘がいちばんおススメです。見てみて会場もしっくりきましたし、何より見積もりが良かった。

イメージとしては、この3つでお値段と雰囲気のイメージをしっかり固めて、それから本命の会場を探して訪れてほしい感じですね。

…ただ、結果としてそのままこの中から選ぶことになるかもしれません。それくらい、少人数に対応している式場は限られます。

見積もりを取る際のポイント

見積もりはどこの式場いっても出てきますが、何か所か回らないと相場が分かりにくいんですよね…。

そして、見積もりは各式場で条件合わせて取らないと全く意味が無いです。特に重要なポイントは以下なので、この辺りは事前にきちんと話し合った上で行ったほうが良いでしょう。

見積もりの条件
  1. 挙式日程(月日まで決めるとなお良し。仏滅友引が安く、大安が高い等もあるので、日も決められると良い)
    • 特に閑散期(7~9月や12~2月)や平日は値段下がります。ここの条件も併せたい。繁忙期は逆に上がります。
  2. 人数(2~3名前後するくらいは大丈夫だと思いますが、正確なのがベスト)
  3. 衣装(特に女性は最低ランクより1ランクあげたほうが良いかも…)、お色直し有無
  4. 写真&DVDの有無
    • 集合の記念撮影だけか、式中の写真を撮ってもらうか、更に会食中も写真をとってもらうか、等。そして更にそこにDVDまでつけるか、です。
  5. 料理ランク(標準なのか、ランク上げるのか)
  6. テーブルフラワー(少人数で、会食風にするならランク下げても違和感ない)

この辺りが特に変わってくる所です。あとは引き出物とか、案内状とかもあったりしますが、このあたりは式場でそこまで差はでないので、一旦最低限のもので良いです。

各項目でランクあげると値段が青天井で上がっていくのが結婚式です。これらの中で優先度をしっかりすり合わせて、ここは妥協できない、ここは妥協する、と言うのを決めておいたほうが良いでしょう。

もちろん式場によってプラン体系が違うので、まったく同じプランでの見積もりは出来ませんが、ある程度あわせていかないと比較もできませんからね。

ホテル椿山荘東京

ホテル椿山荘東京
ホテル椿山荘東京

ではトップバッター。私はここにしました。東京で式場といえば今も昔も椿山荘です。やっぱり。

のっけから高そうな所だしてきたな…と思われる方、多いかもしれません。

ただ椿山荘、繁忙期だと最大で1日60組の挙式がある超巨大式場。なので、お部屋のバリエーションが豊富なのです。小型のお部屋も多数。

料亭/椿山荘
料亭/椿山荘

写真は先ほどと同じものですが、このように、披露宴会場というよりかは、和風料亭、という感じのお部屋になります。一番小さい部屋で、人数上限が16名。20畳なのでかなり小規模です。この人数にフィットするならかなり予算は抑えられます。

なお、洋装の方向けの小さいお部屋もあるので、そのあたりはご安心ください。

こちらは本当に良い感じの見積もりを出してくれるので、少人数の式を希望される方は、是非一度訪れてほしいです。ホテル式だと、ここが基準になるといって良いでしょう。

具体的な金額は、人数や時期によってかなり変わってくるので何とも言い難いですが、行った人は皆さん口をそろえて「参考になる見積もりだった」と言っています。

見積もりもらいに行ってみて下さい。特にチャペルより神前式がお値ごろです。

和装情報

和装の方には特に庭園もありますし、神殿もありますし、更に料亭まであるしで圧倒的におすすめです。この条件に当てはまるホテル式場は、もうここしかないんじゃないかな…と思ったくらいです。和装でもしっくりきてくれる式場、貴重です。

グランドニッコー東京台場

グランドニッコー東京台場
グランドニッコー東京台場

「あれこのホテルって、グランドニッコーだったっけ?」と思った方。こちら色々ブランドは変わっていて、開業時はメリディアンからいろいろ変わり、2016年からはオークラニッコーにリブランドされました。

チャペル/グランドニッコー東京台場
チャペル/グランドニッコー東京台場

こんな感じのチャペルもあります。雰囲気があって良いですね。この辺りはさすがのオークラ系列といった感じです。なお、イメージ的に洋装ですが、こちらはしっかりとした神殿もありますので、和装婚も対応できます。

この辺りはお好みでどうぞ。

グランドニッコー東京台場
グランドニッコー東京台場

グランドニッコーはお台場なので、お台場らしい景色が売りですよね。この風景は素晴らしいなと思います。

こちらのホテルでは、ホテルのスイートルームを利用した挙式ができます。上限6名(新郎+新婦+両家両親まで)という、結婚式プランの中では一番最小上限っぽそうなプランのお部屋をカバーしてるのはすごいです。スイートルームも、上限が16名なのでやはり人数抑えられているのが良いですね。

スイートルームはそのまま宿泊もできます。そのままゆっくりした時間を過ごせるのがポイント高いと思います。

和装情報

神殿がきちんとあるのが嬉しい限りです。結構それがない所も多いので…。あとはスイートルームなので、和装でも問題ないとは思います。お台場なので、雰囲気が良いのはいいですね。

ヒルトン東京台場

ヒルトン東京台場
ヒルトン東京台場

「あれ、こっちがホテル日航東京じゃなかったっけ?」と思われたかた、昔はそうでした。2015年10月からヒルトン東京にリブランドされています。なぜか日航系列のホテルがお台場で入れ替わったので、ちょっとややこしい事になってえます。

この規模のホテルとしては珍しい、上限人数14名のパーティールームがあります。やはりこちらのヒルトンも景色が良いのがポイントですね。その他にも上限18名、20名の会場があり、比較的小規模なお部屋の種類が豊富なのがポイント。

これだけ小規模タイプがあるのは珍しいなあと言う印象ですね。

こちらのヒルトンも東京湾が一望できる景色が売りでゆったりできておすすめです。

和装情報

神殿無しです。なのでこちらは、和装向きじゃないので要注意。和装希望のかたは見ないでも良いかも。
いいホテルだったんですけどね…。私は和装希望だったので、こちらは見送りましたが、洋装の方は隣のグランドニッコーと合わせて見学に行くといいかと。

式場予約サイトのキャンペーン情報

これらのホテルで値段が折り合わなかった場合

上記で上げた中でも、椿山荘は、小規模でもかなり良いお値段の見積もりを出してきます。式場も良い感じです。(私もあげたのは椿山荘です)

ここで折り合わない、となった場合。

こちらであげたホテルが「椿山荘」「グランドニッコー」「ヒルトン」だったからといって、ホテルのランクを下げたとしても、正直あんまり値段が変わってくるわけではなかったりするんですよ。これが難しい所なんですよね…。

お値段に関しては、見積もり条件から、以下を変えるとかなり変わってくるので、変更の余地がないか確認を。

見積もりの条件
  1. 閑散期(7~9月や12~2月)の平日や、仏滅&友引での実施ができないか。
  2. 衣装ランクを下げる
  3. 写真&DVD等は削る
  4. 記念撮影の枚数を減らす
  5. 料理ランクを下げる
  6. テーブルフラワーなどは最低限に

ここらへんの条件で折り合わない場合には、あとはもうどこまで形にこだわるかです。

例えば椿山荘であれば、金曜日にフォトウェディングだけ済ませて、そのまま1泊、土曜日に親族のみで会食する、というのでも良いかと思います。そうするとかなり値段も下がってきます。

個人的に椿山荘おススメしてるのは、やっぱりしっかりした結婚式場なので雰囲気がすごい良いんですよね。レストランウェディングとかでも良いとは思うのですが、しっかりした場所でやるだけでも雰囲気違いますし、ご両親の受けも良いと思います。(ここ結構大事ですからね…。)

このあたりはお好みに応じて決めて頂くところかなあと思います。

椿山荘に決めた理由

庭園/椿山荘

では最後に、私自身が椿山荘に決めたときのポイントをご案内します。椿山荘でなくても、決める際参考になるかなーと思います。

良かった点

値段が想定外に安かった

最初にこれか、っていうのはありますが。

私自身、日枝神社とか横浜ロイヤルパークホテルとかが良かったんですが、高かったんですよね。単純に。

ただ椿山荘ってきくと、その2つとあんまり変わらないイメージが私はありました。ですが、ですが、少人数に限っては、結構安いです。まず見積もり取ってみてください。あと和装だと下がる傾向にある気もします。

安い理由は、やはり人数がジャストフィットする会場があったからでしょうね。和室の料亭だと、装飾はほぼ要らないですしね。実際全部最低限にしました。

というので、ここはまず見積もりとってから検討したほうが良いと思います。少人数だと「おっ?」てなれます。具体的な値段例は後述。

雰囲気が非常に良かった

椿山荘ですからね。私自身は和装希望だったので更に、と言うのはありますが、洋装でもこの会場の雰囲気は非常にいいですね。写真でざっくりご紹介します。

庭園/椿山荘
庭園/椿山荘
庭園/椿山荘
庭園/椿山荘
庭園/椿山荘

いやもう、文句つけようが基本的にないんですよね。雰囲気は非常に最高です。

親族の評判が良かった

いろいろありますよね、親族。結婚してはじめてわかるんです。いろいろあります。

ただ、「式場は椿山荘にします」っていうと、あっさりです。なんの審議もかかりません。親世代にも威力が高いですよね、椿山荘。

むしろ喜んでくれますよね、椿山荘だと。皆さんもあると思いますが、やっぱり多分に親のため、ってのもあると思うんですよ、結婚式。

そこを重点ポイントにはしないんですが、やっぱり喜んでもらえるのは素直にうれしいものです。

妥協した点

ただ妥協するポイントももちろんあって。椿山荘の場合、唯一の欠点があります。

混雑する時期は、花嫁のディズニーランド状態

自分は諸事情により、最混雑時期にあげました。多分年間を通じて、一番混んでいた日だと思います。

この場合はもう本当、花嫁ラッシュです。もちろん基本的に、花嫁バッティングには気はつかってはいただいていると思います。ただやっぱりこれだけ(50組以上はありました、その日)の式があると、対応にも限界があります。というか無理でしょうね。


特に記念撮影スポットはもはや諦めているのか、場所をずらして同時に3組の新郎新婦での記念撮影となります。諦めている分、急かされることはありませんでしたが。みなさん、記念撮影は思う存分されていましたね。

盛大なバッティングはそれくらいでしたかね。むしろ50組あって、長時間のバッティングがそこだけだったので、良く頑張っているとは思いましたが。(短時間のバッティングは他にも結構ありましたけど)

実際見学してると次から次へ花嫁がでてきますが、なかなかうまいこと離れてはいますね。インカムですごいいろいろやってるので、その成果だと思います。
なんとなくですが、写真撮影時間で結構調整してます。まあしょうがない。写真が増える分にはいいです。新婦側のバッティングには、できる限りで気は使ってるんだろうな、とは思いました。

ちなみに新郎だけだとバッティングは一切気にされません。
お色直しで待ち時間があるとき、新郎は新郎専用の待機ルームという、世にも不思議な部屋に放り込まれます。ここで新郎は、よそ様の新郎と並んで座って待ってます。(お色直しのタイミングとかいろいろあるんでしょうけど)
ちょっと気まずいんですが、新郎専用なので他の人はいません。

物事には優先順位があります。そして結婚式の場合、最優先されるべきは新婦です。間違いなく。なのでもうここらへんは割り切りです。

この雰囲気はきちんと確認しておいてください。気にする人は気にしますよね。
そもそもそういう人は、こういうとこ選ばないとは思いますが。

こういうのがダメで、でも椿山荘が気に入った人は、日取りをずらしましょう。

自分が参加者だったときで、結構オフシーズンのときに椿山荘にいったこともあります。この時はだいぶ少なかったですね。

バッティングもこれならしないだろうな、という感じ。ゆとりありましたね。ピーク時に50組さばける会場なので、これが減った時には、逆にすごいゆとりある会場になります。

あそこ広いですからね。このあたりはハイシーズンかオフシーズンかでかなり異なるので、プランナーに相談するのが良いでしょう。オフシーズンのほうが安いですしね。

見積もりの金額について

ここまで書いてきましたが、最後に金額です。個人的には結構安いと思います。

104万円でした。

…あれ、高くない?って思う人もいると思うのですが、条件は以下の通りです。

和装衣装/椿山荘
  1. 人数は新郎新婦含めて11名
  2. 料理は全員最上級(1名30000円)+飲み放題付き
  3. 花嫁衣裳はお色直し1回
  4. 写真撮影+フォトブック+三つ切り写真付き(写真は、準備~庭~神前式~食事の最初)
  5. (ケーキカットはしないため)簡単なケーキ付
  6. 実施時期は超ハイシーズン

最後におまけでホテル宿泊もついてくるのですが、お部屋のランクは1ランクあげてもらいました。

ここまでつけてこのお値段には、見ていた限りではならなかったですね。しかも超ハイシーズンの日取り。

ちなみに一番高かったのは花嫁和装です。お色直してますからね…。ちなみに写真はまだまだ一部で、白無垢だけどっさりあるエリアもあります。すごいです。

これだけつけるとね、普通もっとするんですよ。どことはいいませんが、1.5~2倍近い見積もりが出てきた時もありました。逆に言うと、このあたりの条件を下げるともっと下げられます。つまり、下げる余地がだいぶんある見積もりなのです。

オフピークを狙えばもう少しへらせます。紹介した友人も、親族のみの小規模式だったのですが、まともな式場の中ではここが一番やすかったと言ってました。

小規模式には本当強いです。

さいごに

以上、私が結婚式を挙げた際の情報についてまとめました。

少人数式は、食事をどうするかできまってきます。式場探す際は、小規模用のお部屋がきちんとあるかどうかを確認していくようにしましょう。そこが分かるまで時間無駄にしたかなあと…。自分的な反省点です。

皆様の参考になれば幸いです。

式場予約サイトのキャンペーン情報
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる