ディズニーのオフィシャルホテル、おすすめは?実際に泊まってみてまとめました

URLをコピーする
URLをコピーしました!
のぶ
海外・子連れ旅行ブロガー
旅行大好きな2児の父。

国内から海外まで、いろんな場所に訪れた経験をもとに、様々な観光情報と子供との生活をより楽しむための楽しくするための情報をお届けします。

東京ディズニーリゾートには、6つのオフィシャルホテルがあります。

それぞれいきなり選ぼうとすると、どういった特徴があるのが分からなくて、中々選ぶのが大変なものです。

そこでここでは、複数のオフィシャルホテルに宿泊したことのある私が、実際に宿泊してみた上でホテルの選び方をまとめてみました。

実際に複数のホテルに泊まってみて案内します
この記事で分かる事
  • オフィシャルホテル一覧
  • オフィシャルホテル特典
  • 各ホテルの楽天トラベルのレビュー評価まとめ
  • 各ホテルの特徴と選ぶポイント
  • 独断と偏見で決めた各ホテルの選び方

皆様のディズニーのお役に立てれば嬉しいです。

もくじ

東京ディズニーリゾート オフィシャルホテル一覧

東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルは、以下の6ホテルになります。

  1. 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート(1986年7月開業、客室数696室)
  2. シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル (1988年4月開業、客室数1016室)
  3. ヒルトン東京ベイ(1988年7月開業、客室数828室)
  4. ホテルオークラ東京ベイ(1988年7月開業、客室数427室)
  5. グランドニッコー東京ベイ(1990年5月開業、客室数703室)
  6. 東京ベイ舞浜ホテル (2007年3月開業、客室数428室)

開業順に並べています。

なお、名前に違和感がある方。ディズニーのオフィシャルホテルは建物は変わって無いのですが、運営やブランドが変わったホテルもあります。具体的には以下のように変わっています。

  1. サンルートプラザ東京 → (2019年10月~)東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート
  2. (シェラトンは変更なし)
  3. (ヒルトンは変更なし)
  4. 第一ホテル東京ベイ → (2002年4月~)ホテルオークラ東京ベイ
  5. 東京ベイホテル東急 → (2010年10月~)東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート → (2020年7月~)グランドニッコー東京ベイ
  6. (東京ベイ舞浜ホテルは変更なし)

とこんな感じで変遷があります。結構ちょいちょい変わっているのでご注意を。これらの建物、内部のリニューアルは行われていますが、同じ建物で運営されています。

オフィシャルホテルの特典

これら6つのオフィシャルホテルに宿泊した場合には、以下のサービスが受けられます。

現在、社会情勢のため以下の特典が使えない場合があります。特にチケット購入や入園保障は現在は利用できません。詳細はディズニー公式サイトなど、公式情報をご確認ください。

  1. チケット購入が可能
    • ディズニーランド、ディズニーシーのチケットを、ホテル内で購入することができます。
  2. 入園保障
    • 夏休みやGW等、最混雑期は入場規制がかかる事がありますが、その場合でもホテル宿泊者は入場が可能です。
  3. ディズニーリゾートの最新情報が利用可能
    • 開園・閉園時間やイベント情報等、最新のディズニーリゾート情報をホテル内で受ける事ができます。
  4. ホテル内にディズニーオフィシャルショップ
    • 各ホテルには、「ディズニーファンタジー」というオフィシャルショップがあり、こちらでディズニーグッズを購入する事ができます。
  5. バゲッジデリバリーサービス
    • 舞浜駅前の「ウェルカムセンター」で荷物を預けると、ホテルまで届けてくれます。
  6. ステーションデリバリーサービス
    • チェックアウト時に預けた荷物を、舞浜駅前の「ウェルカムセンター」で受取る事ができます。(有料)
  7. ホームデリバリーサービス
    • 荷物を自宅まで送れる宅配便カウンターがあります。(有料)

楽天トラベルのホテル評価

私自身、国内ホテルに泊まる上で、楽天トラベルのホテル評価はかなりがっつり見ます。個人的にいろんなレビューがありますが、楽天トラベルのホテル評価は、かなり精度が高いと感じています。

2021年10月27日時点では、各ホテルのレビュー評価は以下の通りとなっていました。

ホテル名点数
(5点満点。カッコ内はレビュー者数)
ホテルオークラ東京ベイ4.57点(9259件中)
グランドニッコー東京ベイ4.43点(472件中)
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル4.27点(12602件中)
東京ベイ舞浜ホテル4.26点(9134件)
ヒルトン東京ベイ4.23店(12268件)
東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート4.02点(10876件中)
東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル 楽天レビュー一覧

個人的にはかなり納得感のあるレビューです。

1つだけ注意するとすると、グランドニッコーはブランド変わりたてで、現在全館大リニューアルが実施中です。綺麗なお部屋は本当に快適なので、その分点数が上がっているな、という感じはあります。

とはいえ、ブランド変更前も4.2~4.3点ぐらいでしたので、評価は良かったと思います。評価良かったホテルが、リニューアルで更に評判が良く、といった感じですね。

それ以外はこんなものだと思います。

各ホテルの特徴と選ぶポイントについて

6個あるとどう選んでいいの…?という気持ちになりがちですが、実は結構それぞれのホテルは特色があったりします。なのでわりと選ぶのは簡単です。

ここでは、それぞれのホテルについて、選ぶ際のポイントをまとめました。

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート/舞浜
東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート/舞浜

最初は「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート/舞浜」。その名前の通り、舞浜エリアでは、全ホテルの中で一番最初に開業したホテルです。

客室数は696室と中堅どころ。こちらのホテルを選ぶポイントはなんでしょうか。

一言で言えば…

ディズニーランドを全力で、お得に楽しむためのホテル。

良いポイント
気になるポイント
  • オフィシャルホテルでは最も価格帯が安いホテル
  • ディズニーランドへは歩いて行けるほどの近さ
  • ディズニーシーにはかなり行きにくい
  • ホテル自体の評判は普通
  • 設備もそんなに新しいわけではない(部屋による)

ホテル公式のプロモーションビデオを見てみましょう。こういうのは「ホテルの自己紹介」なわけで、雰囲気をつかむには非常に大事です。

もう端的に行ってしまえば、オフィシャルホテルの中でも値段に割り切ったホテルです。オフィシャルホテルの中では一番安い値付けをされている事が多いです。

とはいえ、ディズニーを全力で楽しむんだ!だからホテル費用はそこまでかけたくない!という方、もちろんいると思います。そういう方にはうってつけなのかなあ、と思いますね。

特にランドへのアクセスは非常に便利です。

はオフィシャルホテルでは唯一、直通のシャトルバスが出ています。歩いても1キロかからないくらいなので、10~15分も歩けば付きます。オフィシャルホテルの中では抜群のアクセス条件ですね。(ほかのホテルは舞浜駅行きのバスで歩くか、ディズニーリゾートライン利用になる)

ただシーは直通のシャトルバスはなく、ディズニーリゾートライン利用になります。そしてディズニーリゾートラインからはちょっと距離があるのがこのホテルです。まあたいした差ではないですし、シャトルバスはあるので、そこまで気にしなくていいと思います。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

ガーデンプール/シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
ガーデンプール/シェラトン・グランデ・トーキョーベイ

続いては「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」。

客室数1016室と、舞浜エリアでは一番大規模なホテル。舞浜どころか、日本全体でもトップ20に入る客室数を誇る、超大型のホテルです。

こちらのホテルを選ぶポイントはこちら。

一言で言えば…

シェラトンブランドのラグジュアリーホテル。規模感を活かした美味しい朝食と豊富な施設が売り。

良いポイント
気になるポイント
  • 朝食ビュッフェはトップクラス。おいしくて、かつ規模感を活かしたバリエーションの豊富な朝食が味わえる。
  • 雰囲気が全体的に非常に良い。さすがのシェラトン。
  • 子連れに嬉しいプール・プレグラ・コインランドリー・フォトスタジオ完備。施設が豊富。
  • お値段はややお高めになりがち。

お値段はややお高めですが、私自身としては迷ったらここが良いかなと。特にファミリーであれば、ファミリー向け施設が豊富なのでこちらがおススメです。

空気感がシェラトンですね。すごい良い感じです。カップルでもファミリーでも、安心して訪れる事ができるホテルです。

特にポイントとなるのは朝食でしょうか。こちらのホテルは、そもそも朝食が美味しいのに加えて、ホテルの台規模感を活かしてラインナップもとても豊富なものになっています。

私自身結構いろんなホテル行ってきたと思いますが、こちらの朝食は美味しさも種類も非常にレベルが高かったと思います。おススメです。

ホテルのレポートはこちらにまとめているので、よろしければ併せてご覧ください。

ヒルトン東京ベイ

ロビー/ヒルトン東京ベイ
ロビー/ヒルトン東京ベイ

お次は「ヒルトン東京ベイ」。客室数828室は以前は舞浜トップだったのですが、2016年にシェラトンが増築したため、現在は舞浜2位の規模になっています。

こちらのホテルのポイントはこんな感じです。

一言で言えば…

ヒルトンらしい安定感のあるホテル。館内コンビニ併設は、オフィシャルホテルで唯一。

良いポイント
気になるポイント
  • ホテル内にコンビニが併設。お値段も通常価格なので非常に便利。
  • 他のオフィシャルホテルと比べるとあまり売りらしい売りが無い気が…

はっきり言えば無難なホテルです。とにかく無難。

ファミリー向けには売りがあって、ハッピーマジックルームというお子さんが喜ぶ仕掛けがあるお部屋があるんですよ、こんな感じです。

お部屋/ヒルトン東京ベイ
お部屋/ヒルトン東京ベイ

ファミリールームらしく、ベッドも4台ある部屋があります。大きいお子さん連れでも安心です。

あとは館内併設のローソン。これはね、助かるんですよかなり。舞浜エリア、まともな買い物ができるのは駅前のニューデイズとイクスピアリだけですからね。駅前出るにもバスでそこそこ時間かかって結構面倒(これはドのホテルもそう)なのですが、ここは館内にローソンがある。

なので夜お部屋でプチパーティーなんて時でも便利なのは嬉しい所。

…なんですが…。ファミリーにはこの2つは結構大事なポイントなんですが、子連れじゃないとちょっと弱いかなあ、という感じですね。

全体的に可もなく不可もなくで無難ではあります。ただ結構他のホテルがそれぞれ売りがあったりするので、そういうのを踏めるとちょっとインパクト弱いかなあ、と感じてしまうのは正直な所ですね。

楽天のレビューでもそんなに差があるわけではないのですが、下の方が定位置です。これはそういう事なんでしょうね。はっきりこれがダメ、というのがあるわけではなくて優秀なんですが、他と比べるとちょっと弱いかな、という…。

ファミリーだと良いと思うんですけどね。

ホテルのレポートはこちらにまとめていますので、併せてご覧ください。

ホテルオークラ東京ベイ

ホテルオークラ東京ベイ/舞浜
ホテルオークラ東京ベイ/舞浜

続いて「ホテルオークラ東京ベイ」。客室数427は、オフィシャルホテルとしては最も少ない数。

実際問題、ホテルとしては400室もあれば十分大型ホテルなのですが、倍以上の客室数のホテルが林立する舞浜エリアだと、少なく感じてしまいますね。

ポイントはこんな感じでしょうか。

一言で言えば…

全室44㎡以上の広さを誇る、オークラホテルらしい高級感に溢れたホテル。落ち着いた時間を過ごしたいなら。

良いポイント
気になるポイント
  • 全室44㎡以上で広々としたお部屋。
  • 楽天トラベルレビューでトップをひた走る、満足度の高さが売り
  • 和室が豊富にある
  • お値段は結構お高め
  • 子連れ向き設備は少ない

シェラトンが36~40㎡、ヒルトンが35~40㎡の客室が標準の中、一番狭いお部屋でも44㎡というお部屋の広さが快適性のポイント。

規模感は舞浜では大きくないため、設備が揃っているわけではありません。ですが、オークラ&ニッコーホテルらしい、安定感のあるサービスが売りです。

楽天トラベルのレビューでは、オフィシャルホテルでダントツのトップ。まあ、そうでしょうね、といった感じです。

日本人が好きな、王道の高級ホテルです。ただ雰囲気的には、ファミリーだとお子さんは退屈してしまうかもしれません。雰囲気を楽しむホテルですね。

グランドニッコー東京ベイ

アトリウム/グランドニッコー東京ベイ舞浜
アトリウム/グランドニッコー東京ベイ舞浜

続いては「グランドニッコー東京ベイ舞浜」。2020年7月にグランドニッコーにリブランド。あわせて大規模リニューアルが実施されており、今現在舞浜エリアで一番リニューアル時期が新しいホテル。

というか現在もリニューアル実施中です。客室はリニューアル前と後の部屋が混在しているので注意して下さい。

ここのポイントはわかりやすいですね。

一言で言えば…

12階建の中心部を吹き抜けにした、特徴的なアトリウムがうり。この中で食べる美味しい朝食は絶品。

良いポイント
気になるポイント
  • とにかくロビーにある吹き抜けアトリウムが圧巻。このために泊まるようなもの。
  • オークラニッコー系列らしい、種類も豊富で美味しい朝食
  • お部屋もリニューアルされており新しい
  • リニューアル前のお部屋だと設備がふるく感じる
  • (現時点では)プール無し、コインランドリーも無し。吹き抜けロビーが気に入らないと不満に思うかも。

ここはもう最高に分かりやすいです。この吹き抜けロビーが気に入るかどうかです。気に入らないなら不満に思うでしょうし、気に入れば印象的なホテルになるでしょう。

もう一個付け加えると、ここの朝食はレベル高いです。かなり。シェラトン舞浜と同じぐらいレベルが高いと感じました。甲乙つけ難いです。オークラニッコー系列は、台北、お台場、舞浜と利用した事があるのですが、全部朝食の満足度が高いです。安定感があって良いですね。

アトリウム/グランドニッコー東京ベイ舞浜
アトリウム/グランドニッコー東京ベイ舞浜

で、吹き抜けのアトリウム。いや素晴らしいですね。私が行った時は新成人なのかな?複数の女性が、着物を着て撮影してました。確かにここなら良い写真が取れるでしょうね…。真ん中に見える木の建物はチャペルだそうで、まあここならいい式があげられそうですね。

この吹き抜けは本当に雰囲気があります。圧巻です。

逆にこれが気に入らないと…。まあ朝食も美味しいし、お部屋もリニューアル後のお部屋は新しいしで十分なんですけどね。この吹き抜けが売りなので、ちょっと寂しくは感じてしまうかもしれません。これに魅力を感じるかどうかですね。私は好きです。

ホテルのレポートはこちらでまとめています。

東京ベイ舞浜ホテル

東京ベイ舞浜ホテル/舞浜
東京ベイ舞浜ホテル/舞浜

最後は「東京ベイ舞浜ホテル」。全オフィシャルホテルの中で、最も新しい2007年にオープンしたホテルです。客室数は428。一番少ないホテルオークラより1室だけ多い程度なので、舞浜としては小さい方ですね。

ここのポイント次の通りですね。

一言で言えば…

新しくて綺麗でお値段も抑え気味の高コスパホテル。予算抑えつつも快適に過ごしたいならここ。

良いポイント
気になるポイント
  • オフィシャルホテルで一番新しいホテル、設備が綺麗
  • 全室お風呂に洗い場付きで使いやすい
  • お値段も他のホテルと比べてお値ごろ
  • プールなどもない、実用的なホテルで、ラグジュアリーな感じではない

舞浜エリアで一番新しいホテルだけあり、設備も全体的に新しいなと感じます。それ以上の売りは正直あまり無いのは本音ですが、その分お値段が抑えられているのは非常に重要なポイント。

コスパが高いな、といった感じですね。お部屋で快適に過ごせれば問題ない!という方に向いています。

東京ベイ舞浜ホテル/舞浜
東京ベイ舞浜ホテル/舞浜

外観を別の角度から。円形のホテルって珍しいですよね。こんな感じで円形のホテルにぐるっと客室が並べられています。

シェラトンとかヒルトンとかまでは求めないけど、でもお部屋では快適に過ごしたいな…という方にお勧めです。

各オフィシャルホテルの選び方

では最後に、独断と偏見でそれぞれのオフィシャルホテルの選び方をまとめました。大体こんな感じで選んでいけば間違いないと思います。

とにかくディズニーに全力を出すので、ホテルはお値ごろがいい、でもディズニーランドに近くないと困る!

こういう方は、「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート」がおススメです。

ヒルトンとかシェラトンレベルは求めないけど、ホテルで快適に過ごしたい。

こういう方は、「東京ベイ舞浜ホテル」がおススメです。

雰囲気のあるホテルに泊まりたい。なんならホテルで記念写真とかも取りたい。そしておいしい朝食も食べたい。

こういう方は、「グランドニッコー東京ベイ」がおススメです。

外資系高級ホテルで、おいしい朝食を食べて、ホテルの雰囲気を最大限味わいたい。

こういう方は、「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」がおススメです。

外資系ホテルで、子供が喜ぶしかけがある部屋に泊まりたい。ホテルにはコンビニ位ほしい。

こういう方は、「ヒルトン東京ベイ」がおススメです。

とにかく日本人に向いた行き届いたサービスの、落ち着いて快適なホテルに泊まりたい。

こういう方は、「ホテルオークラ東京ベイ」がおススメです。

さいごに

お部屋/グランドニッコー東京ベイ舞浜
お部屋/グランドニッコー東京ベイ舞浜

以上、ディズニーオフィシャルホテルについて、選び方をご案内しました。

個人的にはシェラトンか、グランドニッコー選んでおけば間違いないと思っています。この二つが良いですね。ただ予算とか求めるものは個々人で違うと思うので、あとは皆様の条件に合ったホテルを選んでいただければいいのかなと思います。

皆様の旅のお役に立てれば嬉しいです。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる