子連れ海外旅行の持ち物について 実際行ってみてリストとおすすめをまとめました

URLをコピーする
URLをコピーしました!

いざ子連れで海外旅行!となったときに困るのは、持ち物ですね。実際なにをどこまでもって行くかは私も結構悩みました。私の場合、親二人・子供二人でそもそもが結構な荷物の量になります。荷物を減らしたいなとは思いつつ、そうはいっても現地で困りたくはないので、なかなか頭を悩ませます。

ここではまず、子連れ海外旅行での荷物整理のポイントをまとめました。スーツケースや洋服対策、ベビーカー、飛行機、食事、おむつ等々、子連れで気になるポイントについて、私が具体的にどういう対策をしたのかをご案内します。荷物を持ち込むうえで参考になれば幸いです。

そのあとに我が家の荷物持ち込みリストを付けました。子供のもの、子供と大人のもの、大人のものに分けて持ち込みリストを付けています。

皆様の参考になれば幸いです。

私自身が国内・海外のいろんな場所で子連れでいってみて、おすすめだなとおもった都市の情報をまとめています。

シンガポール・マレーシア・ベトナム(ダナン)・台湾等、実際に子連れで訪れた海外のおすすめ情報を以下の記事でまとめています。

  • 超小型サイズ&高機能のトラベルベビーカー
  • 畳めば電車の荷物棚や、自転車のカゴにも収納可
  • ~22Kg(4歳頃)まで利用可能
小さいお子様連れで悩むのがベビーカー。特にある程度育ってくると、施設等で邪魔になる事も多い…。
そこでお勧めなのが超小型のトラベルベビーカー。たたむと自転車のカゴでも入るサイズに!折り畳みも楽々で、子連れ旅行の強い味方になってくれます。
もくじ

子連れ海外旅行で必要な持ち物の考え方

羽田空港

子連れ海外旅行の持ち物を考える上で、考慮しないといけない点は大きく次の6点があります。

  1. スーツケース:大型のを1つがおススメ
  2. 洋服:圧縮袋&現地コインランドリー利用で減らす
  3. ベビーカー:航空会社も優しいので持参をおすすめ
  4. 飛行機対策:子供向けグッズをきっちり揃えればなんとかなる
  5. 子供の飲食物:多少日本からもっていくと安心できる
  6. おむつ&トイレ:トイレは困ることも多いので注意

それぞれについて詳しくご案内します。

1.スーツケース・リュック

チャンギ国際空港/シンガポール

まず最初に、自宅から海外現地に行くまでは、子連れかつスーツケースを引いていかないといけません。ご夫婦で行く場合、父親がスーツケース、母親が子供となる場合が多いかと思いますが、そうなるとスーツケースは大きいのが1個だけが楽ですね。(LCC利用だと余計な預入荷物は増やしたくないですし)

ですので、私は子連れで海外旅行に行く場合は、荷物はスーツケース1個に詰めます。うちで使ってるのは預け入れ上限ぎりぎりのサイズのものです。私が使っているのはこれですね。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる