GoToトラベルで旅費が35%OFF!内容をまとめました

子供のプログラミング教育はどうすればいいの?子持ちエンジニアが考えた事まとめ

のぶ

のぶ

旅行大好きな2児の父。
国内から海外まで、いろんな場所に訪れた経験をもとに、様々な観光情報と子供との生活をより楽しむための楽しくするための情報をお届けします。

新学習指導要領にて、小学生へは2020年から、中学生へは2021年から導入する事となっている事で注目を集めているプログラミング教育。

とはいえ、実際の所、何がどうなるのかあまりよくわかられてない方も多いのではないのでしょうか。お子さんにもどうしていけばいいのか…というのが今一つピンときていない親御さんも多いはずです。

私自身はシステムエンジニアを本職としていて、割と小さいころからコンピューター関係の仕事にはつきたいなーと思っていました。そこでその目線から、子供のプログラミング教育ってどういう事なの?という情報をまとめてみました。

その他の子連れ旅行関連記事

ちょっと親が休憩したいときにおすすめ。Disney+ (ディズニープラス)で、子供にディズニーアニメを見せませんか?スマホにダウンロードする事も可能です!ディズニーのキッズアニメシリーズが多数配信中。

【旅行情報】子連れ旅行のおススメ行き先子連れ海外旅行の持ち物子供のパスポート取得
【海外旅行】子連れ海外旅行のおススメ行き先シンガポール台湾ダナンマレーシアマレーシア・ランカウイ島
【国内旅行】子連れ横浜みなとみらい子連れ仙台子連れ仙台秋保温泉子連れ名古屋
【子連れおすすめホテル】子連れシンガポールホテル仙台・ホテル瑞宝鬼怒川・あさやホテル横浜・ロイヤルパーク横浜・インターコンチネンタル木更津ホテル三日月富士見亭横浜子連れホテル仙台アンパンマンミュージアムに近いホテル仙台子連れホテルディズニー子連れホテル宇都宮子連れホテル名古屋子連れホテル
【子供向け施設・イベント】子連れディズニーランド/アンパンマンミュージアム(仙台横浜)/葛西臨海公園足立区都市農業公園横浜四季の森公園国立国会図書館国際子ども図書館おかあさんといっしょファミリーコンサート必勝法速水けんたろうファミリーコンサート

2020年からのプログラミング教育って何をやるの?

ではまず、2020年からのプログラミング教育は何が行われるのでしょうか。

「プログラミング」という教科が増えるわけではない

まず最初に勘違いしがちですが、科目に新しく、「国語」「算数」といったレベルで、「プログラミング」という教科が増えるわけではありません。

結構ここから勘違いされる方が多いので、この点は注意しておきましょう。

何が変わるのかといえば、今ある「国語」「算数」という教科の中で、プログラミング的思考をはぐくむ教育を行う、という事が変わっています。

これだけだとイメージがわきずらいので、具体的な例示もされています。例えば「算数」で正多角形を作図したり、「音楽」では音楽を作ってみたり…といったように、既存の教科に盛り込むような形になっています。

こういった事を行う狙いとしては、プログラムの働きや良さに気づいてコンピューター等を上手に活用して身近な問題を解決したりすることを目的としています。

詳しい内容は文部科学省が「小学校プログラミング教育の手引」を出しています。教員向けのものですが、ポイントはまとまっているのでわかりやすいです。

子供に向けて何か特別な事を行う必要は無い

航空科学博物館/成田空港
航空科学博物館/成田空港

なので、科目が増えるわけではないんですよ。

そのため、親目線で考えて、何か特別に「プログラミング」に備えて何か特別な対策を行う必要があるかといえば、正直あまり無いと思います。

これが科目が増えて、成績もついて…となるといろいろと話しが別になってくるとは思うのですが、現時点ではそこまでは予定されていません。なので正直、特別に対策したところで、何か目に見えて結果が出るわけではないのが正直な所ですね。

なので実際に子供達が授業で実際に触れてみた内容によって、どう感じたか、楽しかったのか、苦手なのか。もっといろいろ学んでみたいのか、といったフォローアップをすればそれで十分なのかな、と感じます。

「プログラミング的思考」は身につけておきたい

ただ、文部科学省が言っている所の「プログラミング的思考」という観点は、私自身がシステムエンジニアだから、という理由はあるにせよ、非常に重要なポイントであると考えています。

お子さんが将来、どういった職業を希望しているかにもよるとは思います。ですが、ほとんどの仕事でコンピューターを扱う事は必要です。そういった際に、「プログラミング的思考」が身につけられているか身につけられていないかで、コンピュータと向かい合う姿勢は大分と変わってくるのかなと思います。

私自身、小さいころから意識していたわけではないのですが、コンピューターと多く触れ合っていました。結果として、「プログラミング的思考」が身につくような触れ合い方ができたのかなと思います。

その事で現在の仕事を希望して働いています。もちろん、他の仕事であっても、コンピューターを使う上ではかなり活用できる考え方だと思うので、実際に社会に出てはたらく上ではかなり汎用性が高いかな、と私自身は感じています。

「プログラミング的思考」の向き不向きは激しい

そういった点から、国も重点的に力を入れ始めているプログラミング教育なので、せっかくだからお子さんが興味を持つようであれば是非、教えたいところです。

ただし、やはり特殊性がある能力だとは思うので、お子さんが興味を持つようであれば、という前提がつくかなと思います。

私自身の体感としては、向き不向きがかなりはっきり出るのがプログラミング教育だと思います。

実際、今でもコンピューター関連の専門学科は大学でも数多くあり、高校でもあるほどです。ですが、希望した人でもこの「プログラミング的思考」ができる人はかなり少ないな、という体感です。

私自身は大学は情報系学部で学んでいましたが、その中で挫折した同級生は多数いました。その殆どがこの「プログラミング的思考」ができなかった同級生ですね。

向き不向きがかなり出ます。私自身としては、早期に教え込む事でもしこの「プログラミング的思考」が身に着けられるならそれで良しだと思います。今後活用できる能力になる事でしょう。

反対に、もしかなり苦手とするのであれば、それはそれで特性なので。早いうちからそういったものを苦手とする事が分かっておけるのも、この情報化社会だとまた大事なのかなと思います。

プログラミング教育って何をするの?

では、実際プログラミング教育って何をするのでしょうか?

おそらく、皆様がなんとなくイメージするプログラミングは、以下のようなものだと思われます。

プログラミング(イメージ)
プログラミング(イメージ)

これは今みている、このブログを動かすために使われているプログラムの一部です。なんとなくプログラミングというと、こういった英文をかたかたかたと打ち込む…といったイメージを持たれている方が多いのかなと思います。

実際、社会にでるとこれになる事も多い(そうでない場合もある)のですが、いきなりこれをやっても子供は興味を持てません。そりゃそうですね。

最近だとより子供向きの教育用のものが何種類かでています。入門用としてはまずそういったところから入る事となりますね。以下のようなものです。

SCRATCH
SCRATCH

こちらはかなりメジャーな、プログラミング学習用のツールで、「SCRATCH」というものです。MITメディアラボ(米マサチューセッツ工科大学内の研究所)が作成したもので、無料で公開されている事から世界中で使われています。

日本国内でも、NHK Eテレで放送されているプログラミング講座(講師役は厚切りジェイソン)「Why!?プログラミング」でも採用されています。

画像みればなんとなくわかると思いますが、サンプルではイラストのキャラクターを動かすために、プログラムを組む形になっています。

このパーツは、タッチ操作で自由自在に組み替える事ができるのでかなりとっつきやすいかなと思います。プログラミングの概念を学ぶ上では非常に優れたツールなので、まずはこういったものから入るのが良いのかなと思います。

実際これで意味あるの?と思われる方もいるかもしれませんが、私の体感上ではかなり意味あると思います。これ、適正があるお子さんならかなりさくさくとできるんですよ。そんな難しくなく。これがさくさくとできるかできないかで、お子さんの適正がわかるかなと思います。

おすすめのプログラミング教材

ではおすすめのプログラミング教材なのですが、基本的に無料で公開されているものが多いので、お子さんにまずはやらせてみるのがいいのではないでしょうか。

代表的なものは先ほどあげた「SCRATCH」。こちらを何故おススメするのかといえば、無料で教材も、番組も使用できるから。

動画は先ほどご紹介した、NHK Eテレで放映されている「Why!?プログラミング」。ネットで過去の放送回も一通り視聴する事ができます。せっかく払っている受信料なので、こういうところできっちり有効活用したいところ。講師役が厚切りジェイソンなので、お子さんでもかなりとっつきやすいのは良いなーと思います。

ここで使われているのが「SCRATCH」ですね。基本的な使い方から番組で解説してくれているので、是非みてみて始めるのが良いのかなと思います。

プログラミングスクールはどうするか?

いきなりプログラミングスクールに行くのはお金の無駄だと思います。子供も楽しめるか怪しいので…。

お子さん向けにいろいろと無料で楽しめる教材があるので、まずはお子さんが楽しめるのか?適正があるのか?というところをきちんと見た上で、実際に触らせてみて、楽しんでいるか、を見た上で始めるのが一番だと思います。

いきなりプログラミングスクールやらせるぞ!となっても、お子さんが何がしたいのかが分からないはずです。そもそも親がプログラミング教育って何なんだ?ってわかっているのかも結構怪しいはずですし。一般的な塾(勉強もそうですが、空手とかピアノとかもそうですね。)と比べて、何をするのか、何をさせるべきなのかが分かりにくいのがプログラミングスクールだと思います。

なので、まずは上記の無料のツールなどを活用してみましょう。その中で、お子さんが何が楽しめて、何が楽しくなかったのかを知るところから入るのが良いと思います。

その上で、例えば最近はやりのだとロボットをプログラミングで動かしたり。レゴをプログラミングで動かしたりといったものもあったりします。お子さんが楽しんで学習できるために、どういったもので学ばせるかは結構大事です。

まずイメージを沸かせるために、実際に触らせてみてから判断する事をおススメします。

さいごに

以上、子供のプログラミング教育についてまとめました。

実際、プログラミング教育、と言われてすぐピンとくる親御さんってどれだけいるのかな…と思ったりします。私自身は本職ではありますが、「子供向けの教育」となると最初あまりピンとこなかったのは事実ですね。

ただ、私自身が学生だった頃(既に2X年前の話ですが…)と比べると、かなりいろんな教育ツールが、しかも無料で充実してきています。

今の子供たちは羨ましいなあ、と思うのも事実です。是非皆様のお子様にも、活用してみてはいかがでしょうか。