子供がずっと遊んでくれる 乳児から手先で遊ぶ鉄板おもちゃ3選

世の中に子供向けのおもちゃは数多くありますが、なかなか一時的にはまるだけで、ずっとは遊んでくれないもの。
形が決まったおもちゃより、手先で遊べて、自由に組めるおもちゃのほうが子供は長く遊んでくれるのではないでしょうか。
うちの場合はここに挙げたおもちゃがかなり鉄板になっていました。
最初は簡単な手先のおもちゃ、でもだんだんと難しくしていく。
簡単なおもちゃですが、結構子供もどんどんできることが増えていくので、成長も感じられてうれしくなります。
しかも慣れてくれば結構一人遊びもするので、正直助かるときもあります。
そんな手先で遊ぶことができるおもちゃを選んでみました。
子供へ買ってあげる際の参考になれば。

9カ月~ アンパンマン積み重ねカップ


アンパンマンブロックより先に入ることが多そうなこちら。
こちらも結構延々と遊んでいましたが、最近はアンパンマンブロックのがお気に入りみたいです。
とは言え、こちらのほうが簡単なので子供的に入りやすいんだと思います。
とにかくなんか勝手に積む、崩す、積む、崩すの繰り返し。
こちらもなめて買ったんですけど、意外と延々とはまっています。
コンパクトになって、数も少ないので散らからないのがメリットでしょうか。
デメリットはあんまない気がします。安いですし。
最初これのなにがいいんだろうってスルーしてたのですが、結構もっと早くに買っておけばよかったなあと思っています。
こちらも気が付いたら勝手に積めるようになっていて、成長したなあと。
一歳になる前からこちらはいけるんじゃないでしょうか。

1歳~ ブロックラボ


個人的にはこれは一番鉄板だと思っています。
買ってから、とにかくこれだけは飽きない。
その都度ある程度飽きたら遊ばなくなりますが、毎日毎日ひたすら遊んでいます。
最初はブロック組むのもできず、ただ一緒に積むのが関の山でした。
ですがだんだんと詰めるようになってきて、だんだんと同じ形のものを積んだほうがバランス崩さないとかもわかってきます。
油断してると積み方が成長していて、この子、賢いのかも!と親ばか全開になることもしばしば。
でめりっとは箱ごとひっくり返したがるのと、いかんせんパーツが多いから散らかりやすいことですかね・・・。
パーツ少ないバージョンもありますが。

個人的には箱バージョンを最初からかってしまうのがいいと思います。
なんせどんどんどんどん積みたがるので。
小さい奴だと足りなくてすぐ買い足したくなりそうだなあと。
ただ少ないほうが散らからなくていいっていうのはあるかもしれません。
レゴとも迷いましたが、レゴかわいくないんですよね、欧米っぽくて。

なのでこちらを選びました。
パーツに互換性はあるようなので、あわせて使うこともできるみたいです。
一応対象年齢1.5歳~となっていますが、一歳ちょっとでがんがん遊ばせてました。
結構遊びます。
そうさせてると1.5歳のときにはすでに自分で積めるようになっています。お勧め。

1歳半~ KAPLA


ここに挙げた中では一番難しいおもちゃ。
これまでのはただはめこめば詰めて、崩れにくくなっていますが、これはただの木の板ですし、積むにも結構頭を使います。
なかなか1歳半ばくらいの子にはこれは厳しいみたいですね。
ヨーロッパ製なのですが、むこうでは3歳~になっているみたいで、確かにそうだろうなと思います。
ただ、一緒に遊ぶ分には結構くいつきますし、形が自由なので、発想次第でなんでもできます。
うちの子だと、崩れないよう口の字型にひたすらつんでいって遊ぶっていうのが好きです。
個人的にちょっと早めに与えて慣れさせたいので、1歳半くらいになれば与えてもいいかなと思っています。
ですが、もう少し大きくなるといろんな遊びができるんだろうなあと思います。
製品としてはただの木の板なんですが、かなり作りはいいです。バランスがしっかりしているので、かなりいろんな形に組めます。
さすがに幼児には厳しいんですが、ただもう少し大きくなってコツがつかめれば結構簡単に詰めるのかなあと。
大人が積む分にはバランスを考えずがんがんつんでいっても楽に積みあがるので、この点はすごいなと。
むしろ大人のほうが楽しんでしまうかもしれません。

1歳台の子供が遊ぶことに限って言えば、100ピース、下手したら50とかでも足りると思います。
そんなに複雑にはできないですし、数もつめないので。
但し、本格的に遊ぶには100ではとても足りないと思います。
その時に買い足すかもう買ってしまうかはお好みでいいかなと。
まずは200なら基本的なのは組めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。