横浜ロイヤルパークホテルに泊まってみました ランドマークタワーの夜景を独占

横浜ロイヤルパークホテルは、首都圏で最も高いビル、横浜ランドマークタワーの最上部に位置するホテルです。
ビルの高さとしては2014年、大阪のあべのハルカスに抜かれ、最近は東京駅に日本最高峰のビルを作るという話も出ています。
ですが、あべのハルカスは最上層3フロアが展望台になっています。そのため、横浜ロイヤルパークホテルの最上層エリアは、日本で最も高い場所にあるホテルのままであり続けています。
そしてなにより、こちらのホテルの売りは眺望。
みなとみらいを見下ろす位置にあり、特にこの夜景を独り占めできるだけでも十分な価値があります。

そんな横浜ロイヤルパークホテルに泊まってみましたので、どんなホテルかまとめてみました。
簡単に周辺の情報もまとめていますので、参考になれば幸いです。

一番最初「横浜ロイヤルパークホテルのポイント」で、横浜ロイヤルパークホテルを選ぶ上で特に大事なポイントをまとめていますので、ここだけよめばざっくりどんな感じかはわかるようになっています。お時間ない方はこちらをご参考ください。
より詳しく知りたい方は、それ以降で多数の写真を交えて雰囲気や、行き方のポイントが分かるようになっています。お時間があるようでしたらこちらも是非ご参照ください。

 

横浜ロイヤルパークホテルのポイント

横浜ロイヤルパークホテルの宿泊ポイントは、主に次の3つです。

眺望

写真で見たほうが早いですね、こんな感じです。

横浜ロイヤルパークホテル 夜景

昼間はこんな感じ。

横浜ロイヤルパークホテル 眺望

こちらみなとみらい側のお部屋ですので、もちろんお部屋の位置にはよるのですが、ただ反対側は反対側で湘南方面で富士山見えますからね。
この眺望は本当に圧巻です。
みなとみらいの風景というと、よくこういった山下公園からの夜景写真を見る事が多いのではと思いますが。

山下公園

やはりこの上側からの景色というのは絶景ですよね。
正直ここに泊まる理由の八割くらいこれといっても過言ではない気がします。

日本最高峰のレストラン

ここ止まるなら食事も絶景を見ながらがいいですよね、というので。
最上階、70階がレストランになっております。
日本で一番高い場所にあるレストランですね。

いや本当、景色が最高なので。
とはいえ、夜利用だとそこそこお値段も張りますので、ランチビュッフェでの利用もおすすめです。(4000円前後)

みなとみらい方面へのアクセス抜群

クイーンズスクエア

電車便でのアクセスは、JR京浜東北線・横浜市営地下鉄桜木町駅から徒歩数分。
みなとみらい線みなとみらい駅はすぐ隣の商業施設から直結になります。
(深いため、高さのあるホテルからの移動となり時間はかかりますが、屋内のみの移動でいけます)
みなとみらいの中心部にあり、どこにでも行きやすいのは最大のメリットでしょうか。
桜木町駅からみなとみらい巡回のバスも出ていますし、ここまでやるならタクシー移動にしても近距離なのでお値段はそこまでかかりません。

横浜ロイヤルパークホテル 徹底宿泊レポート

行き方

知らない方には本当に若干わかりにくい場所はなります。
基本的には横浜駅までアクセスして頂いて、何かしらの路線で数駅ずれた場所にあります。
東急で来ている場合にはそのまま降りずに2駅となりのみなとみらい駅で降りてください。
市営地下鉄利用されていた方(新横浜等)であれば、横浜で降りずにそのまま1駅隣の桜木町で降りてください。
それ以外の方、特にJRで来た場合には、京浜東北線に乗り換えて桜木町駅が良いでしょう。

桜木町で降りた場合には北口をでたら駅前にすぐでかいビルが見えますので、そのまま左手に行ってまっすぐそこを目指してください。
横断歩道等わたる必要ありません。
遊歩道整備されていますのでまっすぐそのままいけます。一直線です。

みなとみらいで降りた場合、クイーンズタワーという商業施設内に出る事になります。
この写真でいう低いほうのビル群の商業施設ですね。

ですので、案内に従ってランドマークプラザ側に移動すればホテルのフロントまでたどり着けます。
どちらもそこまでややこしくはないはずですが、間違えると変な所にはいってしまうのでその点だけ気を付けてください。

横浜ロイヤルパークホテル 室内の様子

フロアマップ

まずはフロアマップから。

横浜ロイヤルパークホテル フロアマップ

結構特徴的な形をしていますね。
360度客室ですが、予約の際にシティビューかベイブリッジビューかは選べます。
ベイブリッジビューのが若干お高めになります。
ただ写真で分かる通り、ベイブリッジビューでも90度違えば視界は結構異なります。
気にするのであればいっその事、先端部分になるコーナーのお部屋がお勧めです。

コーナーダブル

ということで今回はコーナーダブルの部屋をとりましたのでこちらの様子から。

ベッドサイド

お部屋は結構ひろめになっています。

横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテル

ベッドの配置が外が見えるようになっているんですよね。がっつりと。
そしてソファーもがっつり窓際に。
やっぱり眺望が売りだとこういう配置になりますかね。
いままでここまでがっつりとしたのは見たことなかったので、少し驚きましたが。
夜景を見に来てますからね、ここだと。

横浜ロイヤルパークホテル

電気を消すとこのような形で、もう夜景だけの眺望になります。
ベッドにごろんとしてみても美しいですし、ソファーでのんびりもたれかかってもいいですし。
お好みの方法で鑑賞できます。

窓からの景色

もう解説はいらないと思うので、写真だけ。

横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテル 夜景

横浜ロイヤルパークホテル

朝から昼からとりまくっちゃいましたね・・・。
一部朝焼けの時間の写真とかもあります。
いやあ、本当圧巻ですよね、一日中これを見ていると。
下みると、高さの感覚がおかしくなってきます、どんなんなんだと。

ただ一個だけ注意していただきたいのはこちら。

 

横浜ロイヤルパークホテル

10時過ぎてきた当たりからぽつぽつ暗くなりますが、日付変わるとがっつり電気はさすがに落とされます。
ですので夜景はそこまでに楽しんでおきましょう。
まあ日付変わってから見る人はいないでしょうからね・・・。電気代的にもね・・・。
個人的にはですけど、下すぐにケーキ屋さんがあるのでこちらでケーキ買って、のんびり窓の風景を眺めながら食べるのがお勧め。

横浜ロイヤルパークホテル ケーキ

お風呂

こちらコーナーのお部屋だけは。

横浜ロイヤルパークホテル お風呂

まさかの丸窓。潜水艦か。

横浜ロイヤルパークホテル お風呂

こんな感じでここでも眺められます。さすがに角度的に見にくいんですが、逆に見やすすぎたら向こうからの丸見えなので。
お風呂なので仕方ないです。
でもお風呂場からも見えるのはテンションあがりますね。

横浜ロイヤルパークホテル アメニティ

そしてかなり気になさる方もいらっしゃるのがアメニティ。
この時は特別なプランがあった時なので、ジョンマスターオーガニックでした。
さすがにこちらは常時ではないようで、基本的には一般的なお部屋だとロイヤルパークオリジナルの国内産のもの、上級のお部屋だとロクシタンになるようです。
気になさる方はご注意を。

その他シャワーなど。まあこちらは普通ですね。

周辺散策

みなとみらい

こちらみなとみらいのど真ん中になります。
周辺散策書くと、もはや横浜観光ガイドになってしまうので割愛します。
注意していただきたいのは、みなとみらいエリアも広いです。
コスモワールドや臨港パークは近いですが、このホテルからだと赤レンガは大体一キロ、山下公園は大体二キロ、中華街はさらにその先になります。
中華街とかだとさすがに電車やバスでの移動が必要になるレベルだと思いますので、そのくらい離れてはいることは意識しておいたほうがいいでしょうか。
一泊なのであれば、チェックイン前にある程度回って、チェックアウト後にさらにまわることがお勧め。
チェックインしてからは近場で済ませたほうがいいかと。せっかくのお部屋ですし。
特に夜ごはん中華街とかやめておいたほうがいいです。せっかくの夜景を見る時間が短くなるので。昼間いっておきましょう。

夜ごはんはホテル外で食べるのであれば、クイーンズスクエアにかなりの数があるのでこちらで食べるのがお勧めでしょうか。
ただ全体的に、特に土日だとめちゃくちゃ混むのでそこだけは注意してください。
個人的にはカップルであれば24/7とかがお勧め。

24/7

24/7

24/7

こあがりの席は人気で埋まりやすいですが、早めにいけば取れます。
お部屋メインなので夕食は早めにすまして、デザートのケーキをお部屋でが個人的には好きです。

子連れだとどうか

ちなみにこちらは私自身は子連れでいきました。
やはりネックは大混雑っぷりですね。
とにかく土日だと混むので、ピークタイムをずらした行動がポイントになります。

ごはんもなかなか思い切ってとれませんが・・・。
とはいえこちらは、子供OK・NGのラインがはっきりしています。
例えばレストラン系はだいたい夜は子供NGですが、昼はOKです。
なのでそのあたりは仕切っている分、OKが出ればあとは根性出していくしかないですね。

平日の昼間であれば、レストランも可能な限りで対応はしていただけます。
私の場合、食事を取りに行くのに一番遠い席ですが、他に人がいない場所に通していただいて多少騒いでも大丈夫なようにしてもらえました。
ただこれは空いていたからできたのでしょうから、この辺りは可能な限り、という前提はつきますね。

あとはかなり高いので・・・。
子供が怖がらなければ、でしょうか。

まとめ

基本は夜景です。
夜景だけで泊まる価値があるホテルです。
横浜の売りです、この景色。
是非一度泊まってみるのはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

のぶ

首都圏在住、アラサーも後半に入った2児の父。旅行が趣味で海外はマレーシアを中心に東南アジア、国内は甲信を中心にどこへでも行くのが好き。良く行った海外情報を中心に、最近は子連れなので首都圏近郊のお散歩情報をお届けします。