ペトロナスツインタワー(クアラルンプール)観光案内

現代マレーシアの象徴、ペトロナスツインタワー。
建立時は世界一の高さを誇るビルとして、また現在でもツインタワーとしては世界一の高さを誇る、マレーシア成長の証となるこのビル。
マレーシアにあまりイメージがなくても、このツインタワーのことを知っている方は多いのではないでしょうか。
クアラルンプールに訪れるのであれば一度見てみたいこのツインタワー。
どのように楽しむのかをまとめました。

当サイトのマレーシア記事の一覧はこちらです。
マレーシアってどんな国?観光・旅行に知っておきたい情報をまとめました

クアラルンプール全体の案内はこちらの記事でまとめています。
クアラルンプールってどんなとこ?コスパ世界一に認定された常夏の街を徹底ガイド

クアラルンプールの観光ガイドはこちらの記事でまとめています。
クアラルンプール観光地ガイド 旅行で訪れたいスポットをまとめました

クアラルンプールのホテル案内はこちらの記事でまとめています。
クアラルンプールのホテル選び方ガイド 目的別におすすめを整理してみました

アクセス

こちらへのアクセスについてあまり書いてあるところが少ない気がして・・・。
本当にここがとても大事なのでお伝えしておきたいです。
パビリオンから専用の歩行者用通路、スカイウォークが整備されています。

地図ツインタワー方面拡大していただき、やや南にあるオレンジの折れ線で示している箇所です。
パビリオンの2F西側に半屋外の飲食施設群があり、そこを北に抜けた場所にあります。
こちらを利用するとパビリオンから徒歩十分程度でたどり着くことができます。
この点は本当に重要なのでここだけでも覚えておいていただけると。
クアラルンプールに泊まるかたはブギビンタンのホテルに宿泊される方多いと思います。
ツインタワー近辺に宿泊されているかたも、パビリオン近辺の一番ショッピングモールが多いエリアに出るためにはこのスカイウォークを利用するのがかなりおすすめです。
もちろんパビリオン近辺に宿泊されている方は、ツインタワーへのアクセスにこちらを使うことがお勧めです。
一般道を歩いてもいいのですが、特に夜間だとあのエリアは街灯がやや少ないエリアも歩かないといけないため若干不安があります。
かといって夜の早い時間は渋滞しがちでタクシーだと結構な時間がかかります。
電車使用してもいいですが、待ち時間もあるので正直歩いたほうが早い距離です。
ということでこちらを利用することでとても楽に移動できます。

時間帯ごとの特徴

P1010927
朝はパーク内をマラソンしている人が多めな印象でした。
日本の皇居と同じで、ここを走っている人は多いようです。
とはいえ朝ですので人はすくなめ。
比較的控えめなツインタワーを見ることができます。

P1010975
昼から人が多めな印象。
そもそもこちらのツインタワーの用途はオフィスビルですので、こちらで働かれている方なんでしょうね。
夜とはまた違ったビルの力強さを感じることができます。

ペトロナスツインタワー/クアラルンプール
ライトアップによりより幻想的なツインタワーです。
やはり皆さま一番みたいのはこの時間でしょうか。
パーク側の入口には噴水があるのですが、夜間帯には噴水ショーが定期的に行われ、足を止める人も多いです。

周辺施設

スリアKLCC

P1010321
ツインタワーのおひざ元には巨大ショッピングモール、スリアKLCCがあります。
規模的にはブギビンタンだとパビリオンとこちらで大きさでは一位二位を争いますし、
とても綺麗なモールなので、落ち着いてショッピングができるのもポイント。
無難にまんべんなく様々なおみせがそろっています。

KL City Park

ツインタワーの足元には広大な公園が広がっています。
こちらでランニングしている人も良く見かけます。
噴水もあり、夜間には噴水ショーも見られるとても幻想的なスポットです。
ツインタワーをながめながらこちらの公園をのんびりと散歩するのもおすすめです。

ベストビューポイント

ペトロナスツインタワー

普通のタワーだと、展望台へ上ってしまうと自分自身が見えないのため高いなあだけで終わります。
しかしこちらはツインタワー。
なんと展望台へ登れば反対側のタワーが至近距離に見えます。
なかなかこういったパターンはないため貴重なのではないでしょうか。
ただし、チケットは当日とろうとするとかなりの激戦になるようです。
どうしても訪れたい方は事前にネット予約しておいたほうが確実です。
(クレジットカード番号はいれないといけませんが・・・。)
http://www.petronastwintowers.com.my/
こちらの施設、超人気施設で時間とかにもかなり厳しいため、
訪れる場合は時間厳守で訪れるようにしましょう。
ただしお値段84.80=約2544円。
スカイツリーが一番上までいくと3600円、東京タワーで1600円。こう考えるとかなりの料金です。
そこそことられるので注意。

KLタワー

一方お手軽なのがKLタワー。
こちらは比較的スムーズに入れるのがポイント。
斜めからのビューになりますが、ツインタワーをはじめとしたクアラルンプールの全景を眺めることができます。
こちらのほうがスムーズに見えるかと思えますが、ブギビンタンからはやや離れるため注意。

トレーダースホテル

実はツインタワーを見るために一番のベストビュースポットは、私はこちらのホテルだと思っています。
ツインタワーの真正面に立つトレーダースホテル、こちらの高層階ツインタワービューからみた景色がこちら。
P1010335
こちらの光景、部屋の窓から独占できます。
私はこちらのホテルに宿泊しましたが、もうこの景色がみれただけで大満足でした。
こちらのホテル最上階がバーになっており、宿泊客以外でもみれはするようなのですが、かなりの大混雑しており予約もとりにくい様子。
お部屋でゆっくりこの景色を眺められるとマレーシア感がかなり強いので、この景色をみるだけでも宿泊する価値があると思います。

なお、ツインタワーを囲むように各種高級ホテルが高層ビルでがんがんと立ち並んでいます。
そのためブギビンタンのホテルはすこし離れただけで、ツインタワーは隠れてしまいがちになってしまいます。
そこそこブギビンタンにもそこそこほど近い、パークロイヤルサービスドスイーツの屋上プールからだとこういった夜景になります。
P1090424

まあこれはこれで悪くはないと思いますが、トレーダースに泊まらないにしても、ツインタワービューを見たい場合には近いホテルにしたほうが良いかと思われます。
大体のホテルは斜めでツインタワーを見る形になるかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。