新浦安のホテルで安いのはどこ?実際に泊まってまとめてみた

東京ベイ東急ホテル/新浦安

ディズニーへ泊まりで行きたいけど、極力費用は抑えたい…。エリアは新浦安でいいから、極力お値段がお手頃なホテルはないの?

といったような方に向けて、新浦安でお値段が安い傾向にあるホテルについてまとめました。

ディズニー関連の記事は、以下の記事でもまとめていますので合わせてご参照ください。

  • 旅行好きに本当におすすめのクレジットカード
  • マリオットゴールド会員の特典付与(空室状況等により対応可能な場合は、ルームアップグレードや午後2時までのレイトチェックアウトの特典あり)
  • マリオットポイントは3%、航空会社マイルは最大1.25%と高還元率
  • 年会費49500円。年間150万円以上の利用で、50000ポイントまでのホテルで利用できる無料宿泊券が発行。
当サイトからの紹介により入会すると、ポイント還元額が増額され、合計45000ポイントの還元になります。
紹介は、こちらの記事からご連絡を頂くか、以下のLINEの登録をお願いします。

\こちらからLINEでURLを自動発行します/

友だち追加

自動応答メッセージで登録URLをお送りします。LINEシステムの制約で、ここから友だち追加をしただけでは、私から個別のチャットができないようになっていますのでご安心ください。

ただし、チャットで質問等のメッセージを頂いた場合は、私と個別にメッセージのやりとりが可能になりますので、その場合は質問対応のみチャットで行います。上記のマリオットアメックスに限らず、その他何か旅行に関する質問などがもしございましたら、対応しますのでお気軽にご連絡ください

もくじ

結論:おすすめの新浦安の安いホテル3選

では早速行きましょう。私自身が実際に泊まってみておすすめする、新浦安エリアで安いホテルでおすすめなのは以下の3件です。

私の独断と偏見で選びました
新浦安エリアの安くておすすめなホテル3軒
  • 少しお金を足して快適なホテルがいいなら「東京ベイ東急ホテル」
  • 外資系ならではの雰囲気が良さ「イビススタイルズ東京ベイ」
  • とにかくお値段を徹底的に安くなら「マイステイズ新浦安コンファレンスセンター」

お値段を気にする場合、パートナーホテルはどうしても高くなってしまうのでパートナーホテルをあきらめる必要があります。また、新浦安の駅から遠ければ遠くなるほどお値段も下がるので、そういった立地のホテルも選ぶ必要があります。

結果選ばれたそれぞれのホテルのご紹介をしていきましょう。

コスパナンバーワンホテル「東京ベイ東急ホテル」

お部屋(サンライズビューツイン -KAZE-)/東京ベイ東急ホテル
お部屋(サンライズビューツイン -KAZE-)/東京ベイ東急ホテル

エリアで最もコスパが高いホテルだと思っているのは、個人的には東京ベイ東急ホテルです。

かなり満足度が高いホテルなのですが、お値段が安いのはひとえに立地の悪さ。新浦安駅から徒歩30分はかかりますからね、なかなか歩いていくのは難しいです。

とはいえもちろんそこらへんは対策されていて、パークへも、新浦安駅へも、しっかり無料の送迎バスは出ています。なのでそこまで不便、ってほどではないですね。ホテルにコンビニが併設されているのもポイント高いです。

朝食/東京ベイ東急ホテル
朝食/東京ベイ東急ホテル

ここで上げた中では一番お値段が高くなりがちなのは正直なところですが、お部屋は広いですし、高層階だと景色も良いですし、朝食も気合が入っていておいしくて良いです。

特に朝食はかなり気合はいっていますね、こちらのホテル。新浦安は安くておいしい食事を出すところが多いのですが、その中でも全然戦える良い朝食でした。ぜひセットでいただいてほしいところ。

外観/東京ベイ東急ホテル
外観/東京ベイ東急ホテル

これ普通にいい立地にあったら、しっかりとしたお値段を取る良いホテルだと思うんですよね…。実際それでも私納得いきますもん。でもこれだけのお値段に抑えられているのは、ひとえに立地が悪いからです。

ただ逆にこのお値段でこれだけのホテルに泊まれるので、個人的にはかなり満足です。おすすめです。快適性を重視される方はこちらをぜひ検討してみてください。

外資系らしい雰囲気の良さで選ぶなら「イビススタイルズ東京ベイ」

お部屋(スーペリアルーム シングルベッド3台)/イビススタイルズ東京ベイ
お部屋(スーペリアルーム シングルベッド3台)/イビススタイルズ東京ベイ

外資系らしい、雰囲気がすごい良い環境で泊まりたい、でもお値段を抑えたい場合にはこちらの「イビススタイルズ東京ベイ」がおすすめです。

イビスはフランスの外資系、アコーズホテルの系列のホテルですね。こちらのホテルチェーンの特徴は、とにかくホテルの雰囲気が良いこと。もちろんお値段抑えらているので、いわゆる「ビジネスホテル」と同等ランクのホテルではあるのですが、なんか得した気分になるホテルです。

ロビー/イビススタイルズ東京ベイ
ロビー/イビススタイルズ東京ベイ

写真見ていただいたほうがいいですかね。ロビーとかもこんな感じですごい雰囲気がいいんですよね。

お部屋は正直そんなに広いわけではないのですが、でもやっぱ雰囲気が良いホテルなのはうれしいですね。ロビーにはお部屋で読むように借りれる漫画がおいてあったり、アメニティは必要なものをしっかり選べるようになっていたりと細かいところも行き届いていると感じました。

朝食/イビススタイルズ東京ベイ

朝食もお値段比較的抑えられていて、でもこんな感じで雰囲気が良いのでおすすめです。

お値段抑え気味なので、種類がすごい多いってわけではないのですが、できたてクロッフルを自分で作れたりと工夫できるのがうれしいですね。というか、焼き立てのクロッフル普通においしかったです。びっくりしました。焼き立てこんな美味しいんですね。

こちらはかなりお値段も抑えられている事が多いので、お値段重視の方でもこちらはかなりおすすめですね。

詳細な宿泊レポートは以下の記事にもまとめています。

徹底的に安さを重視するなら「マイステイズ新浦安コンファレンスセンター」

お部屋/マイステイズ新浦安コンファレンスセンター
お部屋/マイステイズ新浦安コンファレンスセンター

とにかく徹底的に安さだけを重視したいんだけど…。という場合。

新浦安エリアで選ぶのであれば、こちらが最安値になっている事が多いと思います。「マイステイズ新浦安コンファレンスセンター」。

マイステイズは低価格系のビジネスホテルですね。ただとはいえ、立地的にディズニー客が多いと思われ、実際ホテルからは本数は限られますがパークへの直通バスも出ていたりします。

外観/マイステイズ新浦安コンファレンスセンター
外観/マイステイズ新浦安コンファレンスセンター

ただ新浦安にあるホテルでは一番ビジネスらしさが出ていますかね…。もちろんディズニー客はそこそこいるんだと思うんですが。

ただこちらは、用途として、お隣の大学の試験時の前泊用とか、企業研修用に1フロアまるまる会議室になっていたりとか、そういった場合にも使われているみたいですね。なので変なタイミングでお値段があがったりするので、その点はご注意を。

こちらのホテル自体、2009年4月の開業なのでそこまで古いわけではないです。なので、本当に泊れればよい、という用途であれば普通に快適に泊れるのではないかな、と思います。

さいごに

新浦安駅/浦安
新浦安駅/浦安

以上、新浦安エリアの安くておすすめなホテルについてご紹介しました。

実際どのホテルも快適に過ごせると思います。お値段みつつ、お好みでピンときたホテルに泊まっていただければよいかなと思います。

皆様の快適なディズニーライフのお役に立てればうれしいです。

もくじ