宿泊ブログ:成田東武ホテルエアポートに泊まりました

外観/成田東武ホテルエアポート

千葉県成田市にある上級ホテル、「成田東武ホテルエアポート」に泊まったので、その際の様子と、泊まる際にしっておきたいポイントをまとめました。

もしよろしければ、以下の成田空港関連の記事も併せてご覧ください。

  • 旅行好きに本当におすすめのクレジットカード
  • マリオットゴールド会員の特典付与(空室状況等により対応可能な場合は、ルームアップグレードや午後2時までのレイトチェックアウトの特典あり)
  • マリオットポイントは3%、航空会社マイルは最大1.25%と高還元率
  • 年会費49500円。年間150万円以上の利用で、50000ポイントまでのホテルで利用できる無料宿泊券が発行。
当サイトからの紹介により入会すると、ポイント還元額が増額され、合計45000ポイントの還元になります。
紹介は、こちらの記事からご連絡を頂くか、以下のLINEの登録をお願いします。

\こちらからLINEでURLを自動発行します/

友だち追加

自動応答メッセージで登録URLをお送りします。LINEシステムの制約で、ここから友だち追加をしただけでは、私から個別のチャットができないようになっていますのでご安心ください。

ただし、チャットで質問等のメッセージを頂いた場合は、私と個別にメッセージのやりとりが可能になりますので、その場合は質問対応のみチャットで行います。上記のマリオットアメックスに限らず、その他何か旅行に関する質問などがもしございましたら、対応しますのでお気軽にご連絡ください

もくじ

成田東武ホテルエアポート ホテル情報

「成田東武ホテルエアポート」のホテル情報は以下の通りです。

項目内容
ホテル名称成田東武ホテルエアポート
系列東武ホテルマネジメント
運営直営
住所〒286-0106 千葉県成田市取香320-1[Google Map]
成田空港第3ターミナルより徒歩7分
成田空港第2ターミナルより徒歩15分
成田空港、成田駅から送迎バスあり
客室数484室
開業年月1987年7月(東武グループとしての開業年月)
リニューアル2012年01月 東京スカイツリー・オフィシャルホテルに決定
2010年12月 成田東武ホテルエアポートに改称(ホリデイインと提携解消)
1992年07月 西館が開業
1987年07月 東武グループに営業移管 
      ホリデイ・イン東武成田に改称
1975年10月 ホリデイ・イン成田として開業
公式サイト【公式】成田東武ホテルエアポート
「成田東武ホテルエアポート」ホテル情報

総合レビュー

成田東武ホテルエアポート
上級ホテル

総合レビュー

いまいち
3
おすすめ

個別レビュー

部屋
悪い
3
良い
食事
悪い
3
良い
立地
悪い
5
良い
設備
少ない
3
多い
価格
低コスパ
4
高コスパ

成田東武ホテルエアポートの良いと感じた点

  • 空港に近い。第3ターミナルまでは徒歩7分で行ける
  • 比較的お値段が抑えられているので、お財布に優しい
  • 京都クラフトマート(簡単なお土産と売店)とマツモトキヨシが併設
  • A滑走路とB滑走路に挟まれた立地のため、お部屋から飛行機が見える部屋が多い

成田東武ホテルエアポートで微妙だった点

  • 空港は近くて便利だが、徒歩で行く際に道は非常に分かりづらい
  • ディナービュッフェは内容は良いが定価が高い
  • 水回りが古い

レビュー

1975月にホリデイ・イン成田として開業。成田空港エリアでは、空港開業に合わせて開設された、二番目に古いホテルになります。ここの一番の魅力は何といっても立地でしょうね。第3ターミナルまでわずか徒歩7分という立地は非常に便利です。宿泊費も安めですのでLCC利用の方にはこのホテルは最適でしょう。その立地のおかげなのかお客さんの中にはアジア系の方も多く見かけました。

実際に第3ターミナルまで歩いて行ってみましたが、本当に近いです。ただそこまでの道のりが特にわかりやすく明示されているわけでもなく、ここ業者搬入口だよね?と本当に入っていいのか迷ってしますような道でした。警備員がたっていて、止められるのではないかと若干ハラハラしながら、通過しましたが、はい、どうぞ~という感じで、むしろ優しく(笑)て拍子抜けでした。

約50年前の開業となるため、古さはあるホテルですが、適宜リニューアルは実施されているので、清潔感はありました。ただ、水回りに関しては、きれいにしはしていますが古さを感じます。ただ、その分お部屋は広々として、快適でした。

外観・ロビー

ロビーも広々として快適です。途中増築したということもあり、横長に伸びた少し変わった作りになっています。送迎バスが成田駅からと成田空港の第一・第二ターミナルからでています。

部屋(デラックスツイン)

今回はデラックスツインに泊まりました。エキストラベッドを追加しています。

部屋はとても広々としていて、ゆったりできました。エキストラベッドをいれてもこの余裕はさすがです。これは都内では味わえない広さですね。

部屋からは飛行機がみえました。またそれだけでなく、貨物センターが近くに見え、夜になると明かりのおかげでそこで人や荷物が動いているのが見えます。航空貨物が24時間休むことなく動き続けているのが身近に感じられます。さらには夜中でもそこに働いている人がいるのだと思うと、24時間世の中はうごいているのだなと感慨にふけってしまいました。

水回りは確かに古いです。ただよく清掃はされているので汚いと感じることはありませんでした。

アメニティもきちんとしていますね。

その他設備

ロビーのちょっと奥に京都クラフトセンターという売店が併設されています。こちらのお店では手前が和雑貨のお土産屋さんで奥がコンビニのようになっています。またマツモトキヨシも併設しているので、なにかなくて困るということはなさそうです。

私達は利用しませんでしたが、別途1100円でフィットネスを利用できます。屋内にプールやジャグジー、小さめの浴場も完備しているので、小学生のお子様でも楽しめるかと思います。

夕食

今回は夕食、朝食と利用したので紹介したいと思います。

ディナービュッフェは定価で5800円。ヒルトン成田が5200円(無料会員登録で10%OFFあり)、日航成田が5000円(無料会員登録で4000円)ですので、エリアトップクラスのお値段のディナービュッフェです。

内容としては良かったですが、この値段の差を納得できるか…といわれると個人的には微妙なところです。(この中なら日航成田が一番コスパ良く感じました)

なので定価で行くことは無いですが、宿泊とセットのプランであれば割引がきいて安くなる場合もありますので、そういった場合にセットにするのはお勧めです。周辺ホテルと比べると、定価は正直疑問です。

くりかえしますが内容そのものは良かったです。東武とヒルトンと日航で満足度は同じぐらいなので、定価の差が目立つのが気になった点ですね。舞浜のシェラトンですら、定価でも平日だと6000円でディナービュッフェいけるんですよ。それを考えるとちょっと割高に感じてしまいます。

会場は改装したばかりなのでしょうか。きれいでした。食事が並んでいるエリアは少し狭い作りになっていて、その分ぎっしりと食べ物が並んでいました。

サラダやパンといったラインナップ。しっかりそろっているのがうれしいですね。雰囲気が良いですし、ディスプレイも良いです。

食事はしっかりバリエーションがあったので良かったと思います。

特にライブキッチンが豊富だったのは非常に良かったです。ビーフステーキ、てんぷら、本格麻婆豆腐と3種類もあり、それだけでも満足なラインナップです。特にその場で作ってくれる麻婆豆腐はとてもおいしかったです。

デザートの種類が豊富で一品なくなったら、同じものではなく、別のデザートがでてきたので、全部食べるには、デザート分のおなかの空きを残しておかないと後悔しそうです。チョコファウンテンもありましたし、家族連れもちらほらいたので、子供向けへのこういう配慮はありがたいです。ソフトクリームとこのたくさんのデザートで子供たちも喜んでいました。

朝食

朝食会場も夕食と同じ会場です。朝食は万遍なくバランスよく、適度な量でした。

ライブキッチンではオムレツを作っていただきました。朝食では奇をてらったのは出ませんが、どれもおいしく、満足です。

さいごに

このホテルは最高に立地がよく、コスパもいいのでそれだけでも空港に向かう方には価値があるでしょう。

私は窓からの貨物センターの景色になぜか感動してしまいました。総じてゆっくり、快適に過ごせたので、第3ターミナルを利用する際にはまた利用したいと思います。きっとこれからもっと海外旅行客を受け入れるようになれば、こちらのホテルはアジアからのお客さんが増えそうな気がします。そうなったらよりインターナショナルな情緒を感じられるのかもしれません。それはそれで楽しみです。

もくじ