海外用レンタルWiFiはお得なの?費用別に海外でスマホを使う方法をまとめました

海外旅行の予約は旅行代理店?個人手配?どうするのが良いかおすすめ方法まとめ

国際線駐機場/羽田空港

いざ海外旅行に行こう!と思ったときに、必要になるのは海外旅行の手配。

一昔前は、とりあえず旅行代理店に行くのが基本でした。ただ今はインターネット一通りの予約ができる時代。また、日本にもLCC(格安航空会社)が多く就航してきたこともあり、航空会社の利用方法も変わってきているのが現状です。

そうすると、結局どう海外旅行を手配したらいいの?と困るのも事実。そこでここでは、私自身の経験から海外旅行の予約をどうしたらいいのかをまとめました。

海外旅行を手配する方法について

成田空港
成田空港

いざ海外旅行へいこう!となったときに、旅行を手配する方法は2つあります。

旅行代理店のツアーを使用する

まずは昔からのおなじみ、旅行代理店を使用する、というもの。

旅行代理店とは具体的に、HISJTBといったパッケージツアーでおなじみの旅行代理店ですね。最近はこちらもインターネットから申し込みができるので便利ですし、不安であれば店頭で予約する、といった方法もあります。

旅行代理店のツアーは楽

成田空港
成田空港

旅行代理店での予約を利用する一番のメリットは、楽々予約ができること。

一度、パスポート番号や名前といった情報を入力したり、店頭で申し込みする必要はあります。ただ、それさえ終われば後はプランさえ決まればそれで完了です。実際これだけで済むのは、かなり楽。(個人手配だと航空券とホテルの日程の整合性とか、チェックしないといけないポイントが増えるのが手間だったりします)

もちろんインターネットで申し込む場合には、申込内容(名前のスペルや生年月日、旅行日程など)が間違ってないか厳重にチェックする必要はあります。が、一度だけ入力すればそれにあわせてすべての手配が完了するため、何度も何度も同じ情報を入力する必要はなく、楽々手配が完了するのが魅力です。

お値段がかなり安い事も

そして何よりも魅力的なのはお値段。特にセールとなっているプランは、価格が非常に安い。個人手配より安い事もあるのが魅力です。

…ただ、安くなっているプランは総じて理由があります。要は、利用者が少ないから安くなっている、という事には注意する必要があります。変な時間の航空便だったり、休める人が少ない時期の出発だったり。現地の気候があまりよくない時期だったり、と、そういった訳ありの商品だから安い、という点だけは注意する必要があります。(たまに航空会社の事情でとにかく席を売りたくて安い、というラッキーパターンありますが)

なので、普通の人が、普通に行きやすい旅程のプランは、普通にお値段がする事が多いです。こういったケースは、個人手配のほうが安かったりする事も。この点は注意が必要ですね。

旅行プランの自由は利かない

旅行代理店のデメリットとして、旅行プランの自由度があまり高くない事があげられます。

日程も短期間が中心で、例えばアジア圏は3泊~5泊程度の日程が多め。ホテルも決められたホテルから選ぶことになりますし、途中でホテルチェンジもできない事が殆ど。

例えばちょっと長い休みが取れたので、シンガポールと一緒にマレーシアのリゾートに行きたい、とか、そういったプランだとなかなか制約が多く実現できないのは難しい所。もしそういったツアーがあったとしても、お値段もあがりがちです。

予約サイトを使用して個人手配する

国際線ロビー/羽田空港
国際線ロビー/羽田空港

続いて予約サイトを利用した個人手配。

航空券だけHISJTBといった旅行代理店、もしくはJALANAの航空会社のサイトにて予約します。そしてホテルはExpediaAgodaといったホテル予約サイトから予約します。

少し難しそうだな…と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、海外旅行の手配といっても、実際は航空券とホテルさえ手配できれば行けます。なのでこの2つを取るだけなので、そこまで難しくはありません。

予約サイトでの個人手配は少し手間が多い

個人手配のデメリットは、少し手間がかかる事。

航空券は航空会社のサイトで、ホテルはホテル予約サイトで、と分けて取らないといけないため、入力する項目も多く手間が多いのは事実です。また、名前や日程などをきちんと考えて、間違えないように入力しないといけないもの神経を使います。特に深夜便とかを利用した場合に、ホテルの宿泊日がずれてないかとかのあるあるミスには自分で気を付けないといけません。旅行代理店だとこのあたりの手配は先方でやってくれるので、自分でやらないといけないのは大変な点ですね。

お値段は安く上がることもある

お値段は、旅行代理店の特価セールプランにはかなわないです。あれは航空会社か旅行代理店かホテルのどこかが、とにかく客を埋めたくて原価スレスレで出しているものなので、これにはかてません。

ただ、それ以外の標準的な場合だと、総じて安く上がる事が多いのかな、と感じますね。平均的にはお値段お安めだと感じます。

旅行プランの自由度が高い

そして魅力的なのは旅行プランの自由度が高い事。(もちろん自由度の高いプランを組むためには、その手間もまたかかりますが)

例えば観光ついでにちょっとリゾート地にもよってみたかったり、観光中心の日程のときはお安めのホテルにして、ちょっと疲れたところで高級ホテルでゆっくりしたり、といった自分に合わせた旅行プランを立てやすいのは個人手配のメリットです。

私が良くやるのは、普段はお安めの宿にしておいて、帰国直前はマンダリンオリエンタルやシャングリラといった高級ホテルに1泊してゆっくりするプランだったり。ちょっと長期の休みが取れたときに、観光+リゾート地のプランにしたり、と、こういった手配が好きにできるのは個人手配のいい所ですね。

…半面、好きにやれば好きにやるほど手間もかかるので、このあたりは難しい所ですが。

旅行代理店と予約サイトでの個人手配はどちらがいいのか?

マリーナベイ/シンガポール
マリーナベイ/シンガポール

どちらがいいとは一概に言えないので、自分の希望にあったものを選ぶ必要があります。

個人的には、以下の流れで確認するのがおススメです。

  • まず、HISやJTBで安いプランが出ていないかをチェック。
    • チェックして合うプランがあるようであれば、そのままHISやJTBで申し込む。(この際、プランがあっても日程が売り切れている事も多いので、そこも要チェック)
    • HISやJTBで良いプランが無かったり、日程的に合わない場合は個人手配がおススメ。

ただ正直、HISJTBの安いプランは、それぞれのセール時期(初夢フェアやスーパーサマーセール)に、セール開始と同時にかなり早いタイミングで売れてしまうなと感じています。そこを狙えるとかなりお得に予約はできるのですが、実際はなかなか難しいので個人手配のほうがお得かつ日程を選びやすいので無難なのかな、と私は感じています。

ただ旅行代理店のほうがなんだかんだいって楽、というのはあるので、あとはそのあたりは好みですね。

旅行代理店を利用する場合の手配方法

施設/リージェント台北
施設/リージェント台北

旅行代理店を利用する場合は、大手の以下をまず確認するのがおススメです。

HISが圧倒的に安いイメージですが、最近はJTBも結構頑張っているので、どちらもチェックしておくのがおススメです。

ただチェックしようにも、いくらなら安いのかよくわからない!というのは本音だと思います。金額の参考は、HISで航空券だけを発券した場合のお値段と比較するのがおススメです。(比較するときには、航空会社や経由地、日程等の条件を合わせる事をお忘れなく。たとえばLCCと違うのを比較しても、そりゃ値段違いますね、となっちゃいます)

航空券だけを発券したときより、ツアーのほうが明らかにお値段が安い場合はねらい目です。そのツアーは、何らかの事情(航空会社かホテルか旅行代理店かその複数か)によって、原価すれすれのラインで提供されているツアーです。これがねらい目。

ただこういったねらい目プランは、かなり早い段階で売り切れてしまうのも事実です…。特にHISの初夢フェア等のセールは、お得商品は出たらかなり早い段階で売り切れます。

旅行代理店の場合には

  • 定期的に実施するセール(HISの場合、初夢フェアやスーパーサマーセール等)の開始日を狙って
  • とにかくお得なプランだけを狙い定めていく

のがお得にとるポイントです。

反対にここに合わせられない場合にはあまり安くならないので、個人手配のがおススメですね。

予約サイトを利用して個人手配する場合の手配方法

KUL-NRT JAL国際線エコノミークラス
KUL-NRT JAL国際線エコノミークラス

では続いて、予約サイトを利用して個人手配をする場合について。

航空券を手配する

まずは航空券を手配します。といっても難しいことはあまりありません。こちらもHISやJTBなどの旅行代理店で航空券だけ手配するか、航空会社へ直接航空券を申し込むかの二択ですね。

お手軽なのは旅行代理店。一度登録しておけば次回以降行く際も、他の航空会社何かあっても手軽にサポートを受けやすいのはメリットです。ただお値段は標準的な事が多いですね。

駐機場/チャンギ国際空港
駐機場/チャンギ国際空港

お値段を押さえたい場合には、やはりLCC利用をしたいところ。特に、LCCを利用して徹底的に安くしたい場合には、セールを狙いましょう。

LCCの場合には、定期的にセール(LCCによって実施時期が違う)を実施しているので、そのセール実施時期を狙って航空会社へ直接申し込むのがおススメです。

各LCCのセール情報はツイッターが分かりやすいので、ツイッターでセール時期とかをチェックすると何となく傾向がつかめると思います。ツイッターは以下にリンクをまとめましたので、利用する路線のものはチェックしてみてください。東南アジアの代表的なLCCをまとめましたが、ほかにもLCCはあるので利用する場合はそちらもチェック。

セール時期じゃなくてもLCCは安い事もありますが、せっかくのLCCなのでセール時期にとって行くのが安く行くポイントかなあと思います。ただ、土日出発等、みんなが狙っている日程だとあまり安くなってない事も多いので、このあたりは注意が必要ですね。

ホテルを手配する

プール/マンダリンオリエンタルシンガポール
プール/マンダリンオリエンタルシンガポール

続いてホテルの手配です。

ホテル予約サイトについて

ホテル予約サイトは以下の4サイトが有名ですね。

予約はほとんどがこのサイトから。日本国内のサイトでも、例えば楽天トラベルはBooking.comと提携していたりします。結局この4つのどこかで、提携している事が殆どですね。

更にさらに、実はExpediaとhotels.comの運営会社はエクスペディアグループ、agodaとBooking.comの運営会社はブッキングホールディングスです。つまり、実質2社しか会社はないんですね。(昔は全部別だったのですが、企業買収等いろいろあって今の形に)なので結果、どのサイトでもほとんど値段も取り扱い数も一緒になっています。なので、使い勝手がいいサイトで予約すればいいかな、というのが私の感想です。

おススメのホテル予約サイト

なので私自身が個人的におすすめなのはagoda利用。私自身が東南アジアに行くことが多いというのはあると思いますが(agodaは本社がシンガポールにあり、東南アジアに強い)、アプリを入れておくと定期的にクーポンも発券されますし、最安値からさらにクーポンで安くなる事も多いのでおススメです。私自身、最近はagodaしか使ってないですね。

…ただ、この手のサイトで不安なのは悪評。サポートが悪いとか、いろいろ書かれています。実際の所どうなの?というと、agoda側が悪いケースって殆どないと思うんですよね。これだけ世界中で利用されているサービスなので。実際あるパターンは、宿泊するホテル側の誤りか、利用者側の予約時の入力誤りが殆どといった印象。そういった場合のサポートは海外企業なので(日本語問い合わせサポート窓口があるとはいえ)、日本企業みたいに至れり尽くせりではないかな、というのが印象です。

ただ私自身はagodaを利用して何十回と海外ホテル泊まっていますが、今まで何かトラブルがあったことは1回もありません。入力誤りさえしなければ、基本的には問題は起きないはずです。あとは問題が起きなさそうな評判の良い無難なホテルに泊まっている、というのはあると思います。ただ、問題が起きたときのサポートは、確かにそこまで頼れないかな、というのは本音ですね。

不安な場合はホテル公式サイトの利用もおススメ

プール/ウェスティン ランカウイ リゾート
プール/ウェスティン ランカウイ リゾート

そういった海外ホテル予約サイトの利用が不安な場合には、公式サイトで宿泊予約を取るのが一番です。…ただ、やはりその場合でも海外のホテルですので、日本のサポート窓口がしっかりしているのかとか不安は尽きません。

なので、この場合には日本のサポート窓口がしっかりしている、世界的に有名なホテルチェーンの公式サイトで予約を取る事になります。

おすすめはMarriot International。世界130か国以上で、30のホテルブランド、7000軒以上のホテルを提供している、世界最大のホテルチェーンです。日本でも40軒以上のホテルを展開しており、日本の問い合わせデスクがあるので何かあったときでも日本語サポートが受けられるのがかなり安心。

マリオットと聞くと高そうなイメージですが、実際は超高級ブランドからお手頃ブランドまで数多くのホテルブランドを取り扱っているので、予算に合わせてホテルを選ぶことができます。具体的には以下のブランドですね。

  • ラグジュアリー(超高級)
    • リッツカールトン、セントレジス、JWマリオット等
  • プレミアム(高級)
    • マリオット、シェラトン、ウェスティン、メリディアン等
  • セレクト(お手頃)
    • コートヤードバイマリオット、フォーポインツバイシェラトン、アロフト、モクシー等

こうやってさらさらっとあげただけでも、殆どが知っているホテルのはず。大体の国のメインどころにはお宿があるので、いざってときに日本語でサポートを受けたい場合は、こちらがおススメです。(海外からも日本語窓口に電話できます。電話料金はもちろん必要で、日本の日中帯にかける必要はありますが)

また、おすすめホテルについては以下にまとめています。

マリーナベイ/シンガポールシンガポールのホテルの選び方ガイド エリア別におすすめホテルをまとめました
プール/ウェスティン ランカウイ リゾートランカウイ島のホテル選び方ガイド 目的別におすすめを整理してみました
クアラルンプールのホテル選び方ガイド 目的別におすすめを整理してみました
コタキナバル(ボルネオ島)のホテル選び方ガイド 目的別におすすめを整理してみました

さいごに

外国紙幣
外国紙幣

以上、海外旅行の手配方法についてまとめてみました。

いろいろあるようで、実際は航空券とホテルの手配をするだけなので、そこまで難しい事もないはずです。個人的には自由度の高い個人手配のほうが、せっかくの海外旅行を自分に合わせて楽しめるので良いかなと思います。

ただもちろん、旅行代理店のセール時期をがっつり狙えて、目玉商品と日程も合うなら旅行代理店もお得だったりします。

こういった事情をきちんと理解して海外旅行を手配できると、より満足度の高い海外旅行を楽しめるのではないでしょうか。