twitterで東南アジアや子連れ旅の一言情報を発信中です

横浜子連れ旅行におすすめのホテル情報 アンパンマンミュージアムに近いのはここ

横浜みなとみらい。山下公園やコスモクロック、赤レンガ倉庫といったスポットは、首都圏屈指のデートスポットとして改めて説明しなおすほどでもないくらい超ド定番スポットです。子連れになったら来ないかなと思っていたのですが、ところがアンパンマンミュージアムや横浜コスモワールド、カップヌードルミュージアムといった子供が喜ぶスポットが豊富。なので定期的に遊びに行ってしまうのがこの町の魅力です。

そんな横浜みなとみらい、子連れで宿泊するとまた更に楽しめるのかなと思います。朝のみなとみらいは比較的すいていて、子連れでも活発に楽しむことができます。遠方者はもちろんですが、首都圏近郊の方でも是非宿泊してみてほしいところ。特に近郊の方であれば、なかなか利用する機会も少ないロイヤルパークやインターコンチネンタルといった、ラグジュアリーなホテルに宿泊するとより楽しめるのではないでしょうか。

私自身は一時期神奈川近郊に在住していたこともあり、比較的土地勘もあるこのエリア。ここでは子連れにおススメのホテルをまとめてみました。

横浜みなとみらいの宿泊旅行で何を楽しむかは別記事もございますので、こちらもあわせてどうぞ。
眺望/ヨコハマ グランド インターコンチネンタル子連れで横浜みなとみらいに1泊旅行してみました 感想&お勧めポイントまとめ

その他の子連れ旅行関連の記事もあわせてどうぞ。

横浜みなとみらいのホテルの選び方

横浜コスモワールド
横浜コスモワールド

宿泊に何を求めているのかによるのですが、横浜みなとみらいの場合大きく分けるなら「ラグジュアリーホテル」か「ビジネスホテル」の2択です。

具体的には3大ホテル、横浜ロイヤルパーク、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル、横浜ベイホテル東急(旧パンパシフィック横浜ベイホテル東急)にとまるか、それ以外に泊まるかです。

山下公園
山下公園

個人的にこれらのホテルにとまると、みなとみらい来た感じがすごいする夜景ですし、お部屋もきれいですし、かなりおススメ度が高めです。子連れだとそんなにいろいろと動くのも難しいですし、せっかくならこういったホテルでのんびりする、というのもかなりおススメです。

ただそうはいっても、予算の問題もあるかと思うので、お値段抑えてお外で遊ぶ、という選択肢もありだと思います。このあたりは旅行プランにもよると思うので、お好みで選んでいただく形になるかと思います。

なお、横浜みなとみらいでホテルを選ぶ際に注意していただきたいポイントが3点あるので、それだけ以下にてご説明します。

アンパンマンミュージアムを重視するなら

アンパンマンミュージアム横浜
アンパンマンミュージアム横浜

まずはなによりもアンパンマンミュージアムでしょう。なお、アンパンマンミュージアムは2019年7月に移転しました。場所がみなとみらい線新高島平駅すぐ近くになっています。場所はこちらになっているので、要注意です。

場所が変わった事で、アンパンマンミュージアムを利用する上でのホテル選びも変わってきています。徒歩圏がいいか、電車利用でもいいか、ですね。

徒歩圏を求めるなら

ますはホテルビスタプレミオ横浜になります。徒歩3分ほどでめちゃくちゃ近いです。新しいホテルなのでキレイですし、お風呂とトイレの分かれた部屋もありますし、眺望も結構いいですし、わりといい感じのホテルではあります。とにかく近さを重視するならここですね。あとお値段も比較的安いほうです。

続いてはベーシックに3大ホテル、横浜ロイヤルパークホテルヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル横浜ベイホテル東急あたりはまあまあ近いです。割と徒歩圏にあります。ただやはり3大ホテルはお値段もしてきてしまうので、このあたりは予算と相談でしょうか。

このあたりのホテルについては、具体的な選ぶポイントを後程ご案内します。

電車利用でよいなら

ほかの観光もすることを考えると、みなとみらいのホテルが良いでしょう。みなとみらい線の新高島平駅降りてすぐになったため、電車でのアクセスはかなり良くなりました。みなとみらい線沿線に近いホテルがおススメです。

このあたりのおススメホテルについても、この後具体的に選ぶポイントをご案内します。

関内駅・伊勢佐木長者町駅エリアには要注意

特に子連れの場合、関内駅の南西側のエリアと、伊勢佐木長者町駅周辺のエリアは避けてください。この辺りは横浜随一の歓楽街で、具体的には大変いかがわしいお店がたくさんあるエリアです。子連れにはめちゃくちゃ向かないです。土地勘があって裏通りも抑えられてる人であれば避けられるのでいいですが、土地勘がない人がこの辺りで裏通り入ってしまって、ネオンが光る店を子供に「あれなあに?」って聞かれても答えられるわけがありません。やめておきましょう。

曜日で値段の変動が激しい

横浜みなとみらい近郊のホテルは、曜日で値段の変動が非常に激しいです。具体的には平日と土曜だと料金が三倍ぐらい違ったりします。とある日の料金を以下に並べてみたので、参考にしてみてください。

なお、以下で紹介するお店の値段帯は標準時期でだいたいこれくらいです。決める際のご参考になれば幸いです。また、以下は一番安い部屋の料金なので、子連れだと厳しいお部屋の場合もあります。実際に泊まる場合はもう少し高くなると思っておいたほうがいいでしょう。

これはとある日の料金なので、もちろん日によって値段は結構ぶれますが、概ねこの傾向にある、というのはわかっていただけるかと思います。だいたい土曜は平日の2~3倍のお値段になります。

金曜泊、もしくは日曜泊にするだけでもお値段がぐっと下がります。この辺りはいろいろ皆様ご都合があるとは思うのですが、もしご予定があるなら土曜や連休は可能な限り避けるとだいぶんお得に泊まれるかなとは思います。

横浜みなとみらい3大ホテル

別記事で3大ホテルだけより詳しく比較しているので、興味があるかたはこちらへ。
山下公園横浜みなとみらい 3大ホテルの夜景を選ぶポイント 平日は意外とお安め

横浜ロイヤルパーク

横浜ロイヤルパークホテル 夜景
横浜ロイヤルパークホテル 夜景

日本で一番高い場所にあるホテル、横浜ロイヤルパーク。とにかくこの絶景が売りです。個人的には一番横浜らしいかなーと思います。

ただここ雨降ったりくもったりしちゃうと、高層階過ぎて雲がかかって何にも見えなくなって全て台無しになるというリスクがあります。こればっかりはお天気なので何とも言えませんが。とはいえそれでもこの景色を考えてここに泊まりたくなっちゃいますね。

横浜ロイヤルパークホテル
横浜ロイヤルパークホテル

立地的にも桜木町駅からすぐですし、ランドマークプラザ直結、クイーンズタワーやマークイズも空く近く。かなり便利な立地で安心です。まず横浜みなとみらいというとここを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

こちらの宿泊レポートは以下にまとめています。
横浜ロイヤルパークホテル 夜景横浜ロイヤルパークホテルに泊まってみました ランドマークタワーの夜景を独占

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル

続いて横浜グランドインターコンチネンタル。この特徴的な形、見たことある方は非常に多いと思います。ここも横浜感がかなり出るホテルですね。3大ホテル唯一の外資系という事もあり、外国人宿泊客が多いのも特徴です。ちょっとした海外旅行気分も味わえます。

夜景/ヨコハマ グランド インターコンチネンタル
夜景/ヨコハマ グランド インターコンチネンタル

こちらはシティービューの様子。ロイヤルパークとは違って、高さはあまりない印象なのですが、その分景色が近くて迫力があります。景色に関しては完全に好みですね。個人的にはどっちもすきです。どっちも止まればいいと思います。

立地的には駅からは離れ、パシフィコ横浜に直結しているのは何もうれしくありません。ただクイーンズタワーとはデッキでつながっているので、こちらで少し歩けば行けるため不便はそこまでないかなと。コスモワールドやワールドポーターズも近いですし。個人的にはすぐお隣、朝の臨港パークお散歩がおススメです。お子さんと是非。

こちらの宿泊レポートは以下にまとめています。
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル横浜インターコンチネンタルに泊まってみました みなとみらいの夜景を独り占め

横浜ベイホテル東急(旧パンパシフィック横浜ベイホテル東急)

横浜ベイホテル東急
横浜ベイホテル東急

パンパシのほうが通りがいい・・・気がするのは年のせいなのでしょうか。とはいえまだ名称変更から5年以上くらいですし、まだまだパンパシのほうがなじみがある方は多い、と思いたい。

バルコニー付きの客室が特色ですね。せっかくなので海風を浴びるのは大変気持ちがいいと思いますが、子連れだとちょっとドキドキしてしまうので、お子さんの様子にはよく注意してください。

立地的には一番便利なのではないでしょうか。クイーンズタワー直結、コスモワールド目の前。みなとみらいのど真ん中ですね。みなとみらい駅にもぬれずに行けて、移転したアンパンマンミュージアムにも電車で新高島平駅まで1駅ですぐなので、3大ホテルの中ではこちらが一番行きやすいのかなと思います。

3大ホテル以外のおススメホテル

とはいえ、3台ホテルはかなりお値段お高め。(とはいえ高いのは金土で、日曜くらいでもかなり安くなってるので要チェックです)ゆっくりシティホテルで楽しむというのなら別ですが、そうでないならもう少しお値段を落としたホテルにしたいところ。

こちらではもう少しお値段を落としたホテルをご案内します。なお、選ぶポイントがそれぞれありますので、名前の最後に選ぶ際のポイントを入れています。

ニューオータニイン横浜プレミアム(眺望重視)

眺望重視ならこちら。下のインスタの写真が分かりやすいですかね。

お部屋自体もかなり綺麗です。半面、お値段も3大ホテルを除くとここはトップクラスに高いです。正直これだけ出すなら、3大ホテル泊まっちゃえば・・・っていう感じもありますが、桜木町駅には大変近く、便利でもありますので難しいところです。

横浜桜木町ワシントンホテル(眺望重視)

こちらも眺望重視です。同じビルの低層階のお店がこの眺望なので、これのもっと高さの高い景色を望むことができます。

こちらも桜木町駅に大変近く便利なホテルです。ニューオータニイン横浜よりはワンランクお値段は落ちるので、お好みに応じてといったところでしょうか。

ホテルビスタプレミオ横浜(アンパンマンミュージアム重視)

移転後のアンパンマンミュージアム徒歩3分。もはやそのためにここに作ったとしか思えないホテルですね。

とはいえ眺望も割と良いですし、スーペリアダブル以上だとトイレとお風呂が別になっているので子供をお風呂に入れやすい、みなとみらいの中心部も1キロくらいなので歩けなくもないと、割と条件はいいホテルです。土曜だけお値段は跳ねあがりますが、それ以外の日ではリーズナブルなお値段なことも多く、子連れにはおススメ度高め。

ホテル メルパルク横浜(禁煙和室重視)

みなとみらい近辺で和室禁煙があるまともなホテルっていうとここしかないと思います。

結婚式もやるようなかなりまともなホテル。特にかなり小さめのお子さんだと和室はありがたいところ。立地的には横浜マリンタワーのすぐ隣、山下公園や港の見える丘公園が目の前、中華街にもほど近いと実は結構便利です。アンパンマンミュージアムは移転したため、ここからのアクセスが便利になっています。さすがに徒歩は厳しいですが、すぐ近くのみなとみらい線元町・中華街駅(しかも始発)から4駅降りてすぐ。子連れは助かるホテルではないでしょうか。

相鉄フレッサイン 横浜桜木町(価格重視)

続いてお値段を抑えるならこちら、相鉄フレッサイン。お部屋による(プレミアムツイン以上)のですが広めのお部屋であればお風呂とトイレが別になっているのがポイント。ただ、もちろんその場合お値段はあがってしまいますが・・・。立地的には馬車道駅すぐの場所にあるので、みなとみらい線で主要エリアにはアクセスできるのと、歩いても1キロくらい歩けばある程度のところには着くので、比較的便利な立地ではあります。

ダイワロイネットホテル横浜公園 (価格重視)

こちらもお値段重視のホテル。横浜スタジアムが目の前なので、野球の試合があるときは道が混みあいますし要注意。正直駅からもそこそこあり、立地はあまりよくないですがその分お値段はお安め。とはいえ中華街には比較的近いですし、日本大通り駅もまあまあ近いので、そこまで不便を感じるほどではないと思います。

さいごに

以上、みなとみらいの子連れおススメホテルについてまとめました。

正直土曜日の値段は高すぎます。土曜日はかなり厳しいですね・・・といった印象なのですが、それ以外の平日であれば、3大ホテルでも結構リーズナブルなお値段で泊まれるのが横浜みなとみらいの特徴です。過剰配給なんでしょうか・・・。確かにやたらとホテルがある印象なのですが、どのくらいうまっているのか気になります。新しいホテルできすぎの印象です。

なので、ご都合合えば是非3大ホテルに泊まってみてほしいところ。ですが、アンパンマンミュージアムに全力を注ぐならホテルビスタ横浜等も捨てがたい所ですね。お子さんの年齢によっては鉄板で楽しめますし。このあたりは何を重視するかで決めていっていただければいいのかなと思います。