オーストラリアドルから日本円の両替、日本国内でどこがおすすめかまとめました

URLをコピーする
URLをコピーしました!
のぶ
海外・子連れ旅行ブロガー
旅行大好きな2児の父。

国内から海外まで、いろんな場所に訪れた経験をもとに、様々な観光情報と子供との生活をより楽しむための楽しくするための情報をお届けします。

オーストラリアドルが余った…。そしてそのまま帰国してしまった。わりとありがちなパターンです。

当面海外に行く用事もない中で、まとまった金額がある場合には日本円に戻したくなりますね。その場合には、もちろん日本で両替をすることになります。できればレートよく両替をしたいところです。

ここでは、そういった場合にどのようにオーストラリアドルを日本円に両替すれば損しないのか、をまとめています。

のぶ

オーストラリアドルの両替は、場所によって結構差はあります。
具体的には10万円で7500円とか差が付きます。意外と差は大きいのでご注意ください。

この記事では、オーストラリアドルを円に両替する方法について書いています。それとは逆に、円をオーストラリアドルにする場合については、以下の記事でまとめています。

関連記事

【円→オーストラリアドル】オーストラリアドルの両替

出発時などに行う、「日本円→外貨」の両替情報は、以下の記事で全20通貨別に徹底ガイドしています。

関連記事

外貨両替のおすすめ方法まとめ【全20通貨を個別にガイド】

帰国時などに行う、「外貨→日本円」に戻す場合の両替情報のまとめは、以下の記事をご確認ください。

もくじ

日本国内で、オーストラリアドルを円に両替する際のレート比較

一番気になるのは、一番高くオーストラリアドルを買い取ってくれるのはどこか、という事ですね。

そこで、国内の主要両替店のレートを一斉に調査して結果をまとめています。調査は、2021年5月7日に実施しました。

外貨両替ドルユーロの割引クーポン

当ブログの利用者向けに、「外貨両替ドルユーロ」の割引クーポンをご案内しています。

クーポンコード(100円割引):opm012

\ このボタンを押してコピー /

  • 外貨両替ドルユーロ」の100円割引クーポンです。
  • 申込する際、「クーポンコード」の欄にコードを入力してください。
  • 外貨購入/外貨売却の、どちらでも利用が可能です。
両替所両替レート
【ネット両替】外貨両替ドルユーロ81.31
【両替店】Travelex75.36
【銀行】みずほ銀行75.40
【銀行】三菱UFJ75.20
【信託銀行】SMBC信託銀行70.31
【空港(成田)】GPA成田空港直営外貨両替75.40
【空港(関空)】関西国際空港直営外貨両替75.14
【空港(中部)】セントレア直営外貨両替74.89
【金券ショップ】大黒屋75.46
オーストラリアドル→日本円の両替レート

ずらっと並べられても良く分からないと思いますが、記載は1オーストラリアドルを日本円でいくらで買い取ってくれるかです。つまり、大きい数字ほどお得です。

結果は記載の通りとなります。一番レートが良かったのは外貨両替ドルユーロでした。最新の情報は上記のリンクから確認頂きたいですが、基本的に傾向は同じです。

ただこれだと具体的にいくら両替額が違うのかわかりにくいですね…。そこで、買取額の高い上位3社の、外貨両替ドルユーロ、大黒屋、みずほ銀行&GPA外貨両替専門店(同率)で、具体的に買い取り額がいくらになるかを比べましょう。

もしこの日に、398オーストラリアドルを買い取ってもらったら各所でいくらになるかを比較しました。

両替所名両替金額
【銀行】みずほ銀行
【空港(成田)】GPA成田空港直営外貨両替
30,009円
【金券ショップ】大黒屋30,033円
【ネット両替】外貨両替ドルユーロ32,361円

このような結果となっています。両替額にして約30000円当たり、2300円以上、外貨両替ドルユーロがお得ですね。

もちろん金額が大きければ大きい程差が広がっていきます。10万円だと7500円、30万円だと22500円以上の差になってくるので、かなり大きいです。

なぜこれだけ差がでるのか。

基本的に日本国内の銀行や空港は、アメリカドルやユーロが大好き。取扱高も多いですし、比較的低リスクのためですね。なのでこの2つはそこそこのレートなのですが、それ以外の通貨はやる気がないためレートが悪い事が多いです。

そのため、外貨両替ドルユーロのレートも良いのですが、それに加えて銀行や空港がやる気がないため、レート差が大きくなっています。

これを踏まえた上で、具体的な両替方法をまとめていきましょう。

オーストラリアドルを日本円に両替する方法の結論

3万円以上のオーストラリアドルを両替する場合

外貨両替ドルユーロの割引クーポン

当ブログの利用者向けに、「外貨両替ドルユーロ」の割引クーポンをご案内しています。

クーポンコード(100円割引):opm012

\ このボタンを押してコピー /

  • 外貨両替ドルユーロ」の100円割引クーポンです。
  • 申込する際、「クーポンコード」の欄にコードを入力してください。
  • 外貨購入/外貨売却の、どちらでも利用が可能です。
のぶ

オーストラリアドルから日本円の両替は
・高いレートで買い取ってくれる
・日本全国から郵送での両替が可能
なことから、外貨両替ドルユーロをおススメしています。

オーストラリアドルを日本円へ両替したい場合には、外貨両替ドルユーロがおススメです。

  • レートは国内トップクラス
  • ネットで申し込み、外貨を郵送すればよいため、全国どこでも両替が可能

レートは冒頭の銀行や空港などと比較したレートを確認してください。オーストラリアドルの場合、目安としては3万円当たりで2300円、10万円当たりで7500円。なかなか大きい差です。

注意点としては、こちらから簡易書留等で送付する際の送料等として400円程度(10万円未満の両替の場合には650円程度)別に必要になる点だけは注意して下さい。

ただ、この上でもレートが良いですし、店頭両替はそれはそれで移動時間や交通費がかかる事を踏まえると、あまり気になる点ではないかなと思います。

これらから、外貨両替ドルユーロを一番おすすめしています。

実際こちらは私も何度も使っていますが、毎回トラブルなくスピィディーに対応を頂けるのでおススメです。実際に利用した際のレポートはこちらにまとめています。

また、外貨両替ドルユーロの買取は、3万円相当額以上からの取り扱いとなります。この点もご注意ください。

3万円以下のオーストラリアドルを両替する場合

みずほ銀行/羽田空港
みずほ銀行/羽田空港

3万円以下のオーストラリアドルを両替したい場合はどうすればよいでしょうか。

この場合にはどこか店頭で両替する必要があります。ただ、最近は銀行も外貨両替の取り扱いを中止している所が多く…。銀行では基本的に両替はできず、銀行が運営する直営専門店での両替となる事が多いですね。

こういったお店は大都市にしかないので、この辺りが手間になります。

  1. みずほ銀行
  2. Travelex
  3. MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)
  4. お近くの国際線のある空港

これらのお店の中でもレートの差はありますが、差はそこまでないのと、そもそも行けないと意味がないので難しい所であります。

実店舗にいくと手間もかかるため、行きやすい場所にいくしかないですね。

強いて言えば、羽田・成田・関空などの大空港のほうがレートが良い傾向にはありますが、外貨両替ドルユーロにはかないません。差は少ないので、無理してそこまで行く必要は無いでしょう。

小額なので、次回海外に行く際か、どこか国内空港に用事がある際に合わせて両替するか、くらいで寝かせておくのが良いかもしれません。

まとめ

第二ターミナル/成田空港
第二ターミナル/成田空港

オーストラリアドルが現地で使い切れればそれが一番いいのですが、実際は中々難しいですね。

ただ放っておいた外貨がたまっていくのも、割とありがちな話です。

とはいえ両替で損をするのも避けたいので、可能な限りレートが良いお店で両替したいですね。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる